日本100名城

せんだいじょう

仙台城

宮城県仙台市

別名 : 青葉城、仙臺城、五城楼
旧国名 : 陸奥

投稿する
仙台城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

宗春

鉄道開業150年パスを利用!東北シリーズその3 仙台城 (2022/10/23 訪問)

鉄道開業150年パスを利用して東北シリーズその3
宿泊は全国旅行支援で40%OFF♪
2日目は宮城県。

地下鉄国際センター駅から大手門跡を通って南にまっすぐ登城しようとしたところ、なんと工事中で通行止め!よって、道路の表示に従いとてつもなく(東北大学のキャンパスを通って)大回りさせられました。朝っぱらから超疲れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぎりょう

いち早い修復を期待します!! (2022/07/02 訪問)

今日は、先週の白石城跡に続いて仙台城に現状確認で登城した。城址は今年3月の地震により石垣の崩落、変形、土塀の崩壊、本丸東側崖面の亀裂とともに政宗公騎馬像が傾く被害があったと報道されている。市教委の発表では修復には今後3年ほどを要するとのこと。
政宗公騎馬像は現在、周囲をシートで閉ざされ、傾いた状態のまま修理を待っているが、観光客の登城記念の撮影スポットであるため、最近になって同サイズの写真が貼られている。
車で本丸へは、通常大手門跡から左折して市道仙台城跡線で登るが、現在も石垣が散乱している場所があり通行止め。西側の東北大学工学部側を迂回して本丸会館駐車場を利用することとなる。徒歩の場合は仙台市博物館(現在は改修工事のため休館中)駐車場側からの歩道が一部開通しており歩いて登城が可能だ。
なにぶん仙台城跡は仙台観光のめだまであることから、いち早い修復を期待したい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

本丸北壁修復高石垣圧巻です (2009/05/17 訪問)

 伊達政宗で有名な仙台城、本丸北側高石垣の変形が昭和30年代頃より認められ始め、平成9年頃から修復工事は開始され平成16年3月に竣工し新たに切込接布積石垣の見本の様な石垣が真新しく出現しました。城情報で逐次入手はして居ましたが是非見たいと今回の、日光・会津・松島名所名湯定年退職旅行の企画の中に入れ、13年前の平成21年5月中旬4日目7城目として登城しました。

 昨夜の宿泊は松島が見下ろせる高級観光ホテル、地の海鮮と地酒にビール三日間贅沢をしました、景色も最高、これで日本三景天橋立、宮島、松島と訪ねる事が出来ました。
 翌朝、ホテルから徒歩で松島島廻り観光船乗り場へ、松島島廻り湾内一周、カモメにかっぱえびせん餌づけ、五大堂、赤い橋を渡って福浦島散策、戻って政宗建造の瑞巌寺見学参拝。雨の中でしたがそれなりに楽しめましたが雨に霞んで撮影はさっぱり、投稿の写真が有りません。
 戻ってホテルを11時頃出発し仙台城へ、車レンタカーは仙台城本丸青葉会館駐車場を利用。
 
 時間的に昼過ぎでしたので青葉会館で昼食、資料館でシアター鑑賞、仙台城の模型観察見学、雨の中を伊達政宗騎馬像見学撮影、本丸御殿跡地が礎石を基に整備されて居り大きさに驚愕。
 いよいよ竣工してから5年目ですが本丸大手門詰門から降りて本丸北側の高石垣を西から東、東から西へと見学観察、切込接ぎ、各角の算木積、石に角端に飾り削りが施された綺麗な仕上げ、上面を見れば切込接布積で綺麗に並んでいる。しかし雨天、上部は雨に霞んで靄ってる。 詰門から西側の石垣も観察、樹木に隠れている良く観えないがしっかりと石垣が残ってる。
 高さ長さと本丸北壁高石垣は圧巻な造りです、以前より修復成った北壁北東に艮櫓三重櫓復原の構想が有りましたが出来上がったら広瀬川より眺める素晴らしい景観に成るのですが、どう成って居るのでしょうか?
 この後二年後に東日本大震災、石垣に大きな被害は無く、今年の令和4年3月16日の震度では政宗像の傾き、北壁以外の石垣崩落のニュースが報じられており心配見守り居ります。

 余談ですが最初に仙台城を訪ねた時、大手門石垣を回り込み隅櫓を見てそこに伏見城から移築した大手門が在るものと思い込んで居ましたので、無かった現実に愕然としました。昭和20年の戦災焼失した事は認識して居たのですが仙台城紹介に古写真の大手門が出て居り、在るものと思い込んでしまったのですね!
 大手門復元の構想も有る様ですので期待して待ってます。

 

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三浦の晃ちゃん

朝の風景 (2022/05/05 訪問)

前日、櫓が撮影できなかったので、早朝に、撮影しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

伊達政宗が青葉山に築城。2代目の忠宗が二の丸を造営してから平山城になった。石垣や土塁で防御する本丸にあえて天守を設けず、本丸跡北壁の石垣や、本丸西の大堀切などから当時の城の様子が伺える。桃山様式の豪壮華麗な大手門は戦災で焼失。大手門脇櫓が復元されている。

城郭情報

城地種類 連郭式平山城
築城年代 慶長6年(1601)
築城者 伊達政宗
主要城主 伊達氏
文化財史跡区分 国史跡(仙台城跡)
近年の主な復元・整備 伊達忠宗
主な関連施設 脇櫓、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)
住所 宮城県仙台市青葉区
問い合わせ先 仙台市教育委員会文化財課仙台城史跡調査室
問い合わせ先電話番号 022-214-8544