続日本100名城

つのむれじょう

角牟礼城

大分県玖珠郡

別名 : 角埋城

投稿する
角牟礼城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

朝田 辰兵衛

【家×お城】todo94さん 眺望クイズ第5弾 ②⑤解答

todo94さんの第5弾,残件2つ解答します。
ヒントが(強烈に)参考になりました…<笑>。
残念ながら,画像はありませんでした。
②角牟礼城
⑤山崎城(天王山)

+ 続きを読む

おうすけ

守りのかたい城 (2020/01/26 訪問)

朝早く出発しました。
雨が上がってよかったけど、霧がすごかったです。
だけど霧でぼんやり見えて、お城がかっこよく見えました。
旗もかっこよかったです。
石垣がしっかり残っていて、とてもうれしかったです。
帰るときに少しだけ雲海が見れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ヒロケン

また行かんといかん(;´д`)トホホ (2013/01/29 訪問)

角牟礼城跡は標高576mで、天然の要害と呼ぶにふさわしく、三方を切り立った険しい岩盤で囲まれている。角牟礼城跡は古くから、豊前側からの侵入を防ぐ豊後の境目の城として玖珠郡衆により守られていた城である。天正十四年の島津氏と大友氏の豊薩戦では、唯一落城しなかった城として有名です。
文禄2年には豊臣秀吉が文禄の役で失態をおかした大友義統を徐国し、翌年に毛利高政を入部させた。関ヶ原の戦い後、毛利高政は佐伯城主に転封され、一時黒田孝高の預かり地となるが、代わって伊予より来島氏が入部する。しかし、来島氏は1万4千石の小大名であり、城を持つことは許されず、現在の三島公園に陣屋を築き、角牟礼城はそのまま放置され長い歴史の幕を閉じています。

平成5年から発掘調査が行われ、本丸に階段状の虎口、大手門と搦め手門に同じ規模の門跡、また、二の丸には礎石建物が発見されている。(2013年の現地案内板より抜粋)
三の丸跡まで車で行け、見所満載ではありますが、撮影時間を入れても1時間もあれば、城跡を一周することができます。(車で登城した場合です)

2013年1月29日現在では、石垣・三の丸跡・井戸跡・曲輪が良好に残り、搦め手門跡から続く石垣はこの城の最大の見所です。2013年の情報ですが、皆さんの投稿を見てもあまり変わっていない印象があります。
残念なのが、自分の登城後に続百名城に選定されていることから、スタンプ集めに再登城しなければなりませんが、今年の長期連休ゴールデンウィークも盆休みも行く所が決まっているので、再登城がいつになるか(;´д`)トホホ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

久留島陣屋とセットで (2018/09/28 訪問)

 昨年9月23日24日山城サミット㏌安来大会を訪ねその後4泊5日で九州北部未踏の城と名護屋城、未踏の陣屋城を探訪し大分県で気になってた未踏の城、角牟礼城、麓の久留島陣屋を探訪しました駐車場は三島公園、角牟礼城は三の丸迄車で行けるそこに駐車可。
 玖珠町地方はメサ地形で上部が平らなテーブル上の山々が連なり風光明媚な所です。
 関ヶ原前に毛利高政入封し近代石垣の城へ、関ケ原後来島水軍村上氏入封し麓に久留島陣屋を築城、落ち着いた小さな城下町です。
 登城前に豊後森藩資料館に寄り情報収集、資料も戴き続日本100名城スタンプも入手し車で三の丸迄、三の丸、搦手門、二の丸、大手門跡迄探訪し本丸はパスし下城、陣屋跡探訪し玖珠城へ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 弘安年間(1278~1288)
築城者 森朝通
主要城主 森氏、毛利氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 二の丸西曲輪石垣の解体修復工事
主な関連施設 豊後森藩資料館
主な遺構 伝本丸、伝二の丸、伝三の丸、石垣、堀、虎口
住所 大分県玖珠郡玖珠町大字森大字太田
問い合わせ先 玖珠町役場
問い合わせ先電話番号 0973-72-1111