イベント情報

日本全国のお城関連のイベント情報を紹介します。
イベントの日程や内容は、変更となる場合がありますので、事前にご確認の上、お出かけください。

※お城のイベント情報をお寄せください。詳しくはこちら

ピックアップ

  • 2019年03月30日(土)~2019年03月30日(土)

    石垣山城

    【城びとイベント】理文先生と行く!小・中学生向け石垣山城ツアー

    加藤理文先生(公益財団法人日本城郭協会理事)、諏訪間順先生(小田原城天守閣館長)と石垣山城を巡りながら、石垣山城の構造や歴史、フィールドワークの方法、お城の調査方法について学びます。麓から石垣山城まで歩いて登る「たっぷり歩く」ツアーと現地集合・現地解散の「ゆったり散策」ツアーの2コースをご用意。ツアーは約3~4時間。詳細は記事ページでご確認ください。開催時間: 9:00~13:00、13:00~17:00 対象年齢:小学校4年~中学校3年 ※小学校1~3年は保護者同伴 

    • 会場名石垣山一夜城歴史公園
    • 住所神奈川県小田原市早川1383‐12
    • お問い合わせ城びと編集部(株式会社 東北新社内) MAIL:shirobito@shirobito.jp
    • URLhttps://shirobito.jp/article/696
  • 2019年03月31日(日)~2019年03月31日(日)

    小田原城

    【3/29申込締切】特別講演会「「センゴク」で小田原北条氏を語る」

    小田原北条氏や小田原城についての最新の研究成果を学ぶ「小田原北条セミナー」の締めくくりとして、特別講演会が開催されます。セミナーを総括する小和田哲男氏の講演と、「小田原征伐編」、「小田原合戦編」が連載中である『センゴク権兵衛』の作者・宮下英樹氏を迎えて、制作秘話などを含めたディスカッションをが行われます。開催時間:13:30~17:00(開場は12:30)。入場料1000円。定員:1000人(要事前申込。3月29日までに、氏名、住所、連絡先を申込フォームもしくはメール、FAX、郵送で送付)

  • 2018年10月31日(水)~2019年12月31日(火)

    丸亀城

    丸亀城石垣修復プロジェクト

    「あの美しい石垣をもう一度」という願いを込めて展開している丸亀城石垣修復プロジェクト。プロジェクトの一環として、「がんばれ!丸亀城応援募金」の募金箱を城内のほか、各所に設置。ふるさと納税や銀行振り込みでの支援も可能。現存12天守のひとつ、丸亀城ですが日本一の高さを誇る石垣が、平成30年7月の西日本豪雨や9月の台風の影響により、城南西武の帯曲輪西面石垣など相次いで崩落。復旧には長居年月と莫大な費用が見込めるため、プロジェクトが発足しました。詳しくはサイトでご確認ください。

開催中/開催予定のイベント

  • 2017年12月26日(火)~2019年03月31日(日)

    松江城

    国宝松江城・月山富田城 ご家紋帳スタンプラリー

    秀吉の中国方面軍において、盟友として戦った戦国武将「堀尾吉晴」と「山中鹿介」。出雲の地でご縁がめぐり、二人の名将にゆかりができた「月山富田城」と国宝となった「松江城」。二つの城とゆかりの銅像をめぐるスタンプラリー。①出雲国の二大名城とゆかりのある名将の銅像をめぐり家紋印を集め、②指定場所で家紋印手帳と応募用紙に家紋を押し、③応募用紙を応募箱に投函すると、先着1,000名に家紋印手帳限定「鹿介・茂助」のクリアファイルをプレゼント!(応募受付期間)平成31年3月31日まで

    • 会場名<スタンプ設置場所>堀尾吉晴、松平直政、吉川経家:国宝松江城本丸休憩所(松江市殿町1-1)。山中鹿介、尼子経久、吉川経家:広瀬絣センター入口前(安来市広瀬町町帳775-1)※月山富田城⇔国宝松江城/車で約40分
    • 住所松江市内、安来市内
    • お問い合わせ松江観光協会 TEL:0852-27-5843
    • URLhttp://matsue-musya.com/280
  • 2018年04月06日(金)~2019年03月31日(日)

