日本100名城

おおさかじょう

大阪城

大阪府大阪市

別名 : 大坂城、錦城、金城

投稿する
大阪城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イオ

真田丸出城 (2019/10/30 訪問)

大坂の陣史跡めぐり、第2回は真田丸周辺を。大坂城の出城なので、大阪城で投稿します。

三方を川と水堀に囲まれた大坂城にあって、唯一の弱点とされる南側の防備のため、大坂冬の陣に際して真田信繁(幸村)が築いた出城で、前田利常、井伊直孝、松平忠直ら徳川方の諸隊を撃退し勇名を轟かせましたが、冬の陣の講和の条件として破却されました。

明確な遺構はなく、比定地や構造も諸説ありますが、空堀町という地名が今に残る大坂城惣構南側の空堀を隔てて、大阪明星学園から心眼寺あたりにかけて存在したのは間違いなさそうです。実際、空堀町から比定地を見上げると、心眼寺の石垣と相まって、寺院を出城に取り込んだ真田丸の姿が想像されます。

遺構はなくても、関連史跡はいろいろあります。大阪明星学園のグラウンド脇には真田丸顕彰碑が建てられ、心眼寺には城跡碑や信繁の墓、説明板があり、そこから西に4分ほど歩けば、幸村が霊木に鎌を打ち付けて戦勝祈願したと伝わる鎌八幡があります。また、東に徒歩5分の三光神社には幸村の銅像と大坂城まで繋がっていると言われる真田の抜け穴があります。社殿には幸村のねぶたに顔ハメ看板まで設置されていて、もはや観光地です(笑) 抜け穴といえば、南に徒歩10分ほどの産湯稲荷神社にも真田の抜け穴と伝わる井戸(産湯玉之井)があります。

周辺には、これらの史跡をめぐる「真田幸村めぐルート」の案内板があちこちに建てられており、迷うことなくめぐることができると思いますので、真田びいきの方はぜひ。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

丹羽長重

登城三回目でようやくスタンプ押せました。 (2019/12/01 訪問)

大阪城に行きました。僕は大阪城に2、3回来てますがまだスタンプを押せてなかったので行きました。
今回は大阪マラソンが行われていて、凄くたどり着くのに苦労しました💨観光が結構制限され櫓や石垣は見ず天守へ直行!!
京橋口から入り完全に裏口入学になりました。緩やかできつい坂を上がると、堂々たる豪華絢爛な天守が!いつもですが天守が見えるととても感動します✨
さて、天守の中へ。お城周辺をまわれなかったのでかわりに天守内の展示資料一通り読みました。このせいで天守から出たあと目まいがしましたww最上階は大阪市内が見渡せて風も心地よかったです。(ビルの高さにもビックリしました)
天守を見終えた後、新しくできたミライザというお店に行ってラーメンを食べました。ミライザの中には大阪のグッズやレストランがあるのでお城に来たら是非!
また、今日は豊国神社に初めて寄りました。そしたら秀吉公の像がありました。まだ見てなかったので僕も「こんなところにあったのか!!」ってなりました。今日大阪城に来て良かったと思う瞬間でした。

帰りは大阪城公園駅から帰ろうとして行きましたが、まだマラソンがやっていて全然通れませんでした。なのでお城を通り反対側の森ノ宮駅へ。大変タイムロスをしました。毎度大阪城の大きさには感激します。
感動したといえばマラソン40㎞以上はしるランナーにも感動しました🏃‍♂️

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ナナコ

豊臣期石垣 (2019/11/15 訪問)

やっと見に行けた!

+ 続きを読む

トーダイ

秋の定点観測 (2018/11/08 訪問)

定点観測で寄りましたが、相変わらず9割が外国人観光客です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

現在見られる天守は、五重六階地下二階・黒漆塗の下見板張・金箔瓦という、豊臣秀吉が築いた望楼型天守を模した3代目(鉄筋コンクリート造の復元天守は日本初)。徳川秀忠が豊臣時代の城跡に盛土をし建設した2代目は、五重五階地下一階・白漆喰塗籠・瓦葺きの層塔型天守だった。

イベント情報

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正11年(1583)、元和6年(1620)
築城者 豊臣秀吉、徳川幕府
主要城主 豊臣氏、松平氏、徳川氏
文化財史跡区分 国指定特別史跡、重要文化財13件、登録有形文化財1件
近年の主な復元・整備 平成7~9年に天守閣改修
天守の現況・形態 望楼型 五重八階 鉄骨鉄筋コンクリート造
主な関連施設 -
主な遺構 千貫櫓、乾櫓、一番櫓、六番櫓、金蔵、焔硝蔵、本丸、石垣、堀
住所 大阪府大阪市中央区(大坂城公園)
問い合わせ先 (財)大阪市博物館協会大阪城天守閣
問い合わせ先電話番号 06-6941-3044