日本100名城 現存12天守

まつもとじょう

松本城

長野県松本市

別名 : 深志城[ふかしじょう]

投稿する
松本城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

灰猫☆

久しぶりの松本城、黒門は工事中 (2018/02/21 訪問)

100名城スタンプを押していなかったので、久しぶりに行って来ました。当時はなかったら太鼓門の大石(玄蕃石)、大きいですね。
黒門は工事中でカバーをかぶっていました。

+ 続きを読む

オダリン

黒い五重の現存天守 (2010/06/20 訪問)

現存天守12のうち一番私の好みに合う天守です

+ 続きを読む

てっぽう

ライトアップ (2015/09/21 訪問)

ライトアップされていて夜も楽しめます

+ 続きを読む

平和な天守閣 (2013/03/20 訪問)

 黒く戦国をイメージする天守閣の外観ですが、月見櫓は平和な時代の城の象徴でしょう。周囲の堀、石垣も魅力的です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

黒漆塗りの下見板張の天守が美しい松本城は、豊臣配下の石川数正・康長父子によって石垣造の近世城郭へ改築された。一の門(櫓門)・二の門(高麗門)から成る外枡形の本丸正門にあたる黒門と、内桝形の二の丸東側に太鼓門が再建されている。二の丸御殿跡は史跡公園として復元され、当時の規模や間取りが分かる。

イベント情報

  • 2018年03月10日(土)~2018年03月10日(土)

    松本城

    【2018年2月8日申込開始】講演会「城の宝庫!松本の城と歩き方 ~小笠原氏城跡と松本城の魅力~」

    信濃守護小笠原氏の拠点である井川城と林大城が国史跡に指定された1周年を記念した講演会を開催。城めぐりをライフワークとする城郭ライター・萩原さちこさんが松本に残る城の魅力を語ります。定員300名。2月8日から申込開始(定員に達し次第締切)。(開催時間)13:30〜15:30。参加費無料。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 文禄2~3年(1593~94)
築城者 石川数正・康長
主要城主 石川氏、小笠原氏、戸田(松平)氏、松平(越前)氏、堀田氏、水野氏
文化財史跡区分 大天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓(以上国宝)、国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成11年に太鼓門を復元
天守の現況・形態 五重六階 木造(現存)
主な関連施設 松本市立博物館
主な遺構 天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓、本丸、二の丸、堀
住所 長野県松本市丸の内4-1
問い合わせ先 松本城管理事務所
問い合わせ先電話番号 0263-32-2902