日本100名城 現存12天守

まつやまじょう

松山城

愛媛県松山市

別名 : 金亀城、勝山城
旧国名 : 伊予

投稿する
松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

愛してやまない松山城 (2020/01/02 訪問)

僕が愛してやまない松山城を紹介します。
写真は、たったの10枚。毎日のように通ってる松山城の写真はまだまだ有るのですが…
賤ヶ岳の七本槍で有名な加藤嘉明が築きました。
松山城には、全国的に珍しい登り石垣が良好に残っています。県庁裏の登城ルートから良く見えるので、お勧めのコースです。
そして20メートルほどの高石垣に現存天守。床はピカピカです。
重要文化財の数は21棟あり、姫路城に次いで2位です。日本3大連立式天守の一つでもあり、日本3大平山城でもあります。
まるで、迷路のように寄手を惑わせます。
なんと言っても、本丸からの景観は圧巻です。
360度、松山市の街並みが見渡せます。遠くには瀬戸内海もご覧頂けます。
ほぼ毎日登城してますが、飽きる事はありません。
体力に自信がない方は、ロープウェイかリフトを利用すると良いでしょう。
場内にトイレや自販機は多数あります。
御城印は300円、御城印帳は2700円、天守入り口切符売り場にて販売されています。
僕が愛してやまない松山城。またまだ、見どころは満載です。
是非、ご来城し、その後は道後温泉で、温まってください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

次男と二人で行くクラブツーリズム「四国名城ハイライト4日間」③ (2017/02/17 訪問)

次男と二人で行くクラブツーリズム「四国名城ハイライト4日間」の3城目は松山城です。大洲城からの転戦です。
2回目の攻城を2020/11に攻城予定でしたが、新型コロナの影響でキャンセルしました。

1602年(慶長7年)伊予国正木城(松前)城主10万石の大名であった加藤嘉明が、関ヶ原の戦いでの戦功により20万石に加増され、平山城の築城に着手しました。
1603年(慶長8年)10月に嘉明が、この地を「松山」と呼ぶこととし、松前城より移ります。
1627年(寛永4年)嘉明は、松山城の完成前に会津藩へ転封となり、蒲生忠知(蒲生氏郷の孫)が、出羽上山城より移封、24万石の松山藩主になります。
1634年(寛永11年)8月に忠知が参勤交代の途中に死去し、蒲生家が断絶します。そのため大洲藩主、加藤泰興が松山城を預かります(松山城在番)。
1635年(寛永12年)7月に松平定行が伊勢桑名より転封。15万石の藩主となり、松山城に居城。
1869年(明治2年)版籍奉還。松平勝成が松山藩知事に任ぜられ、三之丸を藩庁とします。

ロープウェイを使って上がりました。降りてから少し歩きますが、天守まで見所がたくさんあり、重要文化財も多いので見学には多く時間を要します。
新型コロナで2回目(2020/11)をキャンセルしなければ、「登り石垣」の見学とライトアップ見学を予定していました。
2021年末までには実現したいのですが…。攻城時間は3時間くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たつのり

87 (2016/08/04 訪問)

2016年夏の城巡りツアーの2日目1番目(通算4番目)の訪問地です。
ちなみに行程は
8月2日22時東京駅発サンライズ瀬戸(寝台特急電車)に乗って高松駅へ(そこからレンタカー)
3日①高松城②丸亀城③今治城(道後温泉泊)
4日④松山城⑤大洲城⑥宇和島城(佐川泊)
5日⑦高知城~坂本龍馬記念館~高知龍馬空港から飛行機で羽田へ

初日は道後温泉に宿を取りましたので、既に宿の屋上露天風呂より、その雄姿は拝見しておりました。
夜もライトアップされていて、否応にも目立ちます。

山の頂上に城はありますので、リフトに乗って登城です。

松山城は山頂にありますので、石垣を通して下から見上げる姿が、平城にはない立体美というのでしょうか、とても素晴らしいです。

ただ、築城時にはリフトもありませんから、一体何人の人が急斜面から落ちて亡くなったり、ケガしたりしなんだろうと思うと複雑ですね。



+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ロープウェイを使いましょう (2020/09/09 訪問)

暑い最中、東雲口から徒歩でチャレンジしました。天気は良かったのですが坂が急なので、徒歩でゆく場合は身軽で覚悟を決めて参りましょう。

城は山城としてかなりの規模であり、城内も見るところが多く非常に楽しみが多いお城でした。当日は刀の手入れをされる先生が来られており暫し話を聞かせて頂きました。

下りに関しても県庁横に出る山道から徒歩で降りました。
少し離れたところからでも、山の上にある様子が伺え、良い街でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

加藤嘉明が築城を開始し、松平氏の時代になって完成。勝山山上を削平し三重三階地下一階の層塔型天守を築き、小天守と隅櫓などと連立式天守を構成している。高石垣を何度も屈折させ、その上に敵を迎撃するための太鼓櫓を設けるなど、高い防御性を誇る。

城郭情報

城地種類 連郭式平山城
築城年代 慶長7年(1602)
築城者 加藤嘉明
主要城主 加藤氏、松平(久松)氏
文化財史跡区分 国重要文化財(大天守、野原櫓・乾櫓・隠門続櫓等櫓6棟、戸無門・隠門・紫竹門・一ノ門等門7棟、筋鉄門東塀等塀7棟)、国史跡(松山城跡)
近年の主な復元・整備 松平勝善
天守の現況・形態 型式不明[5重?/1602年頃築・1642年改/焼失(落雷)]、連立式層塔型[3重3階地下1階/1854年再/現存]
主な関連施設 小天守、北隅櫓、十間廊下、南隅櫓、太鼓櫓、筒井門、太鼓門、乾門、艮門東続櫓等、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、櫓、門、塀、井戸、石垣、土塁、横堀
住所 愛媛県松山市丸の内
問い合わせ先 松山市観光産業振興課
問い合わせ先電話番号 089-948-6556