イベント情報

日本全国のお城関連のイベント情報を紹介します。
イベントの日程や内容は、変更となる場合がありますので、事前にご確認の上、お出かけください。

※お城のイベント情報をお寄せください。詳しくはこちら

ピックアップ

  • 2019年09月25日(水)~2020年02月29日(土)

    松江城

    うんぱく三城御城印めぐりキャンペーン

    「陸」の城の国宝松江城・「海」の城の米子城・「空」の城の月山富田城。出雲國と伯耆國の近距離にある三名城で「御城印」を購入すると、先着1500名様にもれなく特別御城印帳をプレゼント!(※新たに御城印を3城のいずれかで購入された方が対象) また三名城の御城印をコンプリートすると日本城郭協会理事長の小和田哲男先生のサイン入り書籍か、「城びと」オリジナルグッズがもらえるWチャンスも。参加方法など詳しくはホームページでご確認ください。

    • 会場名松江城御城印販売所:ぶらっと松江観光案内所(松江城二の丸下の段)
    • 住所島根県松江市殿町428
    • お問い合わせ一般社団法人 中海・宍道湖・大山圏域観光局 TEL:0852-55-5057
    • URLhttps://www.nakaumi.jp/cgi-bin/rus7/info/view.cgi?d=238
  • 2019年12月21日(土)~2019年12月22日(日)

    お城EXPO 2019

    日本各地のお城のブースをはじめ、デジタル想定復元された「大坂冬の陣図屏風」や史料の展示、「小・中学生 城の自由研究コンテスト 優秀作品展」「城郭写真家による写真ギャラリー」など、お城ネタで埋め尽くされる日本最大級のお城イベント。展示のほか、講演会やワークショップ、セミナー、武将隊による演武やご当地キャラも!20日(金)には、プレイベントの「お城EXPO 2019プレミア前夜祭」も開催。

    • 会場名パシフィコ横浜 会議センター
    • 住所神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
    • お問い合わせ「お城EXPO 2019」事務局 TEL:045-662-5380 (平日10:00~17:00)
    • URLhttp://www.shiroexpo.jp/

開催中/開催予定のイベント

  • 2018年10月31日(水)~2019年12月31日(火)

    丸亀城

    丸亀城石垣修復プロジェクト

    「あの美しい石垣をもう一度」という願いを込めて展開している丸亀城石垣修復プロジェクト。プロジェクトの一環として、「がんばれ!丸亀城応援募金」の募金箱を城内のほか、各所に設置。ふるさと納税や銀行振り込みでの支援も可能。現存12天守のひとつ、丸亀城ですが日本一の高さを誇る石垣が、平成30年7月の西日本豪雨や9月の台風の影響により、城南西武の帯曲輪西面石垣など相次いで崩落。復旧には長居年月と莫大な費用が見込めるため、プロジェクトが発足しました。詳しくはサイトでご確認ください。

  • 2018年11月03日(土)~2021年03月31日(水)

    新宮城

    新宮城復元資料収集懸賞事業  ※新宮城の復元資料募集

    新宮城の復元資料の募集がはじまりました。1633年に紀州藩付家老水野氏の城として完成し、現在では美しい石垣が残るのみとなっている新宮城。これまで復元につながる有力な資料が発見されていないことから、懸賞金を懸けて広く募ることとなりました。対象資料は新宮城の天守・大手門。櫓の復元根拠となる古写真や設計図などで、懸賞金額は最大で1,700万円。詳細はホームページを参照ください。

  • 2019年01月26日(土)~2020年03月31日(火)

    島原城

    謎解きお城脱出ゲームキャッスルモンスター

    島原城天守閣×本格謎解きゲーム×AI×スマホという大人から子どもまで楽しめる最先端企画。プレイヤーは、島原城内で待ち受ける多くの謎を解き、最上階を目指します。夜の島原城で新感覚体験型アトラクションを体感できるまたとないチャンス。なお、参加にはスマホ無料アプリ「LINE」が必要になります。期間中、毎月最終土曜日を中心に開催。(詳しくは公式HPをご確認ください) 料金(当日券):1800円、未就学児は無料。開催時間:19:00~22:00(最終受付20:30)

    • 会場名島原城天守閣
    • 住所長崎県島原市城内1-1183-1 
    • お問い合わせ島原城天守閣事務所 TEL:0957-62-4766 
    • URLhttps://castlemonster.com/
  • 2019年03月02日(土)~2019年11月24日(日)

