みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

曲輪姫

御城印が登場! (2019/10/14 訪問)

お城に行くつもりはなかったのですが、たまたま秋の桃太郎祭りが天守閣広場などで開催されていたので、チラ見しようと訪れました。
天守閣入り口を見ると、「御城印あります」の貼り紙が!考える間もなく入場料を払って入りました。
1Fの土産店で買えました。どうやら今月から販売を始めたようです。なんともラッキー☆

去年は何度も岡山城に来ましたが、今年は今日が初。もちろん入城したからには、久しぶりに全部見て回りました。

今だけなのか常設なのかは不明ですが、武将イラストの第一人者である正子公也さんのイラストによる宇喜多秀家の歴史展示ブースがありました。確かここはビデオブースだった場所だと思います。狭いですが、壁一面にイラストと解説文があり、さらに小早川・宇喜多・池田の復元甲冑も。とてもいい記念撮影スポットですね。
これは去年はなかったはず!これまたラッキーでした。

+ 続きを読む

とりの子

かっこよかった城!! (2019/05/18 訪問)

5月18日に赤穂城に行きました。車から、まず見えてきたのは、三の丸隅櫓です。本丸へと進んで行くと、本丸櫓門の櫓が特別公開になっているという看板があったので、早速行ってみました。赤穂城に関する資料が展示されていました。天守台にも登って見ました。階段がとても急でした。天守台の上からは、赤穂市が一望できました。

+ 続きを読む

チェブ

葡萄畑で迷う。 (2019/09/22 訪問)

山梨県韮崎市「日ノ出城」行きました。
近くに続100名城の「新府城」があります。
前、新府城、要害山城、甲府城、武田氏館等々、名城スタンプを押せるお城を巡った時に寄ろうと思っていましたが、疲れてしまいリベンジ城攻です。

武田 信長さんが再興の拠点にした「日ノ出城」。
武田 信玄さんと織田 信長さんを合体させた強そうな、お名前ですね。
武田 信長さんは1400年位に誕生してますので、お二方より先輩です。
武田 信長さん、いろいろあって鎌倉に退き、日一揆を味方に跡部氏と戦うも敗退。駿河に逃れます。
その後も上総で「真里谷城」を築城したり広範囲に暴れます。

「日ノ出城」迷いました。
まずは、道にある道しるべに従って進むと葡萄畑。
戻っても葡萄畑。どこの道を進んでいるか分からなくなりました。
車で行けるか不安な道を進みました。
ありました「日ノ出城」!
どうして!!と驚く位に「日ノ出城」の周りは草木が整えてありました。
ピカピカの石碑です。

本当に、ありがとうございます。
あと~、道しるべ、字を濃く書き直して頂けると助かります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

献血の前に (2019/10/13 訪問)

日曜日の所用がなくなったので急遽、日帰りで和歌山へドライブ。午前3時前にスタート。中央道は伊那インターまで通行止め。遅めのスピードで運転する私ですが、長野県内の下り線では他の車を見かける事はありませんでした。養老SAで千曲川氾濫のニュースを知りました。この日予定していた所用は、長野市での開催。被災してなければ良いのですが。無事をお祈りしています。

和歌山駅前献血ルームでの献血の予約は9:30から。その前にサクッと城攻め。秋月城跡は畑と草叢になっていて遺構の視認は非常に難しい状態でした。

+ 続きを読む

朝田 辰兵衛

台風19号に罹災された皆さま,心よりお見舞い申し上げます。 (2018/11/24 訪問)

山城にあっては,大量の水分を含んでしまっていることから,しばらく経過してから法面が崩壊してしまったり等の危険があります。
平地でも,上流の土砂が勢いを増幅させて下流に突撃してくることも想定されます。ここ数日の間で震度4程度の地震が発生したら,もろく崩れてしまう山もあるのでは…とも思います。
台風19号は大きな爪跡を残して過ぎ去りましたが,油断せず,身の安全をお守りください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

宗春

久々利城 (2019/10/04 訪問)

某城攻めアプリのイベントで訪れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

長野氏城跡「西の城」 (2019/09/28 訪問)

