日本100名城

あいづわかまつじょう

会津若松城

福島県会津若松市

別名 : 若松城、鶴ヶ城、黒川城
旧国名 : 陸奥

投稿する
会津若松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

城とマスク

鶴ヶ城桜祭り (2018/04/09 訪問)

桜祭り開催中に行きました、4月の会津はまだ寒いです。
マスクはラゴーシャン製絶版生地パールブルーラメ

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

やなぎぶそん

城ふぉとコンテスト【城と生き物】羽ばたくサギ (2021/11/13 訪問)

水堀から飛び立ったサギを発見したので、思わずシャッターを押してしまいました。
躍動感のある写真が撮ることができました。

+ 続きを読む

カズサン

御三階・阿弥陀寺移築 (2009/05/16 訪問)

 日光・会津・松島名所名湯3泊4日定年退職旅行の3日目、前泊の東山温泉を出発し北西に約5~6km程の所に会津若松城本丸に在った御三階が明治の初めに阿弥陀寺も戦火で焼失し御三階を本堂として使用の為に移築された。朝8時過ぎに阿弥陀寺を訪ね、移築された御三階を探訪見学。
 阿弥陀寺の住所:福島県会津若松市七日町4ー20
 レンタカーは朝も早かったので阿弥陀寺の東の通りに路駐でした。
 
 阿弥陀寺の御三階は玄関部に唐破風屋根の本丸御殿内玄関が付き一体と成って居る、唯一残る会津若松城の現存建物です。
 また阿弥陀寺御三階の北側の前に新選組三番隊組長斎藤一の墓が有ります。

 現在会津若松城本丸の御三階は発掘調査中で、四角い石積台跡が残って居ましたが石組みは解体され調査中、将来は建物と合わせて復元が計画されて居ましたが、計画はどう成って居るのでしょうか?、情報が有れば教えて下さい。

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴちょまる

鶴ヶ城 桜まつり (2022/04/16 訪問)

震災の後、新幹線がなんとか復旧したので、会津若松へ。
ところが、えきねっとがGWの予約も同時に再開したので、システムビジーでアクセス不能に。
駅に走って指定席券売機で購入することでなんとか。
今年の東北地方は全般的に染井吉野の開花が昨年並みに早まるなか、会津若松は例年通りぐらいで遅めの印象。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

豊臣秀吉の命令で奥州を支配することになった蒲生氏郷が黒川城を大改修。七重の天守を築き上げ、名称も黒川から若松に改めた。天守は加藤嘉明によって五重に改修され、平成22年には屋根瓦が江戸時代と同じ赤瓦に葺き替えられた。3つの曲輪で囲むようにして本丸を守る、実戦的な縄張が特徴的。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 至徳元年(1384)
築城者 蘆名直盛
主要城主 蘆名氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、松平氏、保科氏
文化財史跡区分 国史跡(若松城跡(鶴ヶ城))
近年の主な復元・整備 蒲生氏郷、加藤明成
天守の現況・形態 望楼型[7重/1593年築/倒壊(地震)]、複合式層塔型[5重5階/1611年改/破却]、複合式層塔型[5重5階/1965年再/RC造外観復興]
主な関連施設 天守、門、櫓、長屋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀
住所 福島県会津若松市追手町
問い合わせ先 会津若松観光公社
問い合わせ先電話番号 0242-27-4005