イベント情報

日本全国のお城関連のイベント情報を紹介します。
イベントの日程や内容は、変更となる場合がありますので、事前にご確認の上、お出かけください。

※お城のイベント情報をお寄せください。詳しくはこちら

ピックアップ

  • 2019年01月03日(木)~2019年01月27日(日)

    初春歌舞伎公演『姫路城音菊礎石(ひめじじょうおとにきくそのいしずえ)』

    姫路城の天守に鬼女「刑部姫(おさかべひめ)」が現れる……。姫路城に古くから語り継がれる伝説をもとに、播磨国(現在の兵庫県)のお家騒動を描いた歌舞伎の上演。平成3年(1991)に国立劇場で初演以来212年ぶりの復活が実現し、今回は、新たに台本を補綴しての上演。出演:尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助ほか。12:00開演。ただし、11日(金)・18日は16:00開演。観劇料:1,800円~12,500円(学生割引あり・障害者の方は2割引)

開催中/開催予定のイベント

  • 2017年12月26日(火)~2019年03月31日(日)

    松江城

    国宝松江城・月山富田城 ご家紋帳スタンプラリー

    秀吉の中国方面軍において、盟友として戦った戦国武将「堀尾吉晴」と「山中鹿介」。出雲の地でご縁がめぐり、二人の名将にゆかりができた「月山富田城」と国宝となった「松江城」。二つの城とゆかりの銅像をめぐるスタンプラリー。①出雲国の二大名城とゆかりのある名将の銅像をめぐり家紋印を集め、②指定場所で家紋印手帳と応募用紙に家紋を押し、③応募用紙を応募箱に投函すると、先着1,000名に家紋印手帳限定「鹿介・茂助」のクリアファイルをプレゼント!(応募受付期間)平成31年3月31日まで

    • 会場名<スタンプ設置場所>堀尾吉晴、松平直政、吉川経家:国宝松江城本丸休憩所(松江市殿町1-1)。山中鹿介、尼子経久、吉川経家:広瀬絣センター入口前(安来市広瀬町町帳775-1)※月山富田城⇔国宝松江城/車で約40分
    • 住所松江市内、安来市内
    • お問い合わせ松江観光協会 TEL:0852-27-5843
    • URLhttp://matsue-musya.com/280
  • 2018年04月06日(金)~2019年03月31日(日)

    脇本城

    続日本100名城スタンプラリー開始記念 プレゼント

    続日本100名城スタンプラリー開始記念として、期間中に「続日本100名城公式スタンプ帳」持参で来城された方に、毎月抽選で特製クリアファイルをプレゼント。史跡入口にある「史跡脇本城跡案内所」で、応募用紙にプチクイズの答えを書いて応募。

  • 2018年06月10日(日)~2019年08月31日(土)

    金沢城

    「金沢城鼠多門」の寄進募集

    2020年に復元工事か完成予定の金沢城鼠多門。復元工事に使用する門の「壁板」、海鼠壁の「平瓦」の裏面に名前や記念のメッセージを残すことができます。金沢城鼠多門に寄進をして、あなたの名前を未来に残しませんか? 1口5000円からで、2019年夏~秋にかけて行われる記名会にも参加が可能。個人からの寄進は「ふるさと納税制度」の対象となります。詳しくはホームページを参照ください。

  • 2018年08月02日(木)~2019年03月07日(木)

    小田原城

    【7月31日申込締切】小田原北条セミナー

    小田原北条氏や小田原城についての最新の研究成果を学べる連続セミナー。8月2日「伊勢早瑞・北条氏綱の時代」(森幸夫氏)、9月6日「北条氏康・氏政・氏直三代」(山口博氏)、10月4日「歴代当主を支えた兄弟衆」(岡潔氏)、1月10日「小田原北条氏にもたらされた遺物」(山口剛志)、2月7日「小田原北条氏時代の文化」(湯浅浩)、3月7日「小田原北条氏の城館」(大島慎一氏)。18:30~20:00。80人(申込先着順)。参加費3000円(全6回分・資料代等)。申込方法など、詳細はWEBページ参照。

  • 2018年09月21日(金)~2019年03月31日(日)

    亀山城

    丹波亀山城 歴史リアル謎解きゲーム ~出世人 明智光秀~

    プレーヤー自身が歴史上の人物となり、歴史を動かす歴史リアル謎解きゲームが、明智光秀の居城だった丹波亀山城下で開催! 城下に散らばるヒントを集め、光秀が起こした本能寺の変の謎を解き明かしましょう。受付時間:9:00〜15:30(解答受付は17:00まで。月曜・年末年始休催)。チケット代:(前売)1200円(亀岡市文化資料館入館料込み)

  • 2018年09月21日(金)~2019年03月31日(日)

