日本100名城

ふくおかじょう

福岡城

福岡県福岡市

別名 : 舞鶴城、石城
旧国名 : 筑前

投稿する
福岡城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

たつのり

67 (2016/05/31 訪問)

100名城スタンプを押すためだけに出張の合間に抜け出して訪問しました。
よくある現在は地元自治体の管理下にある公園内にあり、敷地も広大な城址でした。

余程焦っていたのか、スタンプが滲みまくっていてとても見にくくなってしまいました。

+ 続きを読む

エグ1394

福岡城 (2020/12/06 訪問)

2回目の福岡城へ行ってきました。
やたら人が多いと思ったら福岡国際マラソンが開催される予定で福岡城内のグラウンドがスタートでした。
福岡城むかし探訪館で御城印を購入しました。
福岡城は黒田孝高(官兵衛)・長政父子によって築いた城で、江戸時代を通じて福岡藩黒田氏の居城として知られています。城の規模としては九州一の巨城で、築城の名手と謳われる加藤清正もこの城を評価しています。現在、城跡の大半は舞鶴公園として、当時の外堀が大濠公園として整備されています。また、重要文化財に指定されている多聞櫓のほか、祈念櫓や名島門などの遺構が残っており、当時の様子をうかがうことができます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

クラブツーリズム九州7県日本の名城13制覇の4日間① (2018/10/20 訪問)

城びと入会時、「つぶやき」で投稿しましたが、ちゃんとしたメモも写真も残していなかったので再度投稿します。
クラブツーリズム九州7県日本の名城13制覇の4日間の1城目は福岡城です。
100名城スタンプは「鴻臚館跡展示館」で押しました。

以下、福岡城散策マップから抜粋
600年の関ケ原の戦いで徳川側の戦勝功労大なりとして、黒田家は豊前中津十二万三千石から五十二万三千石の太守となって筑前の国に移封された。
黒田如水・長政親子は博多湾の中央部にあった福崎の地にに1601年から7年の歳月をかけて800,000㎡(約240,000坪)の広大な平山城を築城した。
今も展望の素晴らしい天守台をはじめ、本丸・二の丸・三の丸と城郭全体の姿を残している。
戦略的に富んだ複雑な石垣の上に、応時、四十七櫓と十指に及ぶ諸門があった。天守閣については存在しなかったという説があったが、近年最初の10数年間存在したという説がでている。

草ヶ江の入り江を利用した大堀を含めた内堀を周囲にめぐらせ、さらに北は博多湾、南は赤坂山で守られている。
鶴が羽を広げた形に似ていることから、別名、舞鶴城とも言われ、同時に東西7キロ、南北3キロの広大な城下町が建設され、この地福岡の地名も誕生した。攻城時間は70分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

100名城制覇 (2018/10/20 訪問)

黒田官兵衛のお城。天守台の石垣もいいですが、南多聞櫓と西隅櫓が好きです。

+ 続きを読む

概要

関ヶ原合戦の戦功で筑前に入国した黒田孝高・長政父子が築いた巨大城郭。丘陵の先端に築いた本丸を、東の二の丸・二の丸・南の二の丸、さらに三の丸が守りを固め、これらを囲む水堀は幅50m以上だったという。本丸と二の丸は高石垣の総石垣造で、三の丸は土塁造。現存する南の丸多聞櫓は国の重要文化財に指定されている。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 慶長6年(1601)
築城者 黒田長政
主要城主 黒田氏
文化財史跡区分 国重要文化財(南丸多聞櫓)、国史跡(福岡城跡)、県有形文化財(潮見櫓・大手門・祈念櫓)、市文化財(名島門)
近年の主な復元・整備 黒田長溥
天守の現況・形態 不明(天守台あり)
主な関連施設 二の丸北隅櫓、大手門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓4棟、門3棟、石垣、天守台、横堀(水堀)
住所 福岡県福岡市中央区城内
問い合わせ先 福岡市教育委員会文化財部文化財整備課
問い合わせ先電話番号 092-711-4783