日本100名城

しらかわこみねじょう

白河小峰城

福島県白河市

別名 : 小峰城

投稿する
白河小峰城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

丹羽長重

奥州の玄関口 (2018/04/08 訪問)

小峰城のいいところは、総石垣の城で東日本大震災でかなり崩れたけれど今はきれいに積んであります。
職人さんありがとー✨
天守の中は木造復元で当時の城の面影が漂います‼
また、新しくできた二の丸茶屋があり、小峰城グッズも売っていて小峰城観光で行くことをおすすめします‼

+ 続きを読む

びーこ

巨大な超難解パズル (2015/09/26 訪問)

当時は震災で崩れた石垣の修復の真っ只中だった。通常の修復作業と違い、元の場所が分からない状態からの修復作業は、昔の写真や書物などを参考に行ったとのことだが、なんて途方もないことでしょう・・巨大な超難解パズルを解いているかのよう。2018年7月に修復完了予定とのことなので、ぜひもう一度行って完成した石垣を見なくては!

+ 続きを読む

洸(あきら)

キレイに修復 (2018/06/03 訪問)

震災前に訪問してましたが、8年ぶりに再訪。
木造復元天守はやはり素晴らしい。
石垣も着々と修復が進んでます。

+ 続きを読む

クプクプ

お城と桜 (2018/04/08 訪問)

改装中の所もありましたが、桜とのコントラストは素晴らしかったです!

+ 続きを読む

概要

築城名人として名高い丹羽長重が築いた総石垣の城。なかでも石垣が立派で、本丸内だけでなく、水堀・蛇頭堀越しからも見ておきたい。天守の代わりだった三重櫓と、本丸の大手口にあたる前御門が、江戸時代の絵図に基づき木造建築で復元されている。

イベント情報

  • 2018年08月11日(土)~2018年10月08日(月)

    白河小峰城

    特別企画展「戊辰戦争と白河 武士と庶民、それぞれの戦いと慰霊」

    戊辰政争の際に奥羽越列藩同盟と新政府軍の間で激しい戦闘が繰り広げられた白河にある白河集古苑では、特別企画展「戊辰戦争と白河-武士と庶民、それぞれの戦いと慰霊-」を開催。今回の企画展では、白河での戦闘や巻き込まれた庶民の様子を当時の資料によって紹介します。また、戦後に行われた戦死者の慰霊などにも触れ、様々な視点で戊辰戦争前後を振り返る内容となっています。入館料:大人320円、高校生以下無料。開館時間:9:00〜17:00。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城(梯郭式)
築城年代 興国正平年間(1340~69)、寛永6~9年(1629~32)
築城者 結城親朝、丹羽長重
主要城主 結城氏、丹羽氏、松平(榊原)氏、本多氏、松平(奥平)氏、松平(越前)氏、松平(久松)氏、阿部氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成3年に三重櫓を復元、平成6年に前御門を復元
天守の現況・形態 -
主な関連施設 白河集古苑
主な遺構 本丸、竹の丸、帯曲輪、二の丸、石垣、堀
住所 福島県白河市追廻46
問い合わせ先 白河市教育委員会文化財課文化財保護係
問い合わせ先電話番号 0248-27-2310