日本100名城

すんぷじょう

駿府城

静岡県静岡市

別名 : -

投稿する
駿府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

天守台発掘調査中 (2012/02/26 訪問)

 巽櫓、東御門、坤櫓が復元されています。天守台は発掘調査中です。気候が温暖で魚もうまい。徳川家康が隠居の地に選んだ理由がわかります。

+ 続きを読む

にのまる

発掘見に行きたい。 (2015/07/17 訪問)

この夏の4泊5日11巡城(安土城と観音寺城は悪天候のため資料館のスタンプのみで断念)のスタート地点。
台風を引き連れて回ったのと、帰省を兼ねていたので親から「寄り道せんではよ帰って来んかねー」「まだそんなとこおるんかねー」って電話がかかりまくったのがいい思い出。

+ 続きを読む

  • 立ち塞がっている感じ
  • 橋につかまっている人、お仕事中です。
  • 撃ちたい…
  • レッドカーペット
  • 「人の一生は重き荷を負うて…」

+ すべての写真を見る

todo94

3度目のスタンプラリー (2017/04/30 訪問)

坤櫓に初めて入りました。天守台発掘調査現場も良かったです。

+ 続きを読む

青春の巨匠

天守台の発掘現場 (2018/01/06 訪問)

坤櫓の木造再建に続き、天守台の発掘中でした。数年前の外側は格好いいけど城内は残念な城から、真剣に学術的に整備しようという姿勢は、流石小和田先生の地元です。しかも発掘現場を公開しているのが、好感持てますね。

+ 続きを読む

  • 巽櫓
  • 家康像
  • 天守台発掘現場
  • 発掘された刻印入りの石垣
  • 天守台発掘現場

+ すべての写真を見る

概要

少年期に今川氏の人質として過ごした駿府に徳川家康が築城。三重の堀と2つの曲輪が本丸を囲む輪郭式へと改修し、家康の隠居城となった。六重七階とされる大天守は焼失したが、堀や石垣が城のスケールを感じさせる。二の丸には二重三階の巽櫓や桝形門の東御門が復元されている。

イベント情報

  • 2018年02月24日(土)~2018年02月24日(土)

    駿府城

    駿府城天守台発掘調査現場見学会

    駿府城天守台で昨年度の調査成果を報告する見学会を開催します。普段は立入が禁止されている調査エリアが9時〜16時のあいだ開放され、天守台の構造を間近で見ることができます。また、10:00〜10:15と13:30〜13:45には調査員による発掘の解説も行われます。※当日は動きやすく汚れてもよい服装でお越しください。

  • 2018年01月26日(金)~2018年03月26日(月)

    駿府城

    【2018年1月15日締切】駿府城公園歴史カフェ 「いまさら聞けない徳川家康の一生」第1回

    茶室でお茶とお菓子を楽しみながら徳川家康の生涯を学ぶ、全3回の歴史カフェです。第1回のテーマは「幼年期・青年期・壮年期 竹千代から徳川家康へ」。第2回は2月23日、第3回は3月23日に開催されます。定員15名、申込は1月15日(月)まで。※申込は3回分まとめてとなります。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 天正13年(1585)、慶長12年(1607)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏
文化財史跡区分 -
近年の主な復元・整備 平成元年に巽櫓を復元、平成8年に二の丸東御門を復元
天守の現況・形態 -
主な関連施設 駿府博物館、静岡市文化財資料館
主な遺構 石垣、堀
住所 静岡県静岡市葵区
問い合わせ先 静岡市生活文化局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 054-221-1085