日本100名城 現存12天守

ひこねじょう

彦根城

滋賀県彦根市

別名 : 金亀城
旧国名 : 近江

投稿する
彦根城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

彦根城 (2021/04/11 訪問)

現存12天守
日本百名城

+ 続きを読む

RARA

想像していたより立派です (2021/05/04 訪問)

階段が梯子の様で 密になってしまいました。

+ 続きを読む

彦根城

「彦根城玄宮園感庭記念符」を2021年4月29日より発売します。

用紙は「草色」で「玄宮園の草木」をイメージ。井伊家の家紋「橘紋(たちばなもん)」を押印。園の字が丸いのは読み(えん)を表現しています。五感(視る、聴く、触れる、味わう、香る)で楽しんでいただけるお庭であることから、感庭記念符としました。

販売開始日:2021年4月29日(木)
※販売期限はありません。通常販売です。

販売価格:300円(税込)

販売場所:彦根城運営管理センター
※通販での対応は行っておりません。

+ 続きを読む

こうちゃん

国宝納得 (2021/04/14 訪問)

城の周りが昔は湖だったとは驚き
天秤櫓のお出迎えに圧倒された

+ 続きを読む

概要

徳川四天王の一人・井伊直政は関ヶ原合戦後に与えられた佐和山城を取り壊し、新たな城を築こうとするが準備中に死去。嫡子直継の代に天下普請で彦根山に完成したものが現在の彦根城。多彩な屋根が目を引く三重三階の天守は国宝で、中国の離宮を模して作庭された回遊式庭園の玄宮園も国の名勝に指定されている。

イベント情報

  • 2021年04月13日(火)~2021年12月31日(金)

    彦根城

    彦根城太鼓門櫓公開の再開および太鼓門櫓記念符・ひこにゃん誕生15周年記念入城記念符の頒布開始

    安全性確保の工事のため平成29年7月から公開が中止されていた彦根城太鼓門櫓が、ついに公開再開! 櫓内には附櫓および多聞櫓にあった「現存12天守」「彦根城の古写真」が移設展示されます。公開を記念して4月13日(火)から「太鼓門櫓記念符」が頒布。さらに同日より「ひこにゃん誕生15周年記念入城記念符」の頒布も開始! 各記念符の販売場所は彦根城運営管理センター事務所、税込価格はそれぞれ300円(太鼓門櫓)と500円(ひこにゃん)。※システムの都合上12月31日終了としていますが、実際は終了日は決まっていません。

    • 会場名彦根城
    • 住所滋賀県彦根市金亀町1−1

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 連郭式平山城
築城年代 元和8年(1622)
築城者 井伊直継
主要城主 井伊氏
文化財史跡区分 国宝(天守等2棟)、国重要文化財(櫓、門、馬屋等5棟)、国特別史跡(彦根城跡)
天守の現況・形態 複合式望楼型[3重3階地下1階/1606年築/現存]
主な関連施設 御殿、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓、門、天守、石垣、土塁、横堀(水堀)、塀
住所 滋賀県彦根市金亀町
問い合わせ先 彦根市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 0749-26-5833