日本100名城

くまもとじょう

熊本城

熊本県熊本市

別名 : 銀杏城[ぎんなんじょう]

投稿する
熊本城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ビールおいちゃん

復興を願っています。 (2016/03/01 訪問)

熊本大震災の前に行きました。
このお城は、熊本の町のシンボルなんだと感じられる、
素晴らしい城です。

+ 続きを読む

todo94

復興城主 (2018/09/09 訪問)

先月、財形残高が50万円に達したので、全部下ろして本日、復興城主になってきました。早速城主手形を使って、熊本城ミュージアムわくわく座を見てきました。

+ 続きを読む

とばつびしゃもん

復旧中の姿を見る貴重な登城 (2018/07/16 訪問)

震災前の2013年8月以来の登城。城内への立入は完全に規制されている。桜の馬場城彩苑から整備されている周遊ルートを歩いて見学。加藤神社からは修復中の天守群を間近に見られる。また市役所14階は展望フロアとして公開されていて城址全体を眺めることができる。
メディアなどを通じて被災状況を目にしていたが、実際に崩れた石垣や倒壊した建物を目の当たりにするととても痛々しい気持ちになる。
めちゃくちゃ暑い中での登城後、城彩苑桜の小路でかき氷にがっつきクールダウンし10時間かけ帰国。

+ 続きを読む

オダリン

石垣の美 (2009/11/08 訪問)

加藤清正の居城。石垣の美しさは最高だ。清正流の見事な高石垣。徹底した防備力は過剰防衛とも言われたほどである。城内の井戸の数も多かったという。2016年7月に行こうとしていたら4月にあの地震である。元の姿にはかなりの年月と費用が掛かりそうだがそれを乗り越えて頑張ってほしいと願わずにはおれない。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

織豊系城郭の到達点ともいわれる、加藤清正が築いた名城。本丸に大天守と小天守を建て、各曲輪には5棟の五階櫓が並んでいた。大小天守は再建されたものだが、清正流と称された高石垣と櫓12棟はほぼ完全な姿で現存。なかでも三重五階の宇土櫓は「第3の天守」と呼ばれるほど立派。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長12年(1607)
築城者 加藤清正
主要城主 加藤氏、細川氏
文化財史跡区分 重要文化財13件
近年の主な復元・整備 旧細川刑部邸、熊本市立熊本博物館
天守の現況・形態 望楼閣 三重六階地下一階 鉄筋コンクリート造(再建)
主な関連施設 平成11年から南大手櫓門、戌亥櫓、西大手櫓門、元太鼓櫓、未申櫓、飯田丸五階櫓を復元、平成15年から本丸御殿大広間の復元を始め、平成20年に完成
主な遺構 宇土櫓・北十八間櫓・東十八間櫓など櫓多数、不開門、長塀、石垣、堀
住所 熊本県熊本市中央区本丸、二の丸
問い合わせ先 熊本市教育委員会生涯学習部文化財課
問い合わせ先電話番号 096-328-2111