日本100名城

おかざきじょう

岡崎城

愛知県岡崎市

別名 : 竜城

投稿する
岡崎城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

やなぎぶそん

天守のとる角度が難しい (2018/12/01 訪問)

城郭が残っており天守も復元されているので見応えはそれなりにあります。
天守を撮ろうとすると必ず木に隠れてしまい上手く撮れませんでした。

+ 続きを読む

しんちゃん

規模が大きかったであろう城 (2020/01/19 訪問)

家康が我が街の浜松城に来る前、19歳〜29歳まで過ごした城。前々から何で岡崎城から、へんぴな浜松城に引っ越してきたのだろう?と疑問に感じていた。当時、家康は天竜川を東に渡った磐田に城を築こうとしていたようだ。ところが信長が、「一緒に戦えなくなるから、川より手前にいて」とお願いされたらしい。
江戸時代は、重鎮が住んでいただろうと思われる。
楽しかったのは「家康館」
侍の格好をした俳優さんが何人もいた。しゃべり方も昔の話方をしており、楽しかった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

だめなこ

イチバン近いのに (2020/01/03 訪問)

近いからなかなか行かなくて
初めて行ってきた\('ω')/

年明けは今日からだからか混んでるし
混んでるのはいいけど
なんかアナウンスみたいのが流れててうるさかったし
踊ってる人たちがいたり・・・

ガチャガチャしてて
またフツーの時に来たいですο

+ 続きを読む

JPN-AZE

雨上がりの岡崎城 (2019/10/22 訪問)

今上天皇即位の日、雨の東京を新幹線で出発し、晴れ間が広がり始めた名古屋に到着し、名鉄に乗り換え、東岡崎で下車し、バスで行きました。東京は冷えていましたが、岡崎はちょっと暑かったです。グレート家康公葵武将隊の方々も、ちょっと汗かいてたようです。あと、からくり時計の音声が演武中、ちょっと気になってしまいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

元々は徳川家康の祖父・松平清康の本拠。家康がこの城で生まれたことから、徳川家の聖地として重視された。豊臣家臣の田中吉政が近世城郭に改修し、その後本多康紀が藩主の時に付櫓と井戸櫓を付属した三層三階地下一階の天守が築かれた。本丸北側を防御するための清海堀など、中世の遺構がよく残っている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 康正元年(1455)ごろ、天正18年(1590)
築城者 西郷頼嗣(稠頼)、田中吉政
主要城主 西郷氏、松平氏、田中氏、本多氏、水野氏、松平(松井)氏
文化財史跡区分 市指定史跡、県指定文化財1件
近年の主な復元・整備 平成7年に天守の外壁等の補修。平成19年度に天守の耐震補強・展示改装工事を実施
天守の現況・形態 層塔型 三層五階 鉄筋コンクリート造(復興)
主な関連施設 三河武士のやかた家康館(二の丸)
主な遺構 清海堀、坂谷門跡、切通、石段
住所 愛知県岡崎市康生町561
問い合わせ先 岡崎市教育委員会事務局社会教育課文化財班
問い合わせ先電話番号 0564-23-6177