日本100名城

かすがやまじょう

春日山城

新潟県上越市

別名 : -

投稿する
春日山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

織田晃司

二の丸跡から (2018/05/03 訪問)

戦国屈指の山城。早朝の訪問だったのでほぼ貸切状態でした。

+ 続きを読む

todo94

樹木の伐採 (2012/09/15 訪問)

僧形の上杉謙信像からスタートして土塁が見事な米蔵、三の丸景虎屋敷跡、それから景勝との抗争で景虎側が籠もった二の丸を経て景勝屋敷跡にも足を伸ばした。大井戸近くでかなりの広さを持つ曲輪だが、樹木が伐採されていて鐘楼跡から一望することが出来るようになっていた。景勝側が真っ先に押さえた本丸、本来の場所にはない毘沙門堂、直江邸跡を経てさらに千貫門跡までしっかりと城内を回ることが出来た。

+ 続きを読む

じゅんじん

御屋形様 (2010/10/23 訪問)

旅のメイン。春日山はいいお城。観光客たくさん

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

毘沙門天の化身 (2011/10/08 訪問)

 上杉謙信は昔、大河ドラマで「天と地と」を見て以来の好きな武将の一人です。山の上に井戸があり十分な水が確保されていたと思われます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

越後守護代・長尾為景が改修し、跡を継いだ上杉謙信が難攻不落の城へと大規模に整備。「実城」と呼ばれる山頂の本丸を守るように、山全体に多数の曲輪や家臣団屋敷が置かれた。土塁や空堀が巡らされ、さらに山城全体が総構の監物堀で防御されている。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 正平年間(1346~70)ころ、天正年間(1573~92)
築城者 初期の築城者は不明。長尾為景、上杉謙信・景勝の3代で現在見られるような大城郭に整備されたといわれている
主要城主 上杉氏、堀氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成8年に楼門地区の復元整備(堀、土塁、番小屋)
天守の現況・形態 伝天守台のみ残る
主な関連施設 春日山城史跡広場、春日山城跡ものがたり館、上越市埋蔵文化財センター、御館公園、鮫ヶ尾城跡、福島城跡、高田城跡
主な遺構 本丸・井戸曲輪・二の丸・三の丸・毘沙門堂・景勝屋敷・直江屋敷などの曲輪、土塁、空堀、総構
住所 新潟県上越市中屋敷字春日山
問い合わせ先 上越市役所観光振興課
問い合わせ先電話番号 025-526-5111