みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

小城小次郎

距離が近い城が近いのではない (2020/09/12 訪問)

犬猿の仲だった松尾城との距離の近さが話題だが、橋がある今でさえ相当な高低差を乗り越えた先にお互いの城がある。橋がなかったら往来はおよそ絶望的だろう。距離が近いことだけが「近い城」ではないことを思い知らされた。

+ 続きを読む

カズサン

方形城館北を除く三方に土塁、堀が残存 (2020/10/11 訪問)

 下坂氏館を終えて同じく国指定史跡北近江城館跡群に指定されてる三田村城を初登城。 下坂氏館から北方約6km程、ナビは滋賀県長浜市三田町1126に合わせ北側の三田公会堂の駐車場を利用、すぐ南が城跡に在る伝正寺、同駐車場に案内解説板が有る。
 
 歴史的には京極氏浅井氏に仕えた三田村氏の城館、姉川合戦の時には朝倉景健の本陣が置かれ、三田村氏は小谷城に退く。(案内板抜粋)

 現在は伝正寺となり、東に土塁と堀(現在畑)中間に虎口(現在寺の入口)、南に土塁と堀、西に土塁と堀、北は破壊され土塁は北東にカギ型で残ってる。(ガイドは城郭放浪記さん)

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

中川藤兵衛尉

白鳥砦 (2020/10/12 訪問)

壺笠山城の鞍部向かいに建てられた砦。曲輪が分かりやすく残っています

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

中川藤兵衛尉

壺笠山城 (2020/10/12 訪問)

湖西かと思いきや湖南に属する山城。石積みや曲輪が確りと残っています

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

中川藤兵衛尉

打下城 (2020/10/12 訪問)

津田七兵衛尉信澄らが拠った山城。曲輪・堀切が良好に残り、石積みも所々にあります

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

ダッシュ、横山城、ダッシュ。 (2020/09/21 訪問)

山形県の「横山城」、一番乗りしました。

「横山城」と検索すると、まずは近江の「横山城」がヒットします。秀吉さんが城番した有名なお城ですもんね。
二番が信濃の「横山城」。
こちら山形県の「横山城」は詳しい情報が、なかなか見つかりません。

「横山城」城址碑、説明板がありました。
築城年代は不明です。
1512年、押切備前守が城主となり、その後は横山大膳 武藤 氏廣さんが治めました。1615年に廃城です。

こんもりした土塁の上に稲荷神社の祠がお祀りしてあります。
鳥居に「正一位稲荷大明神」とあります。位が高い神社のようです。
城址碑の後ろに、中台 直矢さんの横山城墟詩が説明板より大きくありました。
中台さんも調べましたが、漢学者だった事しか分かりません。
詩の内容、きちんと理解できた訳ではありませんが、雰囲気は伝わってきます。
ただ「横山城」、前の道が狭く車一台が通れる程度の幅です。近くに車を駐車し、ダッシュで写真を写し、遺構を探し、詩を理解しようと目を瞑り、またダッシュです。
ちなみに、近くの横山小学校が、とても楽しそうな色とデザインの学校でした。
、、、あとは二番槍の方、お願いいたします。

+ 続きを読む

イオ

石垣の城 (2020/09/27 訪問)

(前回からの続き)

「英雄たちの選択」を観ていて、大桑城で特に興味を惹かれたのは、当時の先端技術である石垣が随所に設けられているということ。

…とはいっても、そんなに大したこともないのでは? とも思いつつ、登城口のパンフレットケースに置かれていた「大桑城跡石垣見学マップ」を見てびっくり。10か所以上もあるやん! さらに、各石垣の周辺には見学ポイントの案内板を配して見落としがないよう配慮されています。おかげで、途中で見学マップをなくしてしまった(切井戸からの斜面を登っている際に落とした模様)私でも全て確認することができました。

もちろん近世山城のような大規模な石垣はありませんが、主郭周辺や井戸周辺、番所跡などの要所は石垣で固められており、谷筋の曲輪群の切岸も石垣だったようで(未確認)、当時としてはなかなかの石垣の城ですね。当初は斎藤道三に濃尾平野を追われて落ち延びた山中の城、程度に思っていましたが、背後の越美山地を越えれば縁戚関係のある朝倉氏の越前ですし、朝倉氏の支援のもと、先端技術を駆使した大桑城で本気で再起を図ろうとしていたんだな、と感じました。…まぁ、結果としては十数年で滅ぼされてしまうわけですが(^^;

(さらに続きます)
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

立ち入りできず (2020/08/09 訪問)

太田神社から北海道最西端の尾花岬を遥拝し、北海道最西端の道路を通行してアプローチしました。恐らくこの丘陵で間違いないかなと思います。主郭へと続く道らしきものもありましたが、草刈りがなされておらず、藪漕ぎする気力はありませんでしたので、城内に立ち入ることはできませんでした。

+ 続きを読む

カズサン

素晴らしい城館です、8月8日より土日祝一般公開 (2020/10/11 訪問)