    大阪城

    大阪城の櫓 YAGURA 内部特別公開

    重要文化財である多聞櫓、千貫櫓、焔硝蔵を特別公開(土日祝限定)。かつて城内には天守をはじめ御殿や櫓、蔵など様々な建物が並んでいましたが、大火や空襲により多くの建物が焼失してしまいました。今回公開される櫓などは、災禍を逃れて残った貴重な建造物です。また、今回は失われた櫓にも注目。パンフレットや解説パネルなどでも、以前城内にあった櫓についての情報量を増やして解説しています。時間:10:00〜16:30 入場料:大人:700円、中学生以下:300円

  • 2019年03月23日(土)~2019年11月30日(土)

    明石城

    坤櫓・巽櫓の特別公開

    築城400周年を迎えた明石城では記念事業の一つとして、春季と秋季の土日祝のみ公開していた坤櫓と巽櫓を毎日公開しています。日によってどちらかの櫓の1階を見学することが可能。貴重な文化財を見学できるチャンスをお見逃しなく! 6月16日は両櫓公開。また7月20日~11月30日の土日祝は、坤櫓の2・3階の公開も行なっています。公開時間:平日12:00〜13:00、土日祝 10:00〜16:00 公開無料

  • 2019年04月01日(月)~2020年02月11日(火)

    金沢城

    石川門・三十間長屋特別公開

    金沢城の顔といっても過言ではない、石川門と、本丸付段にそびえ立つ三十間長屋。どちらも国の重要文化財に指定されており、通常は非公開ですが、今回特別に公開され、内部を見ることができます。また特別公開日には「城と庭のボランティアガイド」が内部を解説付きで案内。さらに鶴丸倉庫(金沢城土蔵)の特別公開を実施する日もあります。開催時間:9:00〜15:30。観覧無料 

  • 2019年04月27日(土)~2020年03月31日(火)

    大阪城

    【5/24申込締切】[歴史ガイドウォーク]京街道(東海道五十七次)魅力再発見2019「ぶらりお城めぐり」

    大坂城天守閣と京阪ホールディングのコラボイベント。歴史講座である「ぶらりお城巡り」は城や街道の歴史を解説する全6回の講演です。町歩きイベント「歴史ガイドウォーク」では学芸員などを務める歴史案内人とともに、城郭や地域の文化などの魅力を感じることができます。「ぶらりお城巡り」時間:13:00〜15:00 参加無料 先着100名程度 「歴史ガイドウオーク」時間:6月11日(火)9:30〜12:15 6月22日(土)9:00〜11:30 参加費1000円 歴史ガイドウォークは要申込 詳細はHPでご確認ください。

  • 2019年09月07日(土)~2020年03月31日(火)

    大阪城

    京街道魅力再発見2019 ぶらりお城めぐり

    城に関する講座や歴史ガイドウォークなどを行うイベントです。講座では各回、坂本城、二条城、宇治に焦点をあて、有識者がわかりやすく解説してくれます。歴史ガイドウォークは10月と来年2020年3月に開催され、それぞれ淀城と大阪城の城内のほか、史跡を巡りながら町歩きを楽しめます。参加費:各講座・歴史ガイドウォークによって異なる 時間:講座13:00~15:00(開場12:30)、歴史ガイドウォーク10:00~12:30など ※各回申込必須、応募者多数の場合は抽選(開催1週間前に当選者のみ通知)

  • 2019年09月07日(土)~2020年05月06日(水)

    広島城

    浅野氏広島城入城400年記念事業

    浅野氏が広島城に入城して400年を迎える節目の2019年。これを契機として、41団体が広島県内各地で108の事業を実施。企画展や体験講座はもちろん、伝統芸能の鑑賞会やお茶会など様々なジャンルの事業が幅広く行われます。集中実施期間の2019年9月~10月にかけては、68の事業が実施され、特に盛り上がる期間。浅野氏入城以降の広島の歴史・文化を再発見し、広島への郷土愛を深めることができる絶好の機会となっています。開催期間:イベントにより異なります。

    • 会場名広島城 ほか
    • 住所広島県広島市中区基町21-1 
    • お問い合わせ野氏広島城入城400年記念事業推進会議(事務局:広島県、広島市、文化芸術課) TEL:082-513‐2719
    • URLhttps://www.asano400.jp/
  • 2019年09月21日(土)~2019年11月24日(日)

