みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

オチョ

5年前当時の情報にはなりますが (2013/06/03 訪問)

岩切城から近く歩いていきました。
国分氏の居城で駐車場や登城路など整備されていますが、内部は背の高い雑草が伸び放題の状況で辛うじて曲輪の形が見えるような状態でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オチョ

何もありません (2013/06/03 訪問)

仙台港の近くが遠藤館跡となっていますが一体は全て平地となっておりここが館跡で合っているのかすらわからない状況でした。

+ 続きを読む

オチョ

和徳稲荷神社が推定地 (2015/05/11 訪問)

和徳稲荷神社が和徳城跡と言われ、弘前駅や弘前城から歩いて行けます。
城の南北に川が流れており天然の水堀として利用したものと推測できますがはっきりとした遺構は残っていないようです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オチョ

上ノ国勝山館の近くです (2016/05/25 訪問)

現在は須崎神社となっており説明板もあります。
本殿横に土塁が確認でき、神社裏には堀切も残っているようですが草木がひどく確認できていません。

+ 続きを読む

オチョ

説明板のみ (2017/07/24 訪問)

蝦夷地防衛のために津軽藩士100人が在住したものの、冬を越し故郷に帰還できたのはのは僅か17人だったと言う陣屋の跡地です。
遺構は何も残っていませんが道路脇の空き地に説明板と標柱が建っています。

+ 続きを読む

オチョ

青函トンネル建設の犠牲に (2016/05/25 訪問)

青函トンネルメモリアルパークから続く台地上に存在していましたが青函トンネル建設の際に台地ごと削られて消滅しています。
国道228号沿い、福島町吉岡支所脇にひっそりと標柱のみ残っています。

+ 続きを読む

織田晃司

しまなみ海道本州側の最初の島 (2018/10/20 訪問)

向島にあります(対岸は尾道市街)
尾道観光もよし。尾道ラーメン食べるもよし。
向島で魚釣りもよし。

+ 続きを読む

オチョ

南側堀切切り通しより訪城 (2018/10/12 訪問)

尾根を何重にも切断する堀切、この城の顔である主郭虎口、大櫓跡に石垣遺構・大堀切に竪堀と中世山城の楽しみを満喫できる城です。
2018年10月現在、先日の台風の影響か倒木で切り通し方面から青龍の滝への通行は不可能な状態となっており鎌刃城の道も斜面沿いの道で数カ所で斜面が崩れたような痕跡があり一部は道がほぼ消えかけている状況で危うくなっておりました。
また、元々西側の曲輪群を見るためには張られたロープを頼りに急斜面を登り降りする必要がある上級者向けの場所になりますので、必ず山登り用のしっかりとした装備をした上で安全に十分注意をして無理をせず訪城してください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

小木ノ城は晴れていれば… (2018/10/20 訪問)

御殿上(展望台)から,日本海を通じて佐渡が見えます。村上城を凌駕する夕日との絶景を目指して登城しましたが,雨でした…<泣>。国道352号線からのアプローチは2ルート(途中で合流)ありますが,新潟市側からグルッとトンネルの上を廻って行くルートが安心かと思います。全て舗装路ですが,距離が3~4kmほどあります。とても不安にかられることに加え,トイレはありません。それなりの対策を。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

dougen

2014.12.31登城 (2014/12/31 訪問)

御坂城から河口湖へ戻り、本栖湖へ。上九一色中学校の門の前あたりの路肩に駐車して登城しました。
青木ヶ原樹海を通り城山登山口に向かいますが、遊歩道が整備されており、問題なくたどり着けます。
城山には連続する堀切や石垣、狼煙台の遺構が良い状態で残っており、遺構散策が楽しめます。
山麓部にも溶岩石を使った囲郭や石垣が点在して残っており、そちらも散策が楽しめます。
山麓の石積は、苔むしていて、不気味な感じもしますが、囲郭を形成しており、遺構であることが良く判ります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

絶賛売り出し中!の新興住宅地の中 (2018/10/19 訪問)

小山全体が城郭で、周囲を家臣屋敷のように新築の住宅が囲んでいました。宅地造成するときに破壊されなくてよかったです。40年くらい前の発掘調査で遺構やお宝が見つかって、市の文化財に指定されたから助かったのかな?
出入口(登城口)は3箇所あります。「入り口で待ち合わせ」をして一発で会えたらラッキーですね(^^)
コンパクトながら土塁や堀がしっかりと残っていて(←常套句になりつつある…)、集落の重要な城として機能していたと(解説板に書いてあった)いうことが伝わってきました。
周辺環境も長閑で穏やかな感じで、蜘蛛の巣さえなければ言うことなしでした!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

