続日本100名城

とやまじょう

富山城

富山県富山市

別名 : 安住城、浮城
旧国名 : 越中

投稿する
富山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぴーかる

富山城 (2022/05/21 訪問)

【続百名城53城目】
<駐車場他>富山市営城址公園駐車場有料
<交通手段>車

<見所>千歳御門・鏡石・石垣
<感想>1泊2日富山城の旅6城目。本日のメイン。上記地下の駐車場に駐車して、千歳御門をまず見てから観光案内所にてスタンプ押印、御城印の購入をし本丸跡内郭を1周したあと内堀の外側を1周しました。富山城の魅力はやはり石垣にあり。搦手門跡内側の石垣は大玉石を積んだものや南の内堀東側の石垣は大玉石を2つに割った切口を表に見せる積み方をしていてとても面白い。5つもある鉄御門枡形の鏡石は一つ一つが大きく見応えあり。南側土橋前のベンチにて暫し石垣と模擬天守を堪能、模擬天守とはいえなかなか溶け込んでいて美しい眺め、閉館中で中に入れなかったのが残念。

<満足度>★★☆
<グルメ>富山駅にある「白えび亭」にて白えび天丼とほたるいかの醤油漬けを食べました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ばばよ

石垣色々 (2022/05/06 訪問)

本来土塁中心で石垣は一部、実際天守や櫓さえ建てられなかったということですが、石垣に特徴ありました。
基本的には野面積みですが、本丸と二の丸を結ぶ鉄門跡は鏡石が存在をみせます。
そこから東側の石垣は割石など隙間を埋める小さな石があまりなく、積石も比較的同じサイズのものが目立ちます。色も2色構成に見えます。
小規模な割に場所によって与えるイメージが変わります。

現存建築物は移築千歳御門(埋門)のみですが、元々は本丸と少し離れた千歳御殿の入口にあったと考えられているようで、本来今の場所ではなかったそうです。

富山市内は路面電車、バス、レンタサイクルといずれも充実している印象を受けました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ryu

富山城再訪(2015年) (2015/08/29 訪問)

1984年に剱岳、立山登山の帰路、訪問して以来、30数年ぶりの訪城。
今回も奥大日岳登山にあわせた訪城だった。
富山駅より市電で行く。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三浦の晃ちゃん

チューリップと、城 (2022/04/12 訪問)

チューリップの季節に登城しました。キレイでした。模擬天守閣ですが、国の登録有形文化財に、なっているそうです。模擬でも、文化財に、なるのかと思いましたが、街にフィットしていて、愛されているならば、それもありかなと思いました。内部の展示は、面白いです。エレベーターが、屋上階まで、行ければ、もっと良かったです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 梯郭式平城
築城年代 天文12年(1543)
築城者 神保長職
主要城主 神保氏、佐々氏、前田氏
近年の主な復元・整備 佐々成政、前田利次
天守の現況・形態 複合連結式望楼型[3重4階/1954年築/RC造模擬]
主な関連施設 模擬天守、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)
住所 富山県富山市丸の内
問い合わせ先 富山市郷土博物館
問い合わせ先電話番号 076-432-7911