    瀬戸内ヒストリア –芸予と備讃を中心に– 

    海上交通の舞台として栄えた瀬戸内の海の道が織りなす2000年の歴史をいま紐解く特別展。10月19日(土)のイベント『瀬戸内の近世城郭』ではイラストレーター・日本城郭史学会委員の香川元太郎氏の基調公演や松山城・今治城・高松城の各事例の報告会を開催。日時:10月19日(土)13:00〜17:00 場所:今治市みなと交流センター※先着140人、参加無料、申込不要。また海の学び講座として【体験】古代の塩づくりや【バスツアー】などの企画も。各イベント開催日程や参加費・事前申込など詳細はHPでご確認ください。

    • 会場名愛媛県歴史文化博物館 、今治市みなと交流センターほか
    • 住所愛媛県愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2(愛媛県歴史文化博物館) ほか
    • お問い合わせ愛媛県歴史文化博物館 TEL:0894-62-6222
    • URLhttp://www.i-rekihaku.jp/exhibition/index.html#0921
  • 2019年09月25日(水)~2020年02月29日(土)

    米子城

    うんぱく三城御城印めぐりキャンペーン

    「陸」の城の国宝松江城・「海」の城の米子城・「空」の城の月山富田城。出雲國と伯耆國の近距離にある三名城で「御城印」を購入すると、先着1500名様にもれなく特別御城印帳をプレゼント!(※新たに御城印を3城のいずれかで購入された方が対象) また三名城の御城印をコンプリートすると日本城郭協会理事長の小和田哲男先生のサイン入り書籍か、「城びと」オリジナルグッズがもらえるWチャンスも。参加方法など詳しくはホームページでご確認ください。

  • 2019年09月25日(水)~2020年02月29日(土)

    月山富田城

    うんぱく三城御城印めぐりキャンペーン

    「陸」の城の国宝松江城・「海」の城の米子城・「空」の城の月山富田城。出雲國と伯耆國の近距離にある三名城で「御城印」を購入すると、先着1500名様にもれなく特別御城印帳をプレゼント!(※新たに御城印を3城のいずれかで購入された方が対象) また三名城の御城印をコンプリートすると日本城郭協会理事長の小和田哲男先生のサイン入り書籍か、「城びと」オリジナルグッズがもらえるWチャンスも。参加方法など詳しくはホームページでご確認ください。

    • 会場名月山富田城御城印販売所:安来市立歴史資料館、広瀬絣センター
    • 住所島根県安来市広瀬町町帳752、安来市広瀬町町帳775-1
    • お問い合わせ一般社団法人 中海・宍道湖・大山圏域観光局 TEL:0852-55-5057
    • URLhttps://www.nakaumi.jp/cgi-bin/rus7/info/view.cgi?d=238
  • 2019年10月01日(火)~2019年12月01日(日)

    篠山城

    丹羽篠山私立歴史美術館特別展「平尾竹霞が見た絶景-丹羽篠山が生んだ南画家の軌跡-」

    幕末の安政3年に丹波篠山で生まれた近代南画家、平尾竹霞。その没後80年を記念して、明治から昭和までにかけて描いた作品が展示されます。中でも皇室にも献納された作品である、和歌山の風景を描いた「双青寮廿一勝」や「嵐峡十二景」は必見。また平尾竹霞及び南画について学べる講演会も予定されており、特別展を通し平尾竹霞が描いた絶景の世界を存分に楽しむことができます。時間:9:00~17:00(16:30受付終了) 入館料:大人500円 休館日:月曜日(祝祭日の場合は開館・翌日休館)、10/21(月)臨時開館

    • 会場名丹羽篠山市立歴史美術館
    • 住所兵庫県丹羽篠山市呉服町53
    • お問い合わせ丹羽篠山市立歴史美術館 TEL:079-552-0601
    • URLhttps://www.burari-tambaji.com/event/93
  • 2019年10月05日(土)~2019年12月22日(日)

    新発田城

    「本能寺」を巡る ふたつの「しばた」

    古文書などを所蔵する新発田市立歴史図書館で、新発田市より寄贈された『溝口半左衛文書』の初の一般公開を含む企画展が開催されます。『溝口半左衛門文書』とは、本能寺の変の直後に、織田信長の側近であった柴田勝家が溝口半左衛門に送った物とされ、その他様々な展示物で「柴田」と「新発田」、二つの「しばた」が本能寺に、引いては日本の歴史にどのように関わってきたかを知ることができます。料金:無料 時間:9:00〜17:00 毎週月曜日休館

