みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

Shanqí89

千曲川に突き出した見張りの城

外山城は望月から続く八重原の台地が千曲川によって削られる崖っぷちにあります。よって、千曲川側から見ると比高差100mの山城ですが、八重原側から見るとむしろ「穴城」です。
何しろ千曲川に突き出して比高が100mあるので、対岸の上田小県方面については眺望が最高!。上流の小諸方面とも連携がとれます。見張り台、狼煙台として納得の場所です。

+ 続きを読む

todo94

主郭の消失 (2019/02/17 訪問)

四国中央市のホテルに泊をとったので、至近の轟城に朝駆けをかけて参りました。松山道の建設に当たって山頂部にあった主郭部分がごっそりえぐり取られてしまっていますが、それなりに城の雰囲気は残っています。城址碑と説明板があることが何より嬉しい限りです。長宗我部元親に従わなかった城主・大西備中守元武は自刃。

+ 続きを読む

のん

広かった! (2018/06/10 訪問)

ここに家康、秀忠、慶喜たちがいたと思うと…。石垣の美しさにうっとり。想像以上に広く、ひとつひとつじっくり見ていたら回りきれず…。再訪します!天守閣の再建を願う〜〜!

+ 続きを読む

くろもり

鶴と亀 父と子 (2014/09/15 訪問)

猪苗代城は別名を亀ヶ城といい会津若松の鶴ヶ城と対になっていますが、猪苗代城の北西に伸びる尾根に猪苗代氏の中世の城跡である鶴峰城があり、堀切を挟んで鶴と亀が並ぶ一城別郭のような構造になっています。

猪苗代城は蒲生時代以降の近世城郭として改修され石垣等が残っていますが、鶴峰城は中世の猪苗代氏時代の遺構がそのまま残っていると考えられ、猪苗代氏の築城技術を知ることができる貴重な城跡です。

伊達政宗公が会津へ攻め寄せた際、猪苗代城主・猪苗代盛胤公は会津・蘆名氏に味方しますが、盛胤公の父である盛国公は蘆名氏の支流で重臣であったにもかかわらず、伊達氏側に寝返ったので、摺上原の戦いでは父子が敵味方の先陣同士で戦う数奇な運命となりました。

猪苗代は野口英世博士の出身地で、小学校のすぐ近くに猪苗代城跡があったので、子供の頃の清作(英世博士)もこの城跡で遊んでいたようです。また、二ノ郭跡にある野口英世博士の首像はアメリカから贈られたものと現地の説明にありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

hodaka

古代ロマンを感じられる遺跡 (2019/02/18 訪問)

JR吉野ヶ里公園駅を利用して訪問しました。駅からは、少し距離があるので、駅前にあるレンタサイクル(¥200)を使うと楽できます。
地図を見ると分かりますが、結構広いです。私は主要部だけを1時間半ほどで見て回りましたが、ゆっくりいろいろ見るなら最低2-3時間、できれば半日くらいあったほうがいいと思います。
復元された竪穴式住居や物見櫓などは中に入ったり、上ったりできます。あちこちにガイドさんもいらっしゃるので話を聞きながら見学すると、さらに楽しめます。古代ロマンを感じられる遺跡です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

いざという時の雨天装備が役立ちました。 (2018/05/19 訪問)

前日の大雨で脇本城の下を走るトンネルは通行止め。脇本城登城口の二つ手前の信号から,トンネルの反対側へ車両の迂回がかかっていたようです。トンネルの反対側からは登城口はないようでした。搦手口はないのか…と思いましたが。ま,歩行者は進入禁止ではなかったので,曇り空でしたが貸切状態での登城に満足でした。
さらに,内館の大土塁と空堀がしっかり整備され,日本海の眺めより感動しました。晴れてなかったので,小動物の姿もなし。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

家写りこまないようにしないとねw (2015/05/09 訪問)

先日upサボったので軽くもう1件書きますw
高崎から上信電鉄線で根古屋城と山名城を見た足で、近場の倉賀野城にも立ち寄りました。

事前情報で遺構は無く、城碑だけって知っていたので、何かのついでで訪問だな。。。と思っていたので、渡りに船ですw

石碑の間裏は民家なので、撮影には気を付けましょう。
(自分は後加工して貼り付けさせて頂きました(汗))

案の定お城としての見所は殆ど無いですが、倉賀野自体が中山道の宿場・倉賀野宿だったので、ポツポツと史跡が転在しております。

そういうのに興味あれば結構楽しめるのでは?


