日本100名城

すんぷじょう

駿府城

静岡県静岡市

別名 : 府中城、静岡城
旧国名 : 駿河

投稿する
駿府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ニコ・ロビン

スンプー( ・᷄ㅂ・᷅ ) (2018/03/18 訪問)

大御所の城( ・᷄ㅂ・᷅ )スンプー!
行った時は、天守台発掘調査中で、その中は入れず。
でも、家康の石垣だけじゃなく、秀吉時代の石垣とか瓦とかも出てきてんだよねー。凄い話( ・᷄ㅂ・᷅ )!
スンプ城は時代的にも、時代も安定してて江戸初期で再興する必要もないからなぁ。
でもあんなに平らなとこで発掘調査やってて、水害が起きたら水没して、グチャグチャにならないのかな?

+ 続きを読む

駿府城

静岡 御城印・魚朱印巡りを開催しています!

10月1日(土)から駿府城公園とスマートアクアリウム静岡(静岡市葵区)とのタイアップ企画として、「静岡 御城印・魚朱印巡り」を開催しています。開催期間は11月30日(水)までで、開催期間中に御城印と魚朱印を両方集めた方には、オリジナルコラボ缶バッチをプレゼントしています。
 
ぜひこの機会に両施設を巡って、オリジナルコラボ缶バッチをゲットしてみてください♪
詳細は下記URLをご覧ください。
https://sumpu-castlepark.com/info/archives/2099

+ 続きを読む

駿府城

第三回駿府城お散歩講座を開催しました!

令和4年9月25日(日)に駿府城公園にて、お散歩講座を開催しました。
清水御門からスタートし、二ノ丸、三ノ丸周辺を歩きながら、駿府城跡各所の見どころを発掘調査員が説明しました。
石垣を見ながら当時はどのような場所であったのかこれまでの発掘調査の成果も交えながら、駿府城跡各所を約1時間でお散歩しました。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

+ 続きを読む

カズサン

坤櫓鯱の目は金箔で光ってる❕ (2022/09/11 訪問)

 静岡市歴史博物館プレオープン見学、葵舟で中堀めぐりを終えて5月16日駿府城登城以来4ヶ月振りさらっとめぐってと思って居たのですが、葵舟の船頭さんの説明で坤櫓の鯱の目は金箔で光ってると言われ、船上でチラッと見えた感覚は有ったのですが、近くで確認をと鯱の目をカメラの望遠レッズ最大にして確認、確かに金色であり金箔が貼って有るのだろう。後で巽櫓の鯱の目には金箔は貼って無く全体と同色でした。
 巽櫓、東御門エリアは仮設の足場が中堀外側に架けて有り、令和5年正月完成を目指してライトアップ整備工事中でした。
 昼食は駿府城公園内の児童公園エリアにある売店、移動車カフェ3台があり、焼きそばを選び頂く400円なり。

 昼食後天守台発掘エリアを見学、発掘情報館きゃっしるも訪問、発掘土砂保護のシートが新しく成り、天正期、慶長期天守の発掘表示板も良く観える様に成って居り見学し易い、情報館には今後の天守台跡の整備計画が展示して有り、4年の歳月を掛けて、高い所から全体を見下ろす場所、掘り進んだ堀底から天守台石垣を近くで見る所などを造り、天守台跡には一部石垣の追加?土を盛りなどして地表展示整備を行い見える化していくようです。・・天守閣は建たないようで残念ですが?
 約3時間超の訪問に成りました、9月中旬でしたが晴れて暑い日の探訪散策でした。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

少年期に今川氏の人質として過ごした駿府に徳川家康が築城。三重の堀と2つの曲輪が本丸を囲む輪郭式へと改修し、家康の隠居城となった。六重七階とされる大天守は焼失したが、堀や石垣が城のスケールを感じさせる。二の丸には二重三階の巽櫓や桝形門の東御門が復元されている。

城郭情報

城地種類 輪郭式平城
築城年代 天正13年(1585)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏、中村氏、内藤氏(松平氏)
近年の主な復元・整備 徳川家康
天守の現況・形態 型式不明[階層不明/1589年頃築/焼失(失火)]、不明[階層不明/1608年再/焼失(火災)]、層塔型?[7階/1610年再/破却]
主な関連施設 櫓、門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)
住所 静岡県静岡市葵区駿府城公園
問い合わせ先 静岡市生活文化局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 054-221-1085