日本100名城

すんぷじょう

駿府城

静岡県静岡市

別名 : 府中城、静岡城
旧国名 : 駿河

投稿する
駿府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

駿府城

駿府城公園「東御門・巽櫓」の展示が新しくなってリニューアルオープンします!

静岡市からのお知らせです。

4月1日(木)、駿府城公園内施設「東御門・巽櫓」の展示が新しくなって、リニューアルオープンします!

2016年から開始し、これまで多くの発見があった天守台跡発掘調査の最新の成果も反映!
駿府城のルーツから、現代に至るまでの「駿府城の一生」にせまります。

展示室を全部で7つのゾーンに分け、戦国大名・今川氏の本拠地「今川館」から徳川家康による2度の築城、幕府の聖地としての維持、さらには廃城後の活用など、駿府城が歩んできた道のりをとことん紹介します!お城好きの皆さん、必見の展示です!

詳しくはホームページをご覧ください。
ブログで最新情報を紹介しています!
http://www.shizuoka-bunkazai.jp/castle-info/

+ 続きを読む

hata

日本100名城 No,041 家康の隠居したお城なんですが、 (2011/07/10 訪問)

■100城の16城目(二回目の登城)【府中城】
☆東海道日帰り城攻めの1城目(駿府城→小田原城)
【移動手段】車:首都高速の初台南ランプから2.5時間
【駐車場】坤櫓近くの新中町ビル駐車場(20分100円)
【スタンプ】東御門前入場券売場○
【天気】快晴
【印象】☆ 遺構は石垣、堀のみ。駿府城という「格」からして、市民公園では残念です。復元も中途半端に思える。
【お土産】なし
【昼食】用宗港で桜海老としらすの冷製パスタ。海からの風が心地よいお店でした。
【同行者】姫、息子、犬(柴)
【他】夏の登城は厳しいですね。猛暑日で二度目だったので早々に退散して次に向かいます。
【柴犬のクウ】広い公園で、楽しいが暑いワン!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

T-Shionoya

駿府城訪問 (2004/02/15 訪問)

過去のお城巡りの振り返り、第3段は駿府城。

賎機山と谷津山の尾根の先端に挟まれた微高地に築かれている駿府城。
かつては城の直ぐ南を安倍川の主流が走っており、その支流が静岡平野、更には現在の巴川で清水港にまで広がっていたとのこと。
陸上はもちろん東海道の通過点であり、陸路と水運の両面で好都合な場所だったのでしょう。

元々、今川氏の拠点でしたが、現在残る城郭の基礎をつくったのは家康。
江戸時代初期(慶長期?)には城下町を南に広げるために、安倍川の流れを変えて藁科川に合流させたんですね。

現在の駿府城公園は江戸期の二ノ丸と本丸。
しかしその外にも三ノ丸の堀が結構残ってます。
ただ訪問時の記憶はもう希薄ですが、残っている写真を見ると東御門・巽櫓付近と公園内を歩いただけだったでしょうか。
滞在時間は短く、当時の私には物足りなかった印象。

その後、2014年に坤櫓がつくられ、最近は巨大な天守台の発掘調査を実施。
巽櫓の展示内容がリニューアルされる4月以降に、また行ってみようかな?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

クラブツーリズム「女城主井伊直虎ゆかりの浜松と静岡100名城めぐり2日間」⑤ (2017/12/17 訪問)

「柴咲コウ」さんが演じられていた大河ドラマ(おんな城主 直虎)ゆかりの城巡りに次男と二人で参加しました。
クラブツーリズム「女城主井伊直虎ゆかりの浜松と静岡100名城めぐり2日間」の5城目は駿府城です。掛川城からの転戦です。
100名城スタンプは「東御門券売所」で押しました。

駿府城は、1589年(天正17年)、駿河を領国とした徳川家康が今川氏の居館があったとされる場所に築城したのがはじまりとされています(駿府は徳川家康が幼少のとき今川氏の人質になっていたところ)。
豊臣秀吉により家康が関東に移封された後は、秀吉の家臣中村一氏が駿府城主となりました。
関ヶ原合戦後に家康は将軍職を秀忠に譲り、駿府城を隠居のための城として天下普請によって修築を行い、城郭史上最大の天守台が築きました。
江戸時代には度重なる火災・地震に見舞われたが、その度に修築が行われたが、明治維新に伴い明治3年(1870)に廃城となりました。

現在、中堀の内側にある旧二の丸と本丸が「駿府城公園」として整備されており、石垣や堀を見ることができます。
また巽櫓と東御門、坤櫓が復元されて資料館として公開されています。

攻城時間は50分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

少年期に今川氏の人質として過ごした駿府に徳川家康が築城。三重の堀と2つの曲輪が本丸を囲む輪郭式へと改修し、家康の隠居城となった。六重七階とされる大天守は焼失したが、堀や石垣が城のスケールを感じさせる。二の丸には二重三階の巽櫓や桝形門の東御門が復元されている。

イベント情報

  • 2021年04月01日(木)~2021年07月01日(木)

    駿府城

    駿府城公園東御門・巽櫓の展示リニューアルオープン & お堀遊覧船「葵舟」運行開始

    2016年から天守台発掘調査を行っている駿府城。4/1から、駿府城公園東御門・巽櫓の展示が最新調査成果を反映させた内容に生まれ変わります!展示室を7つのゾーンに分け、駿府城のルーツから今に至るまでの「駿府城の一生」をとことん紹介。 また、3/27からお堀を遊覧する「葵舟」も運行開始(https://www.sunpu-aoibune.jp/)! 徳川家康と今川義元それぞれをイメージした2バージョン。 ※終了日はないので、本記事では仮の日にちを終了日に設定しております。

    • 会場名駿府城公園 東御門・巽櫓
    • 住所静岡市葵区駿府城公園1-1
    • お問い合わせ駿府城公園二ノ丸施設管理事務所 TEL:054-251-0016
    • URLhttps://sumpu-castlepark.com/

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 輪郭式平城
築城年代 天正13年(1585)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏、中村氏、内藤氏(松平氏)
近年の主な復元・整備 徳川家康
天守の現況・形態 型式不明[階層不明/1589年頃築/焼失(失火)]、不明[階層不明/1608年再/焼失(火災)]、層塔型?[7階/1610年再/破却]
主な関連施設 櫓、門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)
住所 静岡県静岡市葵区駿府城公園
問い合わせ先 静岡市生活文化局文化スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 054-221-1085