日本100名城

おかやまじょう

岡山城

岡山県岡山市

別名 : 烏城、金烏城

投稿する
岡山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

天下太平

金ピカ✨鯱は何個??? (2019/03/31 訪問)

「国盗り」の雄として登場した宇喜多直家の息子 宇喜多秀家が築城した岡山城は、大阪城を偲ばせる古式の天守。
天守閣には、およそ28個の金の鯱が光っている。
また、岡山城に行くには、岡山駅前駅から走っている「路面電車」で城下駅まで行くと良い。(岡山駅までは、新幹線などで!)

今は再建した天守だが、築城当時の石垣が本丸に展示されている。

先ほど話に出た城下駅から岡山城までは、「しろちか」を通って、綺麗な綺麗な川辺を歩けば着く。


+ 続きを読む

バリィ

平成30年 (2018/06/10 訪問)

姫路城を観ながら、岡山市には高校の3年間通学しましたが、今思う事は
現存天守とそうで無い城とは、こうまでに扱いが違うのか!?ということ。
岡山城は旭川を渡るときに見えるのに、
あれほどの遺構が残っているのに
残念ながら全くと言ってもいい程に興味が無かったです。
知名度と観光にどれだけ押されているか、の差だと思います。
姫路って姫路城しか無いのに、姫路城のためだけにあれだけの人が来るのですから。

+ 続きを読む

くろもり

宇喜多・小早川・池田 (2014/12/28 訪問)

宇喜多氏、小早川氏、池田氏の有力大名が城主を務めた城ですが、個人的に宇喜多秀家公は好きな武将(徳川家康と本気で喧嘩しようとしてた所なんか特に)の一人なので、秀家公と豪姫がいた城のイメージでした。

宇喜多氏・小早川氏・池田氏それぞれの時代の石垣が遺構として残っているので、それぞれのファンの方楽しめると思います。

市街地と化した所にも石垣が多く残っており、個人宅の駐車場の奥に大きな石垣(西の丸のものと思われます)が残っている所もありました。

訪問時は西の丸西手櫓の前を工事していたのですが、BUGTIさんの投稿で駐車場にする為だったのを知ることができました。ありがとうございます。

城主の一人である小早川秀秋公は、関ヶ原の裏切り者の印象で世間からあまり評価されていませんが、秀秋公に関するおもしろい動画をニコニコ動画で見つけたので、秀秋公に興味がある方はどうぞ。秀秋公の生涯を歌っているのですが、歌詞が秀逸で感心してしまいました。『怨念が晴らせない ~KinGO!~』でGoogleで検索または、ニコニコ動画から検索すると出てきます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

かりのんと

烏城 (2019/02/16 訪問)

宇喜多、小早川、池田といろんな時代の石垣が見られる烏城。
金色瓦、多角形天主も見所でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

宇喜多直家から城を引き継いだ嫡子・秀家が高石垣を築き、不等辺五角形の天守台に金箔瓦を葺いた六階の天守を建てた。外壁の下見板張が黒漆塗だったことから「烏城」または「金烏城」とも呼ばれた。秀家の後に入城した小早川氏・池田氏も拡張整備し、本丸内では3期の石垣を観察できる。

イベント情報

  • 2019年04月26日(金)~2019年05月06日(月)

    岡山城

    春の烏城灯源郷

    戦国大名・宇喜多秀家によって築かれた岡山城を舞台にした春のライトアップイベントです。「烏城を包むやわらかな灯り」をテーマに、天守閣とその周辺を提灯や灯篭、ろうそくで彩ります。和太鼓演奏「秀家見参」や飲食屋台など関連イベントも多数開催。入場無料(天守閣への入場は大人300円、小中学生120円、未就学児無料)※岡山城・岡山後楽園共通券は大人のみ560円。開催時間:10:00〜21:00(イベントにより異なる)、(ライトアップ)18:00~21:30 ※後楽園への入園及び岡山城天守閣への入場は21:00まで

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 大永年間(1521~27)、元亀元年(1570)、慶長2年(1597)
築城者 金光氏、宇喜多直家、宇喜多秀家
主要城主 金光氏、宇喜多氏、小早川氏、池田氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財2件
近年の主な復元・整備 平成8年に天守閣修理、本丸中の段の史跡整備
天守の現況・形態 望楼型 三層六階 外装鉄筋コンクリート造(外観復元、再建時に地階新設)
主な関連施設 -
主な遺構 月見櫓、西の丸西手櫓、本丸、伝旧本丸、西の丸、石垣、堀、後楽園
住所 岡山県岡山市北区丸の内
問い合わせ先 岡山城事務所
問い合わせ先電話番号 086-225-2096