 以前は長浜市教育委員会に許可を得て入館が可能でしたが今年令和2年8月8日(土)より土日祝に一般公開されました、城情報ネットで公開の情報を得て直ぐ行きたかったのですが武漢コロナウイルス禍、今夏の酷暑にて今回10月11日の探訪と成りました。
 下坂氏館跡は国指定史跡・北近江城館群。入館料は大人300円、開館日は土日祝、午前9時~午後4時、12月1日から2月末までは休館(冬季ご注意を)
 駐車場は南西角に入館者、下坂クリニック併せて10台以上の駐車可
 ナビは滋賀県長浜市下坂中町177-1に合わせ、浜松浜北ICより新東名東名名神北陸道を使い長浜ICを降り道の広い4車線R8号線を南下約15分前後で到着、開門の9時前でしたので約30分ほど城館の周囲をぐるっと回り観察、9時に入りました。
 琵琶湖の西湖の葦葺きの主屋、表門、菩提寺不断光院、主郭と副郭を備え、主郭は二重土塁と堀で囲まれてる、代々下坂氏が居住され平成期に家屋敷を長浜市に寄贈された、表側に下坂クリニックを子孫の方が営んでる。
 歴史的には下坂氏は清和源氏の流れで南北朝時代湖北地方で活躍した国人領主、京極氏、浅井氏に仕え小谷城落城後帰農した江戸期井伊氏彦根藩に郷士として関りを持っていた。(パンフレット抜粋) (情報、ガイドは何時もの城郭放浪記さん古城盛衰記さん)
 大変綺麗に整備されスタッフさんも親切丁寧に説明頂き有難うございました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

堀がすごい (2020/10/04 訪問)

阿弥陀寺の墓地を抜けて城址に。
阿弥陀寺の駐車場には説明板も立っています。
畑になった堀を見ながら進むと堀底道。
結構深い。右に登ると主郭部で土塁が囲んでいます。
周囲を堀が囲んでいて主郭と二郭の間の堀も深い。
二の丸一部花畑になっていました。
二の丸と三の丸の間の堀も深く折れも見られます。
佐竹の城は土木量も多く見応えありでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

武田信義館 [山梨県韮崎市神山町武田556−2] (2014/10/18 訪問)

最寄りの駅(JR中央本線韮崎駅)からギリギリ徒歩圏内(道のりで約2.5km)のところに、甲斐武田氏の始祖・武田信義が拠点とした武田信義館があります。

田畑に囲まれた一画が武田信義館跡として残されておりました(標柱や解説がある)が、そこには遺構は見当たりませんでした。
が、ここに来る途中の道・カーブのところに明らかに土塁跡と思える場所がありました。

おそらく周辺の結構広い範囲が居館跡地だったと思われます。。。もしかしたら他にも遺構の名残が残されているかも。。。
但し自分の知る限りではここをメインに訪問するにはちと勿体ないかと。

自分は車での訪問でしたが、近くに車を停める場所が無い為、ここから4、500m離れた場所にある、おそらくここも城域内にあったと思われます、初期の甲斐武田一族菩提寺となる願成寺に駐車させて頂いて歩いてセット訪問されるほうが無難でしょう。


車でなら圏内に武田八幡宮と白山城があるので、熊出没シーズンを避けて合わせて訪問されれば満足の行くお城巡りとなるでしょう。
(更にそこから南にある扇子平山城も素晴らしいみたいですが・・・熊出没地帯の上、山の中真っただ中の為行くに行けない場所になってます(涙))

韮崎駅から歩いて武田信義館訪問されるのでしたら、道中にある韮山市役所に武田信義の立派な騎馬像があるので是非立ち寄ってみて下さい。

+ 続きを読む

バリィ

空堀 (2020/10/08 訪問)

シラス台地に築かれた城で、シラス台地など火山灰が降り積もった地に築かれたお城の特徴の空堀、堀切は断崖絶壁のようです。
駅からも近く、駐車場も完備されていますし、山城とは言うもの低い山ですし、本当にリア攻めに適している割には素晴らしい土の城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

週末パス東北遠征 (2019/07/13 訪問)

北目城跡から広瀬川を渡り北方向に徒歩30分弱で若林城跡(宮城刑務所)に着きます。刑務所入口前(攻城時は作業展示場に入ることはできませんでした)に城跡碑と説明板があります。攻城時間は10分くらいでした。
攻城後、最寄りの徒歩で20分くらいの仙台市営南北線「河原町駅」に向かい、船岡城攻城の為、R東北本線「船岡駅」を目指しました。

+ 続きを読む

昌官忠

週末パス東北遠征 (2019/07/13 訪問)

JR東北本線の長町駅から東方向のホテルルートイン仙台長町インター(このホテルは1年後の2020/07/01に東北遠征した際に宿泊しました)に向かう途中の広瀬河畔通りのオリックスレンタカー側に説明板と城址標識があります。長町駅から徒歩15分強で着きます。
遺構はありません。説明板と城址標識だけです。攻城時間は5分くらいでした。

