みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

🏯城好きのメガネ

「浦賀城」 (2020/03/30 訪問)

<オススメ>★☆☆☆☆
浦賀城は後北条氏の三浦半島支配の水軍基地であった三崎城の支城として築城された。小田原征伐の際に廃城となる。現在、土塁等が遺されている。幕末には浦賀奉行所が設置される。船改めや海難救助、地方役所としての仕事などを担うとともに、異国船から江戸を防備するための海防の最前線として、重要な役割を果たした。また、浦賀はペリー来航による開国の地であるとともに、江戸から近代にかけて造船で栄えた。見どころは多い。

<アクセス>
京急線 浦賀駅 徒歩20分

+ 続きを読む

🏯城好きのメガネ

「三崎城」 (2020/03/30 訪問)

<オススメ>★★☆☆☆
三崎城は後北条氏の三浦半島支配の水軍基地であった。城は比高30mの小高い丘に位置する。城ケ島が天然の防波堤となっていた。安房を拠点とした里見氏に度々、城が襲われた。後北条氏は里見氏に対抗すべく、三浦衆を編成し、後北条氏の重要な水軍基地として小田原征伐まで活躍した。小田原征伐の際に廃城となる。現在、土塁等が遺されている。

<アクセス>
京急線 三崎口駅 京急バス油壺入口下車すぐ

+ 続きを読む

🏯城好きのメガネ

「新井城」 (2020/03/30 訪問)

<オススメ>★☆☆☆☆
新井城は相模の名族であった三浦氏の拠点である。最後の城主・三浦義同は扇谷上杉高救の子。相模守護であった三浦時高の養子となる。その後、三浦時高に実子が生まれ関係は悪化した。出家し、三浦道寸と称した。1494年に新井城にいた三浦時高・高教親子を攻め滅ぼし相模守護職及び三浦氏の後継者の地位を手に入れた。1512年、伊豆より侵攻してきた伊勢宗瑞に敗れ、岡崎城、住吉城を取られ、新井城に籠城する。3年にわたって籠城したが、1516年に、兵糧が尽き討ち死にした。名族・三浦氏は滅亡した。後北条氏が改修し、拠点とするが、小田原征伐で廃城となる。現在、土塁等が遺されている。城内の大部分は京急油壷マリンパークや東京大学の敷地となっているため見学する際は、注意が必要である。

<アクセス>
京急線 三崎口駅 京急バス油壺下車すぐ

+ 続きを読む

tshimojima

中国大返しの拠点 (2021/06/11 訪問)

NHKの歴史探偵や英雄たちの選択で「秀吉の中国大返し」の重要な拠点であったことが紹介されており、おなじみの千田先生が例のごとくものすごく楽しそうに兵庫城の解説をされるので、千田先生のノリにつられて来ています。実際に城らしきものは何もないと知りつつも、あらためて付近の解説版などをじっくり読んでみると非常に勉強になりました。知識がある程度ついてくると「目に見えるもの」以外にも思考範囲が広がります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

tshimojima

鎌倉幕府終焉への引き金 (2015/10/29 訪問)

楠公さんが得意のゲリラ戦術をもって鎌倉幕府軍を撃破した地です。どこまで数字が正確かはわかりませんが、兵力としてかなり劣勢でした。世界史を見ていると平地での決戦が多いせいか、あまり「寡兵をもって大軍を破る」というのはハンニバル以外にはそれほど多くはないような気がします。

しかし中国や日本では孫子や六韜が古くから読まれているせいか、見事なまでのゲリラ戦が赤壁の戦いから四境戦争(第二次長州征伐)まで数多くあります。こういった「柔よく剛を制す」のようなエピソードに数多く出会えるのが山城の魅力の一つだと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

大石定久の隠居城としてみれば (2021/03/20 訪問)

西に向けられた堀切&竪堀以外は防御性に乏しい感もあるが、大石定久が氏照に家督を譲って隠居した城との言い伝えを踏まえれば堅固な城にできなかったのもさもありなん、か。山上の整地の丁寧さも大石氏隠居説の傍証足り得るか。

