日本100名城

おおさかじょう

大坂城

大阪府大阪市

別名 : 大阪城、金城、錦城、浪華城、(石山本願寺)
旧国名 : 摂津

投稿する
大坂城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

くらのり

大阪城 (2018/02/18 訪問)

戦国時代の石山(大坂)本願寺の跡地に豊臣秀吉が安土桃山時代に天下統一の拠点として1583年(天正11年)から築き上げた城。
城域が2㎞四方を越す難攻不落の巨城であったが、1614年大坂冬の陣で徳川家康らの大軍に外堀が埋められ、翌年の夏の陣で天守閣等が炎上し落城。
その後徳川幕府は西国・北国の64藩を動員して1620年(元和6年)から10年、豊臣秀吉が築いた遺構は全て埋没し全面的に築城し、城代を置いて明治維新に至った。現存する遺構は全てこの時代のもの。現在の天守閣は大阪市民の熱意で昭和6年に復興されたもの。

+ 続きを読む

POYO58

石垣、重要文化財編 (2022/08/06 訪問)

大坂城は天守もいいですが、歴史の面影を一番感じやすいのは石垣と現存櫓です。大坂城には櫓が4つ現存しています。(間違ってたらすみません)たしか、千貫櫓、六番櫓、一番櫓、多聞櫓だったと思います。櫓は水堀沿いにある高石垣の上に建っています。なかなか敵が櫓に向かって攻撃するには難しい場所でした。特に千貫櫓と多聞櫓はすごく大手門に向かう途中に千貫櫓から銃撃にあい、大手門を突破しても枡形虎口がも受けられているため突破するのには不可能です。また枡形虎口はここだけではなく、門がある場所全てに設けられています。また石垣は殆どが打ち込みはぎなのですが、枡形虎口の石垣は切り込みはぎで特徴の違いをかんじとれます。この城を攻められた人はたぶん武田信玄の倍賢いかもしれません。櫓の中には土日に1200円で入ることができますが、断念。美しさだけでなく守備にも適したお城で面白かったです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

POYO58

さすが日本一最強の城! (2022/08/06 訪問)

大坂城に行ってまいりました。大坂城はもちろん豊臣秀吉が築いたお城ですが、実は今現在あるものは全て徳川家康の遺構なんですよね。まあ正直僕は豊臣秀吉があまり好きではないので悲しくはないですが…。(豊臣秀吉のファンの人には申し訳ないです)
では豊臣秀吉とどのように違うのかというと、枡形虎口が設けられていること。この枡形虎口というものは通常江戸時代の城に多いです。ただ明智光秀の黒井城や織田信長の安土城にも枡形虎口はありますがそれは例外です。枡形虎口を設けることで四方から攻撃されるため攻めようがないです。また現在の大坂城の天守は8階まであり、日本ではとても珍しいです。ただ大坂城にはエレベーターが設置してあるため登るのは辛くないです。ただ城らしさが消えてしまう…。

評価
遺構:5
建物:5
行きやすさ:3
全体:5

攻城時間
2時間くらい

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

平成21年・桜門と天守閣 (2009/04/02 訪問)

 平成21年・大手口周り編の続きです。

 大手口から本丸大手に当たる桜門へ、本丸は11基の三層櫓と多聞櫓で連結していたらしい、幕末古写真で良く眺めて居ました、桜門左右に西の一番櫓、南の手櫓が守り土橋で桜門枡形へ二の門高麗門(二の門左右に巨石が使われて居る)、一の門渡櫓門、周囲は多聞櫓で結ばれて厳重な防御、現在は建造物は無く、大坂城で一番大きな蛸石と三番目の振袖石で登城者の目を釘付けにして、見所の一つです、本丸内は西の丸以上の人の混み様、流石大坂城です。
 
 天守閣三代目は、大阪市民の手で昭和6年徳川天守台の上に復元された、豊臣天守閣、徳川天守閣は復元想像図で見てるだけですが、現在の三代目も素晴らしい平成9年にリニューアルされ外壁、金箔瓦、鯱、寅の飾り金具などが黄金色にまだまだ輝いて居ました。令和4年現在91年を迎えて居ります。天守閣には混んでおり登って居ません、外から眺めるだけで充分満足です。

 山里丸、極楽橋を渡り青屋門へ名残に天守閣を眺めて終了、約3時間の城探訪、花見でした。
 
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

現在見られる天守は、五重六階地下二階・黒漆塗の下見板張・金箔瓦という、豊臣秀吉が築いた望楼型天守を模した3代目(鉄筋コンクリート造の復元天守は日本初)。徳川秀忠が豊臣時代の城跡に盛土をし建設した2代目は、五重五階地下一階・白漆喰塗籠・瓦葺きの層塔型天守だった。

城郭情報

城地種類 輪郭式平城、平山城
築城年代 天正11年(1583)
築城者 豊臣秀吉
主要城主 豊臣氏、奥平氏、徳川氏
文化財史跡区分 国重要文化財(櫓・門等)、登録有形文化財(再建天守)、特別史跡
近年の主な復元・整備 徳川秀忠
天守の現況・形態 連結式望楼型[5重6階地下2階/1585年築/焼失(落城)]、独立式層塔型[5重5階地下1階/1626年再/焼失(落雷)]、独立式望楼型[5重8階/1931年再/SRC造復興]
主な関連施設 復興天守、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓、門、石垣、横堀(水堀)
住所 大阪府大阪市中央区(大坂城公園)
問い合わせ先 (財)大阪市博物館協会大阪城天守閣
問い合わせ先電話番号 06-6941-3044