続日本100名城

ぬまたじょう

沼田城

群馬県沼田市

別名 : 蔵内城、倉内城
旧国名 : 上野

投稿する
沼田城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

やなぎぶそん

あまり遺構はない (2021/03/20 訪問)

当時の面影はあまり感じることができません。

+ 続きを読む

昌官忠

クラブツーリズム群馬県に残る真田氏ゆかりの城日帰りツアー② (2018/08/25 訪問)

「クラブツーリズム群馬県に残る真田氏ゆかりの城日帰りツアー」2城目は沼田城です。
続100名城スタンプは「沼田市観光案内所」で押しました。

沼田城は1544年沼田氏12代・沼田顕泰が築城したと言われています。戦国期に沼田氏は北条氏に追われ、北条氏が変わって入城。
1580年真田昌幸が北条方の武将を調略し、城を奪い取ることに成功。沼田城は真田昌幸の管理下に入りました。
武田氏滅亡後、滝川一益の管理下になるが滝川一益が神流川の合戦に敗れると、真田氏に明け渡す。
真田昌幸は北条氏の執拗な攻撃を6年間にわたって撃退し続けて、1587年に真田信幸が沼田城を任されます。
1589年の豊臣秀吉の裁定で沼田城は北条領になりますが、北条氏配下の重臣・猪俣邦憲の名胡桃城奪還事件により、1590年北条氏は滅亡。これで沼田城は真田昌幸に帰し、長男の信幸(関ケ原の戦いの後、信之に改名)が入城。
しかし、1681年真田氏5代の信澄が領地を没収された翌年、沼田城は破却されました。

城址は沼田公園となり、本丸には土塁、空堀、櫓台の石垣が現存します。1983年鐘楼が復元され、城址のシンボルになっています。二の丸には東側の土塁と石垣・堀の一部が現存しています。攻城時間は40分くらいでした。

沼田城見学後、ツアーは小松姫の墓がある正覚寺にも行きましたので、そちらの写真も投稿します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

沼田城 (2020/10/24 訪問)

沼田城は、群馬県沼田市倉内にあり、利根川と薄根川の合流点の北東、河岸段丘の台地上に位置する丘城です。

戦国時代には上杉、武田、後北条氏により激しい争奪戦が繰り返され、後に真田氏が居城とし城郭を整備し沼田藩の藩庁が置かれました。

現在は沼田公園となっています。

駐車場脇にある沼田市観光案内所
所在地: 沼田市西倉内町2889-3
開館時間: 9:00~17:00(~16:00冬季)
休館日: 無休 (年末年始を除く)
沼田城に関する展示が置かれています。

受付で、続日本100名城スタンプを押すことができます。

所要時間:約1時間

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

2巡目の続日本100名城のスタンプラリー24城目 (2020/08/15 訪問)

お盆の実家への帰省の際に攻城しました。電車を使ってアプローチしたのは今回が初めてです。午前中でしたが、かなりの暑さでした。故郷群馬の城ではあるのですが、遺構の残存度や美しさ、縄張の面白さという点では、続100名城に選定される価値があるのか、かなり疑問が残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 丘城
築城年代 天文元年(1532)
築城者 沼田顕泰
主要城主 沼田氏、本庄氏、猪俣氏、真田氏
文化財史跡区分 県重要文化財(城鐘)、市史跡(沼田城跡)
近年の主な復元・整備 真田信幸
天守の現況・形態 型式不明[5重/1600年築/破却]
主な関連施設 鐘櫓、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、土塁、横堀、石垣、移築門
住所 群馬県沼田市西倉内町594(沼田公園)
問い合わせ先 沼田市教育委員会社会教育課文化財保護係
問い合わせ先電話番号 0278-23-7565