日本100名城

みとじょう

水戸城

茨城県水戸市

別名 : 馬場城、水府城
旧国名 : 常陸

投稿する
水戸城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

笠間水戸日帰り② (2018/03/31 訪問)

「笠間水戸日帰り」の2城目は水戸城です。宍戸城からの転戦です。
100名城スタンプは「弘道館料金所窓口」で押しました。
宍戸城から宍戸駅に戻り、JR水戸線で水戸駅に着きました。水戸駅南口自転車駐車場でレンタサイクルを借りて、弘道館を目指しました。

水戸城は3回攻城しています。
①2018/03/31が今回で100名城スタンプ押印目的
②2019/09/06に妻と二人で袋田の滝見学の帰り
③2020/11/04に妻と二人で大手門見学(投稿済)

攻城ルートを写真で辿ると、水戸駅でレンタサイクルを借りる➡弘道館(スタンプ押印)見学➡三階櫓跡➡見晴台➡杉山門➡二の丸御殿跡➡薬医門➡本丸跡➡柵町坂下門➡仙波湖➡見川城を捜す➡水戸駅でレンタサイクル返却➡黄門神社で終了

水戸駅でレンタサイクルを借りたのは、仙波湖&見川城攻城が目的でしたが、見川城は見つからず(後で確認したら、全然違う場所を探してました)、タイムリミットで笠間城に向かいました。
レンタサイクルの領収書を今も持っていますが、1日500円でした。

攻城したのが桜の時期でしたので、弘道館と仙波湖の桜を堪能しました。攻城時間は見川城探索時間も含め2時間30分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

響ちゃん

鹿島神社で参拝してから探索 (2020/12/05 訪問)

大手門が綺麗ぽい

+ 続きを読む

昌官忠

茨城県お城巡り(11城)と袋田の滝/竜神大吊橋紅葉鑑賞(妻と二人旅)⑦ (2020/11/04 訪問)

弘道館正門横の駐車場(36.375405、140.4781100)に駐車予定でしたが、ナビは大手門を通過しろとの指示。車両通行禁止で流石に無理なので、水戸市立第二中学校の駐車場に駐車させて頂いて攻城。
水戸城は今回で3回目です(妻によるとずいぶん昔に家族5人で来たと言っていましたが、自分的には記憶にないが知らないと言うと怒られるので("´_ゝ`)フーンと生返事をしておきました)。
自分が所持している記録的には1回目は2018/03/31、2回目は2019/09/06、今回が3回目で目的は復元された大手門を見学することです。
真新しい大手門は櫓門だったので、入れるかなと思い周囲を見ましたが入口はない模様。
大手門見学後、弘道館を見学して撤収です。攻城時間は30分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

二の丸木造復元大手門やっと探訪出来ました (2020/10/03 訪問)

 にのまるさんはじめ多くの先達の方々より復元大手門の投稿が続き、昨年10月に竣工いかにと訪問しましたがまだ仕上げの工事中、二の丸展示館の方に伺うと梅の咲く頃公開との話、ネット情報で本年2月4日公開を確認しましたが今回の武漢コロナウイルス禍出るに出れず待ち続け、今年9月の4連休にと天気情報を見ながら天気悪し、金沢は良さそうなので金沢城鼠多門を先に探訪し先に投稿した。
 水戸城復元大手門の探訪の前後に未踏の城探訪を含め車中泊含め2泊3日で出掛けました。

 待ちに待った木造復元大手門大変素晴らしい、幕末の古写真は見てましたがこれが大手門か、水戸の侍は自慢だった事でしょう、人が多く人を入れない様にと頑張るが無理な様子、では二の丸土塀と二階隅櫓を確認しようと三の丸駐車場、水戸駅前の立体歩道橋と歩き確認するが建物が乱立しよく見る事が出来ません、水戸市は土塀、隅櫓の景観処理をどう考えて要るのでしょうか? 立派に完成した二階隅櫓が見えずらい。
 戻って大手門を撮影開始、先ほど多かった人出は収まりゆっくりと撮影が出来満足です、人を入れない写真を撮られる同好の士が二人ほどいらっしゃったが? 今度は結婚式前写真グループが大手門前で撮影してました、お幸せに!

 立派に木造復元二の丸大手門、二の丸二階隅櫓、大手門から隅櫓までの白土塀が完成、後は二の丸の三層五階の天守閣待たれます、景観を何とかして!! 水戸市、市民よく頑張りました城好きは感謝です。

 車は三の丸堀の西、水戸市大町有料駐車場、徒歩で三の丸堀、図書館、弘道館裏から北横を通り弘道館正面、即、大手橋、大手門です。久しぶりに三の丸の大堀を見学しました素晴らしい、大きな堀に大きな土塁。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

鎌倉時代に馬場氏が築いた館を、佐竹義宣や徳川頼房が改修し、徳川御三家の居城にふさわしい連郭式の城が築かれた。台地上の本丸に二の丸と三の丸を連ねて配し、石垣を用いず土塁と堀で守りを固めていた。三の丸跡の空堀の深さなどが、その防御力の高さを物語る。御三家でありながら三重五階の御三階櫓を天守代用としていた。

城郭情報

城地種類 連郭式平山城
築城年代 建久年間(1190〜1199)
築城者 馬場資幹
主要城主 大掾氏(馬場氏)、江戸氏、佐竹氏、徳川氏
文化財史跡区分 国特別史跡(藩校)、県史跡(水戸城跡(塁及び濠))、県指定文化財(旧水戸城薬医門)
近年の主な復元・整備 佐竹義宣、徳川頼房
天守の現況・形態 三階物見[3重/1609年築/焼失]、独立式層塔型御三階櫓[3重5階/1766年再/焼失(空襲)]
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、門、藩校、土塁、横堀(空堀)
住所 茨城県水戸市三の丸1他
問い合わせ先 水戸市役所
問い合わせ先電話番号 029-224-1111