日本100名城

おかざきじょう

岡崎城

愛知県岡崎市

別名 : 竜城

投稿する
岡崎城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

モト

一度は来てみたかった日本100名城 (2018/11/20 訪問)

天下人家康公の原点の城である岡崎城には以前から一度は行ってみたいと思っておりました、
色々な時代、城主の時に築かれた石垣などにも目をやりながら周りましたが、やはりなんと言っても家康公の城です。
大手門も立派でしたし、天守、堀と見応えがありました。
また、しかみ像や本多忠勝の像や産湯の井戸や家康館といった見るスポットも多数ありました。

愛知県には他にも魅力的なたくさんの城跡がありますが日本100名城である岡崎城には史跡だけでなく歴史の重みやそういったものを感じてしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三河のかづ

岡崎城 金箔瓦 (2018/10/21 訪問)

発掘調査で発見された金箔瓦が公園内の三河武士のやかたに展示されています(H30年12月2日( 日)までの期間限定特別展示)。写真撮影可でした。

+ 続きを読む

ぽんたっく土佐守

表の顔と裏の顔がおもしろい (2018/10/21 訪問)

バスツアーの最後は岡崎城。
いわずと知れた家康公生誕の城です。
東海道が通っているため、
参勤交代の西国大名は
必ずこの城を眺めながら江戸に向かいます。
そのため、
西から見たときの城が一番見栄えが良いように
設計されていたそうです。
城内には空堀から様々な種類の石垣があり、
時代の変遷がよくわかります。
訪れた日は七五三の参拝者やポケモン(?)のイベントで
多くの人で賑わっていました。



+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

ビスタラインはおあずけ… (2016/08/27 訪問)

岩村城から移動。岩村でのゲリラ豪雨がなければ,1本早い明智鉄道に乗れました。14:30までに名鉄東岡崎駅に着けば,岡崎レンタサイクル(無料)を利用することができ,大樹寺まで行って“ビスタライン”を確認することが可能でした。そもそも,岡崎城への入館もギリギリで,カラダは疲弊していました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

元々は徳川家康の祖父・松平清康の本拠。家康がこの城で生まれたことから、徳川家の聖地として重視された。豊臣家臣の田中吉政が近世城郭に改修し、その後本多康紀が藩主の時に付櫓と井戸櫓を付属した三層三階地下一階の天守が築かれた。本丸北側を防御するための清海堀など、中世の遺構がよく残っている。

イベント情報

  • 2018年12月22日(土)~2018年12月26日(水)

    岡崎城

    家康公生誕祭

    今から476年前の1542年12月26日(旧暦)、三英傑の1人徳川家康は岡崎で生を受けました。家康公の人生が始まったこの地で、その波乱に満ちた生涯を偲び、家康公の偉業を讃えるイベントが行われます。期間中は家康公の生誕を祝う神事やグレート家康公「葵」武将隊による演武、今年生まれた初子を祝う「竹千代行列」、開運餅投げなど日替わりイベントが盛り沢山。また岡崎の名産八丁味噌の桶で作った大太鼓を叩く体験や、家康公生誕秘話も聞けます。開催時間:12:00〜22:00。入場無料。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 康正元年(1455)ごろ、天正18年(1590)
築城者 西郷頼嗣(稠頼)、田中吉政
主要城主 西郷氏、松平氏、田中氏、本多氏、水野氏、松平(松井)氏
文化財史跡区分 市指定史跡、県指定文化財1件
近年の主な復元・整備 平成7年に天守の外壁等の補修。平成19年度に天守の耐震補強・展示改装工事を実施
天守の現況・形態 層塔型 三層五階 鉄筋コンクリート造(復興)
主な関連施設 三河武士のやかた家康館(二の丸)
主な遺構 清海堀、坂谷門跡、切通、石段
住所 愛知県岡崎市康生町561
問い合わせ先 岡崎市教育委員会事務局社会教育課文化財班
問い合わせ先電話番号 0564-23-6177