+ 続きを読む

T-Shionoya

上越の城巡り その1 高田城 (2021/05/04 訪問)

先月GWのうちの1日は上越市で2つのお城を訪問。
その1つ目がお城巡りの107城目となった高田城。

新潟県の南西部に位置する高田平野は越後国府が置かれたエリア。
交通面では古くから陸海で京都と東北を結び、そして信濃にも通じるポイント。

高田城は海から8kmほど上った関川と矢代川の蛇行部を外堀にし築城されたとのこと。
1614年の大坂の陣前に、天下普請で伊達政宗や上杉景勝、前田利常らが4か月の短期間で完成させた土の城。
加賀前田家の牽制目的でつくられたと推測され、松平氏や榊原氏が主な城主となり明治をむかえました。

現在は半分が学校で、半分が広義の公園。
東側の外堀や三の丸と二の丸間の濁堀は埋まっているものの、広大な水堀が見どころの1つ。外堀は土塁で埋められてこの広さなんだとか。

極楽橋前から8の字を描くように南堀外側、大手、極楽橋、東不明門で本丸を出て、北不明門、二の丸東側、再び極楽橋を渡り三重櫓へ。
滞在時間は予定より長くなり2時間半。
残雪の妙高から南葉山もステキな場所でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しげさん

霊山全景 (2021/06/07 訪問)

霊山はいつ眺めても、素晴らしいです。

+ 続きを読む

TMN97

飯沼城 (2021/06/11 訪問)

飯沼城

+ 続きを読む

堀越御所 (2021/06/12 訪問)

 古河公方(足利成氏)に対抗するために京都から来た堀越公方の館の跡ですが、遺構はありません。発掘調査では遣り水や滝口などの池跡が見つかっているようです。都風な優雅な生活をしていたのでしょうか。
 ところで近くには北条政子産湯の井戸や北条時政の館跡など北条氏ゆかりの場所があります。来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が始まる頃には新型コロナウィルス感染症も収束し観光客が多く訪れることを願っています。

+ 続きを読む

土手和田砦 (2021/06/12 訪問)

 以前に韮山城の支城群の中で江川砦と天ヶ岳砦は行ったことがあったので、土手和田砦へ行きました。登城口は先輩方のネットを見ていてすぐにわかりました。夏が近いということもあるのでしょうが、藪がひどかったです。曲輪と思われる削平地はわかりますが、メインである障子堀もよくわかりません。和田島砦も行くつもりでしたが挫折しました。機会があれば冬に来ます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

後北条氏の初めと終わり (2021/06/12 訪問)

久しぶりに韮山城へ行って来ました。後北条氏の初めと終わりを語るときに登場する城ですが、夏場でも歩きやすく整備されています。韮山高校の北側から登り韮山中学校側へ下りて来ました。前に来た時は多くの登城客と出会いましたが、今回は一人も会いませんでした。でも同じ日に行かれた方が投稿されていましたね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まっぴー

越後が誇る天下の堅城 春日山城🏯 (2021/06/12 訪問)

遺構度→★★★★☆ 復元度→★★★☆☆
施設充実度→★★★★★ お勧め度→★★★★★

今回は好きな戦国武将ランキングには常に上位に入る上杉謙信の居城で、天下の堅城との呼び声が高い春日山城に行ってきました!

越後守護代であり謙信の父でもある長尾為景によって既存の要害が改修されたことで今の春日山城の原型が作られました。その後、謙信の兄である晴景にから家督を相続し謙信が入城しました。
謙信の死後、御館の乱を制した上杉景勝が入城しましたが、会津への領地換えにより、掘氏が受け継いだものの、福島城の完成により廃城になりました。

遺構は主に掘、土塁、曲輪、井戸などが残されています。一番の見所は何重にも施されている空堀です。至るところに立派な空堀が残っています。
曲輪と曲輪を隔ている様子が見て分かります。
そこに関連する点で言えば曲輪の配置という面でもとても面白いと思います。
一つ一つの曲輪がかなり広く、高低差もかなりあるように感じました。山全体を要塞化したからこそ出来る縄張が様々なところで見られました。
例えば本丸と天守曲輪がありますが、堀で隔たれ、ほぼ同じ高さに作られていました。これは守る上で兵を二つに分けて攻めることが出来ます。本丸と同じ規模の曲輪を作るという発想は多くはありませんし、天下の堅城と言われる理由も分かる気がしました。

