続日本100名城

ようがいさんじょう

要害山城

山梨県甲府市

別名 : 要害城、要害山、積翠山城 

投稿する
要害山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

続日本100名城スタンプ82個目 (2018/12/16 訪問)

3年前の2015年12月に訪れた時は、この城の素晴らしさに感動したものだったが、今回は同じ12月に訪れたのにさほどの感動を覚えなかった。原因は笹が伸びてきて藪化してきてしまっていることにありそうだ。それでも熊本城を凌駕する数の門、桝形の連続は圧巻である。主郭を越えて上部に石垣を備えた竪堀群もしっかり鑑賞。熊城攻略は次回の楽しみにとっておくことにして、献血ルームへと赴いた。御坂城、要害山城と寒風の中に長時間、身を置いていたため、身体が冷え切ってしまっていて、献血ルームの看護師さんにはご迷惑をおかけしてしまった。献血後に藤村記念館に赴いてスタンプをゲット。

+ 続きを読む

ヒロケン

武田信玄公生誕の城 (2018/12/01 訪問)

要害山城は信玄公の父、武田信虎公が築いた山城です。居館と政庁を兼ねた武田氏館に対し、緊急時に立てこもる詰の城としての役割を担っていました。信虎、信玄、勝頼と三代にわたって使用され、武田氏滅亡後も修築・再整備されましたが、慶長5年に廃城となりました。

城には山腹から主郭に至る通路に沿って、枡形虎口や郭が複雑かつ連続的に付設されているほか、竪堀や堀切を要所に設けて防御を固めています。山頂に置かれた長方形の主郭は、東西73m、南北22mと広く比較的規模の大きな建物が存在したものと推定されています。

武田氏館の紅葉を横目に武田氏館を通り過ぎ、7分~10分程度登ったところにある、要害山登山口の駐車スペースに車を止め登城開始。登り始めて直ぐに、石積みがありますが当時のものなのか、近世にできたものなのかよく分からない。ただ、登山道ににある石段は当時のものと思いたい(((o(*゚▽゚*)o))) 
今回の登城目的は、もちろん続100名城のスタンプ集めもあるが、前回訪問した時に見逃した諏訪水と呼ばれる井戸の確認をすることでしたが、雑草と笹に邪魔され入口さえ見つかりませんでした(>_<)
ただ、自分の好きな石垣がいたるところに点在している。しかも、大きな石を多用しており見応え充分。
次回の訪問は、雑草の少ない2月か3月に訪問し諏訪水(井戸跡)を確認したいと思っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

刑部

主郭部・晴信誕生の碑 (2018/10/27 訪問)

下の駐車場からここまで30〜40分くらいです。途中細いところがありますので気をつけましょう! また、登る際はハイキングスタイルの準備が必要です。

+ 続きを読む

刑部

私の1番好きなところ (2018/10/27 訪問)

主郭部の裏の虎口は堀切で土橋で繋がってます。また、土橋の下部には石積があります。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 永正17年(1520)
築城者 武田信虎
主要城主 駒井氏
文化財史跡区分 国指定史跡(要害山)
近年の主な復元・整備 既設遊歩道沿いに看板の設置
主な遺構 主郭、不動曲輪、堀、石垣、虎口
住所 山梨県甲府市上積翠寺町
問い合わせ先 甲府市産業部 観光商工室観光課観光係
問い合わせ先電話番号 055-237-5702