とだまつやまじょう

富田松山城

岡山県備前市


旧国名 : 備前

投稿する
岩盤堀切
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

六神合体

魅惑の岩盤堀切再び (2020/02/02 訪問)

三石城の史城、富田松山城。
三石城とあまり距離が離れて無かったので一緒に攻城すれば良かったと反省。
駐車場は近くの品川グラウンドに停められます。
案の定グーグル先生は役に立ちませんので「品川グラウンド」で検索したほうが早いかも。

そこそこきつい登城路を登ると出丸に出るのですが、そこから一旦降りてまた登って主郭へと到着します。
土塁がかなり綺麗に残っており感動ものですね。
あとやはりここは三石城同様「岩盤堀切」が最大の目玉です。
何か流行ってたんですかね?

出丸の反対側の山の頂上には地名の元ともなった「雨乞い跡」もあります。

三石城、富田松山城、閑谷学校の3つはセットで行くのがお勧めです。

あ、そういや出丸はもうひとつあったけど行ってないや・・・

+ 続きを読む

片上湾からそそりたつ流紋岩の山体 (2019/05/19 訪問)

備前守さんの投稿に従い、東出丸の北東側の大東地区から登頂。下りは、本来の大手道である城の南西方向にある城下地区目指し、藪こぎして降りられないかと大手曲輪、大手腰曲輪から、先に進もうとしたが、道の痕跡が見つけられず、かつすごい急斜面。城域を半周する犬走りをたどるだけに終わった。しかし犬走りまで枝打ち、整備してあることがわかり、感心と感謝。片上湾越しの南西方面からの富田松山城の姿をアップします。

+ 続きを読む

備前守

天然の良港を押さえる浦上氏の山城 (2016/12/03 訪問)

戦国大名浦上氏が西方面を固めるために築いた・・・とありますが、古くから天然の良港として知られていた片上湾(備前焼の積み出し港でもあります)を押さえるのに最適な位置にあります。
湾を挟んで反対側に富田茶臼山城があり、小ぶりですが縄張り的にも面白く遺構も良く残っています。
天気の良い日の眺めは最高です。
城の南西方向にある城下地区からが本来の大手道ですが、現在は荒れていて登攀困難。
現在は東出丸の北東側の大東地区から登ることを薦めます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 浦上氏
築城年 文明年間(1469~1487)
主な城主 浦上氏
廃城年 天正15年(1587)
遺構 曲輪、石垣、土塁、堀切
再建造物 碑、説明板
住所 岡山県備前市東片上