みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

カルビン

【平成26年】こういうのもアリかと (2014/11/01 訪問)

お城巡りを始めた頃は神社仏閣巡りはしていなかった為、間違いなく一番お城に行った年がこの平成26年。
この日は石和温泉近辺にある史跡巡りをしに来ました。

連方屋敷はJR中央本線・東山梨駅から徒歩5分程で来れてしまいます。


その第一印象が・・・「な~んにも無いな~」でしたw
いえ、ちゃんと遺構はあるんです。妙に長い土塁と堀が。

敷地が広いのに加えて屋敷跡地中心部には木も無い為、尚更何も無い感が凄いんです。。。

平坦なゴルフコースの、コース毎に区分けの為の木が無く、バンカーや池が無い状態・・・って感じですね(土塁や堀を含む平坦地は芝等背の低い緑一色だったので尚更w)

但しそれが駄目なのではなく、むしろスッキリしていて大いにアリでしょう(`・ω・´)b


平城で建造物や木々を全て取っ払った状態を見たい方、是非連方屋敷跡に行ってみてください。
多分笑ってしまうでしょう(⌒∀⌒;)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

豊臣秀吉公一泊した城 (2018/04/23 訪問)

 昨年の4月中旬3泊4日で越後路城巡りの流れで4日目会津から福島中通りへ大森城、丸森城、阿津賀志山防塁、義経腰掛の松、石母田城を廻った後帰路須賀川市の長沼城に立ち寄り、その後東北道東名で帰路へ。
 長沼小学校隣接北側に半島状の丘陵先端が城郭地、駐車場は小学校北、登城口に砂利地面で完備。
 桜も終わり黄色い山吹が城跡を覆っていた。
 桜の時期には城全体が桜に覆われ霞の如し、奥州仕置きの途上秀吉公が一泊したと伝わると言われてるとか。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

いろんな城主。 (2019/03/30 訪問)

「長久保城」に行きました。
鎌倉時代は竹ノ下孫八左衛門さん。
室町時代は葛山氏。
その後、伊豆を奪取した北条氏。
北条氏と今川氏が敵対し和睦の条件が「長久保城」を放棄する。ってことで今川氏。
今川氏が衰退し、またまた北条氏。
武田 信玄さんにこの辺りを攻められ「長久保城」は武田氏。
武田氏が滅亡し駿河の徳川 家康さんの「長久保城」になりましたとさ。
秀吉さんは小田原征伐の時に「長久保城」に寄ったみたいなので立派なお城だったのではないのでしょうか。
いろいろ大変な「長久保城」ですが城山神社公園です。平和です。
土塁の高さを利用した滑り台もあります。説明板は狛犬君の後ろです。
お城跡は国道や商業施設で削られてますが、曲輪や土塁 残ってますよ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

伊達政宗祖父の城 (2018/04/23 訪問)

 昨年の4月中旬3泊4日で越後路城巡りの延長4日目福島市に入り大森城の後阿武隈川沿いを宮城県丸森町へ川沿い風光明媚な細い道を雨の中走行。
 以前同町の石垣の残ってる金山城登城してるのですが近くに在りながら登城して無い丸山城(丸森城)が気に成って居り今回の機会に足を伸ばしました。
 丸森城は伊達政宗の祖父伊達稙宗の隠居城としても伊達氏相馬氏の攻防の城としても名を馳せてます。
 駐車場も数台止めら三の丸下まで繋がっている交通的に便宜。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

東北道行き来で気に成った城跡 (2018/04/23 訪問)

 昨年の4月中旬3泊4日で越後路城巡り4日目福島県会津から中通りへ以前から東北道を行き来しながら福島市手前で櫓の見える城跡が気に成り何時か?と思って居ましたが今回義経公が絡む阿津賀志山防塁を探訪したくその前に伊達氏戦国攻防の城を探訪しました。
 公園化され車で登りやすく駐車場完備、山頂の本曲輪にはぐるっと横堀が残りそれなりの雰囲気を醸して居ります。
 北側の復元二重櫓は見晴らしもよく福島市内が一望出来絶景です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

【平成31年】桜と櫓 (2019/04/06 訪問)

4月6日は「城の日」ということで、当初は彦根城に行くつもりだったのですが、関西の桜は各地で見頃ながら彦根ではまだもう少しのようなので、予定変更し満開の大阪城へ。この日は天気も良く気候も穏やかで絶好の花見日和。週末でもあり大阪城公園は花見客でごった返していますが、私のお目当ては(桜はもちろんながら)大手口多聞櫓と千貫櫓、焔硝蔵の特別公開です。

