みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

ばばよ

天下普請の土塁の平城 (2021/10/31 訪問)

鮫ヶ尾城に行く前に車で訪問。
無料駐車場が複数あります。
周囲は運動公園になっており、近世城郭っぽい建物は三重櫓くらいですが、昔の縄張りを活かした構造になっています。
あまり見ない小洒落たデザインの三重櫓が史実にどれだけ忠実な外観かは不明です。
政変の舞台になったこともあり、三重櫓内および上越市立博物館内の展示内容は豊富ですので、ぜひ両方とも入館されることをお勧めします。
平城なので、雨の日の翌日くらいなら問題なく訪問できそうです。

+ 続きを読む

くっしー

小さい城だけど桝形虎口あり (2021/11/21 訪問)

なかなか入口が難しいのですが、宮川沿いの県道471号を行くと「吉城コンポ」という看板があるので、そこを進んでいくと屋根だけになった廃屋があります。その脇に城へと続く道があります。徒歩15分ぐらいで主郭までたどり着くことができますよ。

主郭の手前には枡形虎口とそれに伴う石垣の残骸が残っています。
枡形虎口の先に進むと「蛤石」と呼ばれるご利益のある石が祀ってあり、その横に飛騨市が説明看板を設置しています。
主郭はその奥にあり、さらにその奥が一番高くなっていて櫓台だったと考えられています。

姉小路氏、三木氏という飛騨に勢力のあった城ですが、金森氏が改修しているのではないかと考えられています。
その根拠が「枡形虎口」だそうですよ。
それまでこの地域になかった織豊系城郭の要素が金森氏によって持ち込まれたのではないかということです。
それから、めちゃくちゃ大きな竪堀があるのですが、これは破城して石垣を転用するために作られたのではないかと考えられています。
こういった説を見聞きすると、改めて現状の城跡というのは上書きを重ねた最後の姿なんだなぁ~と感じますね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

徳川家康を輩出する安城松平氏の城 (2021/09/02 訪問)

三河松平三代目の信光の三男・親忠が安城城に入って安城松平氏となり、今川氏との戦いで没落した岩津松平氏に代わって松平宗家となった。この家系が岡崎に移り、やがて徳川家康を輩出することとなったわけだ。

+ 続きを読む

赤い城

公園として整備されている。 (2021/11/21 訪問)

桔梗山に位置し、主郭や千人溜は公園として整備されていて駐車場もあります。
駐車場横は千人溜と呼ばれる広い曲輪で公園になっています。
主郭もすぐで土塁も残っていました。
主郭と笹曲輪の間には麓からも確認できる深い堀切があり、見どころでもあります。
その堀切に降り、二の丸との間の堀切に進んで行きました。
草刈りもされていたので。
二の丸は杉林で藪、公園になっている部分以外はなかなか攻略できそうにありません。
出丸に周ると銀杏の黄色に染まった堀跡も見ることができました。
茂木氏の居城でしたが北条氏により二度も落城しています。
ちょうど紅葉も綺麗でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くっしー

幕領飛騨のおもてなし (2021/11/22 訪問)

現在、高山陣屋では企画展やってます。
「幕領飛騨のおもてなし ─代官・郡代が!巡見使が !! やって来る!!! ─」
https://jinya.gifu.jp/news/event/p520/
高山陣屋に赴任してくる代官・郡代を迎える飛騨の人々がいかに大変だったかを知ることができる展示になっています。
展示は令和3年12月19日(日)までですよ!!

