日本100名城

おかやまじょう

岡山城

岡山県岡山市

別名 : 烏城、金烏城

投稿する
岡山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ヒロケン

31万5千石の大城郭 (2019/05/01 訪問)

室町時代に生まれた岡山城は、戦国期に勢力を伸ばした宇喜多氏が改修し近世城郭となり、小早川氏・池田氏により整備・拡張が行われた。旭川河口部の丘陵部に築かれた岡山城は旭川を天然の堀として利用し、外観五重・内部六階の天守が築かれた。建てたのは豊臣秀吉公との縁が深い宇喜多秀家で、大阪城の影響を受けた格調高い天守が建っていた。

連休中、淡路島から四国へ上陸し、瀬戸内海沿いのお城を訪門し、しまなみ海道から広島県を抜け岡山県へ入り、岡山のホテル泊。令和に元号が代わった1日朝4時に起き、いざ岡山城へ。(前日、17時30分頃岡山に到着し、岡山城を目指したが時間切れでアウト。現存櫓の西手櫓だけでも見学しようと、内山下小学校の正門前をウロウロしていたところ、若い先生らしき人から怪訝そうにジロジロ見られ断念。)まだ薄暗く人っ子一人居やしない。岡山城貸切状態(((o(*゚▽゚*)o)))。

岡山は前回の投稿でもお話させて頂いた通り、19歳まで住んでいた街で頻繁に岡山城へも足を運んでいた為、何処に何があるか大体分かっているつもりでいますが、何度見ても新鮮さがあり素晴らしいお城だと改めて思っています。
貸切状態の岡山城をゆっくりと堪能し、ホテルに戻ってしっかりと朝食を頂き次の目的地へ出発。令和最初のお城が岡山城って言うのも何かしらの縁を感じながら幸せ気分でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オイラー

岡山城登城 (2019/02/10 訪問)

百名城66城目

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

岡山城 (2013/07/07 訪問)

【百名城11城目】
<駐車場他>烏城公園駐車場有料 <交通手段>車/18切符

<見所>後楽園 月見櫓 石垣

<感想>上記駐車場に駐車し、内堀の内下馬橋から入城して内下馬門跡の石垣遺構を観察、ここは巨石が用いられている。次に中段の鉄門跡→月見櫓(現存建物の遺構はこれのみ。中へは入れない)→表書院の遺構を見て本段→天守へ。独立した天守台石垣ではなく、北側の本段石垣に沿うような形で建っている。本段側の石垣は2M程の高さ。次に廊下門から月見橋からの城の姿を楽しみ、また戻って、天守北側の石垣→六十一雁木城門→本段南東の石垣を観察する。本段の石垣は宇喜多氏時代の野面積みでの高石垣は珍しくかなり迫力あり、一見してほしい。写真の石垣もまだ3M程埋まっているそうだ。スタンプ押印18切符で2度目の来城時2016年8月14日その時は後楽園をメインで行った。

<満足度>★★★☆☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トーダイ

百名城再訪2城目 (2018/08/01 訪問)

どの方角から見ても美しい復元天守です。

+ 続きを読む

概要

宇喜多直家から城を引き継いだ嫡子・秀家が高石垣を築き、不等辺五角形の天守台に金箔瓦を葺いた六階の天守を建てた。外壁の下見板張が黒漆塗だったことから「烏城」または「金烏城」とも呼ばれた。秀家の後に入城した小早川氏・池田氏も拡張整備し、本丸内では3期の石垣を観察できる。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 大永年間(1521~27)、元亀元年(1570)、慶長2年(1597)
築城者 金光氏、宇喜多直家、宇喜多秀家
主要城主 金光氏、宇喜多氏、小早川氏、池田氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財2件
近年の主な復元・整備 平成8年に天守閣修理、本丸中の段の史跡整備
天守の現況・形態 望楼型 三層六階 外装鉄筋コンクリート造(外観復元、再建時に地階新設)
主な関連施設 -
主な遺構 月見櫓、西の丸西手櫓、本丸、伝旧本丸、西の丸、石垣、堀、後楽園
住所 岡山県岡山市北区丸の内
問い合わせ先 岡山城事務所
問い合わせ先電話番号 086-225-2096