【西の城】
<駐車場他>東の城にて記載

<見所>笹藪で埋まってよくわからず。

<感想>日帰り伊賀街道攻城の旅5城目。登城口は丘陵の北方面にあるが未確認の為に分からないが現在のところ西の城のみそこから別途行く方がよいと思います。途中お墓を通ります。私は中の城を見たあと行ったのですが、中の城~西の城までの道が樹木と草で塞がっているために、そこを突破するのはかなり困難です。整備が待たれるところです。
 城跡は入城口から笹が腰くらいまでのびていて遺構の状態が全くわからなかった。主郭も一面覆われていて、本当に藪蛇に噛まれたりなんかしたら大変なので早々に退散した。西の城から北側の登城口に下山しようかと少し進んだが道が無いので迷って結局西の城~中の城の困難な道を戻り中の城から下山した。中の城からの下山ルートも道がないので登るのは無理でしょう。降りるのは一部ズリ落ちながらの下山です。ズボン汚れ必死です。下山後自分の姿は下半身ドロドロ、上半身と頭に蜘蛛の巣だらけなのに顔は満足気なのが人からみたら変な人に見えるだろうと想像するとちょっとウケた。
 長野氏城跡の総評は一言、国指定史跡でいい遺構が沢山あるのに整備が全くできていない。特に西の城はひどいわ。城跡のウォーキングコースって看板があるが、「どこがウォーキングコースやねん!ひどい登山や。危険伴うわ<`ヘ´>」
 くたくたになりこの日はこれにて終了、一日走行距離296㎞無事走破。

<満足度>◆◇◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

山波藤慶

七松城 (2019/10/13 訪問)

環濠集落で、後に荒木討伐の陣城。中心部が現在、八幡神社になっています

+ 続きを読む

山波藤慶

小松城 (2019/10/13 訪問)

内大臣平重盛卿のお城らしいです。現在は岡太(おかだ)神社

+ 続きを読む

山波藤慶

西宮台場 (2019/10/13 訪問)

砲台が砂浜にどかんと置いてあって驚きます。土塁もあります

+ 続きを読む

山波藤慶

御影城 (2019/10/13 訪問)

阪急御影駅の所にあったらしいです。裏手の公園の池が堀跡だとか

+ 続きを読む

山波藤慶

和田岬台場 (2019/10/13 訪問)

現・三菱重工。見学会があるそうですね

+ 続きを読む

山波藤慶

箕谷城 (2019/10/13 訪問)

詳細は不明です。今は公園となっているのですが、地形が完全に城です

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

山波藤慶

三木城 (2019/10/13 訪問)

台風の爪痕らしきものはありませんでした。安心

+ 続きを読む

トーダイ

【駒山城・播磨】 兵庫県赤穂郡『登山路からの眺望が素晴らしいです』 (2018/02/07 訪問)

駒山城は、赤松円心の三男である赤松則祐により、白旗城の西を守る支城として
築かれた城だと伝えられています。天正年間には宇喜多氏の所領となり、家臣の
長船氏が守備していました。

羽山登山路口(南麓)前スペース(数台)<34.872188,134.350853>に駐車、
尾根伝いの登山路にはスリリングな岩場があり、眺望が素晴らしい。見どころの
石垣と空堀は本丸後方にあります。城びとに未登録ですが、オススメです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

つちなり

日本人の魂 (2019/10/05 訪問)

備中高松城を語るうえで、清水宗治の存在は欠かせない。

西暦1582年。時は戦国。
のちの天下人・羽柴秀吉は西国の大大名毛利氏を討つべく中国地方に侵攻。備中高松城の城主清水宗治と対峙した。
 備中高松城は周囲を沼地に囲まれていて、非常に攻めづらい。そこで秀吉の軍師黒田官兵衛は「水攻め」を決断する。足守川を決壊させる一方で、3㎞以上に及ぶ堤防を築いた。そして降雨により、瞬く間にお城は湖に浮かぶ孤島となってしまった。
 結局この戦は宗治の切腹をもって決着。毛利氏は織田の軍門に降り、秀吉は「本能寺の変」で討たれた主君信長の敵を討つため、即座にこの地をたった。

