日本100名城 現存12天守

まつえじょう

松江城

島根県松江市

別名 : 千鳥城

投稿する
松江城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

街道おじさん

松江城登城 (2020/08/19 訪問)

月山富田城、米子城を見て、本日3城目は国宝松江城。
これで3度目の登城であるが前回は、まだ国宝指定されていなかった。
その国宝指定されたきっかけが祈祷書というのが面白い。よくぞ見つかったと感じる。
堀尾吉晴が月山富田城を引き払い、松江に築城。
現存12天守で国宝5城。正に日本の宝である。
青空に四重五階の天守が美しく映える。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

宗春

高校の修学旅行以来38年振りの登城 (2020/07/31 訪問)

高校の修学旅行の時にも来たはずなのですが、全く記憶にございません。

今回は梅雨明け初日でめちゃくちゃ暑かったです。

松江城制覇で、国宝5城コンプリートしました!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

火ノ島豊後守正宗

松江城 (2019/04/30 訪問)

正百名城33城目。
四国中国周遊記9城目。
松江市内のドーミーイン松江で一泊して国宝松江城に登城しました。
このホテルでゆっくりと英気を養い体力を取り戻しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たあにゃ

松江城 (2016/06/24 訪問)

城下町、武家屋敷、全てが松江城の品格を今に伝えます。堀をぐるりと巡る屋形船に乗り、城を周りから攻めることをお勧めします。下から見上げる松江城は、圧巻です。堀の水もすきとおり、船頭さんもあたたかなお迎えをしてくださいます。抹茶好きの松江城主が、今も地元民に抹茶文化を息づかせています。是非一服されて下さい。松江では、今も幼稚園から抹茶をたてるそうです。

+ 続きを読む

概要

関ヶ原合戦の論功行賞で入封した堀尾吉晴が築城。山陰地方に唯一現存する天守は国宝に指定され、その内部には石落や総桐の階段を設置するなど戦闘に備えた防御策が施されている。さらに二の丸上の段と本丸は折を多用した高石垣で囲まれ、鉄砲を活用できる実戦的な造りとなっている。

イベント情報

  • 2020年07月08日(水)~2021年12月31日(金)

    松江城

    全国初!「古城印」の自動販売機が登場

    松江の主な山城の「古城印」が買える自動販売機が登場!武将がしゃべる自動販売機シリーズの第4弾で、種類は荒隈城、京羅木山城、真山城、末次城、白鹿城、和久羅城、千鳥城の7城。選んで購入するのではなく、どの古城印が出てくるかはお楽しみ!同封のお城の解説書には、松江城から見た各城の方角が「恵方」として記されており、占い要素もあり! 設置日:7月8日 場所:堀川遊覧船大手前乗船場南側 価格:550円(税込・緑茶付)※同日は松江城国宝指定5周年記念「御城印帳」の販売開始日!詳しくは松江観光協会のHPをご覧ください。

  • 2020年01月11日(土)~2020年12月20日(日)

    松江城

    雲伯三城御将印スタンプラリー

    松江城、月山富田城、米子城の雲伯三城の城下町をめぐって、三城ゆかりの武将のスタンプ(御将印)を集めるスタンプラリー。松江城は堀尾吉晴、月山富田城は山中幸盛、そして米子城が吉川広家。集め終わった先着1000名には限定版「雲伯三城」クリアファイルをプレゼント。さらに抽選で20名様に、「雲伯三城御将印(三将制覇日付入り)」が当たります! スタンプ設置場所は、HPをご覧ください。期間:1月 11 日~ 12 月 20 日  参加費:無料

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長12年(1607)
築城者 堀尾吉晴(藩主は忠晴)
主要城主 堀尾氏、京極氏、松平氏
文化財史跡区分 国指定史跡、国宝1件(天守)
近年の主な復元・整備 平成13年に二の丸の南櫓、中櫓、太鼓櫓を復元
天守の現況・形態 複合式望楼型 四重五階地下一階 木造(現存)
主な関連施設 興雲閣
主な遺構 天守、櫓群、本丸、二の丸、石垣、堀
住所 島根県松江市殿町
問い合わせ先 松江城山公園管理事務局
問い合わせ先電話番号 0852-21-4030