続日本100名城

ぬまたじょう

沼田城

群馬県沼田市

別名 : 蔵内城、倉内城、霞城

投稿する
沼田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

のん

大地のへりに建つ名城 城下町巡りも楽しい (2019/05/18 訪問)

真田三名城ウォーキングで訪れました。
行く時は沼田駅から是非歩くことをお勧めします。かなりの急坂を登って行かねばならず、(滝坂と書いてありました)いかに沼田城が急な断崖に建っているかを実感できます。
ゴールデンウィークにみなかみ町にラフティングに行った後、息子と少し寄ったのですが、2週間後イベントに参加、再訪しました。天気も快晴、最高の日でした。

今は野球場になっている二の丸からは赤城山が見え、捨曲輪からは赤城山や他の山々が美しく見えます。
乾櫓の石垣や石段が残っていて、そこは見応えがあります。その他は城址公園として整備されてます。

個人的にはお城の裏手にあたる断崖に興味をそそられ、歩いてみようと回ってみたら、50メートルほどの深ーい深ーい沢になっており、下の道に行き着かず断念。とてもこちら側からは登って来られないようになっています。後で地図をきちんと見たら、城址公園入り口から左に降りていくと、断崖の下から見上げられる場所に行けるようです。

今回はイベントだったため地元の方があちこちに立ち、沼田城のエピソード、天守閣、堀などについて語ってくれました。
天守閣は確証はありませんが、五層の絵が残ってて、もしかしたら立派な五層天守閣だったかもしれないそう。
最近の発掘で金箔を貼った瓦も出土。金箔を貼ったものは豊臣側の城にしかなく、沼田城は豊臣側だったという証拠だそうです。
また、真田信之は名城主だったようで、全国で3番目(4番目という方も)に用水路を引き、高台にあった沼田城下の発展に尽くしたとのこと。今でもその用水路には水が流れており、町の中を流れています。

ウオーキングの中で最近オープンしたばかりの沼田歴史資料館も行きました。城下町の様子がミニチュアで再現されていたり、床全面に城下町図があったり、なかなか趣向を凝らしたものでした。
城下町地図や城絵図がクリアファイルになっていて、購入〜やった!
ほかに小松姫、信之の息子信吉のお墓なども巡りました。どのお墓にも六文銭が刻印されていました。小学校の門に沼田城の大手門が残っていたりと、町全体に城下町の名残りが見受けられます。時間があれば、是非町も歩くと良いかと思います。

また、城のスタンプラリーもやりました。城址公園内の案内所でハガキを購入し、城下町の商店街5箇所を周り版画のようにスタンプを重ねていくと沼田城が出来上がるというもの。(ゴールデンウィークの間だけはハガキ代が無料でした。)とっても美しく仕上がりました。

また、スタンプラリーの一つ、樫の木という洋菓子屋さんのバームクーヘンがしっとりしてて、卵の味がしっかりあり、最高に美味しかったです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三左衛門

遺構を見るなら… (2019/05/10 訪問)

2019/05/10登城。
遺構が解り易いのは…西櫓台の石垣と本丸堀跡なのかな?

本丸一帯はすっかり公園と化した印象。
天守跡と思える場所に、ベンチの横に1つだけ、石垣用の石だろうか、ポツンと置いてあるのが物悲しい。

ただ…西櫓台の裏手になるのかな?
石垣が、土圧に因る物なのか、押し出されて孕んでる様にも見えるんだけれど…。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

なべりゅ~

令和限定御城印 (2019/05/01 訪問)

令和元年元日(5月1日)に限定30セットの御城印を求めて沼田城へ🏯
朝7:30頃に車を止め先に遺構を周り8時過ぎからぞろぞろと人が並び始めたので並ぶと10人目に。

赤を基調とした台紙に3枚の御城印
とてもカッコイイ✨

大事にします。

+ 続きを読む

スミヤキ

感謝!感激!群馬プレDC③ (2019/04/07 訪問)

城好きには堪らない、無料シャトルバスの運行サービスを利用した上州真田三名城を廻る行程は、岩櫃城から名胡桃城、最後は沼田城です。

沼田城は、利根川と薄根川の合流する河岸段丘の台地上に位置しています。二つの川側は、約70m 程の崖となっており、天然の要害です。
豊臣秀吉の小田原征伐後、沼田領は真田氏に回復、昌幸の嫡男信幸が治めます。この信幸により大改修と拡張が施され、段丘崖を背にした本丸を取り囲むように前面に幾重にも堀や土塁を巡らした梯郭式の、本丸に五重天守と三重櫓を持つ、近代城郭に変貌を遂げた平山城が完成します。雄大な素晴らしいお城だったと想像できますよね。残念な事に分家独立した沼田真田氏は、1681年に改易になり、翌年に城は全て破却されてしまいます。

現在城址は沼田公園になり、当日は桜まつりのメインイベントデーに重なり、老若男女沼田の人々全てが、公園に集まっているのでは、と思うほどの賑わいでした。城内の桜は、ようやく咲き始めた状態でした。さすがにこの日は、城好きには場違いな、浮いた存在と感じられ、早々に立ち去ることに。周辺の遺構を見て帰りました。城址から200m 離れた沼田小学校の正門は、当時沼田城の大手門があった場所らしく、冠木門が再建されています。また、水利に恵まれない沼田に新たに用水確保の為、二代信吉が自ら手掛けた城堀川の布積み石垣の遺構が、自身が眠る天桂寺横で見られます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正元年(1573)頃
築城者 沼田氏
主要城主 沼田氏、真田氏、本多氏、黒田氏、土岐氏
文化財史跡区分 市指定史跡
主な遺構 石垣、堀、土塁
住所 群馬県沼田市西倉内町594(沼田公園)
問い合わせ先 沼田市教育委員会社会教育課文化財保護係
問い合わせ先電話番号 0278-23-7565