【イベント等でもらえる御城印】期間限定の御城印も!?ちょっとレアな特別版

近年、登城の記念となる「御城印」が注目を集めています。多数の書籍が刊行されたり、テレビなどでも取り上げられたりすることもしばしば。どのような特徴の「御城印」が、どこで購入できるのかなど、一城づつ城びと編集部が丁寧にご紹介! 今回は、イベントで特別に配布されたり、期間限定で配布される限定御城印。通常の御城印とは意匠も異なり、レアものぞろいです!




御城印って?

alt

「御城印」とは、 半紙(和紙)に城名やゆかりある城主の家紋や花押などの印を押したもの。お寺や神社でいただける御朱印を参考にして作られ始めて、今では多くのお城で登城の記念として頒布されています。「御城印」以外にも、「登閣記念印章」「登城記念御朱印」「城郭符」「御城朱印」など、呼び方は城によってさまざまです(本記事では「御城印」で統一します)。
細かな説明はこちらのページでは割愛しますので、詳しくは、お城のご朱印!?登城記念に「御城印」を集めてみませんか? の記事をご覧ください!※掲載内容は、令和2年(2020)10月12日更新の情報です。頒布されているイベントや頒布期間が終了している場合もございます。

【イベント等でもらえる御城印】

■沓掛城(新規追加)
■信長四城御城印ラリー
■水戸城(長谷川ヨシテル氏監修ブックエースオリジナル)
■高柳御所跡(コーエ-テクモゲームス「信長の野望20XX」コラボ)
■真田領四城攻城記念御城印
■真田街道六城攻城記念御城印
■「お城EXPO」限定御城印
■「土佐の城」御城印ラリー
■江戸城

沓掛城(愛知県豊明市)  

沓掛城,御城印

令和2年(2020)11月8日に愛知県名古屋市で開催される「サムライ・ニンジャ フェスティバル2020」(https://www.samurai-ninja-fes.com/)にて、沓掛城の御城印が1部300円(税込)で限定頒布予定です! 
沓掛城は9代目城主と言われている近藤景春の時代に今川の助力を受け、堀、土塁、曲輪、馬出等を備えた城に発展、織田信長と今川義元が激突した永禄3年(1560)の桶狭間の戦いの際には前夜に今川義元が入城し戦いに備えたと伝わります。
御城印は、縄張図と現在城址に立つ城址碑がモチーフ。今川家家紋の「足利二つ引き両」を右上に置き、その下に近藤家の「丸に下がり藤」(右)と「亀甲に七曜」(左)をデザイン。

沓掛城の御城印は常設販売はされておらず、通常は愛知県豊明市のふるさと納税の返礼品「桶狭間セット」の一部(https://www.city.toyoake.lg.jp/3574.htm)としての取扱いのみとなっています。

■信長四城御城印ラリー

信長四城御城印ラリー

令和2年(2020)10月1日から信長の居城4城で【御城印×スタンプラリー】が始まりました! 清洲城・小牧山城・岐阜城・安土城を巡って、関連するスタンプを押していき、自分で御城印を完成させるというもの。完成させた方の中から抽選で、プレミアムな限定版「金の御城印」のプレゼントも! 押印するスタンプは、清州城が信長の家紋「織田木瓜」、小牧山城が信長の花押「麒麟」、岐阜城が信長の旗印「永楽銭」、安土城が発掘された「軒丸瓦」。
詳しくは信長公居城連携協議会のHP(https://www.nobunagakou.jp/)をご覧ください!

受付場所:清洲城・小牧市歴史館・岐阜城・城なび館(特別史跡安土城跡ガイダンス施設)
参加費:無料

■水戸城(長谷川ヨシテル氏監修ブックエースオリジナル)

水戸城,れきしクン,ブックエース,御城印

関ヶ原にまつわる武将たちのドタバタな歴史をまとめた長谷川ヨシテル氏(れきしクン)著書『ドタバタ関ヶ原』の発売に伴い、長谷川ヨシテル氏の著作本購入者にプレゼントされるオリジナル御城印。
平安末期・鎌倉初期に活躍した人物で初代水戸城城主の馬場大掾資幹(ばばだいじょうすけもと)を多くの人に知ってもらう目的で作られた御城印。監修は長谷川ヨシテル氏です。水戸城のナマコ壁が有名だったことから、なまこ壁のイラストが入っています。なまこ壁は石垣の代わりおよび風雨を避けるために作られましたが、非常に高価だったそうです。家紋は馬場大掾氏の「対かい蝶」。

領布場所:川又書店エクセル店(長谷川ヨシテル氏著書ご購入の方に先着プレゼント)
※ブックエース社のオンラインショップ(https://bookace.base.shop/)でも取扱い中
※なくなり次第終了

■高柳御所跡(コーエ-テクモゲームス「信長の野望20XX」コラボ)

高柳御所跡,コーエー,足利氏姫,御城印

令和2年(2020)10月31日に埼玉県久喜市の寶聚寺で開催される「足利氏姫(うじひめ)没後400年記念講演会」イベントにて頒布予定の御城印。氏姫は、長年対立関係にあった足利氏嫡流と傍流を結びつける役割を果たした女性です。高柳御所は室町時代に鎌倉公方であった足利成氏の弟・定尊(じょうそん)が構えた御所で、現・寶聚寺。

御城印は、コーエ-テクモゲームス「信長の野望20XX」と寶聚寺がコラボレーションしたもので、「信長の野望20XX」に登場する氏姫のイラスト入り。家紋は、足利氏の「二つ引き両」と「五七の桐」。
領布場所:寶聚寺
価格:1000円(税込)※200枚限定
※イベントは申込が必要です。詳しくはイベントニュース(https://shirobito.jp/event)をご覧ください。

真田領四城攻城記念御城印

令和元年(2019)9月25日から、真田氏に関係の深い上田城・沼田城・名胡桃城・岩櫃城の4城全ての御城印を集めた方を対象に、「真田領四城攻城記念御城印」が無料配布されています!
真田領四城攻城記念,御城印,沼田城,名胡桃城,岩櫃城,上田城
領布場所:上田市観光会館2階観光案内所、眞田神社、沼田市観光案内所、名胡桃城址案内所、東吾妻町観光協会、岩櫃山平沢登山口観光案内所(4月~11月) 
※4城の御城印すべてを提示する必要があるので、対象の御城印をお忘れなく!!

