みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

小城小次郎

福江城

廃藩置県までわずか8年という限りなく近代に近い時代に築かれながら、その構えは同時代の松前城や五稜郭とは異なりほぼ純粋に近世城郭。城を持つことを代々の悲願としてきた五島氏の熱い思いが反映されたものか。

+ 続きを読む

興味深い縄張り (2020/03/26 訪問)

 非常にユニークな縄張りで、以前から興味がありました。主郭から山麓に向けて棚田のように曲輪が存在しています。東側は断崖、西側は大きな竪堀で守られています。この大竪堀がこの城の魅力の一つです。他にも西側には何本か竪堀があり、曲輪C09という表示板近くには石垣も一部残っています。南には粕川があり、北側である主郭の背後には堀切があり土橋を見ることができます。
 駐車場から主郭までは約20分くらいで行くことができます。道はありますが、トレッキングシューズで行くことをお勧めします。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

揖斐氏の城 (2020/03/26 訪問)

 折れ曲がった地形の連郭式の山城で桝形虎口、竪堀、堀切などを見ることができます。井戸が二ノ丸の南側山腹にあり、今でも水を湛えています。登城路はいくつかありますが、自分は三輪神社から登城しました。養老鉄道揖斐駅から徒歩約20分で登城口のある三輪神社に着きます。そこから城域まで約25分くらいでしょうか。登城路はよく整備され、曲輪などの表示も充実していて概ね見学しやすい城址です。井戸へ行く道だけは細く崖っぷちなので要注意です。縄張り図には西の丸曲輪、大手曲輪が描かれていて行こうとしましたが、道がわからず断念しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城山公園 (2020/03/26 訪問)

 城址は城山公園となっていて、車で上がれます。城址碑はありますが、遺構はよくわかりません。

+ 続きを読む

カルビン

あま~~~い! (2014/04/05 訪問)

京王多摩線・京王稲田堤駅から南西に進み、三沢川が北西に曲がる場所のところにある登城口より散策開始。

そこから尾根道をひたすら進み、最後は読売ジャイアンツ球場まで駆け抜けましたw

訪問時期がお城見学はじめて間もない頃だったせいか、遺構が良く解らず(井戸跡はリアルタイムで確認できた)・・・
今日up時に写真見て空堀と思われるものと現地解説にあった推定物見台の土盛がようやく確認できたという(笑)

そもそも戦国時代より前にその地形を利用してお城にした場所なので、技巧的な遺構はそもそも存在しなかったと思われます。
代わりに曲輪系の平坦地が至る所にかなりの面積あったのが印象的。
(そのせいか、ピクニックやハイカーの方が至る所にいらっしゃいました)

当時解説・案内関連がほぼ主郭周辺にしか無かった為に散策スルーしまくりの駆け抜け登城だったので、現在の巷の騒動沈静したらウォーミングアップ的に再訪しようかと思っております。
(比高がそんなに高く無い甘~~い設定の山城なので(さすが小沢さん・・・もとい城w)、運動不足のリハビリには最適かも)


登城口は複数ヶ所ありますが、主郭附近だけ見るのであれば穴澤八幡宮(巨人軍関係者がよく参拝に訪れるとの噂あり)からの登城口が良いかもですが、ここからだと結構厳しそうな登りになってました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

奥平氏・武田方・徳川方 (2020/03/01 訪問)

【亀山城】
<駐車場他>城跡の東側専用P・城跡南側登城口前
<交通手段>車

<見所>曲輪・横堀
<感想>日帰り新城市攻城の旅1城目。愛知県新城市にあるお城には御城印が多く頒布されているので、購入目的と2018年に古宮城を攻めた時に攻めそこねた亀山城に攻めに来た。
 山城表記となっているが、比高はそんなになくて丘城といった感じ。典型的な中世の山の形状に沿った曲輪の配置で南北に縦長な感じで広がっている。国道から見える城跡看板のある所が主郭で主に南北と主郭の東側に広めの曲輪が多くあります。東側の駐車場もかつては曲輪だったようで、横堀跡と石垣の崩れた遺構があります。笹が多く生えているので曲輪の輪郭がちょっと見ずらいところはあります。

 私の勝手な憶測の推察は奥平氏が武田氏側についたのが1570年頃、古宮城の築城が1571年?で味方になった後から築城していたとしたら奥平氏にとっては人質も捕られ、裏切ったらすぐに攻めてこられる相当な圧力(それは古宮城がどうしても徳川攻略の亀山城の後ろ竪の城には見えない武田流堅固な城である)で、さらにもしかしたらその古宮城の物資も供給していたかもしれない。結果的に1573年に再び徳川方についたのがそのような理由かもしれないかもと思った。
城の規模からしたら断然亀山城の方が大きいし、作手地方の領主なので奥平氏が城を放棄するまで武田方も攻めとれなかったのであろう。やっぱり2城見比べてよかった、この地域は色々思いをめぐらせる楽しい場所です。

<満足度>◆◆◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まめ五郎

白石城 (2020/03/25 訪問)

桜ももうすぐです

+ 続きを読む

まめ五郎

出羽丸岡城 (2020/03/26 訪問)

しっかり整備された公園です

+ 続きを読む

まめ五郎

鶴ヶ岡城 (2020/03/26 訪問)

しっかり整備されています

+ 続きを読む

カズサン

奥州仕置き後政宗の居城 (2016/04/11 訪問)