自分はこの日ここに来るまでの2城攻略で満足していたので、倉賀野城と倉賀野宿はオマケみたいなものだったのでザックリ見学でしたw

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

志木第三小学校、サッカー練習中。 (2019/01/26 訪問)

埼玉県志木市の「柏の城」に行きました。
山内上杉家の重臣の大石氏の館があったようです。
んっ?大石氏?
あまりメジャーではない人物です。(大石氏ファンの方、ごめんなさい)
でも、「お城を探す」で出会った八王子や所沢のお城跡にも大石氏の名前がありました。
結構、広い範囲を治めて権力のある方だったのでしょう!
「柏の城」は小学校に説明板があります。
サッカーの練習中で保護者の方たちもいたので説明板の写真を撮って退陣しました。

私、只今「看板びと」です。
皆さんの投稿と写真、楽しみにしています。

+ 続きを読む

カルビン

下戸にゃ興味ないワイナリー (2014/05/12 訪問)

JR中央本線勝沼ぶどう郷駅が最寄り駅の勝沼氏館。
たまたま自宅の寄り駅から乗り換えなしの電車があって、この日はねこまっしぐら(ネコの日なのでw)で目的地へ。

駅から周辺がぶどう畑だらけの道をひたすら下った、2kmちょい先に目的地はあります。


流石に5月にもなると草が結構伸びてきている時期なので、恐らく勝沼氏館が一番見辛い季節の訪問だったかと。
(これ以上延びると管理者様が草刈すると思うので)

それでも館を囲う堀は深くはっきりしていて、内部も高土塁があったり、虎口のような場所があったりと居館タイプにしてはバリエーションに富んだ史跡です(・∀・)b

それほど広い面積ではありませんが、ここだけを見に来ても損は無いかもしれません。

特に内部には建物の礎石が沢山あるので、そういうのが好きな方にはウハウハな場所です(そういう方がいるかどうかは不明ですがw)


駅から勝沼氏館の間にワイナリーがありました。。。お店も併設されていたので、お酒好きにはたまらん場所かもしれません。
下戸な自分にゃわからない世界ですが(←飲むと酔う前に気持ち悪くなる(ーДー;))

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ゆき

姫路城 (2019/02/21 訪問)

現存12天守

+ 続きを読む

にのまる

蟹の形の愛知県の左のハサミの先の方 (2019/02/10 訪問)

豊橋鉄道渥美線の終点、三河田原駅下車、徒歩10分くらいでした。
桜門、二の丸櫓、博物館、巴江神社、水堀、空堀跡などあります。
二の丸櫓の石垣は現存だそうです。空堀にもそれっぽい石垣が見えましたが、多くは復元のようです。
田原城時代の姿は想像でセピア色にして…という感じでしたが、意外とおもしろかったのが駅までの帰り道でした。
何となく行きと違う道から帰ろうと思い、小学校の前を通ったらそこは藩校「成章館」跡で、その先の教会は渡辺崋山に繋がる建物跡。さらに進むと「大手門跡」と書かれた石碑がひっそりと建っていて、もっと行くと惣門跡に報民倉。渡辺崋山考案の備蓄倉庫(当時は成章館の前)で、現在も災害時に備えた資機材の倉庫となっているのだそうです。長ーい白壁の上の公園もありました。
付近をもっと丹念に見てまわればほかにもいろいろな発見がありそうでしたが、帰りの新幹線を考えてここまでとしました。豊橋から「ひかり」に乗れるか「こだま」になるかで時間と疲労度が全然違うのです。スマートEXでサクッと予約して(←Suicaで新幹線に乗れるので超便利です)無事に新横浜までノンストップの「ひかり」に乗れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

岡豊城至近 (2019/02/16 訪問)

岡豊城のスタンプを無事、ゲットしたあと立ち寄って行きました。土曜日でしたがカフェククサはお休みでした。石碑、たしかに見つけにくいですね。

+ 続きを読む

チェブ

日向不動堂とお墓。 (2019/01/26 訪問)

埼玉県の「真鳥山城」に行きました。
畠山 重忠公の家臣 真鳥日向守の館と石碑に書いてあります。
住宅街にあり道幅が狭いのですが車は止められます。
石碑があるだけで、墓地です。
最初、住所に「西堀」と入っていたのでお城跡があるかもって、勝手に期待してました。
が、石碑だけです。
日向不動堂は日向守から付けたのでしょうか?
少しでも歴史を残してくれる思いが嬉しいです。

+ 続きを読む

todo94

続日本100名城スタンプ97個目 (2019/02/16 訪問)

