みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

明石全登所縁の城 (2019/06/16 訪問)

採石のため城域の西側が無くなっているのと、残りも藪化のためか、頂上の曲輪以外はよくわかりませぬ。
クリーンセンター左手の登り道を少し行き、小川を渡り、尾根に登ってから、尾根沿いに南東に行くと、二つ目のピークが保木城主郭。立ち木にテープが巻いてあり、頂上までの道表示の痕跡あるも、道の体になってません。うりんぼ3頭連れの猪と目が合いました。採石場は、操業終了して、等間隔に松の苗木が植えられてました。

+ 続きを読む

やす

忍城 (2017/04/16 訪問)

2017年4月16日

+ 続きを読む

ぴーかる

岩村城 (2019/02/10 訪問)

【百名城45城目】
<駐車場他>資料館前・本丸横の出丸跡駐車場(いづれも無料)
<交通手段>車

<見所>復元太鼓櫓/表御門・屋敷跡石垣・本丸石垣

<感想>日帰り東美濃遠山氏の城攻めの旅1城目。2012年からの2度目の登城。まず資料館・駐車場となっている藩主邸跡にある復元の太鼓櫓・表御門を観察し、資料館見学後山頂迄の道中に屋敷跡の石垣や門跡もあるので、そこから登城した。3重櫓跡・追手門跡辺りから石垣の遺構が増え出す。二の丸北側の屋敷跡・八幡神社跡の石垣もきれいに残っている。二の丸跡は菱櫓と呼ばれる菱型の隅櫓の石垣程度しか残っておらず、曲輪内も林と化している。本丸は有名な六段壁、西面の2段になっている高石垣も見事で見応えある。本丸内と周辺を一周して観察、南曲輪も観察して終了。2度目でもあり、遺構もよく覚えていたが十分満足見応えあった。7年前は2組くらいの来城者だったが今回この寒さの中人多く、山頂の出丸駐車場は満車状態だった。これにてスタンプの日本三大山城制覇したが、後日岩村城は御城印あることを知って、買い忘れたのでまた行かねばならないわ。

<満足度>★★★★☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たかさん

久しぶりの平城 (2019/06/16 訪問)

家族で長岡京で有名な紫陽花の名所である柳谷観音に参拝した後に行きました。
城跡公園としてきれいに整備されていて、資料館が併設されています。
来年は明智光秀が大河ドラマの主人公になっているので、幟が棚引いており、少しは
観光に力を入れようとしているのがわかりました。
ただ、近くの神足神社にある空堀の跡の方が戦国の歴史を感じると思いました。
平城はやはり守るのが難しいというのを改めて感じました。

+ 続きを読む

トーダイ

百名城再訪19城目 (2018/08/31 訪問)

納沙布岬にある北方領土資料館でスタンプをゲットしてから再登城、
登城口駐車場(10台)<43.387293,145.781351>から城跡まで数分、
3年前よりキレイに整備された感じです。

チャシとはアイヌ語で「柵囲い」を意味し、砦・祭祀の場・見張場など
多目的な用途で使われていたようです。今回は「根室市歴史と自然の
資料館」で予習してチャルコロフィナチャシ・ノツカマフチャシ・
ポンモイチャシも訪問しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

説明板、少し先に石碑と土塁。 (2019/05/05 訪問)

福島県の「田地ヶ岡館」に行きました。
室町幕府より奥州探題を命じられた畠山氏が「二本松城」にお引っ越しするまでの100年位を「田地ヶ岡館」で荒々しく過ごしてます。
足利尊氏さんの兄弟喧嘩に巻き込まれます。
「田地ヶ岡館」は小学校の近くに公民館のような建物があり、その前に説明板がありました。(写真は写した順番じゃありません。)
説明板には小学校と畑の間に堀切があると記載されてます。
畑が見当たらないので小学校の裏側に行こうかと思いましたが、GW中の無人の小学校は気が引けてしまって行きませんでした。
少し先で車をUターンさせようと思ったら石碑を発見。
石碑の横には土塁がありました。
私は路駐して写真を写しました。
平日のお城攻めは小学生や先生に不審がられないような配慮が必要かもしれませんね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トーダイ

国指定史跡「西宮砲台」 (2019/06/06 訪問)

浜に今も残る西宮砲台は、国の指定する文化財で、この浜のシンボル的存在です。
江戸時代の終わり頃(1863年)、開国をせまる外国船に備えるため、
江戸幕府の指示により勝海舟たちが造りました。立派に完成した砲台ですが、
空砲を試し撃ちしたところ煙が内部にたまってしまい、一度も使われないままに
明治に時代が移り、砲台の必要がなくなってしまいました。
幕末の西宮を知る貴重な存在です。(案内板より)

+ 続きを読む

トーダイ

荒木村重公 ・・・ ゆかりの地 (2019/06/06 訪問)

近くのコインパーキングを利用、織田信長に反旗を翻して有岡城に籠った荒木村重、
その支城だった尼崎城を攻めるべく織田信忠が陣所として使った七松城、いまは
住宅地に囲まれた七松八幡神社に遺構は見つけられません。

+ 続きを読む

綾結紘

小田原城址公園 (2019/05/11 訪問)

