みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

オダリン

西伯耆の軍事上の拠点の城 (2010/10/25 訪問)

宿泊施設が天神丸に立っている。二の丸、本丸、中の丸、天神丸など8つの廓がある大きな城だ。だが雑草が酷くて断念した。帰って調べたところ本丸、二の丸は私有地の為立ち入り禁止となっていた。

+ 続きを読む

荘子木鶏

日和佐の (2017/12/17 訪問)

城の全景を撮るには広眼レンズが必要です。日和佐の大浜海岸は海ガメの産卵場所として知られています。

+ 続きを読む

荘子木鶏

和歌山城 (2017/11/24 訪問)

庭園はいつ来てもいい。

+ 続きを読む

todo94

大河ドラマ館 (2014/08/14 訪問)

白すぎ城になって初めての攻城。開城の9時の段階では土砂降り状態。暫く軒下で雨宿りしたが、ずぶぬれになりつつ西の丸から攻めていく。重文のリの一渡櫓は官兵衛の歴史館となっていた。甲冑などの展示ばかりでなく説明文を隅から隅まで読んで時間をかけたが、雨がやみそうな気配はなかった。

+ 続きを読む

todo94

(2014/09/15 訪問)

川沿いの道からアプローチすると亀城という別名が納得できるシルエットを確かめることができる。脇道から登城していくと東の丸に到達。麓からの比高は大したことないのだが、本丸からの眺めはなかなかのもの。大楠の存在感もかなりのものだった。土塁、空堀跡は今ひとつ遺構がよくわからなかったが、武者走りから東の丸に抜けて一通り城跡を散策。最後は城の麓に移築されている眼鏡橋をチェックすることができた。

+ 続きを読む

todo94

赤門 (2014/09/14 訪問)

松陰神社の辺りには石垣、旭ヶ岡公園の内堀沿いに進んで鹿島高校正門には赤門が残っている。更に鹿島実業高校を越えた北には大手門も残っている。

+ 続きを読む

todo94

堅城 (2014/09/14 訪問)

須古小学校の後背に建つ丘城。すぐに主郭に辿り着くことができる。この城を落とすのに龍造寺隆信が12年もかかったとは俄には信じられない。

+ 続きを読む

荘子木鶏

大阪城 (2017/11/19 訪問)

城郭検定試験の前に見学。蛸石の大きさに感動。

+ 続きを読む

todo94

武雄高校 (2014/09/14 訪問)

武雄高校が塚崎城。三の丸に説明板があったが、それ以上奥の学校内に踏み込むのはためらわれたのでここで引き返すことにした。

+ 続きを読む

todo94

肥前の名城 (2014/09/14 訪問)

登城を開始して突き当たりを左に行き、まず、旗竿石をチェック。ここから延々と尾根を辿り本丸を目指していく。橋の架かった三の堀切もなかなかのものだったが、三の丸の先の二の堀切には見事な石垣が残っていた。二の丸から本丸、三左衛門殿丸にかけてはそこかしこに石垣が残っていて非常に見応えがある。更に先に進んで抜け穴と伝姫落とし岩まで存分に楽しんだ。ここの前に行った直谷城にも姫落とし岩はあったが、岸岳城の方が断崖絶壁で遙かに迫力がある。ここに辿り着くまでの道は近江の鎌刃城や豊前の長岩城を彷彿とさせる幅の狭いきりったった尾根もあってスリル満点。旗竿石から姫落とし岩まで優に2000歩はあるのだが、苦労してでも脚を伸ばす価値はある。

+ 続きを読む

todo94

歯朶の繁茂 (2014/09/14 訪問)

真っ直ぐ伸びる大手道に直交して4本ほどの土塁と空堀が連続しているが、残念なことに歯朶が繁茂していて土の城の魅力を堪能できる状況にはなかった。山城攻めは冬枯れの季節に限る。主郭はかなりの広さを持ち、物見台や天守台を従えて中々の佇まいであった。

+ 続きを読む

todo94

表示は無いが (2014/09/14 訪問)

現地には全く案内表示がなかったが、確かに城らしい遺構は残っている。ただこの城を訪れる人は殆どいないようで蜘蛛の巣には非常に悩まされてしまった。

+ 続きを読む

オダリン

いにしえは高松城はこちらだった (2015/03/12 訪問)

喜岡寺が本丸跡で周りより一段高い所にある。屋島城が近くに見える。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オダリン

讃岐平野を領した十河氏の城 (2005/10/16 訪問)

称念寺のある所一帯が城址。鬼十河と恐れられた十河一存は三好長慶の弟だった。

+ 続きを読む

🏯城好きのメガネ

「庁鼻和城と国済寺」 (2018/02/27 訪問)

<オススメ>★★★★★
関東管領・山内上杉憲顕の六男 上杉憲英によって築かれた。鎌倉公方に抵抗した名城である。1590年、小田原征伐により廃城となったと考えられる。現在は、国済寺が建ち、堂宇の屋根には上杉氏の家紋「竹に雀(上杉笹)」が施された立派な瓦があげられている。土塁や堀が遺構として残っている。

<アクセス>
JR深谷駅 徒歩30分

+ 続きを読む

🏯城好きのメガネ

「騎西城(私市城)」 (2018/02/27 訪問)

<オススメ>★★★☆☆
騎西城は、後北条氏の支配下にあり、小田原征伐では北国軍に攻められ落城した。当時は、館づくりで周囲に土塁、水掘、障子堀で固められていた。小田原征伐後は、徳川譜代の家臣、松平康重や大久保忠常(小田原城主・大久保忠隣の長男)が城主となった。その後、1611年に8歳で家督を継いだ大久保忠職(奥平信昌の外孫)が、1632年に50000石で美濃・加納城へ移封となったため、騎西城は廃城となり、徳川幕府の天領になった。土塁や堀跡が現存しており、模擬天守が建てられている。


<アクセス>
東武伊勢崎線 加須駅 徒歩30分

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

長崎警護 (2014/09/14 訪問)

坂を登るとすぐに見晴らしの良い三の増台場に到着。想像以上にしっかりとした石垣で造られている。説明板や石碑もここにあり、目の前にはながさき女神大橋が優美な姿を見せている。更に上に登って辿り着く二の増台場も見事な石垣だ。奥には石蔵もあり、かなりの広さがある。ただ、眺望は残念ながら開けていない。一番上にあるこぢんまりとした一の増台場も同様だ。

+ 続きを読む

todo94

落雷 (2014/09/23 訪問)

駐車場が満車で36分、待たされてしまう。14時を回った所でようやく登城開始。津久井城は津久井湖城山公園として整備されていてパークセンター辺りは家族連れで賑わっていたが、城の頂上・本城郭を目指す人はさほど多くない。堀切、引橋などの遺構を確かめつつ本城郭に到着。曲輪の一角には土塁が残っており中々の佇まいである。更に飯縄郭から宝ヶ池、大杉まで脚を伸ばす。大杉は何と2013年に落雷被害に遭っていた。

+ 続きを読む

todo94

今ひとつ (2014/09/23 訪問)

登城口を通り過ぎてしまった。登っていって小さな説明板を発見。この辺りが主郭なのだろうが、目を惹くような遺構は見当たらない。

+ 続きを読む

todo94

公園 (2014/09/23 訪問)

小さな公園として整備されている。小田原城主・大久保忠朝の二男・教寛が加増により大名に列している。天明年間にこの地に陣屋を移転。

+ 続きを読む

ページ344