日本100名城 現存12天守

こうちじょう

高知城

高知県高知市

別名 : 大高坂山城、河中山城、鷹城、高智山城
旧国名 : 土佐

投稿する
高知城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

虎の子

青いライトアップの高知城 (2023/09/22 訪問)

急遽用事ができ、高知市に夕方IN、午前中OUTと高知市滞在が短かったので、
時間ができた夜にライトアップを見に行きました
勿論天守エリアには入れません、詰門に猫の門番がいましたから・・・

こんなに真っ青なライトアップなんだとちょっと驚き・・・

幼少から何度も登城しているが、百名城スタンプ集めを始めてからは初の登城。
夜中なので、スタンプは押印できず
(あわただしく出たので、そもそもスタンプ帳持ってこなかったが・・)
また、ちゃんと計画立てて来ますぅ!

p.s.百名城・続百名城に関しては、紀伊半島南部、愛媛、高知と九州(小倉城以外)、
  沖縄が残るのみ。仕事の空き時間を作って、あと2年くらいの内にはコンプリート
  したいものです

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城内散歩 (2023/12/23 訪問)

 城内あるいは堀周辺を散策して目についた遺構などです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

石垣を中心に (2023/12/23 訪問)

 石垣は野面積が多く採用されています。パンフレットによると雨の多い土地柄を考慮して崩れにくく排水能力も高いことから採用されているとのことです。鉄門周辺には打ち込みハギの石垣を観ることができます。石垣だけを観ていてもあきません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

山内一豊 天守閣を中心に (2023/12/23 訪問)

 久しぶりの高知城です。
山内一豊が築いたこの平山城は現存12天守のひとつである天守閣をはじめ本丸御殿、納戸蔵、廊下門、追手門などが残っています。詰門は昔から好きな建造物です。石垣もよく残っていて楽しませてくれます。石垣を観るために周囲をぐるぐる回って散策しました。
何回来ても飽きない城址です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

関ヶ原合戦後、山内一豊が旧城のあった大高坂山に新たに築いた近世城郭。山頂の本丸と二の丸を分断する堀切部分には、侵入を防ぐ櫓門である詰門が置かれ、その上の渡櫓は家臣詰所と通路になっている。三層六階の望楼型天守は寛延期に再建されたもので、現存する貴重な御殿遺構である本丸御殿(懐徳館)と接続している。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 慶長8年(1603)
築城者 山内一豊
主要城主 山内氏
文化財史跡区分 国重要文化財(天守等15棟)、国史跡(高知城跡)
近年の主な復元・整備 山内豊敷
天守の現況・形態 独立式望楼型[3層6階/1601年築/焼失(火災)]、独立式望楼型[4重6階/1749年再/現存]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、御殿、櫓、門、石垣、横堀(水堀)
住所 高知県高知市丸ノ内1
問い合わせ先 高知城管理事務所
問い合わせ先電話番号 088-824-5701