難攻不落の城
総構え


何の因果か
小田原城の元敷地内のに学校があり
姉は高校、妹は短大に通っていた。

ちなみに小田原城の総構えの中に
今、学校は 小学校、中学校、高校、短大、大学
含めて10校以上あるんですよ。

+ 続きを読む

綾結紘

信州真田祭り (2019/04/29 訪問)

真田神社で上田城の御朱印をいただきました。
真田神社の奥に井戸がありました。
その奥に隅櫓がありました。そこからの眺めが素敵です

+ 続きを読む

綾結紘

お城の鯱ほこ片方なかったとき (2017/08/16 訪問)

豪雨と雷のせいで片方鯱がなかった時に行きました。

+ 続きを読む

綾結紘

松本城 (2017/05/11 訪問)

外からお城を眺めてもとても素晴らしい。
天守閣に登り1番上からの景色もとても良かった。
階段がちょっと段差が大きい。

+ 続きを読む

綾結紘

金のシャチホコがシンボル (2018/11/03 訪問)

初めて行ったのは小学生の頃。
高校の3年間夏休み毎日通っていた。
名古屋城でバイトできることが嬉しかった。
本丸御殿はとっても素晴らしい。
今は月1で通っている。

+ 続きを読む

トーダイ

百名城再訪88城目 (2019/05/26 訪問)

天守受付でスタンプをゲットして3年振りに展示を鑑賞後、周囲を散策する。
その後、城山庭球場駐車場<35.254428,139.147400>を利用して念願の
総溝遺構を1時間以上楽しむが、素晴らしく残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

山本勘助ゆかりの地方豪族の館跡 (2013/09/07 訪問)

長野県栄村志久見集落の西、内池と呼ばれる高台に内池館がありました。館の起源は平安時代にまで遡りますが具体的な築城年代は不明です。領主は市河氏で平安時代から戦国時代までこの地を治めていました。遺構は皆無で、城址碑と祠が当時を偲ばせる唯一の遺構と言えます。案内板によると、堀や土塁で囲まれた中世武士の館で、30~100m四方の2つの曲輪で構成されていたようです。明治時代の初めまで南方、東方一帯に土塁が残っていたようです。

領主であった市河氏は戦国時代甲斐の武田晴信(信玄)に従っていました。当時館の主であった市河藤若へ晴信が送った書状に「山本菅助(勘助)」の名が初めて確認されたことでも注目されました。山本勘助と言えば晴信を支えた軍師として江戸時代の軍学書『甲陽軍鑑』にしか登場しない謎の人物。それが字こそ違え山本勘助が実在した可能性を大いに高めました。

直接関係がないと思っていた内池館と山本勘助の意外な接点。北信濃の最深部で歴史の神様は粋な出会いを導いてくれました。

+ 続きを読む

カルビン

4年間住んだ事がある田村町 (2019/06/16 訪問)

大学生の4年間、近辺に住んでいた磐城守山城。

すぐ脇にある郵便局が、自宅不在の時に荷物預かり場所で、その度片道5kmちょいを自転車で往復させられたのは良い思い出・・・
実際郡山駅までのほぼ同距離を2日に1回は(遊びにw)行っていたので、当時はこの距離の移動は当たり前だったんですけど。。。俺、元気だったなw

そんな守山城近辺を生憎の雨模様の中26年?ぶりに訪問。。。いやぁ、郵便局の姿、当時のままでしたww


守山城は近年城碑や解説が設置されたと言う事で、自分も便乗して行ってみましたが。。。今日はここオマケのつもりでいたのに、今日訪問した中では一番高評価の場所でした。。。最近こういうケース多くて困るw

長さ70m、高さ6mとされる掘の片面に配置された石垣、今の時期はまだ緑に隠される程では無く、余裕で確認できる状態でした。
秋口頃がMAX藪ってそうな感じだったので、もう数週間は見る事が出来そうです。

堀自体も形よく、更に反対側の学校のプールが設置された場所にも土塁と思われる形状があり、城碑のある城山八幡宮が本丸だったと推測され、ここは一段高くなっており切岸(南西サイド)と崖(北東サイド)に囲まれておりました。

更に切岸沿いに東側にも堀形状がありましたが、こちらは完全に藪化で入る事は叶わず。。。

それ程城域が広範囲ではなかったものの、まま満足出来るお城でした。。。


電車の本数が涙ものの水郡線なので、行ける機会がそうそう無いと思って行って来ましたが。。。さすがに東京からここだけを目当てに来るのは勿体ないので、他の目的と一緒か、近くに寄った際のついでにくらいの感覚で宜しいかと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城歩き始めます

近くにあるので行ってみましたが (2019/06/16 訪問)

家の近くにあったので行ってみました。石碑に歴史が刻まれていました。入り口から石垣が見えていましたが、竹藪に足を踏み入れる勇気がわきませんでした

+ 続きを読む

城ネコ

化石と洪水跡 (2019/06/16 訪問)

化石と洪水後に案内していただいたお城の方、ありがとうございました。

+ 続きを読む

いんげん丸虫

太鼓曲輪 (2019/06/16 訪問)

太鼓曲輪 ひとつの尾根にしっかりとした5つの堀切が鎮座しています。一般の方はあまり行かない所ですが、城、堀切好きの健脚な方は是非訪れるべきですね。
残念ながら第1、2堀切では倒木があります。法面の地形など自然と変形して行くのですね。

+ 続きを読む

城ネコ

お堀の亀 (2019/06/16 訪問)

良き城でした

+ 続きを読む

ページ1