+ 続きを読む

昌官忠

週末パス東北遠征 (2019/07/13 訪問)

東北新幹線の古川駅で陸羽東線で有備館駅に向かうところ、乗り間違えて逆方向の小牛田駅に着いてしまいました。乗り間違えに気づき引き返しましたが、予定より1時間ロスしました。
岩出山駅で降り岩出山城まで徒歩15分弱、岩出山城を見学後、徒歩10分で有備館。有備館の庭園を眺めて近くの有備館駅に向かいました。
現在本丸跡は城山公園になっており、土塁と空堀が確認できます。また西の腰郭跡に伊達政宗公の像があります。攻城時間は45分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城とら

水谷さん山崎さんの陣屋 (2011/10/28 訪問)

平安時代末期から鎌倉時代の初期には鶴首山にお城が築かれたようですが
山の北側の麓成羽川との平地に水谷さんが陣屋を築き始めましたが
備中松山城に引越し、その後を託された山崎さんが完成させました。
成羽美術館と成羽小学校に石垣が良く残り陣屋としては立派な石垣です。
美術館の駐車場利用できたと思います

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城とら

川田谷陣屋・埼玉県桶川市 (2020/10/10 訪問)

家康さんの関東入封の際家臣の牧野康成が陣屋を築いたところです
その後加増により関宿城主になった。
隠居した際に同地に戻ったが江戸中期には陣屋は廃されたようです。
跡地には牧野氏ゆかりの薬師堂が建っていますが陣屋の遺構はありません。
圏央道桶川北本IC付近です

+ 続きを読む

城とら

栢間陣屋・埼玉県久喜市 (2020/10/10 訪問)

旗本内藤正成氏の陣屋跡です。
家康さんの父親からの家臣で関東入封の際に五千石の知行を貰い
幕末まで旗本として続いた。
跡地は栢間小学校となり南側には土塁とおぼしきものが残っています。
陣屋の裏門が菖蒲城跡に移築されています

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

土岐氏最後の城 (2020/09/27 訪問)

鎌倉期に大桑又三郎が築いたとされ、戦国期には美濃国守護・土岐氏が改修し、居城としました。天文4年(1535)、長良川大洪水により枝広の守護所が壊滅的被害を受けたことから、大桑城が整備されて守護所が移されました。その後、再三にわたり斎藤道三の侵攻を受け、天文21年(1552)には土岐頼芸が美濃国から追放されて、大桑城も廃城となったようです。

古城山の山頂部を主郭とし、尾根沿いには小規模な曲輪が連なり、主郭西側の谷筋には斜面を階段状に造成した曲輪が多数設けられています。大手口と思われる番所跡(伝 岩門)は巨石を門に配し、二重の竪堀で侵入を阻んでいます。番所跡の北西斜面上には馬場と伝わる広い曲輪があり、馬場の西に続く尾根を堀切で断ち切っています。番所跡から主郭に向かう途中には土橋と喰い違って設けられた堀切(竪堀)があり、その先の道はかつては石垣で閉ざされていたんだとか(NHK「英雄たちの選択」で千田先生が訪れていた場所ですね)。谷筋の曲輪群の反対側(南側)には、転げ落ちたら這い上がれそうにない急斜面に巨大な竪堀が掘られ、その竪堀の東側斜面をロープを頼りに下りていくと、切井戸と呼ばれる井戸が満々と水をたたえていました。そして、伝 台所の曲輪を経て主郭部(伝 天守台)へ。主郭部の少し上にはミニ大桑城と呼ばれるミニチュア天守があり、そこからの眺望は抜群で、眼下に城下町を、遠くには金華山(稲葉山城)を見渡すことができます。

没落した土岐氏の城なんか見てもなぁ、と当初はあまり興味はなかったんですが、昨秋の山城サミットでパンフレットをもらったり、「英雄たちの選択」を観たりするうちに行きたい気持ちが募り、コロナで遠征を控えていた半年あまりを経て、ようやく訪れることができました。久々の本格的な山城でもあり、期待以上に堪能させていただきました。

(続きます)
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

人生最初で最後の「長良川鉄道」かな…と。 (2019/05/02 訪問)

この長良川鉄道には,越美南線という別名が存在していました。あの一乗谷城や越前大野城をアクセスし,JR福井駅から九頭竜湖まで結んでいる越美北線。このネーミングで,かつてはお互いにつながる計画があったことがわかりました。福井県も岐阜県も,採算の取れそうなところまでで工事が終わっているんだな…と。残念に思います。
そんな長良川鉄道に乗るのは,人生最初で最後かな…と郷愁にフケながら登城しました。まさか,約1年後に『しりとり登城』するために再び乗ることになろうとは,夢にも思っていませんでした…<笑>。
長良川鉄道一日フリーきっぷと郡上八幡城の登城券がセットになった「一日郡上八幡クーポン」がお得です。
城下町散策も面白かったです。郡上おどりの実演も鑑賞しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ページ6