かつのおじょう

勝尾城

佐賀県鳥栖市

別名 : 三ケ山城、三上城、筑紫城三上山、勝山城、筑紫城、山浦城
旧国名 : 肥前

投稿する
手前のピークが若山砦、右手奥が勝尾城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ryu

勝尾城見学会に参加する(2018年) (2018/04/22 訪問)

鳥栖市の教育委員会が春と秋に主催するボランティアガイドによる「勝尾城筑紫氏遺跡見学会」に参加してきた。(2014年に続き2回目の参加)。

勝尾城は戦国時代、肥前、筑前、筑後三カ国の国境地帯に勢力を振るった戦国武将、筑紫氏が1586年、島津氏に攻められて落城するまでその居城としてきた城で、山上に石垣や土塁、堀切などがよく残っている。また、勝尾城周辺は、麓にある城主の館跡を中心に周囲の尾根上に本城の勝尾城のほか、いくつもの支城や砦が、取り囲むように築かれている。

四阿屋神社前の駐車場に8時半に集合し、7〜8人のグループに分かれ、ボランティアの方がついて説明をしてくれながらゆっくりと登る。筑紫氏館跡までは、昔の登城道に沿って歩き、そこから登山道となる。
大手曲輪から伝二ノ丸跡の石垣、堀切を見て二段の石垣から伝物見岩のある城山山頂に至る。
山頂で昼食休憩後、主郭部から尾根伝いに石塁跡を見て下山した。
新緑の緑がきれいだった。
探訪順路:登城道、家臣団屋敷跡、槍突き岩、筑紫氏館跡、大手曲輪(虎口の石垣、堀切)、伝二ノ丸(堀切、石垣、虎口)、搦め手虎口、二段積みの高石垣、堀切、伝物見岩、主郭、横堀、石垣など

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

【家×お城】登城したお城しりとり[193] (2016/12/17 訪問)

「き」は「き」に戻ってしまう城があって、結局こんな城にしてしまいました。【喜岡城】(香川県高松市)→【勝尾城】(国史跡、日本名城百選・佐賀県鳥栖市)。香川県も佐賀県も名城以外の城は初出かと思います。次もまたまた「お」でお願いします。

【しりとり業務連絡】「ハル」札、盲点でした。鶴ヶ岱チャランケチャシとして認識しておりましたので。雨中の攻城は取りやめますが、「三春城」いつでもこ~い。

+ 続きを読む

todo94

日本名城百選 (2016/12/17 訪問)

日本名城百選に載っていたので訪れました。今回は2回目です。石垣を始め、ふんだんに遺構が残ります。

+ 続きを読む

最強寒波の影響が (2018/01/26 訪問)

 鳥栖駅から西鉄バスで東橋まで行き、そこから徒歩で登城しました。バス停にパンフレットが置いてあります。パンフレットで見ると筑紫館に行く途中に空堀があるらしいが、確認できなかった。
筑紫氏館跡から勝尾城址へ向かう。道はわかりやすいが整備されているわけではなく歩きにくかった。過去最強クラスの寒波の影響で山頂付近は雪が残っていた。城域は広く見ごたえがあります。「勝尾城の石垣」「勝尾城伝二ノ丸の虎口及び石塁」、南西部にある「勝尾城の石塁」の他にも所々石塁を見ることができます。北に畝状竪堀群とあったが、それらしいものはあったが雪の影響もあり確認できなませんでした。
山から下りで村を歩いているとウリ坊の遭遇。親がいないかビビりましたがカメラに収める前に走り去ってしまった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 渋川義俊?、渋川義基?
築城年 応永30年(1423)?、延徳3年(1491)?
主な城主 渋川氏、筑紫氏
廃城年 天正15年(1587)
遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、横堀、館跡
指定文化財 国史跡(勝尾城筑紫氏遺跡)
再建造物 説明板
住所 佐賀県鳥栖市牛原町
問い合わせ先 鳥栖市教育委員会教育部生涯学習課文化財係
問い合わせ先電話番号 0942-85-3695