    高槻城

    高槻城 歴史リアル謎解きゲーム ~福者 高山右近~

    プレーヤー自身が歴史上の人物となり、歴史を動かす歴史リアル謎解きゲームが、キリシタン大名・高山右近の居城だった高槻城下で開催! 城下に散らばるヒントを集め、右近が歩んだ信仰の道をたどってみましょう。受付時間:10:00〜15:00(解答受付は17:00まで。月曜休催)。チケット代:(前売)1200円。

  • 2018年09月21日(金)~2019年03月31日(日)

    大阪城

    大坂城 歴史リアル謎解きゲーム 〜天下人 豊臣秀吉〜

    天下人・豊臣秀吉の居城だった大阪城でリアル謎解きゲームが開催! 城内に散らばるヒントを集め、秀吉が生涯をかけて築いた巨城の謎を解き明かしましょう。受付時間:(9月〜10月・3月)9:00〜15:30、(11月〜2月)15:00(解答受付は受付時間終了から1時間後まで。月曜休催)。チケット代:ノーマルモード(前売)1200円、(当日)1500円、スマホモード(前売)1500円、(当日)1800円。

  • 2018年10月03日(水)~2019年01月31日(木)

    小田城

    巡回企画展「小田氏治と戦国時代の城館」

    「常陸の不死鳥」として知られる小田氏治の波瀾万丈な人生を辿りながら、氏治にゆかりある城館を、縄張図や発掘調査の成果を通して、学びます。戦乱甚だしい戦国時代後半においては、様々な城館が存在しており、「小田氏治と戦国時代の城館」では、小田氏の支城はもとより、同盟者の城館などの城館が紹介されます。小田氏の視点から、城館跡を通して、戦国の雰囲気を体感しましょう。開催時間:9:00〜16:30、入場無料。v

  • 2018年10月07日(日)~2019年03月31日(日)

    姫路城

    姫路城世界遺産登録25周年記念「白鷺飛翔-姫路城築城前夜-」

    シラサギが羽を広げたような美しい姿から、「白鷺城」とも呼ばれる世界遺産姫路城。築城400年を経てもその優美さは人々を魅了します。今回の展示は昭和の大修理時に発見された大天守地下の資料のほか、近年の城下町の発掘調査による考古学的知見等をもとに、姫路城の築城前夜からその出現までをたどり、中世から近世にかけての姫路の風景がどのようなものであったかに迫ります。開催時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)入館無料。休館日:毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日。

  • 2018年11月03日(土)~2019年02月17日(日)

    松坂城

    開館40周年記念特別企画「松坂城1588-2018 ~天下人も認めた武将 氏郷の城~」

    織田信長の次女を妻とし、姉川の戦いなど数々の戦地を駆け抜け、松坂城を築いた蒲生氏郷。本企画展では、当時稀代の戦国武将であった蒲生氏郷と、後に天下人となる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康との関わりや明治以降の松坂城跡に焦点を当て、文献資料や近年の発掘資料など約150点と共に430年の松坂城の変遷をたどります。開館時間:9:00〜16:00。入館料:一般100円、小・中・高校生50円。休館日:毎週月曜(祝日の場合は火曜)、12月29日〜1月3日。(※期間限定展示や期間中入替あり)

  • 2018年11月03日(土)~2021年03月31日(水)

    新宮城

    新宮城復元資料収集懸賞事業  ※新宮城の復元資料募集

    新宮城の復元資料の募集がはじまりました。1633年に紀州藩付家老水野氏の城として完成し、現在では美しい石垣が残るのみとなっている新宮城。これまで復元につながる有力な資料が発見されていないことから、懸賞金を懸けて広く募ることとなりました。対象資料は新宮城の天守・大手門。櫓の復元根拠となる古写真や設計図などで、懸賞金額は最大で1,700万円。詳細はホームページを参照ください。

  • 2018年11月17日(土)~2019年01月27日(日)

    富山城

    館蔵武具展「観て知ろう!武具にまつわるエトセトラ」

    日本には武具から生まれたことわざや慣用句が数多くあります。例えば「火ぶたを切る」は鉄砲、「横槍を入れる」は文字通り槍、「せっぱつまる」「しのぎを削る」「反りが合わない」などは刀に関するものです。この企画展では、博物館の所蔵品を通して、武具にまつわる言葉の世界を紹介します。開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30)観覧料:大人210円、高校生以下無料。常設展も観覧可能。展示解説会:11月25日(日)、12月8日(土)、1月27日(日)各日14時より。予約不要・参加無料

  • 2018年11月21日(水)~2019年02月03日(日)

    企画展「私部城跡とその周辺―市指定文化財記念」

    戦国時代の平城・私部城が新たに市指定史跡となったことを記念して開催される企画展。私部城関連の出土品や関連歴史資料、私部城について学ぶことができます。私部城主の安見氏が拠点としていた星田ゆかりの指定文化財もあわせて展示。今回のみどころは、近年公開されていなかった星田薬師寺の千体仏。また山本尊敏さん(山本ゾンビさん)制作の私部城復元イラストもあわせて楽しめます。開館時間:13:30〜16:30。休館:月・火・祝日・年末年始は休館。入館無料

