続日本100名城

こくらじょう

小倉城

福岡県北九州市

別名 : 勝山城(かつやまじょう)、湧金城(ゆうきんじょう)

投稿する
小倉城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

Touch

想像より良かった! (2019/06/19 訪問)

何故、前期100名城に選ばれなかったのか不思議なくらいに、規模、歴史、再建天守や縄張りも素晴らしかった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

フルムーン旅行ちょい寄り (2019/05/17 訪問)

 フルムーン旅行前泊小倉で夕食前、翌日朝食前の時間を割いて数拾年前から良く登城してる小倉城へ泊ってるのに寄らないとはとチョット寄ってみました、19日の流鏑馬の為小倉城撮影ベストスポットが馬走場に成り立ち入り禁止、夕刻の光が悪く翌日も朝食前に立ち寄り天守も閉館後、開館前で登城出来ず。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

令和城始め (2019/05/01 訪問)

3月に工事が終わり、リニューアルオープンした天守を見学しに、帰京前に寄りました。
エレベーター設置のための工事ということだったのですが、それだけではなくて、とてもおもしろい施設に変身していました。
バーチャルてんこ盛りなのですが、アミューズメント施設という感じではなく、楽しみながら歴史を学び、体験できるようになっています。
小倉出身の草刈正雄さんのナレーションによる小倉城シアターは必見です。真田昌幸さんの声を聞いてるみたいでした。
一階にあった休憩所と売店はなくなり、新たに「しろテラス」ができていました。
八坂神社は令和初日の御朱印を求める人たちでいっぱいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

不思議な景観 (2013/12/29 訪問)

北の二ノ丸跡に大型複合商業施設のリバーウォーク北九州が建っている関係で、南側から天守を見ると赤い大きな建物や高いビルが後ろに見えて、何とも不思議な景観になります。

天守と周囲の景色の異質さは、築城主の細川忠興のイメージに合ってる様な気がしますが、城址を散策してみると、茶筅塚(ちゃせんづか)や筆塚や花塚等、細川氏の後に小倉城主となった小笠原氏由来の塚があり、小笠原氏の文化的な面を感じることができました。

土塁が好きな方には、小倉城の西側にある思栄中学校の西側に三ノ丸の土塁が残っていますが、高さは2mあるかないかくらいでした。

小倉城の北東の紫川に常盤橋が木で復元されていますが、往時より川幅が広げられているので、往時の姿と同じというわけにはいかないようです。常盤橋の詳細な説明を読むと、九州の各街道がこの橋に連なっていたので、九州における日本橋のような所だったとのことでした。また、伊能忠敬先生が九州の測量をこの常盤橋から開始したそうで、測量記念碑もありました。九州測定開始の時、伊能先生は御年64歳だったそうです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 慶長7年(1602)
築城者 細川忠興
主要城主 細川氏、小笠原氏
近年の主な復元・整備 冠木門(平成22年〔2010〕に新設)
主な関連施設 小倉城天守
主な遺構 本丸、北の丸、二の丸、松の丸、三の丸、堀、石垣
住所 福岡県北九州市小倉北区城内2-1
問い合わせ先 北九州市小倉北区役所 総務企画課広報広聴係
問い合わせ先電話番号 093-582-3339