日本100名城

しらかわこみねじょう

白河小峰城

福島県白河市

別名 : 白河城、小峰城
旧国名 : 陸奥

投稿する
白河小峰城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

鎌倉たっちさん

白河小峰城石垣 (2022/10/09 訪問)

石垣復旧し本丸下の帯曲輪へ入れるようになった。本丸北側の石垣が見られる。写真は小峰城で最も古いとされる三重櫓北側の石垣。

+ 続きを読む

びーこ

石垣とド根性ゆり (2022/07/24 訪問)

最後に訪れてから4年余り、修復が完了した石垣を見るための再訪である。もっと早く来たかったんだが・・

清水門跡から入城すると、完全に修復された高い石垣に圧倒された。修復中の状態を見たときは、本当に数年で完成するの?と思うような状態だったのに。
ここだけでなく、三重櫓の裏まで綺麗に整備されていて、もちろん石垣もしっかり修復されていて、驚くばかりである。小峰城最古といわれる石垣を観察していると、すぐ近くに「ド根性ゆり」が!辛抱強く改修を行ってきた皆さんを祝福しているようで、思わず和んでしまった

そうそう、城跡にはたくさんのシロツメクサの花が咲いていたのだが、公園内のトイレにはたくさんの四葉のクローバーが花瓶にさしてあり、「幸せのお裾分け。どうぞお持ちください。」と書かれていた。お金をかけなくてもできるおもてなし、嬉しいなぁ。

現在は清水門の復元工事を進めているということなので、完成したらまたぜひ訪れたい。

ランチはちょっと足を延ばして下郷の鱒の養殖場で、新鮮な鱒フライ定食と鱒バーガーを頂いた。身がふわふわで美味しかった〜次回は鱒釣りもやってみたい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城とマスク

福島のお城巡り (2018/05/14 訪問)

白河ラーメンを食べた帰りは必ず寄ります。
マスクはラゴーシャン製

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

内濠と石垣 (2009/05/15 訪問)

 木造復元三重御櫓からの続きです。

 先に木造復元三重御櫓中心に東西南北の姿を投稿致しましたが、本丸を囲んでる内濠、余り探訪されない北側の裏の姿も今回、家内も同行して呉れ本丸一巡致しました、北側の内濠も広く、樹木、桜の葉っぱに覆われていますが周囲の石垣がちらちらと観る事が出来ます。
 
 探訪したのが13年前の平成21年5月中旬で東日本大震災発生の2年前の写真投稿に成ります。それから震災大被害を被り石垣の修復も平成29年末には完了し昔の姿に戻って居り、本丸清水門の木造復元が計画されて居り令和5~6年度には姿を現しそう、期待して待って居ます。


 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

築城名人として名高い丹羽長重が築いた総石垣の城。なかでも石垣が立派で、本丸内だけでなく、水堀・蛇頭堀越しからも見ておきたい。天守の代わりだった三重櫓と、本丸の大手口にあたる前御門が、江戸時代の絵図に基づき木造建築で復元されている。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 興国元年〔南朝〕/暦応3年〔北朝〕(1340)
築城者 結城親朝
主要城主 結城氏、蒲生氏、丹羽氏、松平氏、阿部氏
文化財史跡区分 国史跡(小峰城跡)
近年の主な復元・整備 丹羽長重
天守の現況・形態 複合式望楼型御三階櫓[3重3階/1632年築/焼失(落城)]、複合式望楼型御三階櫓[3重3階/1991年再/木造復元)
主な関連施設 三重櫓、太鼓櫓、門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀
住所 福島県白河市追廻46
問い合わせ先 白河市教育委員会文化財課文化財保護係
問い合わせ先電話番号 0248-27-2310