日本100名城

とっとりじょう

鳥取城

鳥取県鳥取市

別名 : -

投稿する
鳥取城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

つちなり

3つの時代を体感できる名城 (2020/02/01 訪問)

鳥取城は中世、近世、近代と3つの時代を体感できる。戦国時代、中国地方の覇者毛利氏の支配下にあった鳥取城は羽柴秀吉の兵糧攻めにあい、開城。当時、山城の本丸がおかれた久松山山頂からは今も鳥取砂丘や鳥取の街並み、日本海まで一望できる。標高263mの本丸までは螺旋階段のような急勾配の登山道が続くが、山頂からの眺めはまさに絶景。是非おすすめしたい。江戸時代には鳥取藩32 万石の居城として山麓に強固な城が築かれる。現在は櫓など建築物は残っていないが、迫力ある石垣が熱意ある維持保存活動のおかげで、今もしっかりとした姿で残されている。日本唯一とされる球体石垣や丈夫な登り石垣も必見だ。また5年前初めて登城した際にはなかった大手登城路が再現工事の真っ最中だった。2023年に完成の予定だそうだ。このような維持保存や史に忠実な再現活動には本当に頭が上がらない。一城ファンとして感謝の気持ちしかない。そしてもうひとつ鳥取城の見所が仁風閣だ。20世紀初頭、時の皇太子殿下(のちの大正天皇)の鳥取行幸に備えて東郷平八郎が建設した西洋風館だ。館内には鳥取の歴史を学べる貴重な資料を見ることができる。あまり知られていないが江戸時代鳥取藩は薩摩長州に先駆けて高性能の反射炉を造り、明治維新につながる技術革新の先端を走っていた。また六代藩主の池田治道は薩摩の島津斉彬と佐賀の鍋島直正の祖父にあたる。鳥取藩はのちに名君と呼ばれる優秀な人材を多く輩出している。戦国時代、天下人と真っ向から戦い、幕末には最先端技術で日本の近代化に大きく貢献した名城からは、力強い鼓動と息吹が今も尚、聞こえてくる。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まーやん

三度雨に祟られ… (2020/02/02 訪問)

鳥取砂丘の後に鳥取城址へ。記憶では3回目の訪問のはず。しかし過去2度大雨の中登城できず。
今回も雨かぁ…と諦めかけたその時、陽光が差してきた✨やっと天球丸に行ける‼️
しかし、子供がお昼を予約してしまっている‼️残された時間は僅か💦
小走りにあちこち見て参りました💦

まずは水堀南側にある吉川経家像と擬宝珠橋を見て北へ。仁風閣を見流し北之御門から登城を図る。
山ノ下丸から二ノ丸を目指す。隅に三階櫓跡がある。
中坂稲荷神社を通り天球丸へ。やっと見れた天球丸石垣!眼下の菱櫓跡も鳥取の街も美しく絶景✨
所々石垣を補修しているほか足元が悪く時間がないので今回も山上はお預けとした。
城域に石切場や個人の墓所もあり面白い。

しかし秀吉の渇え殺しはえげつない。阿鼻叫喚の飢餓地獄だ。えげつない。えげつない。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しーげ

侮ることなかれ (2016/10/20 訪問)

久松山は急坂の連続でした。靴もちゃんとしたものを履いていったほうが良いと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

吉川経家墓所 (2017/04/20 訪問)

 一昨年の4月下旬鳥取に用事で帰省の途中丹波、丹後未踏の城を廻り高速京都縦貫道、舞鶴若狭道、北近畿豊岡道を経由して国道9号線で鳥取に入る、帰省の度に鳥取城には寄ってるのですが今回は高校卒後50年ぶりに鳥取城の裏側東方面の吉川経家公の墓所に参拝、昔に比べればきれいに整備され公園化、周辺は宅地が進んでました。
 
 吉川経家は毛利氏より城主として送られ秀吉との第二次攻防戦を戦い三ヶ月あまりの籠城戦の末、自身切腹に変えて城兵を守った事で名を後世に伝えてる。
 
 終わって表側中御門前の擬宝珠橋復元工事の進捗状況確認し内堀より久松山に抱かれた鳥取城の石垣群を眺める。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

羽柴秀吉による兵糧攻めの舞台として有名な鳥取城は、その後に城主となった宮部氏や池田氏によって整備拡張された。城は山上ノ丸と山下ノ丸に分けられる。標高263mの山頂に付櫓を持つ複合天守が建てられ、天守焼失後は山下ノ丸の三階櫓が代用を果たした。菱櫓跡や多聞櫓跡によく残っている石垣も見ておきたい。

城郭情報

城地種類 山城→平山城
築城年代 天文年間、慶長7年頃(1602)、元和3年(1617)頃
築城者 山名誠通、宮部継潤、池田長吉、池田光政
主要城主 武田氏、山名氏、吉川氏、宮部氏、池田氏(池田輝政弟)、池田氏(宗家)、鳥取池田氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 昭和18年の鳥取大震災等で破損した天球丸などの石垣の修復
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 鳥取市歴史博物館(やまびこ館)、鳥取県立博物館、仁風閣
主な遺構 石垣、堀
住所 鳥取県鳥取市東町2
問い合わせ先 鳥取市観光協会
問い合わせ先電話番号 0857-26-0756