日本100名城 現存12天守

まつもとじょう

松本城

長野県松本市

別名 : 深志城[ふかしじょう]

投稿する
松本城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

じゅんじん

【夏とお城】 (2018/08/05 訪問)

3年ぶり。ここの国宝天守はいつ来ても萌え萌えです。城下の湧き水で熱中症になるのも忘れてお城めぐりできます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トーマス@

雄大な天守閣 (2016/08/22 訪問)

信州訪問の際に訪れました。当日は台風が近づいてきていましたが、無事にお城を見ることができよかったです。子供のころ一度訪れましたが、あまり覚えてなくてあらためてみる城の雄大さに感動しました。

+ 続きを読む

D.Arisaka

日本現存天守! (2017/08/20 訪問)

ちらっとしか見なかったがとても良かった(小並感)

+ 続きを読む

SIN

夏とお城 (2018/07/15 訪問)

行きたいと思っていたお城、松本城へ行きました!
入場規制があるくらいの観光客の数( ゚Д゚)
ゴロゴロと雷がなり、急な豪雨心配でしたが何とか持ちました(^_^)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

黒漆塗りの下見板張の天守が美しい松本城は、豊臣配下の石川数正・康長父子によって石垣造の近世城郭へ改築された。一の門(櫓門)・二の門(高麗門)から成る外枡形の本丸正門にあたる黒門と、内桝形の二の丸東側に太鼓門が再建されている。二の丸御殿跡は史跡公園として復元され、当時の規模や間取りが分かる。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 文禄2~3年(1593~94)
築城者 石川数正・康長
主要城主 石川氏、小笠原氏、戸田(松平)氏、松平(越前)氏、堀田氏、水野氏
文化財史跡区分 大天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓(以上国宝)、国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成11年に太鼓門を復元
天守の現況・形態 五重六階 木造(現存)
主な関連施設 松本市立博物館
主な遺構 天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓、本丸、二の丸、堀
住所 長野県松本市丸の内4-1
問い合わせ先 松本城管理事務所
問い合わせ先電話番号 0263-32-2902