日本100名城 現存12天守

まつやまじょう

松山城

愛媛県松山市

別名 : 金亀城、勝山城

投稿する
松山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

オダリン

四国に4つある現存天守の1つ (2010/12/19 訪問)

四国にある現存天守で一番遺構が多い

+ 続きを読む

しゅわっち

城サミットで来ました! (2019/01/28 訪問)

今回はロープウェイを使わずに松山城に登り降りました。古町口から朝9時でイベントありの日曜日でしたが、他に人影はありませんでした。帰りは二の丸から降りました。ロープウェイ側だと追い越されると悔しいそうなので、こちらからどうぞ、裏の写真添付します。

+ 続きを読む

  • 今と昔の融合1
  • 今と昔の融合2
  • 今と昔の融合3

師走はいい季節 (2012/12/21 訪問)

 年末に行きましたが、人気の城址なのに人がいなかった。何回か来たことはありますが、観光客や修学旅行の学生でいつも賑わっていたが、ほとんど人がいない。写真を撮っても人が写らない。のんびりと散策することができた。登り石垣、屏風折の石垣、隠門、連立式天守閣など見所満載の城址です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

はっかまん

光のおもてなし (2017/08/05 訪問)

2017年8月に立ち寄ったら…

+ 続きを読む

  • ライトアップと光のおもてなし

概要

加藤嘉明が築城を開始し、松平氏の時代になって完成。勝山山上を削平し三重三階地下一階の層塔型天守を築き、小天守と隅櫓などと連立式天守を構成している。高石垣を何度も屈折させ、その上に敵を迎撃するための太鼓櫓を設けるなど、高い防御性を誇る。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長7年(1602)
築城者 加藤嘉明、浦生忠知
主要城主 加藤氏、浦生氏、松平(久松)氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財21棟
近年の主な復元・整備 平成10~13年に一の門ほか7棟保存修理、平成16~18年に天守ほか6棟保存修理
天守の現況・形態 層塔型 三重三階地下一階 木造(現存)
主な関連施設 松山城二の丸史跡庭園、堀之内・城山公園
主な遺構 天守群、櫓・門多数、本丸、二の丸、石垣、堀
住所 愛媛県松山市丸の内
問い合わせ先 松山市観光産業振興課
問い合わせ先電話番号 089-948-6556