日本100名城

しまばらじょう

島原城

長崎県島原市

別名 : 森岳城、高来城
旧国名 : 肥前

投稿する
島原城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

「クラブツーリズム九州7県日本の名城13制覇4日間」⑦ (2018/10/22 訪問)

「クラブツーリズム九州7県日本の名城13制覇4日間」の7城目は島原城です。
100名城スタンプは「島原城受付窓口」で押しました。

島原城は江戸時代に松倉重政によって築かれた城です。天草四朗を総大将にする1637年の島原の乱では一揆軍の攻撃を受けましたが、しのぎました。

1618年から7年の歳月をかけて完成した島原城は、層塔風総塗込の五重の天守閣を据える本丸。北へ二の丸と三の丸を配置して、要所を三層櫓で固め、外郭は4キロにわたって矢狭間をもつ錬塀で取り囲んでいたそうです。4万石の大名には過分な城です。
現在は城址公園として整備されており、現在の天守は1964年に復元されています。攻城時間は45分くらいでした

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

島原城 (2020/07/24 訪問)

【百名城53城目】
<駐車場他>本丸駐車場360円
<交通手段>車

<見所>石垣・堀・再建天守
<感想>2泊3日スタンプ取得九州初上陸の旅2日目4城目。スタンプ取得前の8年ぶり2度目の訪城。今回は押印と御城印購入、前回見てない箇所もくまなく散策と内堀外周をまわって写真撮影をした。天守内の展示物の充実度は良く、マリア像・キリシタン灯篭・禁制の高札・甲冑・その他諸々見応えある。時間の関係で今回は前回のを思い出しつつ流し見をしたが、じっくり見ると結構かかります。
 前回隅々まで見てなかったが、今回は本丸下段にあるキリシタン墓碑や本丸北側虎口の鏡石も発見できた。撮影スポットの本丸南側の屏風折れの石垣を撮るために堀を1周徒歩で回ったが、石垣に取り付いた雑草の多いこと。また本丸の松の植栽も多くてあまりいい写真が撮れなかった。白漆喰壁もカビでもはや黒壁になっていた。ちょっと整備が必要と感じた。
 水堀となっているが、水堀となっているのは現在南西部の一部蓮があるところ辺りで、堀底に降りれる場所があり、本丸の一部と二の丸の石垣を堀底からじっくり堪能できます。
 天守入場券の代わりにポストカードがもらえます。それで再建櫓の西望記念館に入れます。西の櫓は10円です。また天守5層目に島原城登閣記念の城内4ヶ所回るスタンプラリーが設置しています。4ヶ所目の本丸売店でゆるキャラ「しまばらん」のシールがもらえます。

<満足度>★★☆☆☆
<グルメ>湊新地町にある海鮮「とっとっと食堂」は島原藩の米蔵2つのうち1つ潰していいとこ取りし改装したお店。外観は板張り、内部は真壁造り、梁の木材が良く趣があります。海鮮丼はボリューム満点でおいしい、おすすめです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

火ノ島豊後守正宗

島原城 (2017/07/15 訪問)

正百名城12城目。
長崎県南部の島原市にやってきました。
市街地にあり鉄道にも近いのでアクセスは容易です。
中々の名城です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぎんなんじょう

破風のないすっきりした天守 (2013/08/12 訪問)

スタンプラリー22城目。
島原駅から徒歩10分ぐらい。破風のない天守が印象的で、城の外側から見る堀と石垣が立派でした。でも、立派に作りすぎて大変なことになったんですよね。。。

+ 続きを読む

概要

本丸・二の丸・三の丸が並ぶ連郭式に松倉重正が築いた平城。石垣の延長が約4kmに及ぶほど巨大な城で、五重五階の層塔型天守を中心に3棟の三重櫓・33棟の平櫓が建っていた。折を多用した高石垣の見事さは、本丸西側の屏風折の高石垣などから今も伺える。

城郭情報

城地種類 連郭式平城
築城年代 寛永元年(1624)
築城者 松倉重政
主要城主 松倉氏、松平(深溝)氏
天守の現況・形態 独立式層塔型[4重5階/1626年築/破却(廃城令)]、独立式層塔型[5重5階/1964年築/RC造復興]
主な関連施設 天守、丑寅櫓、巽櫓、西櫓(外観復元)、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)
住所 長崎県島原市城内1
問い合わせ先 島原市役所
問い合わせ先電話番号 0957-63-1111