日本100名城

にほんまつじょう

二本松城

福島県二本松市

別名 : 霞ヶ城、霧ヶ城

投稿する
二本松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

八重の桜紀行 (2013/06/23 訪問)

大河ドラマ「八重の桜」6月15日放映の「二本松少年隊の悲劇」を受け、紀行で取り上げられた地を巡った。

+ 続きを読む

オダリン

少年隊の銅像が! (2009/06/22 訪問)

箕輪門の前に少年隊の銅像がある。私を見つけて銃を構えて狙っているようだ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

丹羽氏の城 (2011/10/15 訪問)

 東日本大震災の後にいきました。この城址も被災していました。戊辰戦争の激戦地です。

+ 続きを読む

じゅんじん

夜のみでした (2016/10/15 訪問)

機会があったら本丸もいきたいです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

中世に畠山満泰が築いた山城を元に、後年に加藤氏が近世城郭へと改修。さらに江戸時代に入封した丹羽光重が、三の丸御殿や箕輪門を山麓に建てて城下町を整備した。山上の本丸跡には天守台が、山麓の御殿表門跡には箕輪門・多聞櫓・二階櫓が再建されている。本丸、三の丸の石垣と二の丸の大石垣も見どころ。

城郭情報

城地種類 山城→平山城
築城年代 応永21年(1414)、天正18年(1590)、寛永4年(1627)、寛永20年(1643)
築城者 畠山満泰、蒲生氏郷、加藤明利、丹羽光重
主要城主 畠山氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、丹羽氏
文化財史跡区分 国指定史跡、県指定重要文化財1件、市指定文化財3件
近年の主な復元・整備 平成5~7年に本丸石垣を修築復元
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 二本松市歴史資料館、「旧二本松藩戒石銘碑」(国指定史跡)
主な遺構 本丸、三の丸、石垣、屋敷跡、蔵跡、井戸跡
住所 福島県二本松市郭内3
問い合わせ先 二本松市役所観光課
問い合わせ先電話番号 0243-23-1111