■真田街道六城攻城記念御城印

令和2年(2020)8月1日から、真田氏ゆかりの沼田城・名胡桃城・中山城・岩櫃城・上田城・松代城の6城すべての御城印を集めた方に、記念として無償配布されている特別な御城印。真田氏家紋の「六連銭(六文銭)」「結び雁金」「洲浜」のほかに、沼田氏の「左三つ巴」、武田氏の「武田菱」、北条氏の「三つ鱗」も配置されています。

真田街道六城攻城記念御城印

領布場所:上田市観光会館2階観光案内所、眞田神社、信州松代観光協会、沼田市観光案内所、名胡桃城址案内所、東吾妻町観光協会、岩櫃山平沢登山口観光案内所(4月~11月)、道の駅「中山盆地」直売所
※6城の御城印すべてを提示する必要があるので、対象の御城印をお忘れなく!!

■「お城EXPO」限定御城印

令和元年(2019)12月21日(土)~22日(日)開催のお城のイベント「お城EXPO 2019」では、国宝五城(松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城)や佐和山城、福山城等、色々なお城のお城EXPO限定の「御城印」が登場しました! 詳しくは⇒お城EXPO 2019 徹底ガイド~城めぐり観光情報ゾーン編~」をチェック!

国宝五城御城印、お城EXPO
「お城EXPO 2019」限定の御城印。(左)路上詩人こーたさんによる書き下ろし「国宝五城オリジナル御城印」、(右)ミニゲームにトライして成功すればもらえる「別名版 国宝五城オリジナル御城印」(プリント)(提供:国宝城郭都市観光協議会)

「土佐の城」御城印ラリー

令和元年(2019)6月26日~令和2年(2020)2月2日に開催された『土佐の城 御城印ラリー』。「ニッポン城めぐり」のアプリを使って高知県内のスポットをまわり、掲示されているQRコードを読み取ってスタンプを集めていくお城めぐりイベントです。西は中村城跡から東は安芸城跡までの計7カ所を巡ります。7カ所すべてを回ると、スポットの御城印セットがもらえました。


alt

<7ケ所のスポット>
1.安芸城(高知県安芸市)※QRコード掲示場所 安芸市立歴史民俗資料館
デザインは、お堀に咲く蓮の花。安芸家家紋「橘」を使用し、菩提寺の浄貞寺の住職の筆耕で構成されています。

2.岡豊城(高知県南国市)※QRコード掲示場所 高知県立歴史民俗資料館
御城印として、長宗我部家紋「丸に七つ方喰」を使用。菩提寺である雪渓寺住職の筆耕で構成されています。

3.高知城(高知県高知市)※QRコード掲示場所 高知城東多聞
山内家の家紋「丸に三葉柏」を使用し、構成は山内家19代当主の筆耕。使用されている銅像は山内一豊。
 高知城に関する記事はこちら⇒「【高知城】天守だけでなく本丸御殿も現存

4.高知県立高知城歴史博物館 ※QRコード掲示場所 同所
信長の目を惹き出世のきっかけとなる馬を購入した「内助の功」で有名な妻・千代の銅像を使用。高知城天守閣に高知県立歴史博物館の「土佐しっくい」を用いた重厚感のある「鎧づくり」をデザインしています。

5.浦戸城(高知県高知市)※QRコード掲示場所 高知県立坂本龍馬記念館
若宮八幡宮に建つ銅像、水運の要の地浦戸をイメージして波をデザインにあしらっています。長宗我部家紋「丸に七つ方喰」と元親初陣のとき合戦前夜に戦勝を祈願した若宮八幡宮宮司の筆耕で構成。

6.本山城(高知県長岡郡)※QRコード掲示場所 大原富枝文学館
五千貫の所領を持つ土佐戦国の七守護の一人である本山氏の家紋である「丸に檜扇紋」を使用。本山町の町花「桜」や、城跡に咲くシャクナゲの花をイメージしています。

7.中村城(高知県四万十市)※QRコード掲示場所 四万十市郷土博物館
土佐一條家の家紋「下り藤」と一條神社宮司の筆耕で構成。一條神社は、一條教房が構えたといわれる中村御所の跡地に建立された神社で、一條歴代当主の霊を祀っています。

江戸城(東京都千代田区)

江戸城,御城印

NPO法人江戸城天守を再建する会が発行。
上記団体が主催するイベント・江戸城散策ツアー開催時のみ購入可能。
価格:普通紙300円、和紙700円

いかがでしたか? 皆さんも各地のイベントや告知をこまめにチェックし、限定御城印をぜひゲットしましょう。
もちろん、通常デザインの御城印も十分に魅力的! 詳しくは下記ページをチェックしてください。


執筆・写真/かみゆ(「歴史(はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー)&城びと編集部
協力:若狭国吉城歴史資料館館長 大野康弘さん

関連書籍・商品など