日本100名城

なごやじょう

名護屋城

佐賀県唐津市

別名 : -

投稿する
名護屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

Yomi

VR体験 (2018/03/29 訪問)

向かいの博物館でタブレットを借りると門や城壁、天守閣まで再現してくれるので、年齢問わず楽しめます。

+ 続きを読む

宗像氏貞

名護屋城を見る前に博物館へ (2020/07/28 訪問)

城跡を見る前に、近隣の名護屋城博物館によって、貸出しされているタブレットを借りて名護屋城を周るのをお勧めします。BRで天守閣が見ることができ、より城跡をたのしめます。

+ 続きを読む

火ノ島豊後守正宗

名護屋城 (2018/05/01 訪問)

正百名城10城目。
登城はしましたが、この時は撮影はしませんでした。
次回来城したときに必ず撮影して掲載します。

+ 続きを読む

街道おじさん

名護屋城登城 (2020/03/10 訪問)

太閤秀吉が『唐入り』の際、築いた陣城。
陣城とは言え、金箔瓦の五重天守が威容を誇り、
また家康を始め全国の大名の陣屋が130余り建ち並んだという。
晩年の太閤の夢の跡で寂寥感が漂う。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点として、九州大名に命じて約半年で完成させた約17万㎡もの巨大な陣城。高石垣で築かれた曲輪が現存し、諸大名の陣屋跡の石垣も多く残っている。発掘調査によって検出された山里口の石段と櫓門跡、さらに天守台の穴蔵が復元されている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正20年(1592)
築城者 豊臣秀吉
主要城主 豊臣氏
文化財史跡区分 国指定特別史跡(大正15年史跡、昭和30年特別史跡指定)
近年の主な復元・整備 昭和63年から名護屋城跡は石垣(山里口等)、本丸多聞櫓跡、二の丸長屋建物跡、陣跡は堀秀治陣跡(能舞台跡)などを復元整備
天守の現況・形態 徹底的に破壊を受けた天守台石垣のみ残る
主な関連施設 佐賀県立名護屋城博物館
主な遺構 本丸、二ノ丸、三ノ丸、弾正丸、山里丸、陣跡、石垣、水堀
住所 佐賀県唐津市鎮西町名護屋3673
問い合わせ先 唐津市観光案内所
問い合わせ先電話番号 0955-82-5774