    脇本城

    続日本100名城スタンプラリー開始記念 プレゼント

    続日本100名城スタンプラリー開始記念として、期間中に「続日本100名城公式スタンプ帳」持参で来城された方に、毎月抽選で特製クリアファイルをプレゼント。史跡入口にある「史跡脇本城跡案内所」で、応募用紙にプチクイズの答えを書いて応募。

  • 2018年06月10日(日)~2019年08月31日(土)

    金沢城

    「金沢城鼠多門」の寄進募集

    2020年に復元工事か完成予定の金沢城鼠多門。復元工事に使用する門の「壁板」、海鼠壁の「平瓦」の裏面に名前や記念のメッセージを残すことができます。金沢城鼠多門に寄進をして、あなたの名前を未来に残しませんか? 1口5000円からで、2019年夏~秋にかけて行われる記名会にも参加が可能。個人からの寄進は「ふるさと納税制度」の対象となります。詳しくはホームページを参照ください。

  • 2018年09月21日(金)~2019年03月31日(日)

    亀山城

    丹波亀山城 歴史リアル謎解きゲーム ~出世人 明智光秀~

    プレーヤー自身が歴史上の人物となり、歴史を動かす歴史リアル謎解きゲームが、明智光秀の居城だった丹波亀山城下で開催! 城下に散らばるヒントを集め、光秀が起こした本能寺の変の謎を解き明かしましょう。受付時間:9:00〜15:30(解答受付は17:00まで。月曜・年末年始休催)。チケット代:(前売)1200円(亀岡市文化資料館入館料込み)

  • 2018年09月21日(金)~2019年03月31日(日)

    高槻城

    高槻城 歴史リアル謎解きゲーム ~福者 高山右近~

    プレーヤー自身が歴史上の人物となり、歴史を動かす歴史リアル謎解きゲームが、キリシタン大名・高山右近の居城だった高槻城下で開催! 城下に散らばるヒントを集め、右近が歩んだ信仰の道をたどってみましょう。受付時間:10:00〜15:00(解答受付は17:00まで。月曜休催)。チケット代:(前売)1200円。

  • 2018年09月21日(金)~2019年03月31日(日)

    大阪城

    大坂城 歴史リアル謎解きゲーム 〜天下人 豊臣秀吉〜

    天下人・豊臣秀吉の居城だった大阪城でリアル謎解きゲームが開催! 城内に散らばるヒントを集め、秀吉が生涯をかけて築いた巨城の謎を解き明かしましょう。受付時間:(9月〜10月・3月)9:00〜15:30、(11月〜2月)15:00(解答受付は受付時間終了から1時間後まで。月曜休催)。チケット代:ノーマルモード(前売)1200円、(当日)1500円、スマホモード(前売)1500円、(当日)1800円。

  • 2018年10月07日(日)~2019年03月31日(日)

    姫路城

    姫路城世界遺産登録25周年記念「白鷺飛翔-姫路城築城前夜-」

    シラサギが羽を広げたような美しい姿から、「白鷺城」とも呼ばれる世界遺産姫路城。築城400年を経てもその優美さは人々を魅了します。今回の展示は昭和の大修理時に発見された大天守地下の資料のほか、近年の城下町の発掘調査による考古学的知見等をもとに、姫路城の築城前夜からその出現までをたどり、中世から近世にかけての姫路の風景がどのようなものであったかに迫ります。開催時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)入館無料。休館日:毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日。

  • 2018年11月03日(土)~2021年03月31日(水)

    新宮城

    新宮城復元資料収集懸賞事業  ※新宮城の復元資料募集

    新宮城の復元資料の募集がはじまりました。1633年に紀州藩付家老水野氏の城として完成し、現在では美しい石垣が残るのみとなっている新宮城。これまで復元につながる有力な資料が発見されていないことから、懸賞金を懸けて広く募ることとなりました。対象資料は新宮城の天守・大手門。櫓の復元根拠となる古写真や設計図などで、懸賞金額は最大で1,700万円。詳細はホームページを参照ください。

  • 2018年12月16日(日)~2019年03月24日(日)

