続日本100名城

ようがいさんじょう

要害山城

山梨県甲府市

別名 : 要害城、要害山、積翠山城 

投稿する
要害山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

躑躅ヶ崎館 詰の城 (2015/12/18 訪問)

 要害ホテルの横の登山道から登城しました。登城道は比較的整備され歩きやすかった。躑躅ヶ崎館の詰めの城です。上の方に井戸もあり水の手も確保されています。竪堀の看板はよく見かけたが遺構が今一つわかりにくい所もありました。帰りは熊城へ回り見事な堀切などを見学した後、武田神社バス停まで徒歩で下山しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴぽぽ

登り口を間違えて、遺構にたどりつかなかったです (2018/09/16 訪問)

史跡要害山という印までは、たどり着き、さて、どこを登ったらいいのかと悩んでいたら、
先を歩いていた方が話しかけてきて通りがかりの年配の方に聞いてくれて、下る道へ・・・
グーグルマップで、要害山城で調べながら、いくと・・どうもおかしく??
民家の方にきいたら、その先を行くと遊歩道があるというので・・・
話しかけてくださった方は、どんどん先へ
しかし・・きつい、落石だらけ?遊歩道の階段の板も崩壊していて、30分ぐらいがんばって歩いたけど、
どうも先に調べていた情報とは、違いすぎ、身の危険を感じ出発した場所になんとか戻ってきました
後から調べたら、要害山史跡という案内板のすぐ前の道をいくんですね
名城スタンプは、押しちゃったけど、リベンジしまーす!!
次に行く方が迷わないように、書かせていただきました

+ 続きを読む

にのまる

国指定史跡 (2018/05/26 訪問)

信玄パパの築城で勝頼パパが生まれたところ。大井夫人、ここにいたときには息子が夫を追放するなんて思いもしなかったでしょうに。
「要害山」という名前のイメージが先行し、なかなか踏み込む気になれなかったのですが、駅でスタンプだけ押して登城していない安土城&観音寺城の苦い思い出をずっと引きずっており(気が小さいので…)、それは避けたいと満を持して攻城しました。
が、20分ほどで主郭に到着。すごく大変なところ、と思って登ると案外あっさり行けるのかもしれません。今後もこの手でいこう。
主郭の少し先の堀切と竪堀跡まで行きました。道はまだ続いていましたが、目的は果たしたし、危険なにおいがプンプンしたのでそこでブレーキ。せっかく武田三代の城に登ってきたので長居をしたかったのですが特にすることもないので、ゆっくりと下山しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

詰めの城 (2018/05/04 訪問)

山道を約30分かけて登ると主郭にたどり着きます。
不動曲輪あたりから石垣や曲輪が多くなります。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 永正17年(1520)
築城者 武田信虎
主要城主 駒井氏
文化財史跡区分 国指定史跡(要害山)
近年の主な復元・整備 既設遊歩道沿いに看板の設置
主な遺構 主郭、不動曲輪、堀、石垣、虎口
住所 山梨県甲府市上積翠寺町
問い合わせ先 甲府市産業部 観光商工室観光課観光係
問い合わせ先電話番号 055-237-5702