日本100名城

くまもとじょう

熊本城

熊本県熊本市

別名 : 隈本城、銀杏城、(千葉城、古城)
旧国名 : 肥後

投稿する
熊本城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

天守閣復活 (2021/07/24 訪問)

 天守閣の復旧工事が完了し、特別公開(第3弾)が2021年6月28日から始まっていましたので、震災後初めて登城しました。天守閣内部に入ることができます。ただ、全体としては立ち入り禁止区域が、まだまだあります。
中学生のときに初めて来ました。石垣に魅了され、その後、機会があれば来ていました。熊本地震後は来ていなかったのですが崩れた石垣を見たくなかったということでしょう。やはり崩れた石垣を見ると悲しくなります。宇土櫓下の石垣が崩れなかったのは幸いでした。ただ宇土櫓は地震によって付属する続櫓が倒壊し、石垣に崩落や膨らみが生じているとのことで石垣も含め修理が必要とのことで検討されています。多くの場所で復旧作業が続けられていて、すべて完了するのは2037年とのことです。
今回復旧された天守閣は地震に備えて最新技術と伝統技法を融合させて再建されたとのことです。訪れた方々の多くは復旧した天守閣を見て「やっぱり、すごいね」などと声をあげていました。せっかくなら木造でゆっくり再建すればいいのに、とも思いましたが熊本の方にとっては天守閣は特別な存在なのでしょう。新型コロナウィルス感染症で閉塞感のある今日この頃、熊本城天守閣の元気な姿が多くの方に力を与えてくれているのかもしれませんね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

【お城川柳】

身を賭して使命果たせし石ありき

奇跡ではなく。

+ 続きを読む

黄金虫

【お城川柳】 熊本城・松本城

漆黒美 競う熊本・ 松本城

真っ黒度ナンバー1は熊本城か、烏城禁止の松本城か。

+ 続きを読む

うっちー信繫

【お城川柳】

天守見ず 石を眺めて 楽しんだ

石垣見るだけで楽しいのは僕だけ?

+ 続きを読む

概要

織豊系城郭の到達点ともいわれる、加藤清正が築いた名城。本丸に大天守と小天守を建て、各曲輪には5棟の五階櫓が並んでいた。大小天守は再建されたものだが、清正流と称された高石垣と櫓12棟はほぼ完全な姿で現存。なかでも三重五階の宇土櫓は「第3の天守」と呼ばれるほど立派。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 文明年間(1469〜1487)
築城者 出田秀信(千葉城)、鹿子木親員(隈本城)
主要城主 加藤氏、細川氏
文化財史跡区分 国重要文化財(櫓11棟、門1棟、塀1棟)、国特別史跡(熊本城跡)
近年の主な復元・整備 加藤清正
天守の現況・形態 連結式望楼型[3重6階地下1階/1600年築/焼失(火災)]、連結式望楼型[3重6階地下1階/1960年再/RC造外観復元]
主な関連施設 外観復元:大小天守、平櫓、馬具櫓、木造復元:西大手門、数奇屋丸二階広間、南大手門、西出丸戌亥櫓、未申櫓、元太鼓櫓、飯田丸五階櫓、本丸御殿大広間、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓、門、塀、石垣、横堀
住所 熊本県熊本市中央区本丸、二の丸
問い合わせ先 熊本市教育委員会生涯学習部文化財課
問い合わせ先電話番号 096-328-2111