日本100名城 現存12天守

まつもとじょう

松本城

長野県松本市

別名 : 深志城[ふかしじょう]

投稿する
松本城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

エグ1394

松本城 (2011/10/10 訪問)

夫婦で一泊旅行で行ってきました。

+ 続きを読む

ブラタヌシ

2回目の攻城🏯 (2018/04/17 訪問)

前回来たときは、少し興奮ぎみになっていて、見てない所が有ったので、今回はその穴埋めでした。
現存12天守の城カードも購入しましたよ。

+ 続きを読む

コロスケコロコロ

松本城! (2011/01/19 訪問)

晴天の青空と漆黒のお城の対比が良かったです

+ 続きを読む

todo94

2度目の日本100名城スタンプラリー・コンプリート (2013/04/28 訪問)

松本城に到着したのは9:30ちょっと前。幸い、入場券購入の列は出来ていなかったのですぐに天守を目指す。乾小天守から順に見ていったが、大天守3階に上る階段から渋滞が発生。三連休の中日なのだから当然の混雑なのだが、埴原城でのロスが悔やまれる。時間をかけて到達した天守最上階もベルトコンベアー状態でゆっくりのんびり楽しむというわけには行かなかったが、空は冬の朝のように澄みわたっていて、ピラミッド形の常念岳の左側には小さく槍ヶ岳の槍の穂先を見ることができた。数え切れないほど松本城には来ているが、槍ヶ岳を見ることができたのは今回が初めてである。ゴールデンウイーク中ということで太鼓門の公開も行われていたのでこれも楽しんでくることができた。この日の夜は友人宅でお世話になるということで手土産を調達。松本ではちょっと有名な菓子店・マサムラの天守石垣サブレをチョイスした。個包装の袋には松本城のイラストも描かれているし、何より美味しいので松本土産としてお薦めなのである。

+ 続きを読む

概要

黒漆塗りの下見板張の天守が美しい松本城は、豊臣配下の石川数正・康長父子によって石垣造の近世城郭へ改築された。一の門(櫓門)・二の門(高麗門)から成る外枡形の本丸正門にあたる黒門と、内桝形の二の丸東側に太鼓門が再建されている。二の丸御殿跡は史跡公園として復元され、当時の規模や間取りが分かる。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 文禄2~3年(1593~94)
築城者 石川数正・康長
主要城主 石川氏、小笠原氏、戸田(松平)氏、松平(越前)氏、堀田氏、水野氏
文化財史跡区分 大天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓(以上国宝)、国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成11年に太鼓門を復元
天守の現況・形態 五重六階 木造(現存)
主な関連施設 松本市立博物館
主な遺構 天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓、本丸、二の丸、堀
住所 長野県松本市丸の内4-1
問い合わせ先 松本城管理事務所
問い合わせ先電話番号 0263-32-2902