日本100名城 現存12天守

まつやまじょう

松山城

愛媛県松山市

別名 : 金亀城、勝山城

投稿する
松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

街道おじさん

松山城登城 (2019/05/15 訪問)

連立式天守が美しい城。
松山市の象徴の様な城で、石垣・門等も見応えがある。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

搦め手口乾櫓、野原櫓探訪 (2018/06/22 訪問)

 昨年の6月下旬湯築城を終えロープエー駅の周辺有料駐車場に止めロープウェイより10代最後の夏休み初登城から拾数回以上の登城ですが、本丸、天守曲輪、二の丸、三の丸を探訪してるのですが探訪して無い所が登石垣(大手側、搦手側)と本丸乾櫓、野原櫓周辺、今回重点的に乾櫓、野原櫓、乾門を紫竹門から入り天守曲輪を回って艮門、艮門東続櫓に出るルートを探訪させて頂きました。
 時間的に昼食時間を過ぎた頃でしたので本丸の売店食事処で頂きました。
 江戸期最後復元の現存天守閣、重文建造物も多く残り、復元建造物も逐次建てられ、二の丸の復元と貴重な登石垣の修復と三の丸整備されてます大変見ごたえのある城郭です、道後温泉も近くに在り観光にはベストな拠点です、末永い保存管理修復に敬意と感謝です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

はたけ

松山城t (2019/07/09 訪問)

城の中が見た目以上に広く感じた。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トベシュン

梅雨の松山城 (2019/06/21 訪問)

2泊3日で9城めぐり
梅雨時期のため、雨を心配しましたが何とかもちました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

加藤嘉明が築城を開始し、松平氏の時代になって完成。勝山山上を削平し三重三階地下一階の層塔型天守を築き、小天守と隅櫓などと連立式天守を構成している。高石垣を何度も屈折させ、その上に敵を迎撃するための太鼓櫓を設けるなど、高い防御性を誇る。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長7年(1602)
築城者 加藤嘉明、浦生忠知
主要城主 加藤氏、浦生氏、松平(久松)氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財21棟
近年の主な復元・整備 平成10~13年に一の門ほか7棟保存修理、平成16~18年に天守ほか6棟保存修理
天守の現況・形態 層塔型 三重三階地下一階 木造(現存)
主な関連施設 松山城二の丸史跡庭園、堀之内・城山公園
主な遺構 天守群、櫓・門多数、本丸、二の丸、石垣、堀
住所 愛媛県松山市丸の内
問い合わせ先 松山市観光産業振興課
問い合わせ先電話番号 089-948-6556