海に浮かぶ海賊大名の城 (2018/10/13 訪問)

九鬼水軍を率いた水軍武将の九鬼嘉隆が1594年に築いた鳥羽城に行ってきました!
鳥羽城の最大の特徴は、大手が海側、搦手が内陸側に位置することであります!
つまり大手門が海に面しており、大手水門が海側に開いた構造になっています!
鳥羽城の東側は海に面し、内陸部の西側には堀を巡らしています!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

田村氏の城 (2018/10/18 訪問)

 公園化されていて歩きやすい。縄張りはそれなりにはわかります。

+ 続きを読む

備中松山城を西側から見るもうひとつの展望台! (2018/10/20 訪問)

今朝、早起きして仕事前に大松山の雲海展望台まで。

でも、快晴でした😭


大松山の雲海展望台近くは野生の猿がたまに出没するので、むやみにちょっかいださないようにしましょう!今朝も若い雄猿が道端で朝食中でした。

1枚目は今朝の大松山展望台からの景色です。雲海でなくても、こんな綺麗な景色が見られます。


雲海見れなくてくやしかったので、仕事帰り、あまり知られていませんが、備中松山城を西側から遠望できる展望台に行ってきました。
高梁市からR180号を1kmほど南下してR313号に入り、2kmほど走って井田交差点を右折。そのまま道なりで神原スポーツ公園を目指します。そこからさらに1kmほど進むと、松山城を望む見晴台という展望台に到着です!

ここから見る松山城は大松山と比べると3倍ほどの距離がありかなり遠くに見えますが、なんと無料の大きな双眼鏡が設置してあって、望遠レンズがなくっても、違った角度からの松山城が楽しめます。双眼鏡にスマホをくっつけると3枚目のように望遠レンズ並の写真もとれます😊


松山城を望む見晴台からは雲海見えるのでしょうか?今度また、挑戦してみたいとおもってます。

+ 続きを読む

todo94

本日の5城目 (2018/10/20 訪問)

長宗我部元親の侵攻に備え、香西氏が芝山城と作山城の中間に築いた新城。現在は小高い丘の上に宇佐八幡宮が建っている。

+ 続きを読む

todo94

本日の4城目 (2018/10/20 訪問)

現在は芝山神社になっている。頂上にかすかに土塁が残るが、説明板には土塀と記載されてしまっている。香西氏の出城で海上監視の役割を持つ。海もよく見えるが、香西氏の詰城・勝賀城もとてもよく見える。

+ 続きを読む

todo94

本日の3城目 (2018/10/20 訪問)

本日の2城目は佐料城。香西氏の平時の館跡である。詰城の勝賀城の主郭にはたどり着くことができなかった。この筑城城は香西氏配下の築城氏の居城。残念ながら説明板が建っているのみである。

+ 続きを読む

todo94

本日の1城目 (2018/10/20 訪問)

朝駆けで攻めてきました。後背にそびえる堂山登山はお年寄りに人気のようでしたが、麓のこの城は私ひとり。四国のお城につきものの蜘蛛の巣もバッチリ張りまくりでした。

+ 続きを読む

ヒロケン

あ〜あ (2018/10/13 訪問)

芥川山城は飯盛山城と共に大阪府下では最も規模が大きな城跡で遺構残存状態も良好で戦国時代の典型的な山城です・・・!?

前日の下調べで台風21号の影響で入山禁止の情報!? ん〜んどうしよう!? まっ行ってから考えようっていうことで、朝4時に豊橋を出発。
7時頃芥川山城に到着。着いてから、まず駐車場の確保って無いじゃん駐車場!? 駐車スペースを探しウロウロ10分登山道入口脇に何とか1台分確保!? 車、大丈夫かなぁ〜と思いつつアタック開始。入山してすぐに井戸跡!?の横に石垣!?良いじゃん良いじゃんって思いつつ道なりに直進。直ぐに入山禁止の張り紙が・・・(°д°) 取り敢えず行けるところまで行ってみようって決心し、バリケートを跨いで直進。直ぐに堅土塁!?下調べで見たものとは違い無残な姿。至る所に倒木があり、倒木を潜ったり乗り越えたりして何とか、主郭へ!?
酷い有様!? 遺構残存状態も良好だと聞いていたので残念!?

それでも、主郭でお会いしたボランティアの方々が倒木を片付けている姿を見かけ頭が下がる思いでしたm(_)m

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

こしつぶあんぱん

犬山城 (2018/10/08 訪問)

『天守閣登城まで10分』の案内が出てましたがものすごい行列で倍以上かかっての登城になりました。
急勾配の階段や唐破風の間、望楼型の最上階からの眺めは、並んでも来た価値があると感じました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ページ1