続日本100名城

はままつじょう

浜松城

静岡県浜松市

別名 : 出世城(しゅっせじょう)

投稿する
浜松城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

くろもり

戦に負けて天下を得る (2015/05/24 訪問)

野面積みの石垣が素敵な浜松城。模擬ではありますが、天守もあり、多くの観光客の方がお城を楽しんでいました。

「理文先生のお城NEWS解説 第3回 石塁に囲まれた浜松城天守曲輪 1 」でも、浜松城の天守曲輪の石垣について解説されていましたが、屏風折の石垣(鋸の刃状に鈍角に折れを繰り返す石垣)は他にあまり例がないので、見所の一つだと思います。天守曲輪の南西で見ることができます。

時間があれば、浜松城の北東にある曳馬城跡もおすすめです。曳馬城についてはShanqí89さんが「二人の天下人が交錯した城。」の投稿にて詳しく紹介してくださっているので(ありがとうございます!)そちらを参考にするのがおすすめです。

浜松城の石碑は見当たりませんでしたが、本丸の家康公の像の少し離れた前に「浜松城本丸跡」の碑はありました。曳馬城は入口に城跡碑がちゃんとありました。

浜松城の天守から北を見ると、武田信玄公と徳川家康公が戦った三方ヶ原古戦場が約10kmの距離にあります。家康公はこの戦いに敗北し、命からがら浜松城に逃げ帰ったと伝わりますが、強大な武田軍相手に同盟の織田軍の援軍も少ないにも関わらず、一戦交えた家康公が見せた士魂は、後の関ヶ原の合戦で、家康公が他大名の信頼を得るのに効果があったと思います。「自分が不利な状況下でも、同盟相手にそこまで骨を折ってくれる家康公なら信頼できる!」と思い味方した武将・大名も多かったのではないでしょうか。無骨な戦国時代の武士ならば、そうであったと思いたいです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

浜松城 (2018/07/21 訪問)

【続百名城14城目】
<駐車場他>未調査 <交通手段>18切符・バス

<見所>石垣

<感想>この日掛川城からの2城目。天守に閉館20分前の16時到着でぎりセーフ!スタンプをゲットする。天守内は鉄筋コンクリートの為とにかく暑かった。先程行った掛川城木造天守と涼しさが全然違った。日本建築素晴らしい。天守内の展示物で私の目に止まったものと言えば地下に漫画「センゴク」の著者宮下英樹さんの絵画があったくらい。天守内見学後周辺の散策をし、各曲輪跡・天守門・本丸等を見て回った。見所はやはり石垣だった。野面積みの粗々しい石を使用していて天守曲輪下から見上げると迫力があり良かった。また天守門の両サイドにある鏡石も見応えある。城全体の大きさ・連郭式縄張り・平山城の高さなどから行った中で掛川城・福知山城・丸岡城に似ていると感じた。この城も北面(搦め手側)は樹木で覆われており状態を確認できなかった。庭園の方にも行ってみたが、勉強不足で作左曲輪がよくわからなかった。

<満足度>★★☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Touch

ひっそり感がある出世城 (2019/04/29 訪問)

駐車場から天守へ行く間に、和風のスタバが建っていて賑わっていた。天守内部は、展示室になっていて、浜松城の歴史を知ることが出来る。天守石垣周りは見晴らしが良く、市内中心を見渡せる。

+ 続きを読む

カズサン

陽気に誘われて (2019/04/03 訪問)

 先月31日桜装う遠州路城巡りの残り2城の浜松城に出掛けて来ました、桜は木々に依って咲き方が満開から1、2分咲ですが全体としては今週末が満開に染まる浜松城でしょう。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 元亀元年(1570)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏、堀尾氏、松平(桜井)氏、水野氏、高力氏など
文化財史跡区分 市指定史跡
近年の主な復元・整備 天守、天守門
主な関連施設 浜松城天守閣
主な遺構 天守曲輪、本丸、石垣
住所 静岡県浜松市中区元城町
問い合わせ先 浜松市役所市民部文化財課
問い合わせ先電話番号 053-457-2466