みんなの投稿

今週のイベント

  • 2019年07月19日(金)~2019年10月09日(水)

    大阪城

    夏の展示「戦国の群像〜秀吉をとりまく人々〜」

    武将や大名、文化人や女性などをはじめとした多くの人々が駆け抜けた戦国時代。その中で一際、栄華を誇ったのが豊臣秀吉でした。大阪城の天守閣内で開催されるこのイベントは、秀吉をはじめとする戦国の人びとの姿を様々な文化財でたどる企画展です。特に真田信繁(幸村)が老いゆく自身を嘆いた自筆書状は必見の展示品です。開催時間:9:00〜17:00 入館料:大人600円、中学生以下・大阪市在住で65歳以上の方(要証明)

  • 2019年07月20日(土)~2019年10月10日(木)

    大阪城

    企画展「描かれた城郭」

    大阪城天守閣内にて、城郭ファン垂涎の企画展が開催されます。「描かれた城郭」と題し、大阪城の収蔵品である「聚楽第図」をはじめ、各地の城郭を描いた屏風絵、額絵、錦絵、縄張図、城下図、各所図会など様々な展示を企画しています。 開催時間:9:00〜17:00 入館料:大人600円、中学生以下・大阪市在住で65歳以上の方(要証明)

  • 2019年07月20日(土)~2019年08月25日(日)

    秋田城

    前期企画展「秋田城と古代仏教」

    秋田城跡南東、鵜ノ木地区の小高い丘から見つかった大規模な建物群。これは、歴史書に記された秋田城に付属した寺院「四天王寺」であると考えられています。律令国家最北の城柵に、寺院が造られた理由は何だったのでしょうか。寺院が造られたあと、地域に展開していった古代仏教の実態に迫ります。時間:9:00~16:30 入館料:資料館観覧料が必要。一般200円 高校生以下は無料 

  • 2019年07月20日(土)~2019年08月25日(日)

    秋田城

    秋田城跡 前期企画展「秋田城と古代仏教」

    東北地方の出羽国に置かれ、奈良時代から平安時代にかけて城柵として機能した秋田城。政治・軍事・文化の中心地でもありました。そんな秋田城跡の南東、鵜ノ木地区から見つかった大規模な建物群は、寺院「四天王寺」であると考えられています。なぜ律令国家最北の城柵に寺院が造られたのか? 古代仏教の実態について解説します。開催時間:9:00〜16:30。料金:一般200円、高校生以下無料

  • 2019年07月20日(土)~2019年07月20日(土)

    小田原城

    7月20日(土)開催「理文先生と小田原城総構を歩こう!」

    加藤理文先生と行くお城ツアーを小田原城で開催!今回は総構(そうがまえ)を歩きます。
    加藤理文先生(公益財団法人日本城郭協会理事)と、諏訪間順先生(小田原城天守閣館長)と、小田原城の総構の一部を先生と巡りながら、小田原城の構造や歴史について学ぶことはもちろん、フィールドワークの方法、お城の調査方法などを学びます。途中のお昼休憩では、先生と一緒にお弁当を食べて、色々お城のお話もできます。要申し込み、詳細はURL参照。

※イベントの日程や内容は、変更となる場合がありますので、事前にご確認の上、お出かけください。