日本100名城

しまばらじょう

島原城

長崎県島原市

別名 : 森岳城

投稿する
島原城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

街道おじさん

島原城登城 (2020/03/11 訪問)

松倉重政がが日野江城を廃城にし、この島原城を新たに築いた。
このため重税を課し、またキリシタン弾圧も続けたために
島原の乱が勃発したという因縁の城。
しかしそうした不幸な歴史にもかかわらず、青空に映えた層塔型の天守は美しかった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぽんたっく土佐守

広大な縄張り (2020/02/17 訪問)

晴れ時々雪の中を登城しました。本丸、二の丸の石垣が見事です。天守から、かつて三の丸や城下町があったという範囲までを想像して四方を眺めると、その広大さに驚かされます。この日は雲仙岳もほんのり雪化粧をしていました。

+ 続きを読む

ホリタカ

甲冑着れます (2020/02/21 訪問)

天守入口で甲冑を着て写真撮れます

+ 続きを読む

カズサン

此処まで来たら寄らなくちゃぁ~ (2016/06/20 訪問)

 平成28年6月原城、日野江城を終えてチョイ寄り3,4度目か? 本丸駐車場に停めて周囲を散策探訪、天守にも登城、雨が降り止んだりの湿っぽい天気でしたので写真の写りや彩りが良くありませんが堀や石垣、建物を見ると心ウキウキ楽しい時間です。
 これだけの城跡を造り重税使役で島原の乱の原因にも大変な事件でしたが約400年後石垣、堀、城域は残り保全管理されてます、城好きにはありがたい城跡です、復元天守閣も層塔型の典型的なモデルで他を引き離しております、復元も順次やられ見ごたえが有ります。
 晴天の日に眺めたい城で青空に映えます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

本丸・二の丸・三の丸が並ぶ連郭式に松倉重正が築いた平城。石垣の延長が約4kmに及ぶほど巨大な城で、五重五階の層塔型天守を中心に3棟の三重櫓・33棟の平櫓が建っていた。折を多用した高石垣の見事さは、本丸西側の屏風折の高石垣などから今も伺える。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 元和4年(1618)
築城者 松倉重政
主要城主 松倉氏、高力氏、松平(深溝)氏、戸田氏
文化財史跡区分 県指定文化財(史跡)
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 層塔型 五重五階 鉄筋コンクリート造
主な関連施設 家臣団屋敷街(武家屋敷)、天守閣内のキリシタン史料館
主な遺構 本丸、二の丸、石垣、堀
住所 長崎県島原市城内1
問い合わせ先 島原市役所
問い合わせ先電話番号 0957-63-1111