河後森城と岡豊城のスタンプを同日にゲットするということで、運転時間が多い一日となってしまいました。志国高知幕末維新博のイベントの1つとして作られた模擬櫓が撤去される前に訪れることができて良かったです。実は、2017年2月に岡豊城を訪れた時にこの櫓の工事が行われていて、2ヶ月後の4月からの公開ということを知らされました。幕末維新博中にこの櫓に入ることはできませんでしたが、この櫓にて続日本100名城のスタンプを捺すことができ、良い思い出となりました。

+ 続きを読む

にのまる

もうひとつの山中城 (2019/02/10 訪問)

この週末の愛知県訪問で名古屋城本丸御殿とともに楽しみだったのが山中城です。
県内最大級の山城にして歩きやすく、遺構もわかりやすいという皆さまのご投稿を読み、長い間「♡行ってみたい」に入っていました。駅近というのも嬉しいかぎり。
名電山中駅から老健「羽栗の里」を目印に歩きました。登城口(舞木口)はわかりやすかったです。
が、そこには鎌刃城以来の頑丈な扉が!
でもまぁこれは進入禁止ではなくて猪が下りてこないようにするためなので大丈夫…と軽く流し(※よいこのみなさんはおうちの人といっしょにいきましょう。)紐とフックの二重ロックを外して(もちろん内側から元のようにして)侵攻開始。
登城口に貼ってあった手作りの縄張り図から連郭式の曲輪の間を縫うように登って行くようなイメージだったのですが、山頂まで遊歩道が整備され、「曲輪」「竪堀」「馬出」と表示もあったので大事なポイントを見逃さずに行けました。特に竪堀は草木に覆われていてわかりづらかったので「ここにあるよ↓」と言ってもらえてありがたかったです。
20分くらいで主郭と二郭がある山頂に到着しました。山城のキツさとしては私が行った中ではレベル★★☆☆☆くらいでした。
羽栗口に下りる遊歩道は二郭から続いていました。(主郭にも「遊歩道コッチ→」の案内表示がありましたが行き止まりでした。)下っていくと右手の腰曲輪の先に物見郭があるのですが、物見郭に到達する手前にステキな堀切があり、つい引き込まれてふらふら行って越えてみたら竪堀がズドーン!!堅城ぶりを目の当たりにし、陥穽にはまらないようにしなければと身が引き締まりました。
物見郭は上下二段になっていて櫓不要な感じの眺望でした。遠くの方まで整列する鉄塔が見えました。
下山は10分くらいでしたが、こちらにもいくつか堀切がありました。「山城の教科書」と言ってもいいくらいの見やすさと親切さでした。
出口の羽栗口には鉄扉に加えバリケードまで置いてあり、脱出は容易ではありませんでしたが、がんばって知恵の輪のような針金を解き、抜け出しました。厳重にするのは理由があることだろうと思い扉の針金をくねくね巻き巻きし直して道路に出たところでこちら側から登城する方にお会いしました。「行ってらっしゃい!」とお見送りしたものの、あの針金に難儀されるのではないかと申し訳なく、後ろ姿に心からごめんなさいしました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

遺構は堀がメインなのかなと思っていましたが… (2018/05/19 訪問)

土塁がイイ感じでしたョ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

会津南山口の城 (2014/09/14 訪問)

会津田島駅から徒歩で訪問しました。
駅から麓の大門跡まで約10分程。
麓の大門跡から長沼氏時代の主郭跡と伝わる山頂の愛宕神社までは約30分程の登山でした。

鴫山(しぎやま)城の山頂は標高750mですが、会津田島の駅が標高550mにあるので、比高は200m程の山になります。

麓には大門跡の見事な石垣があり、土塁の上に柵を造って往時の雰囲気が出るように整備してくれていました。山頂の愛宕神社からは南会津田島の盆地が360度というわけにはいきませんが、城下を一望できました。

南会津はそばの産地でもあるので、そばが好きな方はそばも楽しめます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

宇陀松山城

石垣・礎石・瓦の三点セットが揃う典型的な織豊系城郭で、かつ廃城年と廃城記録が明瞭に残る点でも貴重なお城。木を伐りすぎたか近年激しい崩落に見舞われているのが残念の極み。

+ 続きを読む

佐竹の城 (2018/02/17 訪問)

西方の詰めの城、高館山の連郭城も見ごたえあります。

+ 続きを読む

袋田の滝 (2017/11/12 訪問)

袋田の滝脇から二方向に道が整備されています。ひたすら階段の道は膝が笑います。月居城のピークは鎖場を経ます。月居城脇の脇の峠には水戸天狗党の所縁も。
袋田の滝は、海底火山の由来。どうしてそうなったのか、また、インドネシアからの観光客がいたが、どうしてここを訪れようと気がついたのか、謎が、深まる。

+ 続きを読む

ページ1