続日本100名城

ぬまたじょう

沼田城

群馬県沼田市

別名 : 蔵内城、倉内城
旧国名 : 上野

投稿する
沼田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

JPN-AZE

At Halloween (2021/10/31 訪問)

2021年10月31日、上州沼田真田まつりの一環で、沼田城にて、上州真田武将隊の演武があるとの事で、登城しました。演武は午後にありましたが、それまではデジタルスタンプラリーの為、武将、姫、忍者は市内の各所にいました。武将隊の真田伊豆守信之公と、くノ一お初さんは、須賀神社にいました。演武の時は、ハロウィンに合わせて、仮装で演武でした。その中で一番の存在感を出していたのは、真田安房守昌幸公でした。一本歯の下駄で、あそこまで演武とは、すごかったです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

9年前の初登城桜満開花盛り (2012/04/28 訪問)

 平成24年4月の連休太田金山城、高崎城を終えて関越で一路沼田へ、車は人出も多く少し駐車場を探し回りましたが何とか臨時の駐車場に停める事が出来ました。
 
 早く登城したかったのですがやっと今回の初登城、駐車場の関係で二の丸グランドから攻城、二の丸土塁の桜は満開か散り気味、高崎城と違い標高差の違いでまだ桜が楽しめました花見客も大勢、本丸内堀横を通って本丸へ花壇にチュウリップ、花が咲き誇り沼田城址公園は植物園の模様、本丸跡、鐘楼、真田時代の復元想像図は薄く擦れてるが当時関東には唯一の5層天守が描いておりそれも金箔瓦と成れば真田氏の当時の勢いが感じられる、発掘発見されて復元整備された西櫓台、石垣も見事、城跡の先端捨曲輪からは谷川岳方面新潟県境の山々の残雪が見事に眺望出来ます、桜と残雪絵になるシーンです。
 歴史はさて置き沼田城跡の桜と花の情景と雰囲気に大満足の初探訪でした。

 投稿が今月二回とダブりますが9年前の古い写真を見て頂ければ幸いです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

9年振り再登城 (2021/10/09 訪問)

 群馬県埼玉県未踏の城廻り2泊3日初日、初の小川城、隣の名胡桃城を終えてここまで来れば寄らなくてはと国道17号線を上り9年前平成24年桜の頃初登城して以来の再登城。
 車は3の丸観光案内所の有る駐車場を利用、満車に近い利用状況少し待って駐める。

 まだ紅葉は早すぎ、ルートは三の丸、本丸堀発掘調査現場、本丸、沼田公園と成ってる、再建鐘楼、5階建天守閣が立てたころの想像復元図色鮮やかに新しく成って居ました、見所の西櫓台、石垣、石段を見学、御殿桜、元古城跡の捨曲輪、天守台跡の神社、真田信之・小松姫の石像、水を抜いた本丸堀の露出石垣確認、2の丸グラウンド同土塁確認、駐車場の3の丸土塁、同堀切、公園入口の冠木門風入場門を撮影。
 
 9年前は桜に覆われたころの初登城でしたのでそのイメージが残って居ます。沼田城は利根川と薄根川合流の崖状台地西端に築かれて居り捨曲輪の西端からの眺めは素晴らしい、しかし曇り霞でハッキリせずですが展示の眺望写真が明確に教えてくれます。
 沼田城は西から観れば崖城・山城で東から見れば平城、堀を刻んで守って居ます、築城は沼田氏ですが、上杉氏、武田氏・真田氏、後北条氏の攻防が入交、小田原征伐の火種を沼田城、名胡桃城が起して東北統一後、沼田城から上田城まで真田氏領と成り沼田城は真田信之の城と成り、発掘調査で金箔瓦が発見されたとか豊臣との繋がりも伺える真田の城です、5層5階の天守、石垣が残って居たらなと思う事しかり。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ふゆづき

関越を扼する堅城 (2021/08/18 訪問)

越後から関東平野に出るための要所である沼田城。
岩櫃城から転進すると、岩櫃という逼塞した城を本拠地にしていた眞田氏としては、関東平野に進出する手がかりとして、どうしてもこの地が欲しかったであろうということが理解できるように思います。
上越線沼田駅から城までは、徒歩約20分といったところですが、駅と城との高低差が50メートル程度あるので、足腰が弱い人は結構大変かもしれません(駅には注意書きが書いてありますが)。

城跡で残されている遺構は、堀、土塁と櫓の土台を形成した石垣の一部程度であり、眞田氏を巡る経緯で有名な城ですが、遺構は少ないと感じます。
城内は公園となっており、御城印を配布している観光協会(沼田城の全景の模型があります)は公園内にあります。
写真に掲載した櫓(時鐘)は、復元ですが、なかなか良い佇まいを持っています。

冒頭に述べたように、小高い丘の上に位置するので、眼下には上越線や国道を納め、名胡桃城を遠望できます。
北条側(城代の猪俣氏)の視点から見ると、この名胡桃城が本丸からの視野に収まるというのは確かに目障りであったろうと思われます。
城内を一回りして、30分程度というところだと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 丘城
築城年代 天文元年(1532)
築城者 沼田顕泰
主要城主 沼田氏、本庄氏、猪俣氏、真田氏
文化財史跡区分 県重要文化財(城鐘)、市史跡(沼田城跡)
近年の主な復元・整備 真田信幸
天守の現況・形態 型式不明[5重/1600年築/破却]
主な関連施設 鐘櫓、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀、石垣、移築門
住所 群馬県沼田市西倉内町594(沼田公園)
問い合わせ先 沼田市教育委員会社会教育課文化財保護係
問い合わせ先電話番号 0278-23-7565