日本100名城

すんぷじょう

駿府城

静岡県静岡市

別名 : -

投稿する
駿府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

天下太平

さすが家康 (2018/01/12 訪問)

始めの門は、なんともデカくて、中の駿府城公園は、すごく広い。
公園の中にある、徳川 家康の銅像は、思っていた以上大きい。
天守も、あの江戸城よりも大きいと言われるほど大きい。
やはり、当時の時の権力者は、徳川 家康だったから、大工も、大きくしなきゃ怒られると思ったのかも。

+ 続きを読む

夏の雪だるま

家康の隠居城 (2016/09/18 訪問)

静岡県静岡市の百名城の一つ駿府城です。城がある駿河の地は室町時代今川氏が守護に任じられ駿府館が置かれ、海道一の弓取りと言われた今川義元の時代、徳川家康も7歳から18歳の間、人質として暮らしています。1560年義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれて以降、今川氏は衰退、1568年武田氏により駿府を奪われています。1582年武田氏が滅亡すると徳川家康は1585年駿府城の築城を開始、浜松城から移っています。1590年秀吉の小田原征伐により北条氏が亡ぶと家康は関東に移封となり、中川一氏が城主となりますが、関ヶ原の戦いで家康が勝利し徳川幕府を開き、1605年秀忠に将軍職を譲り駿府城が家康の隠居城となると、天下普請により駿府城は拡張整備されています。家康の死後1624年秀忠の二男忠長が城主となり3代将軍職を家光と争いますが改易、それ以降は城代が置かれ、明治維新を迎え廃藩置県により廃城となっています。城は、本丸、その周囲を二の丸、さらに三の丸が取り囲む輪郭式の平城で、各丸は水堀で囲まれ東西600m南北650mの規模とされます。明治維新後、城内に陸軍連隊が置かれたため本丸の堀は埋められ天守台も解体されて城はかなり改変されています。現在は、本丸・二の丸が駿府城公園として整備され三の丸は官公庁や学校となっています。遺構は二の丸堀、三の丸堀の一部、石垣や土塁が残り、東御門、巽櫓、坤櫓が復元され、平成28年から天守台が発掘調査されています。

+ 続きを読む

マルボロマン

駿府城 (2016/04/23 訪問)

素敵な公園でした。向かいのビルから全貌が見れます

+ 続きを読む

まっぴー

江戸城の天守台よりも大きい? 駿府城🏯 (2018/12/23 訪問)

遺構度 ★★★☆☆ 復元度 ★★★★★
施設充実度 ★★★★★ 楽しさ度 ★★★★★

家康公の隠居城である駿府城に行ってきました!
今は公園として整備されていて、子供が遊んでいたり、お年寄りの方がのんびりしているなど広い世代に親しまれている城郭です!
城郭としてもすごく良く、櫓や櫓門、今話題になっている天守台、家康公の像、家康公が植えたみかんなどが残っています!
櫓や櫓門の中は博物館になっており、展示物も多く、テレビでの説明もありました!耳に当てると解説を聞けるという機械もあり、解説もとても充実していました!
天守台の発掘工事は無料で見学することができました!
石垣すごかった〜〜
天守台が元に戻るのが楽しみです!まだかなぁ〜〜

日本100名城スタンプは、東御門券売所と坤櫓の中にあります!
櫓と櫓門の見学は、東御門と巽櫓が大人200円、子供50円で、坤櫓が大人100円、子供50円です!
駐車場はないので、あらかじめ駐車場を探してから行った方がいいと思います!
オススメです!是非来てみてください!

+ 続きを読む

概要

少年期に今川氏の人質として過ごした駿府に徳川家康が築城。三重の堀と2つの曲輪が本丸を囲む輪郭式へと改修し、家康の隠居城となった。六重七階とされる大天守は焼失したが、堀や石垣が城のスケールを感じさせる。二の丸には二重三階の巽櫓や桝形門の東御門が復元されている。

イベント情報

  • 2019年02月11日(月)~2019年02月11日(月)

    駿府城

    着物でファッションショー

    大御所・徳川家康が隠居城として築いた駿府城で着物ファッションショーが開催されます! 東御門から紅葉山庭園へ続く道がランウェイとなり、艶やかな振り袖をまとったモデルたちが歩いていきます。終着点の紅葉山庭園では三味線と琴による演奏を楽しむことも。華やかな和のイベントに酔いしれてみてください。開催時間:11:30〜13:00(三味線と琴の演奏は11:45~) 入場料(共通券):大人360円、小中学生120円

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 天正13年(1585)、慶長12年(1607)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏
文化財史跡区分 -
近年の主な復元・整備 平成元年に巽櫓を復元、平成8年に二の丸東御門を復元
天守の現況・形態 -
主な関連施設 駿府博物館、静岡市文化財資料館
主な遺構 石垣、堀
住所 静岡県静岡市葵区
問い合わせ先 静岡市生活文化局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 054-221-1085