企画展はもちろん面白いのですが、常設展も幕府の飛騨支配や明治維新後の陣屋について知ることのできる大変興味深い内容になっています。
それから、建物内には展示解説を読み取ることができるQRコードがあちこちにあるので便利です!!
雪の降る季節になってきたので車で行かれる場合は、スタットレスタイヤに替えるのをお忘れなく。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

二の丸編、二の丸畝掘が実感出来ます (2021/11/14 訪問)

 本丸編の続き
 本丸の整備の行き届いた所を観察探訪し、以前のままの城名石碑とその周りの桜は紅葉で美しく5年前に訪れた春桜の時期とはまた趣の違う風情を楽しむことが出来ました。
 本丸と二の丸の間には土塁と畝掘りで防御されてます、後北条氏より前に畝掘りの構えが在ったのですね! 整備され畝掘りの南端には見学通路土橋が架かり畝掘り土塁を見やすく成ってます、北の端には微かに土橋のように見える箇所も有ります、以前訪ねた時は現在畝掘り中仕切土塁と言われてる所を土橋と思って本丸、二の丸の行き来に通ったものです。
 二の丸内部は5年前のまま変わっていません、草は刈られ歩き易い、南側の段曲輪、西端には土塁が南北に構えてる、土塁にスロープで繋がってる所は石積が見られます、土塁の北端は虎口と成って居り手前に馬出の様な曲輪が見られる、南は大手門への切岸、西の土塁下は唐沢間の堀切と成って居り二の丸土塁側は高土塁で見応えが有る。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

公園 (2021/11/07 訪問)

史跡が残されつつ子供も遊べる公園でした。空堀が残ってます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

川沿い (2021/11/07 訪問)

道路沿いに入口看板があります。中は畑となっており土塁が残っていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たぬぬ

霊山の城 (2021/11/23 訪問)

修験の場となったためか、遺構はほとんどありません。本郭に案内板があるだけです。ハイキングコースになっていますが、登山路はかなり厳しく、城主が飛び降りたと伝わる大天狗まで行くには長い鎖を登る必要があります。

+ 続きを読む

カズサン

本丸編、主殿、表門、搦手門の整備進み見学易 (2021/11/14 訪問)

 登城路から砲台場編の続き
 大手門跡、西山砲台場跡を探訪の後、砂利道登城路を本丸方向に登るが二の丸の切岸、段曲輪群を見上げ本丸の段曲輪か城塁を見上げると壮大な桑折西山城を実感する、本丸下には発掘調査の成果か?本丸表門跡への石階段が整備され石段を登れが本丸表門跡の地表平面表示が成され横に説明板、見下ろすと砲台場、大手門までの景観が素晴らしい。
 本丸内部も草刈りされ見学し易くなって居る、城名石碑は以前のままで桜の下、主殿(本丸中心建物)の地表平面表示と説明板、本丸の東郭側には搦手門の地表表面表示と東の堀側へ石階段が整備、横には説明板、結構広い横堀の東側に東郭が在るが樹木草木で茂り踏み込めない、本丸南面は景観整備されて伊達市市街、東北新幹線の通過も見渡せ素晴らしい眺望、本丸南面の切岸下には横堀が走ってる、本丸からは隣の二の丸、中館を望む事が出来る。
 本丸からの眺めは素晴らしく本丸下、二の丸下、大手門、西山砲台、二の丸、中館も一望、更に伊達市市街福島方向も見渡せ、東北新幹線、列車の通過も見れ、東北道、陸奥街道も望め通行監視の要地で在った事が現在でも実感できる城跡です。
 
 二の丸間には土塁と畝掘りで防御されてる。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ばばよ

復元東櫓もお勧めです (2021/11/23 訪問)

みなさん言われるようにコンパクトなお城。
お散歩気分で気軽に行けます。
平城なので、雨の翌日でしたが水溜りを避ければ困ることもありません。
現存太鼓櫓門は他の方が言うように、窓はあれど登り口や戸が見当たらず、どうやって人が入ったのか気になります。
復元の東櫓、西櫓は古写真が残っているため外観は忠実。
西櫓は老朽化のために一度解体される時に復元も見越していたそうなので、構造もだいぶわかっているようです。
そのため当時の工法を活かしつつ、建築基準法や消防法をクリアできるように建てられたそうです。
西櫓は入れませんが、東櫓は市立博物館と共通の入場券で入れますので、ぜひ中まで足を運ぶことをお勧めします。
二重で外観もシンプルですが、気持ち的にはなかなか楽しめました。
市立博物館も往時の復元模型があるので、入館するとよいと思います。

