日本100名城 現存12天守

まつやまじょう

松山城

愛媛県松山市

別名 : 金亀城、勝山城

投稿する
松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

前ちゃん

2度目の来城 (2019/11/11 訪問)

JR松山→松山城二の丸(県庁裏登城道)→本丸→道後公園(湯築城)→道後温泉本館→勝山町

徒歩で回り、いい運動になった

+ 続きを読む

todo94

現存12天守カードゲット (2019/09/14 訪問)

献血後、汗をかくような運動は控えてと言われていたのに、大汗をかいて松山城に登ってしまいました。そこで、初めて現存12天守のカードをゲット。ちまちまと集めていきたいと思います。

+ 続きを読む

とりの子

連立式のカッコイイ現存天守! (2019/04/29 訪問)

4月29日に松山城へ行きました。行きはリフトで、帰りはロープウェイで行きました。帰りもリフトで行きたかったけど、雨が降ったので、ロープウェイで帰りました。行きも帰りもリフトで行きたかったです。松山城は、三大連立式平山城のひとつに数えられています。とてもかっこよかったです。たくさんの櫓や門も現存していました。

+ 続きを読む

橋吉

国宝でないことが疑問に思われるほど見事な建物・石垣・塀 (2017/01/06 訪問)

湯築城から市電にて移動、「警察署前」停車場下車、徒歩にて松山城に向かいました。

ロープウェイ・リフトに平行してある東雲口登城道を利用して登城、10分ほどで長者ヶ平につきました。

日本百名城スタンプは天守閣受付で押すことができます。
国宝でないことが疑問に思われるほど見事な建物・石垣・塀です。

松山城の見学時間は1時間45分ほどでした。

帰りは黒門口登城道を使い、二之丸庭園を見たあと、坂の上の雲ミュージアム、萬翠荘、秋山兄弟生誕地に寄りました。

+ 続きを読む

概要

加藤嘉明が築城を開始し、松平氏の時代になって完成。勝山山上を削平し三重三階地下一階の層塔型天守を築き、小天守と隅櫓などと連立式天守を構成している。高石垣を何度も屈折させ、その上に敵を迎撃するための太鼓櫓を設けるなど、高い防御性を誇る。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長7年(1602)
築城者 加藤嘉明、浦生忠知
主要城主 加藤氏、浦生氏、松平(久松)氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財21棟
近年の主な復元・整備 平成10~13年に一の門ほか7棟保存修理、平成16~18年に天守ほか6棟保存修理
天守の現況・形態 層塔型 三重三階地下一階 木造(現存)
主な関連施設 松山城二の丸史跡庭園、堀之内・城山公園
主な遺構 天守群、櫓・門多数、本丸、二の丸、石垣、堀
住所 愛媛県松山市丸の内
問い合わせ先 松山市観光産業振興課
問い合わせ先電話番号 089-948-6556