大手口大門を抜けて少し行ったところの売場でチケットを買い、多聞櫓の続櫓に入ります。続櫓内部は東側が6室の部屋、西側が武者走りになっており、大手口桝形に向けて笠石銃眼が並んでいます。大阪城の石垣にはいたるところに笠石銃眼が見られますが、こうして櫓の中で実際の姿を目にすると、よりイメージしやすくなりますね。また、続櫓の窓から桝形内を見渡していて、ここが大手口桝形の3つの巨石の上だということに気が付きました。あの巨石の上から桝形内の敵兵を迎え撃つ自分……「一網打尽にしてくれるわ!」という気分になります。大門上の渡櫓の槍落としからは下を通る人の様子がよく見えますし(少し前に自分が通った時は槍落としに気付かなかった)、千貫櫓の狭間からは大手門方面に横矢掛け放題。「一兵たりとも城内に入れるな!」な気分。寄手の足軽目線では絶望的な気分にさせられる大阪城ですが、城兵側では何だか気が大きくなってしまいます。

千貫櫓を抜けると西の丸庭園。西外堀沿いの石垣の上を歩いて乾櫓、そして焔硝蔵へ。総石造の蔵は見るからに頑丈そうですが、中に入って驚きました。狭い! 蔵の幅から考えて狭すぎます。帰ってから資料を見てみると、蔵内部の幅約2.7mに対して壁の厚さは約2.4mなんだとか。蔵全体の3分の2近くが壁なのか…。現存の蔵が造られる前に、城内で焔硝蔵の大爆発があったそうですが、これだけのものを造る必要を感じるほどの爆発だったんでしょうね。

さて、櫓と蔵をめぐり終えると、あとはのんびりと城内の桜見物です。西の丸庭園から桜越しの天守を眺め、本丸をぐるりと一周し、六番櫓から一番櫓まで南外堀沿いの石垣の上を歩き、玉造口から南外堀南側の桜並木を抜けて、帰途につきました。

櫓の特別公開で軍事要塞としての大阪城を実感するのも楽しかったですが、桜の下では花見客が飲んで食べて歓談し、芝生では親子連れが遊び、木陰にビニールシートを敷いて昼寝をし、キッチンカーからは食欲をそそるにおいが漂い、猿回しの周囲には人垣ができる…。武力と権威の象徴だった城が人々の憩いの場として親しまれている、そんな平和な時代に城めぐりができること、そして次の「令和」もそんな時代であってほしい、そんなことを考えた平成最後の城の日でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

御三階櫓発掘調査後の復元は? (2018/04/22 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県越後路城巡りの3日目磐越道を東へ、津川城、向羽黒山城、大内宿、神指城と巡り会津若松城へ登城、数十年の間プライベート、出張で何回となく訪ねて居り東北大震災の年には天守閣走り長屋の瓦が寒冷に強い赤瓦に吹き替え竣工公開と成った4月桜満期の時期に訪ねその後も数回その都度雄大な天守、天守台、縄張りに感嘆し感激して居ります。

 今回は復元予定も有った本丸の御三階櫓の進捗状況を確認したく探訪、櫓台の石垣は発掘調査の為外され調査中、期間が長いようですが何時復元されるのか? 現在元の御三階櫓の建物は市内の阿弥陀寺に移設されて居ります。
 また以前二の丸、三の丸を訪ねて無かったのでそちらも探訪しました。
 桜の時期をチョット過ぎて居り残念ですがいつ見ても心躍ります益々の復元、保全、整備を宜しくお願い致します。感謝感謝です!!