また春日山城本体?以外にも春日山城ものがたり館周辺には総構なども復元されています。

春日山城はさすが謙信の居城だったというだけあって、施設も充実しています。城自体は整備が行き届いていたり、ガイドの方がフレンドリーに話しかけて下さったり、城外でいえば、春日山城ものがたり館や上越市埋蔵文化財センターなどのガイダンス施設も充実していました。個人的には上越市埋蔵文化財センターがお勧めです。

駐車場は所々にありました。ルートは幾つかありますが、すべて回りたい方は上越市埋蔵文化財センターから歩くと良く、主要部分だけで良いという方は山の中腹くらいまで車で行けるので、上手く使い分けて登城してください。
所要時間は僕は主要部分ルートで行きましたが、2時間で見積もっていた為、ちゃんとガイダンス施設を見れなく残念だったので、少なくても3~4時間くらいは見積もったほうが良いと思います。

さすが謙信の居城でした!近くに行ったら必ず寄っていくことをお勧めします。
是非行ってみてください!

+ 続きを読む

たつのり

60 (2021/06/12 訪問)

実は明日が城郭検定の試験日にも拘らず、韮山城を訪問して来ました。
というのも2級受験勉強をしてい際、過去問に「小田原北条氏初代の北条早雲(伊勢宗端)が最初に兵をあげた城はどれか?」という問題があり、てっきり韮山城かと思っていましたが、不正解で興国時城だったのがショックで一度行かねばならないと思っていたのでした。
目指すべき場所(駐車場)は隣のような位置に見える城池親水公園の駐車場でしたが、近くに江川邸(代官屋敷で入場は有料)の無料駐車場があったので、少し歩くのを覚悟して停める事にしました。
登り斜面も階段が整備され、韮山高校のテニスコート横の三の丸、途中熊野神社に参拝(明日の合格を祈願)しながら、二の丸そして頂上の本丸まで約10分でした。本丸からは富士山も眺められ、丸亀製麺で初めて購入してみた、うどん弁当を食しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

武田山憩の森から登城 (2021/06/11 訪問)

登城というより登山。
軽装備で行くのはやめましょう。

自然の巨石を利用した城。
頂上からの広島市街の眺めも含め登った甲斐があります。

+ 続きを読む

織田晃司

日本のバチカン (2021/06/11 訪問)

広島市に囲まれた府中町にある城。
住宅地にある小山だが、登城口がわかりにくい。
しかも畑の中を通り抜けるようになります。

+ 続きを読む

三浦の晃ちゃん

近すぎる (2021/06/12 訪問)

東叶神社の裏山です。
人通りは、あります。
階段が、ちょっと、キツイです。
勝海舟関連の石碑も、あります。
晴れていれば、一番上から、房総半島が、良く見えます。里見氏が、攻撃したくなるのが、何となく、分かるような気がします。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

のり巻せんべい

新しい武将印

新しい武将印を光秀の命日に頒布開始と書きましたがコロナの自粛で6月25日からになりました。

+ 続きを読む

Sui

赤瓦漆喰剥がしボランティア (2021/04/06 訪問)

当日受付でも漆喰剥がしのボランティアに参加出来るということで、参加した時の写真。
この日の瓦は、鎖之間の瓦ということでした。
終了後には参加証と瓦の欠片をキーホルダーにしたものを
頂きました。
キーホルダーは、車に飾ろう。

+ 続きを読む

小城小次郎

道を塞ぐ城だったのか (2021/03/20 訪問)

崩落が進む危険なお城なので主郭近辺に近寄ることは断じてお勧めできないが、祠のある横堀エリアまでだけでもいろんな妄想が広がって結構楽しい。ハイキングコースが古道だとすればこのお城は道を塞ぐ城だったことになる。

+ 続きを読む

ページ1