おじまじんや

小島陣屋

静岡県静岡市


旧国名 : 駿河

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

国史跡 (2019/03/16 訪問)

18きっぷでの訪問を狙い温存しておりましたが、このたび晴れて「♡行ってみたい」から「✔︎行った」へと昇格いたしました。
興津駅からバスで小島へ。まずは移築保存されている書院建物を探さねばと意気込んでおりましたらバス停の真ん前にありました。現在は使用されておらず、時代を感じる建物でした。
「酒瓶(さかべ)神社」を過ぎたところに「←大手門はこっちから」と案内があり、裏門から入る無礼を回避できたのはありがたかったです。大手門への道では住宅の間からチラチラと石垣がのぞき、テンション↑↑でしたが、タイムトリップのスイッチが入ったところでワンワン攻撃にあってしまいました🐕(この子がマロンちゃんですね!)
大手は枡形で戦国期さながらの石垣が聳えており、壮観でした。打込み接ぎと落とし積みの面があり後年積み直されたのかもしれません。内部の石垣は高さはありません。スペースを仕切る塀がわりなのですよね。山を切り崩してつくられており土留めの役割も大きそうですが、段々になっており、小牧山城のような高く見せる視覚効果がありました。広々として御殿が建ち、これだけの石を積み、お稲荷さんや馬専用の通路もありで、江戸中期にはこんな陣屋もあったんだとたいへん勉強になりました。(小島藩主松平氏は1万石の譜代大名です。)
石垣のおかげで城攻めした感が得られる陣屋でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

Googleマップ君の案内に注意です (2018/10/19 訪問)

カーナビで検索できなかったので、Googleマップで「小島陣屋跡」を目的地に設定して訪れたのですが、案内通りに進んだ所、駐車場のある裏門側の北側ではなく、表門側の南側に誘導されました。表門側には駐車スペースがないので戻ろうとした所、近所の方が出てきて「止めていいよ」と仰ってくれたので、駐車させて頂きささっと散策しました。
静岡市の小島陣屋のHPには専用駐車場はないと書いてありましたが、北側は5~6台は軽く止められるスペースを整備してくれています。パンフレット等も置いてあり、以前は畑だったようですが、訪問できるように整備してくれているようです。
コンパクトながらも石垣が多く、陣屋のイメージが変わる穴場的な所かもしれません。
妻も「岩村城をずっとコンパクトにした感じで、想像してたよりずっと良かった。」とのことでした。
表門側はマロンちゃん(近所の方のワンちゃん)が元気に吠えるので、散策には気を付けてください。
車で訪れる際はくれぐれも北側に駐車するよう、愚か者のくろもりと同じ轍を踏まないようご注意ください。
近所の方々にはこの場を借りてお詫びいたします。

※追記 現地でもらったパンフレットを見ると、「駐車場は小島町自治会館駐車場をご利用下さい。」と記載がありました。
パンフレットのPDFは静岡市の小島陣屋のHPからダウンロードできますので、そちらで確認できます。
自治会館の近くに小島陣屋の書院建物が移築されているらしいです。
後、現地にトイレはなかったので、近くのコンビニ等で済ませてからの方が良いでしょう。

+ 続きを読む

モト

意外とは失礼ですが (2018/07/17 訪問)

小島陣屋へ行ってきました。
陣屋は魅力的な場所です。
たいしたことないかなという思いでしたが、意外にも遺構がかなり残っています。
特に石垣はきれいで、石垣好きにはたまらないのではないでしょうか。

ナビによってはピンポイントでは検索できない場合もあるかもしれません。地図で目安をつけて向かいましょう。
まだ案内などの看板が少ないのでメイン道路からはわかりにくいかもしれません。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

陣屋では屈指の石垣 (2009/02/15 訪問)

御殿玄関もあります。石垣もなかなか。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 陣屋
天守構造 なし
築城主 松平信治
築城年 宝永元年(1704)
主な城主 松平氏
遺構 曲輪、石垣
指定文化財 国史跡(小島陣屋跡)
再建造物 説明板
住所 静岡県静岡市清水区小島本町構内
問い合わせ先 静岡市生活文化局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 054-221-1069