みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

たぬ

小田原城 (2016/08/21 訪問)

市内にこんな素敵なお城があるとは…小田原市民羨まし。
城自体は殆どが復元だそうです。
古い石垣がある程度…

+ 続きを読む

黒猫

紅葉狩り (2017/11/25 訪問)

の写真がなかったので山城サミットの会場。

+ 続きを読む

黒猫

信玄が来た道 (2017/11/29 訪問)

北国街道と葛尾城を望む。

+ 続きを読む

香織

復興祈願

大切な郷土のシンボルを再びたくさんの人に間近で見てもらえますように。
毎日眺めていますが、少しづつ前に進んでいることが嬉しいです。
復興には長い年月がかかりますがその日を楽しみに待っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

サクタロ

高山陣屋

意外と見学シロが多い。
ただし、見学には入場料が必要です。

+ 続きを読む

サクタロ

池田城

見晴らしがとても良いです。
入場無料。近くに駐車場がないので多少不便です。

+ 続きを読む

えつこ

天守から見える (2017/10/20 訪問)

そう、あれはDASH島

(西側の海に見える瓢箪型の島がそれです)

晴れの日のリフトはテンション上がる!

+ 続きを読む

えつこ

鯛願城就 (2017/10/21 訪問)

お堀で鯛に餌をやるってなかなか出来ないですよね!


玉藻公園は朝6時くらいから明いてるので散歩にも調度良いです。
100名城スタンプだけなら早朝でももらえました。

+ 続きを読む

えつこ

ここでしか買えない (2017/10/20 訪問)

にっかり青江グッズがたくさんありましたよ。

天守閣まで行くのはけっこう急できつかったです。
若いうちに行った方が良いお城(体力的に)ランキング作った方がよいと思います!

+ 続きを読む

Nuts

天守台

シンプルですが
想像力が暴走するほど感動しました。

+ 続きを読む

ふくちん

船上城 (2007/08/18 訪問)

水田の中の比高2~3mほどの低い台地が本丸跡とされています。あぜ道を通って到達すると「古城御大神」の祠があります。

+ 続きを読む

サクタロ

日本三大史跡

広大な丘陵・平原一帯に古のロマンが広がります。駅前に案内所があり、親切にガイドさんが教えてくれますし、駅から程よい距離で、ハイキング感覚で散策できます。一度は訪れるべき史跡の一つかと。

+ 続きを読む

サクタロ

重文7城・高さ日本一の石垣

壁のような石垣はとにかく圧巻です。坂はちょっときついですが。讃岐うどん巡りの前にお腹を空かせる、ちょうどいい史跡です。

+ 続きを読む

ふくちん

多賀谷城 (2007/08/23 訪問)

下妻駅東側の多賀谷城址公園が本丸跡ですが、区画整理でつくられた公園のため、周辺にはほとんど遺構はありません。下妻一高の隣の城山稲荷に土塁があるほか、下妻警察署南交差点近くの常総線踏切脇にも土塁が残っています。

+ 続きを読む

ふくちん

真田本城 (2007/08/25 訪問)

三段ほどに削平された曲輪は、いずれもさほどの広さはなく、規模は小さい山城です。眺望は素晴らしく、麓の真田町の中心部や、その向こうの砥石城まで手に取るように見渡せます。

+ 続きを読む

ふくちん

真田氏館 (2007/08/25 訪問)

一帯が御屋敷公園として整備されています。東西150mほどの台形の敷地を土塁で囲んだ居館跡で、北側と東側は堀も残っています。
訪問当時、敷地の大部分はマレットゴルフ場になっていました。遺構を削った様子はなく、きれいな芝生が維持されています。

+ 続きを読む

サクタロ

丸岡城 (2017/08/11 訪問)

重文7城の一つ、現存する最古の天守閣を有する丸岡城。
駐車場もすぐのところにあり、多少本丸まで階段が続きますがアクセス良好です。

+ 続きを読む

ふくちん

魚津城 (2017/11/12 訪問)

市街化され、遺構は残っていません。本丸跡には魚津市立大町小学校となり、城址の石碑と解説板が建てられています。

+ 続きを読む

サクタロ

日本三大山城を攻城登山 (2017/03/12 訪問)

日本三大山城の一つというだけあって、見事の一言に尽きます。ただし、麓から約2時間の登山を要します。でも、だんだん山頂に近づくにつれ石垣群が現れるので、ワクワク感で全く疲れるようなことはありませんね。頂上からのダイナミックな景色はこの山を登った者のみが観れる風景。車で頂上近くまで行けるようですが、絶対に麓から登山がおススメです。頂上にトイレはないので注意。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

モリテン

会津若松城 (2013/06/30 訪問)

福島県被災地支援で派遣された時に訪れてました。

+ 続きを読む

ページ947