日本100名城

なごやじょう

名護屋城

佐賀県唐津市

別名 : 名護屋御旅館
旧国名 : 肥前

投稿する
名護屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ryu

唐津城築城400年石積み文化シンポジウムの城跡散策ツアー(2008年) (2008/11/15 訪問)

名護屋城はこれまで三度訪問しているが、これは、唐津城築城400年石積み文化シンポジウムの城跡散策ツアーに参加した時の記録。
学芸員の案内で城内を巡った。
石垣破却の跡や本丸改築前の旧石垣跡や石割の跡が分かる石垣など丁寧に説明してくれる。ニノ丸で修羅による石曳きの体験(丸太の有無での曳き易さの違いが分かる。)、当時の工法による石割の実演などを見学。石割体験後、城内の石垣の石割の跡を見ながら戻る。
登城坂から葦北鉄砲隊演舞を見て、もう一度一人で城内を一巡する。
東出丸~三ノ丸~馬場~ニノ丸~遊撃丸~水手口~城外の堀端を歩き山里口~城外の車道を通り博物館へ戻る。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トク

九州の桜2022②-名護屋城「黄金の茶室」 (2022/03/27 訪問)

名護屋城博物館にて、太閤秀吉当時の「黄金の茶室」が1日限りで再現・公開されると聞き、急遽また訪問してきました。

いや~すごい! 全面まばゆいばかりの金箔でした😲!
桜も咲いていたので一緒に撮影してきました。(2022.03.27撮影)

茶室は、容易に運搬可能な組み立て式であったとの事です。朝鮮では諸将達が命がけで戦っているにもかかわらず、秀吉はこの茶室で優雅に茶会を開き、花見を楽しんでいたのでしょうか?

ちなみにこの茶室は、神谷宗湛(博多の豪商)の記録を元に、佐賀県が5,500万円をかけて製作し、さらに無料で一般公開したそうです。佐賀県は秀吉以上に「がばい」かも?

この日も天気がよく、壱岐・対馬まで見えました。その景色は、前回の名護屋城投稿(秀吉の見果てぬ夢(2022.03.07))に掲載していますので、また見ていただけたらうれしいです😊。 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トク

秀吉の見果てぬ夢(唐への道は遠く) (2022/03/06 訪問)

名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮出兵のためにわずか5カ月で築かれた城(陣城)です。金箔瓦を使用した五重七階の天守や本丸御殿がありました。城の周りには150以上の諸大名陣屋があり、城下には20万人を超える人が集まったそうです(当時では大坂に次ぐ日本第2位の都市がありました)。しかし秀吉の死後に都市は廃墟と化し、一国一城令で寺沢広高(唐津藩主)により城は破却されました。

名護屋城博物館には、朝鮮出兵の時の様子が詳しく説明されていますので見学されてから城を散策される事をオススメします。(どちらも無料ですが城入口で清掃協力金として100円寄付をお願いしますとの事です)。

訪れた日は天気がよく、本丸の天守台からは遠く壱岐・対馬まで見えました。そして対馬の向こうには朝鮮があります。秀吉はどんな思いでこの景色を見て唐(から)への夢を描いていたのでしょうか?

帰りに呼子で名物「イカの生造り」食べて帰りました(美味しかったです☺すいません)。

【名護屋城へのアクセス】
JR筑肥線唐津駅前大手口BCまたは西唐津駅より、昭和バス名護屋線(天下市場・名護屋城博物館前)下車徒歩5分です。(呼子での乗継便もありますがいずれも本数少注意)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ふうちゃん

名護屋城の陣屋の数

名護屋城の陣屋の数は約130以上と言われてきましたが、今、名護屋城博物館のHPには「現在150あまりが確認されています。」と表記されています。11月14日行われた城郭検定2級の解答を見ますと約150が正解となっています。
この間、130から150になった経緯をご存じの方はご教示ください。

+ 続きを読む

概要

豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点として、九州大名に命じて約半年で完成させた約17万㎡もの巨大な陣城。高石垣で築かれた曲輪が現存し、諸大名の陣屋跡の石垣も多く残っている。発掘調査によって検出された山里口の石段と櫓門跡、さらに天守台の穴蔵が復元されている。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 天正19年(1591)
築城者 豊臣秀吉
主要城主 豊臣氏
文化財史跡区分 国特別史跡(名護屋城跡並陣跡)
天守の現況・形態 望楼型[5重7階/1592年築/解体(廃城)]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(空堀)、井戸跡
住所 佐賀県唐津市鎮西町名護屋3673
問い合わせ先 唐津市観光案内所
問い合わせ先電話番号 0955-82-5774