日本100名城

もりおかじょう

盛岡城

岩手県盛岡市

別名 : 不来方城[こずかたじょう]

投稿する
盛岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

小城 小次郎

盛岡城

直線的で幾何学的な白い石垣が描く縄張りは防御性と機能性を兼ね備え、美しささえ際立たせる。

+ 続きを読む

にのまる

圧倒されました。 (2018/06/22 訪問)

築城開始(1598年)から石垣完成まで17年。竣工までさらに19年。
大胆に積んであるかと思ったらお行儀よく並んでいる石積みには時代の変遷を感じ、扇形が整列していたり矢穴が同じ方向を向いていたり歯車のようにかみ合っていたりするのは遊び心なのか芸術なのか、いや匠の技だろうとひとり納得してみたりで全然飽きません…いや、正直、最後の方は飽きてきた(;^ω^)…広すぎるので。
修復工事もかなり長い間続いているそうです。孕みっぽいところもあったなぁ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

てっぽう

城址 (2018/04/14 訪問)

天然記念物の石割桜が周辺にあり、桜山神社の烏帽子岩は必見ですよ

+ 続きを読む

オダリン

石垣の城郭 (2009/09/05 訪問)

東北地方では数少ない石垣の城。南部藩20万石の城だった。完成まで40年の歳月がかかったという。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

不来方へ本拠を移した南部信直が親子三代で築いた、東北の石垣造の三名城として名高い城。本丸・ニの九・三の丸が直線状に並ぶ連郭式の縄張で造られ、本丸には天守の代わりとして御三階櫓が建っていたとされる。花崗岩を使った石垣が現存し、腰曲輪の石垣には築城当時の野面積も見られる。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長2~3年(1597~98)
築城者 南部信直・利直・重直
主要城主 南部氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 平成3年から本丸・二の丸・腰曲輪・淡路丸の石垣、平成14~16年に本丸南西部石垣を解体修理
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、淡路丸、腰曲輪、榊山曲輪、石垣、堀、彦御蔵
住所 岩手県盛岡市菜園1-1-3
問い合わせ先 盛岡市教育委員会歴史文化課
問い合わせ先電話番号 019-639-9067