    高松城

    高松城鉄砲隊演武

    日本三大水城である高松城で、迫力ある火縄銃の実演が行われます。江戸時代の鉄砲隊を再現しており、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分が味わえます。銃声がお腹の底へズドンと鳴り響く、迫力ある演武をお楽しみ下さい。また、甲冑姿の鉄砲隊と記念撮影をすることもできます。開催日時:12月16日、1月20日、3月24日の各日10:30から。入園料:16歳以上200円・6歳以上16歳未満100円、6歳未満無料。

    • 会場名史跡高松城跡 玉藻公園
    • 住所香川県高松市玉藻町2-1
    • お問い合わせ玉藻公園管理事務所 TEL:087-851-1521
    • URLhttp://www.takamatsujyo.com/
  • 2019年01月12日(土)~2019年04月07日(日)

    佐柿国吉城

    平成30年度冬季トピックス展『城コレ2019・早春』

    最近各城で見かける“お城の御朱印”を集めた企画展です。いわゆる神社やお寺を参拝して発行される御朱印とは異なり、城主の家紋や代名詞を朱印してその形態を模したものもあり来城(登城)記念品として広まっています。お城や家紋が描かれた御朱印帳も展示されるのでお城土産えらびの参考にしてみては?開催時間:(3月末まで)10:00〜16:30(4月)9:00〜17:00(最終入場は閉館の30分前まで)。入館料:一般100円、中学生以下50円。

  • 2019年01月22日(火)~2019年04月14日(日)

    関宿城

    企画展「昔のくらし展」

    電化製品の発展により失われていった、昔懐かしい昭和の道具を紹介する企画展。「住まう」「食べる」「着る」「働く」「遊ぶ」の5つのテーマのもと、石臼や蓑などが展示されます。昔のおもちゃや履き物を体験できるコーナーも。開館時間:9:00〜16:30。入館料:大人200円、高大生100円、中学生以下・65歳以上無料。

  • 2019年01月26日(土)~2019年03月24日(日)

    姫路城

    特別企画展「姫路 今むかし PartⅢ」

    明治から平成にかけて大きく様変わりした、姫路の町並みや人々の生活を振り返る特別企画展が開催されます。明治や昭和の様子を映した古写真や、大正時代の市街図などの史料が展示され、姫路の発展の様子が一目瞭然に。姫路市の近現代を総括する、平成の締めくくりにふさわしい企画展です。開催時間:10:00〜17:00(最終入場16:30) 入館料:大人500円、大学生350円、高校生以下無料

  • 2019年02月02日(土)~2019年03月24日(日)

    九戸城

    企画展「九戸城跡~史跡調査30年の歩み」

    中世に九戸氏の居城として築かれ、奥州再仕置後に南部氏の本城となった九戸城跡。平成30年間に及ぶ発掘調査・研究の結果、史跡の構造や城郭の特徴の一端が徐々に明らかになってきています。本企画展では、これまでの発掘調査・研究を振り返り遺物や遺構配置図、写真などの展示を通して、改めて九戸城跡の本質的な価値にスポットを当てます。10日、16日には職員による展示解説も行われます。(2日前までに電話にて申込。各回定員10名程度)入館料:一般50円、小中学生20円。開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)。

  • 2019年02月02日(土)~2019年04月14日(日)

    富山城

    企画展「富山の街並みプレイバック」

    富山市の中心繁華街は、江戸時代の城下町を貫いていた北陸街道沿線の商人町を起源としています。明治時代になると総曲輪通りが成立し、一帯は「富山銀座」として賑わいをみせます。企画展では、近年再開発が進み急激な変貌をとげる富山市中心市街地の変遷を、地図や写真を用いて紹介します。開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで。3月13日は休館日となります)。入館料:大人210円、高校生以下無料

  • 2019年02月02日(土)~2019年03月31日(日)

