日本100名城

なごやじょう

名護屋城

佐賀県唐津市

別名 : -

投稿する
名護屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

雨中の攻城 (2012/08/14 訪問)

呼子のケンサキイカを堪能して日本100名城の肥前名護屋城へと向かうが雨の降りはかなりのもの。とりあえず名護屋城博物館に入ってスタンプを捺し展示をじっくりと見て回った。雨が弱まる気配がないので意を決して名護屋城へ。遊撃丸から本丸、天守台あたりまでは足を伸ばしたが、それ以上の無理はやめておいた。

+ 続きを読む

洸(あきら)

秀吉気分。 (2018/03/07 訪問)

山城なのに、でかい!とにかく広い!
天守台からの眺めが最高です。壱岐や対馬も見えました。
さすが太閤秀吉。恐れ入りました。

唐津駅からかなり遠く、路線バスの本数が少ないので、かなり余裕をもっていきましょう

+ 続きを読む

まぼろし (2013/01/12 訪問)

 唐津からバスで行って来ました。土木工事大好きな秀吉の思いを知る城址だと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

さとー

崩された石垣から哀愁を (2018/01/01 訪問)

あちこち崩された石垣を逆に保存されているのはこの城だけかな

+ 続きを読む

概要

豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点として、九州大名に命じて約半年で完成させた約17万㎡もの巨大な陣城。高石垣で築かれた曲輪が現存し、諸大名の陣屋跡の石垣も多く残っている。発掘調査によって検出された山里口の石段と櫓門跡、さらに天守台の穴蔵が復元されている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正20年(1592)
築城者 豊臣秀吉
主要城主 豊臣氏
文化財史跡区分 国指定特別史跡(大正15年史跡、昭和30年特別史跡指定)
近年の主な復元・整備 昭和63年から名護屋城跡は石垣(山里口等)、本丸多聞櫓跡、二の丸長屋建物跡、陣跡は堀秀治陣跡(能舞台跡)などを復元整備
天守の現況・形態 徹底的に破壊を受けた天守台石垣のみ残る
主な関連施設 佐賀県立名護屋城博物館
主な遺構 本丸、二ノ丸、三ノ丸、弾正丸、山里丸、陣跡、石垣、水堀
住所 佐賀県唐津市鎮西町名護屋3673
問い合わせ先 唐津市観光案内所
問い合わせ先電話番号 0955-82-5774