今回、土浦駅から徒歩で訪問しましたが、駅からの案内は少し少なめに感じました。
また駅からお城までの間と、旧水戸街道沿いにコンビニエンスストアはありませんでしたので、あてにしている方はご注意を。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

テンちゃん

駿府城 登城 (2021/11/23 訪問)

再訪になります。今回の目的は、御城印と限定版御城印帳の購入、天守台発掘現場の見学です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

テンちゃん

大多喜城 登城 (2021/11/19 訪問)

久留里城登城の後、続100名城の一つ大多喜城のも登城してきました。天守を模した博物館は平日のもかかわらず結構な込み具合でした。薬医門は大多喜高校の敷地内にありました。

+ 続きを読む

テンちゃん

久留里城 登城 (2021/11/19 訪問)

里見氏の本拠であった久留里城を訪問しました。駐車場から模擬天守まで結構な坂道で疲れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

テンちゃん

韮山城 登城 (2021/11/12 訪問)

江川邸を見学した後登城しました。北条早雲(伊勢宗瑞)ゆかりの城ということで行ってみたかった城の一つでした。
帰りに世界遺産の韮山反射炉を見学し、かねふくめんたいパークで食事買い物をして帰りました。

+ 続きを読む

テンちゃん

宇都宮城 登城 (2021/11/11 訪問)

105城目の登城です。宇都宮市役所の無料駐車場に駐車させていただき訪問しました。
いきなり現れた土塁が思った以上に大きくで驚きましたが、土塁に人口建造物が多数あったのは少しがかっりです。
見学後、清明館で御城印を購入して帰りました。

+ 続きを読む

明智光秀buchi

フォロワー10人達成!

新たに北風の又三郎さん、赤い城さん、チェブさん、イオさん、AJさんがフォローしてくれました。ありがとうございます。
これからも僕の投稿や問題をご覧になっていただければ幸いです。

+ 続きを読む

モト

見事な石垣、日本百名城! (2021/08/10 訪問)

残った見事な高い石垣が素晴らしいの一言です。
かつてはあった大手門のあったところから本丸へ登って参ります。
大手門は空襲で焼けたそうですが、現在は道を挟んで左右に櫓が建っていて当時のは大手門がかなり大きく迫力があったことが分かります。
少し登ると中門跡があり、そこにも石垣が左右に残っています。
かつてはここにも立派な門があったのだろうと想像しながら歩を進めます。
程なくして本丸北壁石垣が見えて参ります。
見えてきた石垣を見てもその形、高さ、素晴らしい石垣ですが近くに寄るとさらにその迫力に魅了されます。
そのまま本丸に入ると、本丸御殿の跡の礎石や有名な伊達政宗公の銅像が建ってます。
銅像を眺めて、一旦本丸から降りて本丸の周りも見学して四方から石垣を眺めて帰ります。

今は公園になって市民の憩いの場になっている青葉公園。
本丸から見える景色は仙台の町が一望できます。
ビルの立ち並ぶ現代の景色と城跡の石垣が今昔の融合でなんとも言えない感じでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

その6・いもり坂~薪の丸 (2021/10/31 訪問)

三十間櫓から曲がりくねった急坂を下ります。かつては櫓や土蔵、役所、番所が建ち並んでいたのだそう。自然石積みから切石積みまで見られ、矢穴も刻印もそこここに。
申酉櫓下の石垣の慶長期と寛永期の境目が見どころで、左側の寛永期の石垣には刻印がたくさんあります。眼福でございました。
この日は金沢マラソンの日で、スタート地点付近の広坂緑地にコーンがたくさん並んでいたので発掘石展示や石積み模型を見に下りることは遠慮しました。いつかまた近くで。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

桜井松平の歴史は今も桜井とともにある (2021/09/02 訪問)

桜井松平氏の祖にあたる松平信定は松平清康・広忠・家康の宗家三代悉くに反発したというツワモノだった。桜井城そのものは土塁の一部が残るのみだがその脇には信定の墓が今も残る。桜井松平の歴史は、今も桜井とともにある。

+ 続きを読む

ページ4