 平成28年4月中旬福島浜通り、宮城南部浜通りの城郭を廻り夕刻に古代城多賀城跡を終えて古川駅前のビジネスホテルに泊まり朝食を早々に済ませ岩出山城に初登城。
 車は頂上本丸に停められるとの情報で頂上本丸駐車場を利用、本丸、政宗の像の在る曲輪、本丸西下の二の丸、SL広場、北方面はブルーシートが掛けられ踏査は止め、城下の有備館は災害復旧完了したとの事、パンフレット頂いて終了。
 
 岩出山城は小田原征伐後秀吉の奥州仕置きがされ政宗は拠点の米沢から岩出山に移される、パンフレットによると秀吉の命で東北に来ていた家康によって岩出山城を修復され政宗の新しい居城とされた、関ヶ原合戦後の新領地仙台に築城までの拾数年を岩出山を拠点とした。 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

国重

白鹿城と真山城 二つペアで回れます (2020/03/25 訪問)

真山は新山とも書かれ、標高256mで、ちょうじょうから一の床、二の床、三の床と階段状に区画され、野面積みの石垣が残っている。永禄六年(1563)毛利軍の将吉川元春真山に陣を布き尼子軍が拠る白鹿城を攻めた。

白鹿城をめぐった後によりました。白鹿城より少し急です。

+ 続きを読む

国重

尼子十旗めぐり (6城目) (2020/03/25 訪問)

この城は、松江市の中心から北方4キロの島根半島の山脈にある白鹿山(149.8m)に築かれた山城で、軍記物では白髪山とも書きます。すぐ北側の真山には、この白鹿城に対する毛利の向城として築かれた真山城があります。
城跡には、本丸、月見御殿、水の手、井戸跡、一の床、二の床、三の床、大黒丸、小白鹿、高坪山、大高丸小高丸と呼ばれる郭などの遺構が残り、当時使われた陶磁器やかわらけの破片が発見されています。【現地案内板より】

今回は、西ノ谷登山道から登りました。路肩に数台駐車できるスペースがあります。

+ 続きを読む

スプラNNNN

菜の花祭り (2020/03/20 訪問)

田原市では菜の花が各地に咲く3月に菜の花祭りが開催されます。
田原市各地にある菜の花畑の中で一番きれいなのは伊良湖菜の花ガーデンパークです。
その中には幸せの黄色いポストがあり、よく記念撮影されます。菜の花きれいだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スプラNNNN

日出の石門 (2020/03/20 訪問)

大迫力です。風や流水で長い年月をかけて削られてできた穴らしく自然の強さを感じた。
でも、最後は急にこっちまで波が押し寄せてきて、たいへんだった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スプラNNNN

恋路ヶ浜 愛知県田原市 (2020/03/20 訪問)

カップルや家族などさまざまな人がいた。砂浜がきれいです。
恋路ヶ浜の近くには幸せの鐘と菜の花畑があり、まさに恋の聖地だった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スプラNNNN

灯台茶屋 (2020/03/20 訪問)

新型コロナがはやっていたにもかかわらず、店は大繁盛していた。
この店は伊良湖岬灯台の近くにたっており、田原で1番有名な店。
自分はアサリフライ定食を頼んだ。大アサリはうまい。アサリフライはご飯との相性が抜群です。
帰りにパイナップルバーをもらった。

+ 続きを読む

スプラNNNN

伊良湖岬灯台 愛知県田原市 (2020/03/20 訪問)

この日は息ができないくらいの強風で海が荒れていて、灯台がいい感じに撮れた。
田原はドライブにおすすめだyoyoyoyoyoyoyooyoyo

+ 続きを読む

麓に鮎河館跡もあります (2020/03/22 訪問)

地元では「鮎河」を「あいが」と読みます。ひとつながりの山の二つのピークが、鮎河城と高尾城です。鮎河館跡は、二つの城の間の麓の高台にあります。ここに説明板があったので、アップします。
先達のレポートの通り、尾根にとりつくまでは、わずかな足場を見つけつつ急斜面を登ります。とはいえ、よく整備された杉林であり、比高も100mほどで、下から山頂が見えるので、問題ありません。

+ 続きを読む

JPN-AZE

There are blooming cherries in Nambada castle ruin (2020/03/25 訪問)

2020年3月25日、埼玉県富士見市にある難波田城址公園を訪問。平日でしたが、地元の憩いの場になっているようで、お年寄りや、家族連れの姿がちらほらいました。パンフレットによれば、ここは、難波田城全区域を公園にしている訳ではなく、城址の3割ほどを公園として整備したそうです。とは言え、発掘調査や、古地図の記録等を基に、堀や土塁等、城の往時の姿を復元したそうです。古民家や資料館もありますが、武漢肺炎のせいで、古民家の中へは入れず、資料館の展示も見る事は出来ませんでした。資料館の中を通り抜けるのと、トイレを使うのは可だそうです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

shino

御城印 (2020/03/14 訪問)

3月に御城印が作られて大多喜城資料館へ
行ったのですがコロナの影響で閉館でした。
がっかりして帰る途中に
大多喜駅の近くの大多喜町観光本陣(お土産屋さん)
で御城印購入できました。
4月に御城印帳も出るらしいので楽しみです。

+ 続きを読む

ページ5