  • 2019年10月05日(土)~2019年11月24日(日)

    富山城

    特別展「越中富山の本屋さん—江戸時代の書籍文化を探る—」

    江戸時代に書籍が商品として流通するようになると、人々の生活や社会に大きな影響を与えていきます。本屋の商圏となっていた地域は、学術・文化、あるいは産業などの情報が集積していることを示し、江戸時代の地方出版と本屋を探ることは、地方文化を知る上で重要なこと。本展では江戸時代の富山町でどのような書籍が本屋に出版・流通していたのかを知り、当時の富山の人々と書籍の関わりや学問や文化の一端を紹介します。時間:9:00~17:00(16:30受付終了) 観覧料:大人400円(320円) 高校生以下無料

  • 2019年10月05日(土)~2019年12月28日(土)

    熊本城

    熊本城特別公開

    震災から3年半、熊本城天守の一般公開が日曜・祝日を中心に再開されます。まだ天守内に入ることはできませんが、復興中の天守を間近で見ることができます。初日の10月5日には、記念式典も開催予定。また、2020年春には立入規制区域内に「特別見学通路」が完成予定、2021年には天守が完全復旧予定です。時間:9:00〜17:00(原則として復旧工事のない日曜・祝日のみの公開、10月5日〜14日までは平日も午後のみ公開、ラグビーワールドカップ・世界女子ハンドボール選手権開催期間中は土曜日も公開)

  • 2019年10月11日(金)~2019年12月08日(日)

    二条城

    世界遺産登録25周年記念 二条城まつり2019

    二条城が世界遺産に登録されてから25年を迎えることを祝う祭りです。通常では非公開の「大広間」と「黒書院」の帳台の間の障壁画公開や城内をまわって謎を解く「歴史謎解きラリー」、紅葉とライトアップ楽しめる「世界遺産登録25周年記念 FLOWERS BY NAKED 2019 -京都・二条城-」など盛り沢山の内容となっています。催しのひとつ「徳川慶喜茶会」では、徳川慶喜の日常が垣間見える観劇とショー演出を楽しめます。料金:イベントにより異なる

  • 2019年10月12日(土)~2019年12月10日(火)

    小田原城

    小田原城天守閣特別展「伊勢宗瑞の時代」

    今年は小田原北条氏の初代伊勢宗瑞(北条早雲)がこの世を去って500年の節目の年。最新の研究成果を紹介。伊勢宗瑞が生きた時代にスポットをあて、宗瑞の肖像画や発給文書(パネル展示)、ゆかりの遺跡で出土した発掘調査資料などを展示。時間:9:00~17:00(最終入場は16:30まで)入館料:天守閣単館券 一般510円、小・中学生200円

  • 2019年10月12日(土)~2019年11月17日(日)

    名古屋城

    名古屋城秋まつり

    名古屋の秋の風物詩として、多彩なプログラムが用意された一大イベント! 食堂や縁日などの飲食ブースがあるのはもちろん、VRを使った天守閣木造復元イメージ映像の視聴体験や、火縄銃の実演、芸能ステージ、落語家のトークショーをはじめとした歴史好き以外でも楽しめるプログラムから、古文書の読解講座や櫓の特別公開など歴史の奥深さを学べるプログラムまで、盛りだくさん! 事前申し込みが必要なものもあるため、詳細は公式ホームページをチェック。イベントの開催日や時間について詳しくはホームページでご確認ください。

  • 2019年10月12日(土)~2019年11月24日(日)

    鳥取城

    因幡×豊臣~豊臣政権と因幡の大名~

    「豊臣期」ともいわれた豊臣秀吉の天下の時代、因幡の国と呼ばれていた鳥取の歴史を掘り下げる展覧会です。宮部継潤と亀井茲矩という二人の戦国大名を中心に、因幡国の情勢、朝鮮出兵、そして宮部家が没落するきっかけとなった関ヶ原の戦いなどを様々な展示物で紹介します。また、会場である「やまびこ館」では11月16日(土)、17日(日)には「おもてなしイベント」も開催。入場料が無料になり、お菓子とお茶のサービスが行われます。料金:大人500円、高校生以下無料 時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)