    岩村城

    岐阜の宝もの東美濃の山城を制覇せよ! ~ 春の「東美濃の山城周遊スタンプラリー」スタート! ~

    岩村城跡、苗木城跡、美濃金山城跡の岐阜の三山城を制覇できる周遊スタンプラリーが今年も開催されます。注目は参加特典の「山城カード」で、各山城の再現CGが描かれた新デザインにリニューアル!各城先着1200枚限定、平成最後の山城カードをぜひ手に入れよう! 三城制覇した人には、先着1000枚限定で特製東美濃のト ートバッグ のプレゼントも。詳しくはホームページをご確認ください。参加料:無料 (すべて有料施設内に入館後、スタンプ押印) ※各カード、トートバッグはなくなり次第、配布終了。

    • 会場名岩村歴史資料館、苗木遠山史料館、可児市戦国山城ミュージアム
    • 住所岐阜県恵那市岩村町98 ほか
    • お問い合わせ東美濃歴史街道協議会「東美濃の山城」推進部会事務局(可児市観光交流課内)TEL:0574-62-1111
    • URLhttps://www.kankou-gifu.jp/yamajiro/
  • 2019年02月08日(金)~2019年04月07日(日)

    広島城

    チームラボ 広島城 光の祭

    チームラボは、非物質的なデジタルテクノロジーによって、街を物質的に変えることなく「街が街のままアートになる」という「Digitized City」というアートプロジェクトを行っています。「チームラボ 広島城 光の祭」では、初代広島藩主浅野長晟が広島城に入城して400年を迎える今年、街の象徴である広島城を人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えます。入場料:16歳以上1000円、小・中学生700円、6歳以下無料。開催時間:18:30~21:30(最終入場21:00)。

  • 2019年02月11日(月)~2019年03月31日(日)

    佐賀城

    佐賀城下ひなまつり

    佐賀市歴史民俗館や徴古館など佐賀城下の文化施設で行われるひな祭りです。ひな人形の展示はもちろん、御朱印めぐりや寄席、ミュージシャンのライブなど多種多様なイベントが開催予定。賑やかに色づいた、早春の佐賀城下に足を運んでみてください。開催時間:10:00~17:00。当日券料金:共通券600円、徴古館券300円、 佐賀市歴史民俗館券400円、小学生以下無料

    • 会場名佐賀市歴史民俗館ほか
    • 住所佐賀県佐賀市柳町2-9
    • お問い合わせ佐賀城下ひなまつり実行委員会 TEL:0952-20-2200
    • URLhttps://www.sagabai.com/main/3621.html
  • 2019年02月16日(土)~2019年04月17日(水)

    広島城

    企画展「お城と城下の花見事情~広島城周辺の桜の名所~」

    桜の木を見ながら食事をしたり、桜の美しさに酔いしれたりと現代人にとっても春の一大風物詩となっているお花見。それは、江戸時代の人々にとっても同じでした。本企画展では、江戸時代の広島城とその城下での桜の名所、花見の様子について、絵図や文書、花見道具などで紹介。また、会期中の日曜・祝日には学芸員による見どころの解説も行われます。開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)/展示解説:①11:00~②14:00~(所要時間各約15分)。観覧料:大人370円、高校生180円、中学生以下無料。

  • 2019年02月19日(火)~2019年04月21日(日)

    名古屋城

    パネル展「秀吉と城」 

    豊臣秀吉はその生涯において、大坂城・伏見城・聚楽第をはじめとする実に多くの城、館、寺や神社を築きました。その大半は秀吉没後破壊されてしまいましたが、近年の調査により壮大な建築プランが明らかになっています。その成果の一端を紹介し、秀吉の築城した城にせまります。開催時間:9:30〜17:00。入館無料。

  • 2019年02月23日(土)~2019年03月24日(日)

    高知城

    企画展「山内家のおひなさま~匠の極小世界~」

    土佐藩主・山内家に伝来したひな人形、ひな道具とあわせて、高知城歴史博物館所蔵の漆芸品の数々を紹介します。見どころは江戸時代、大名家で婚礼に際し嫁入り道具としてあつらえられた唐草丸十字紋蒔絵燗器(からくさまるじゅうじもんまきえかんき)や嫁入り道具であったミニチュアのひな道具約40点など。期間中は切って組み立てると立体的なおひなさまになる立版古がもらえます。観覧料:700円、高知城とのセット券あり(890円)、高校生以下無料。開催時間:9:00〜18:00(日曜は8:00〜18:00)。