日本100名城 現存12天守

まつえじょう

松江城

島根県松江市

別名 : 千鳥城、(旧末次城)
旧国名 : 出雲

投稿する
松江城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

【お城川柳】松江城と浜松城つながりで一句

 ・ 浜松と 吉晴つながり 松江城

 ・ 松江天守 小振り復元 浜松城

 堀尾吉晴侯は浜松に約10年在城し織豊系城郭に改修、関ヶ原後出雲隠岐の太守で移封、浜松城に倣った松江城天守閣を複合式で完成させましたと言われてますが? 浜松城天守台の構造は東向きに付櫓台が有り複合式天守閣の痕跡の様です。
 この様に堀尾吉晴侯で繋がってる松江城と浜松城、松江城の小振りな様式で浜松城天守台全面を使用した堀尾式天守閣の再建復元を願って居ます。

+ 続きを読む

だいちゃんぜっと

お城川柳

松江城 水辺も見ずに いられない

+ 続きを読む

カズサン

国宝指定前年の登城 (2014/05/19 訪問)

 平成26年5月フルムーンパスを利用した兄弟旅行で山陰鳥取、島根、鳥取砂丘、三朝温泉、松江城、一畑電鉄乗車、出雲大社参拝、玉造温泉と廻り、国宝指定前年に松江城へ兄弟夫婦3組で登城しました、兄弟一緒でしたので廻った所を寸景撮影、大手門馬出前に新しく堀尾吉晴公の立像が立っていました松江城築城指図姿の様です。
 中高以来何回と登城してる松江城漆黒でどっしりと存在感が有ります。
 堀尾吉晴公は松江城の前に浜松城を織豊系に築城し10年在城して居ります、復元浜松城天守閣の構想が有りますが松江城を少し小振りにした4層の天守閣を家康公浜松城築城450年記念事業などで広島大学三浦教授の構想図として講演会も有りましたが浜松城の復元を夢見て居ります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

こうちゃん

現存天守 (2021/04/20 訪問)

天守内の間接照明での雰囲気作りに全体的な保存状況が抜群!天守内で自分的にNo.1。

+ 続きを読む

概要

関ヶ原合戦の論功行賞で入封した堀尾吉晴が築城。山陰地方に唯一現存する天守は国宝に指定され、その内部には石落や総桐の階段を設置するなど戦闘に備えた防御策が施されている。さらに二の丸上の段と本丸は折を多用した高石垣で囲まれ、鉄砲を活用できる実戦的な造りとなっている。

イベント情報

  • 2021年09月17日(金)~2021年11月23日(火)

    松江城

    <特別展>戦国の世を馳せた武将 堀尾吉晴

    温厚な性格から「仏の茂助」とも、戦場での勇猛な戦いぶりから「鬼の茂助」とも呼ばれた堀尾吉晴。松江市、安来市、大口町で組織した堀尾吉晴公共同研究会がまとめた研究成果をふまえて、吉晴が武将として成長し、松江城を築城するまでの一生涯を紹介する特別展開催! 11/21(日)にはオリジナル「花押」づくりのワークショップも(要予約・先着順)。開催期間:9月17日(金)~11月23日(火・祝) 観覧料:大人600円 小・中学生300円

    • 会場名松江歴史館 企画展示室
    • 住所島根県松江市殿町279番地
    • お問い合わせ松江市立松江歴史館 TEL:0852-32-1607
    • URLhttps://matsu-reki.jp/exhibition/4564
  • 2020年07月08日(水)~2021年12月31日(金)

    松江城

    全国初!「古城印」の自動販売機が登場

    松江の主な山城の「古城印」が買える自動販売機が登場!武将がしゃべる自動販売機シリーズの第4弾で、種類は荒隈城、京羅木山城、真山城、末次城、白鹿城、和久羅城、千鳥城の7城。選んで購入するのではなく、どの古城印が出てくるかはお楽しみ!同封のお城の解説書には、松江城から見た各城の方角が「恵方」として記されており、占い要素もあり! 設置日:7月8日 場所:堀川遊覧船大手前乗船場南側 価格:550円(税込・緑茶付)※同日は松江城国宝指定5周年記念「御城印帳」の販売開始日!詳しくは松江観光協会のHPをご覧ください。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 輪郭連郭複合式平山城
築城年代 慶長16年(1611)
築城者 堀尾忠氏
主要城主 堀尾氏、京極氏、松平氏
文化財史跡区分 国宝(天守)、国史跡(松江城)
近年の主な復元・整備 京極忠高
天守の現況・形態 複合式望楼型[4重5階地下1階/1607年築/現存]
主な関連施設 櫓、門、橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、石垣、横堀
住所 島根県松江市殿町
問い合わせ先 松江城山公園管理事務局
問い合わせ先電話番号 0852-21-4030