 宗治は秀吉から、寝返りなど命を保証する話を持ちかけられていたが、これをすべて固辞。毛利氏への忠義を尽くすため、そして領民の命を守るために自らの命を散らした。
 私はここに日本人が古くから育んできた「武士道」の精神を感じる。戦国時代は武士同士が時には農民や僧侶なども巻き込んで覇権を争った時代。その争いの多くは己自身ではなく、他の誰かのためであったのではないかと思う。だからこそ強くなれたのだと。
 そしてこの精神は、単なる歴史の1ページで終わるものではなく、現代の日本人に脈々と受け継がれている。
 時は流れ20世紀。日本による真珠湾攻撃を目の当たりにした当時のアメリカ兵は、決して民間人を巻き込まぬように、軍事施設のみを攻撃した日本軍の技術の高さとその心に驚き、敵であるにも関わらず今も「リスペクト」している。
その証に、当時真珠湾で亡くなった日本兵の亡骸を、アメリカ人と同様に海に手厚く葬っているし、今でもハワイの博物館には実物の日本のゼロ式戦闘機が展示されている。
自分以外の人を想う心に国も時代も関係ないのだ。

 備中高松城は今では城址公園となっているが、清水宗治を祀る場所は4つある。
 舞を舞い切腹したとされる自刃の地、秀吉が陣を敷いていた石井山に残る供養塔跡、その供養塔を本丸跡に移築した首塚、そして家臣が宗治の遺体を埋めたとされる胴塚。

 備中高松城には天守はなく、石垣もない。しかしそこには日本人の魂が静かに眠っている。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

10年ぶり (2019/10/07 訪問)

天下の名城です。こんな山奥に石垣の要塞があるなんて。消防隊員さんが石垣の除草作業を行っていました。整備ありがとう。お城からの眺めに仕事ですさんだ心が癒されました。ありがとう。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

城びとの看板 (2019/10/07 訪問)

城びと看板にびっくり。お城は天守台や櫓が3基、城門など。市内が見渡せます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トーダイ

遺構は良好な状態で残っています (2018/01/18 訪問)

戦国土佐七雄にも数えられる山田氏の居城です。建久年間(1190~98年)に
源頼朝の命を受けた中原太郎秋家が土佐に下り、二郷(香我美町宗我部と
深淵)の地頭職に着任したのち、楠目城に移り山田氏を名乗ったようです。
天文18年(1549)長宗我部国親に攻められ落城しています。

香美市市民グラウンド駐車場(50台)<33.611169,133.698889>を利用、
民家右脇の登城口<33.611710,133.700843>にある簡潔な案内板を確認後、
倒竹に行動を阻まれながら二ノ段・詰ノ段周辺を探索、幅9mの大堀切など
遺構は良好な状態で残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

頑張れ、被災地! (2019/09/22 訪問)

みなさん台風被害、大丈夫でしょうか?
私の住む東京の端っこは多摩川が流れてます。川近くに住んでいる方は避難したそうです。

先月、訪れた長野県佐久市「大井城」は湯川の断崖にあります。
とても心配です。

石並城(いせならび)、王城、黒岩城の3城で大井城と言うそうです。
ナビは王城公園を目指します。駐車場はありません。
やはり、断崖。公園に続く坂道か急階段を上ります。
入口近くに説明板があります。
遺構は分かりません。
公園奥に「王城のケヤキ」がありました。大井氏の歴史を見てきたのでしょう。

説明板を見ると、この3城、堀切で区切られているようです。
と、言う事は 通って来た道が「王城」と「黒岩城」の堀切跡なんでしょうね。
王城公園の道を挟んで向かい側も高くなっていました。

長野県に限らず、今回の台風で訪れたお城跡の近くが大変な被害になっています。
考えてもみれば、お城は川近く小高い場所に多くありますからね。とても、ショックです。

とにもかくにも 早く、復興しますように!早く、みなさんが安心できますように!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ページ2