日本100名城

にほんまつじょう

二本松城

福島県二本松市

別名 : 霞ヶ城、霧ヶ城

投稿する
二本松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

Zackt

二本松城 (2018/10/06 訪問)

是非立派な天守台に天守閣を!

+ 続きを読む

丹羽長重

幻の一夜城 (2015/10/17 訪問)

二本松城に幻の天守ができると知って行ってきました。
夜になると、山の上にある天守台から、柱で組んでライトをつけて照らした天守が浮かびあがりました。
近くから見ると、さらに立派に見えました。
ライトアップは少しの期間しかやっていなかったので見れて本当に良かったです✨

+ 続きを読む

チェブ

お母さんの気持ちを考えると (2015/05/04 訪問)

大河ドラマ「八重の桜」で知ったお城です。
歴代城主を見ると伊達家や蒲生氏郷、上杉景勝やらの身内、加藤嘉明の名前まであって歴史があるんだなと思いました。
でもやっぱ二本松少年隊です!銅像の勇ましい子供達、後ろで小さな軍服を用意するお母さん。どんな気持ちだったんでしょうか。この隊の隊長の木村銃太郎は22歳。
私はたくさんの人達の勉強をして、いつまでも覚えていようと思いました。

+ 続きを読む

くろもり

二本松の町自体が堀と土塁 (2018/08/13 訪問)

二本松駅から大手門跡の坂を登り二本松城へ。
二本松の町自体が堀と土塁のような構造になっており驚愕しました。
駅のある南側を堀とすると、城との間にある丘陵がまるで巨大な土塁(大手門跡から比高40m!)です。
西と北は山に守られており、大きな軍勢が攻め込めるのは東側しかありません。
本丸からは360度を見渡すことができ、搦手の北西に見事な土塁と空堀も残っていました。
帰りは搦手から城主丹羽氏の菩提寺の大隣寺で、丹羽光重公以下歴代藩主と二本松少年隊、会津・仙台藩士の墓をお参り。
改修した丹羽さんも凄いけど、ここに築城した二本松さんも凄い。
戊辰戦争では寡兵の為、落城したけど、5千も兵があれば、どれだけ耐えたのだろうかと。

+ 続きを読む

概要

中世に畠山満泰が築いた山城を元に、後年に加藤氏が近世城郭へと改修。さらに江戸時代に入封した丹羽光重が、三の丸御殿や箕輪門を山麓に建てて城下町を整備した。山上の本丸跡には天守台が、山麓の御殿表門跡には箕輪門・多聞櫓・二階櫓が再建されている。本丸、三の丸の石垣と二の丸の大石垣も見どころ。

城郭情報

城地種類 山城→平山城
築城年代 応永21年(1414)、天正18年(1590)、寛永4年(1627)、寛永20年(1643)
築城者 畠山満泰、蒲生氏郷、加藤明利、丹羽光重
主要城主 畠山氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、丹羽氏
文化財史跡区分 国指定史跡、県指定重要文化財1件、市指定文化財3件
近年の主な復元・整備 平成5~7年に本丸石垣を修築復元
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 二本松市歴史資料館、「旧二本松藩戒石銘碑」(国指定史跡)
主な遺構 本丸、三の丸、石垣、屋敷跡、蔵跡、井戸跡
住所 福島県二本松市郭内3
問い合わせ先 二本松市役所観光課
問い合わせ先電話番号 0243-23-1111