 何時か本丸の櫓台に連なった櫓が復元されるのを夢見ています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

120万石幻の巨城 (2018/04/22 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県の城巡りを終えて3日目、会津入り向羽黒山城初登城、観光で峠越えして山道を大内宿へ大内宿は人波でごった返して駐車場は順番待ち会津公の大名行列を思い浮かべ藁屋根の宿場町を見晴らし台より撮影、素晴らしい景観です。
 その後田圃の中の神指城へ、上杉景勝、直江兼続無念の大城郭総石垣大天守閣が輝く様が見えるようです。
 拠点が色々有りますが一番分かり易い大欅の有る二の丸北東土塁を探訪。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

天守保存修理2019年6月~12月 (2019/04/05 訪問)

犬山城のホームページに天守の保存修理の案内が出ていました。
以下、ホームページより

国宝犬山城天守は、平成30年度から2か年計画で安全のための耐震補強と部分修理を実施しています。平成31年度は主に3階、4階の壁の耐震補強工事と3階唐破風周辺の瓦の葺替えや内外壁の塗替え等を行います。工事期間中でも、天守内に登ることはできますが、工事の進捗によっては、一部で入場制限をする可能性があります。また、6月初旬から12月末まで天守外部に足場を設置するためにシートで覆われ、天守のほとんどが見えなくなります。文化財保護のため皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

とのことなので、この間の登城は避けた方がいいかもしれません。

仕事で犬山に来たので、昼休みを利用して外側からスマホで撮影しました。桜がほぼ満開で天守はいつも以上に混んでいるようでした。

※2019年5月31日追記
犬山城ホームページの情報が以下に更新されていました。工事期間は7月中旬開始になったようです。

国宝犬山城天守は、平成30年度から2か年計画で安全のための耐震補強と部分修理工事を実施しています。平成31年度は主に3階、4階の壁の耐震補強工事と3階唐破風周辺の瓦の葺替えや内外壁の塗替え等を行います。工事期間中でも、天守内に登ることはできますが、工事の進捗によっては、一部で入場制限をする可能性があります。また、工事期間中である7月中旬から12月末まで天守外部に足場を設置するためにシートで覆われ、天守のほとんどが見えなくなります。文化財保護のため皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

+ 続きを読む

カズサン

ここまで来たら寄らなくっちゃ (2018/04/21 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県城廻2日目、村上城、平林城と来たら新発田城遅咲きの桜を狙ってと三階櫓、辰巳櫓が木造復元された年に市の教育委員会の方に復元成った新発田城小冊子を有料で送って頂き翌年春桜の頃に初登城、今回で5度目本丸周辺を撮影、中々三階櫓はタイミングが合わなく未だに登ってません。
 今回大名庭園清水園と隣接されてる足軽長屋も初めての見学いたしました、素晴らしい庭園です館縁側でガイドの方と色々話をさせて貰いました若干余裕があったようです。楽しい会話でした。 
 駐車場も広く成り大変助かります、周辺の整備も少しずつですが進んでおり益々の環境整備保全管理をお願い致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

階段状の郭と大堀切が「おーっ!」ってなる。 (2019/03/31 訪問)

メインではない方の東入口から入った(入ってしまった)のでいきなり東郭群で山城の雰囲気を味わえました。城内は複雑なレイアウトで迷路みたいでしたが、地図で現在地を確かめながら歩くのが探険しているみたいで楽しかったです。
西郭はきれいに整備されていて花見客で賑わい、北郭も眺望を楽しめる整備がされていました。四阿が各所にありました。
本城と二の丸・南郭間が大堀切で分断された一城別郭式です。現在は、大堀切に通路が造成され行き来することができます。二の丸から東郭群への道も近年造られたそうで、城内アクセスは非常に良くなっています。
二の丸の櫓は立入禁止のようで、子供みたいに木板を叩いたりすることはできませんでした。(ご報告まで。)

磯部駅から4.6kmですが、磯部↔︎安中榛名のバスで「花の木」下車で、あと1.4kmのところまで近づけます。バス停前にセブンイレブンがあり、兵糧調達出来ます。
帰りはバスと電車の接続がよくなかったので、安中城まで徒歩にしました。途中、牛がいました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

越後路城巡り (2018/04/21 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県の城巡り2日目、一昨年訪ねられなかった処を登城、江上館、坊城館を探訪、先ず奥山荘歴史館を訪ね情報収集、歴史館の方と話し込み結構長居致しました。
 国指定史跡として復元整備保全されてます。駐車場完備。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

越後路城巡り (2018/04/21 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県一昨年探訪出来なかった処をと村上城の南、平林城の初登城、体力的に麓の城館のみ当日新しく出来たガイドセンターに寄り情報収集、取り付け道路も新しく広く成っててナビでは判りませんでしたが目測で問題無し。
 素晴らしい土塁に曲輪群堪能させて貰いました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

