日本100名城 現存12天守

こうちじょう

高知城

高知県高知市

別名 : 鷹城

投稿する
高知城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

Red 53

山内一豊を偲ぶ (2018/02/11 訪問)

青空に映える天守閣が素晴らしかった。豪壮な追手門は創建時の遺構だそうです。苔の生えた重厚な石垣や,幅が半分程にになったと言われるが堀も見応え充分です。雨水排水のために石垣から舌の様に飛び出した石樋も面白い。見所が多いので時間をかけてゆっくりと見たら良いと思います。何を見ても感激の連続でした。

+ 続きを読む

  • 国宝だったんですね
  • 見事な石垣

+ すべての写真を見る

オダリン

現存天守と本丸御殿が唯一残る (2007/09/06 訪問)

台風を避けて四国へ行った。風は強かったが城巡りには影響なかった。

+ 続きを読む

山内一豊と言えば妻?高知城? (2016/12/17 訪問)

  南国土佐の名城です。戦国時代、長宗我部元親がここに築城しようとしたが治水に苦労して断念した場所に山内一豊が築いた城です。長宗我部時代の石垣も発掘され見ることができます。残っている建物も多く見所が多い城址ですが、好きなのは詰門です。石樋などもおもしろいと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

nan

うつくしい (2015/08/22 訪問)

2回目です。
高知城の近くにある
フェニックスバーガー🍔もおススメです。

+ 続きを読む

概要

関ヶ原合戦後、山内一豊が旧城のあった大高坂山に新たに築いた近世城郭。山頂の本丸と二の丸を分断する堀切部分には、侵入を防ぐ櫓門である詰門が置かれ、その上の渡櫓は家臣詰所と通路になっている。三層六階の望楼型天守は寛延期に再建されたもので、現存する貴重な御殿遺構である本丸御殿(懐徳館)と接続している。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長6年(1601)
築城者 山内一豊
主要城主 山内氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財15件
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 望楼閣 四重六階 木造(現存)
主な関連施設 土佐山内家宝物資料館
主な遺構 天守、本丸御殿、追手門、黒鉄門、詰門、廊下門、多聞櫓、本丸、二の丸、三の丸、石垣
住所 高知県高知市丸ノ内1
問い合わせ先 高知城管理事務所
問い合わせ先電話番号 088-824-5701