  • 2018年12月01日(土)~2019年02月17日(日)

    菅谷館

    県立嵐山史跡の博物館 戦国時代の城攻めに迫る! 企画展「越山(えつざん)―上杉謙信侵攻と関東の城―」

    戦国時代後期、関東各地を席巻した上杉謙信や北条氏康らによる城攻め。この城攻めの実態に貴重な当時の文献記録や発掘調査で出土した槍・刀装具・銃砲弾などの資料から迫ります。開館時間: 9:00~16:30(観覧受付は、16:00)観覧料:一般 100円、高校生・学生50円 ※中学生以下は無料

  • 2018年12月01日(土)~2019年03月03日(日)

    大阪城

    大阪城イルミナージュ 幕末◆維新◆文明開化

    「幕末・維新・文明開化」をテーマにしたイルミネーションイベントです。天空の夜空にそびえる大阪城天守閣を背景に、150年前の激動の時代を約300万球のイルミネーションで表現します。幕末期の城下町の街並みを迷路にした日本初の「和迷路」や全幅30mにも及ぶ「光の歴史絵巻」など、鮮やかな光の空間演出による壮観な世界をお楽しみ下さい。開催時間:17:00~22:00(点灯17:30~21:30)。入場料:中学生以上1200円、小学生600円、3歳未満無料。

  • 2018年12月16日(日)~2019年03月24日(日)

    高松城

    高松城鉄砲隊演武

    日本三大水城である高松城で、迫力ある火縄銃の実演が行われます。江戸時代の鉄砲隊を再現しており、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえます。銃声がお腹の底へズドンと鳴り響く、迫力ある演武をお楽しみ下さい。また、甲冑姿の鉄砲隊と記念撮影をすることもできます。開催日時:12月16日、1月20日、3月24日の各日10:30から。入園料:16歳以上200円・6歳以上16歳未満100円、6歳未満無料。

    • 会場名史跡高松城跡 玉藻公園
    • 住所香川県高松市玉藻町2-1
    • お問い合わせ玉藻公園管理事務所 TEL:087-851-1521
    • URLhttp://www.takamatsujyo.com/
  • 2018年12月17日(月)~2019年02月28日(木)

    二条城

    世界遺産 二条城の早春

    世界遺産・二条城で春の訪れを祝うイベントが開催されます。国宝である二の丸御殿では、大広間三の間特別入室や三の間障壁画の原画特別公開が催行。江戸時代の技術の粋を間近で堪能できます。清流園の香雲亭では京野菜をふんだんに使用した特別な昼食を満喫することも(要予約)。開催時間はイベントごとに異なるため、HPよりご確認ください。料金:(入場料)一般600円、中高生350円、小学生200円、(原画公開)100円、(特別昼食)3500円※別途入場料が必要です。

  • 2018年12月22日(土)~2019年02月03日(日)

    秋田城

    秋田城跡歴史資料館後期企画展「秋田城と古代の職人」

    秋田城跡から出土した遺物の中でも「職人(工人)」に焦点を当てた企画展です。秋田城跡の発掘調査では鉄製品や漆製品、木製品が大量に出土しているほか、その製作・加工に必要な道具類も見つかっており、このことから城内に設けられた工房であらゆる物を生産していたことがわかります。奈良時代から平安時代にかけて大規模な役所として知られる秋田城の「生産地」としての側面に迫ります。開催時間:9:00〜16:30。観覧料:一般200円、高校生以下無料。休館日:12月29日〜1月3日。

  • 2019年01月03日(木)~2019年01月27日(日)

    徳島城

    2019年新春イベント

    伝統ある獅子舞や体験もできる南京玉すだれの披露や琴の弾き初め回、先着100名にぜんざいと七草がゆがふるまわれます。また6日には新春かるた大会が行われ、徳島県かるた協会による模範試合もあります。子どもたちがかるたの技を競い合う迫力をぜひ感じてみて。開催時間:3日11:00〜14:00、5日11:30〜13:00、6日9:30〜16:00、13日13:30〜16:00(参加受付は12:00より)、27日13:30〜16:00。入館料:一般300円、高・大学生200円、中学生以下無料。

  • 2019年01月19日(土)~2019年01月27日(日)

    【要事前申込】青銅の鋳込み体験

    吉野ヶ里遺跡から出土した「把頭飾付有柄細形銅剣(はとうしょくつきゆうへいほそがたどうけん)」と「前漢鏡」を作る体験イベントです。青銅を炉で溶かして型に流し込んで鏡と剣の形を作り、やすりでピカピカになるまで磨きます。珍しい歴史的用具制作をぜひ体験してみて。雨天中止。会期中土曜・日曜に開催。開催時間:10:00〜13:00。参加費:5000円。参加資格:小学生以上。定員:各日先着10名(要事前申込・開催日1週間前までに電話[吉野ヶ里公園管理センター TEL:0952-55-9333]で申込み。)