出櫓石垣修復復元成る (2018/04/21 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で越後路城巡り2日目村上城の出櫓石垣が修復復元成ったとの情報も有り長らく待ちに待った修復、出櫓石垣から本丸に続く石垣群もやっと修復竣工を探訪したく早朝に一文字御門の狭い駐車場を目指す数台の車有り1台やっと駐車出来、5回目の登城へ。
 立派に完成した出櫓石垣を見学、出櫓下の二通りの登城路の竣工がまだまだでしょうが待たれます。
 桜の村上城ももしかしたらと思っていたのですが中々グットタイミングには合えません。山頂に総石垣の村上城今後も保全管理宜しくお願い致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

【平成27年】織田信秀崩御の地 (2015/06/07 訪問)

斎藤道三や今川義元と対等以上に渡り合っていたものの、道三に大敗してから一気に落ち目になってしまった織田信長の父・信秀。
最後はここ末森城で亡くなったとされております。
(亡くなった原因が側室に夢中になり過ぎて衰弱したとされ・・・何ともしまらない最後でorz)

織田信秀のお墓は名古屋市大須にある万松寺にありますが・・・遠めに見てパチンコ屋と間違えてしまった程の外観でした(汗)

そんな末森城を見ようと名古屋に行った時に散策コースに取り入れました。
現在は城山八幡宮になっており、織田信長の弟・信行が父の後を継いで城主になったものの、信長に歯向かって謀殺された後は廃城になったのですが、八幡宮の境内として保護されたおかげで当時の遺構が今も良く残っているんだとか。
(ほぼ解説通りw)

おそらく皆さんは南側より鳥居をくぐっての登城となると思いますが、階段の先にある橋の下には形の寄り良い堀が・・・神域に入ってすぐに遺構が解る様になっております。

城山八幡宮は末森城の地形を上手く取り入れた感じに鎮座されており、周辺が開発され尽した地において、よくこれだけの規模の遺構が残ったもんだと感心しきりです。


流石に遠くからここだけを見に来るには勿体ないかもしれませんが、逆に周辺に行く機会があれば絶対立ち寄るべき場所で御座います。

車を停められそうな場所が見当たらなかった(完全には未確認ですが)ので、地下鉄本山駅からアクセスされる方が間違いないでしょう。
(織田信秀さんの菩提寺とお墓も掲載させて頂きます)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

謙信ゆかりの城、越後路城巡り (2018/04/20 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県を一昨年探訪出来なかった処を選んで探訪旅1日目、謙信ゆかりの城を西裏手側駐車場より初登城、本丸東切岸は超絶壁素晴らしい、本丸、二の丸、松の丸を廻り三の丸は大堀切越しに眺める、下城後栃尾支所に寄り栃尾城関連資料を入手。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

全国で一番小さい蕨市!のお城。 (2019/03/09 訪問)

蕨市の「蕨城」に行きました。
足利氏一門の渋川氏により築城。義鏡さんが室町幕府から関東下向を命じられ「蕨城」改修し拠点にします。
そのずっと後、北条 氏綱さんに攻められ「蕨城」破壊されます。
現在は「蕨城址公園」になっています。
遺構は水堀が池になっているそうです。
お隣に和楽備神社があり、「蕨城」との間が池ですが、正解か自信がありません。
城攻め中、お城以外で二度見してしまったのが「ニュートンのリンゴの木」です。イギリスから贈られた木を接木したそうです。
遺構は少ないけですが、コンパクトにいろんな歴史を学べます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

越後路城巡り中途立ち寄り中野小館 (2018/04/20 訪問)

 昨年の4月中旬3泊4日で越後路城巡りを中央道上信越道で進め途中の長野県で気に成り残ってた高梨氏館を発探訪。
 受信越中野ICから5kmほどの距離でナビで直ぐ着きました。 こじんまりした良く遺跡の残った城館です、保存整備も素晴らしい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

支倉常長ゆかりの城・山形道沿いの城探訪 (2018/04/17 訪問)

 昨年の4月2泊3日で山形県未踏の城巡り3日目山形県を終え帰路を山形道沿いの城巡り前川本城、川崎要害の次に探訪、カーナビのデーターが古く近くで迷いましたが新しき道が有り支倉郵便局宿側より登り真新しく整備の行き届いた大型駐車場が完備、後は案内板と城郭放浪記さん、余湖図コレクションさんのデーターを元に探訪開始、素晴らしい土塁、堀切、曲輪が残ってます杉林が多く見通しが今一悪し、しかし立派な土の城遺構がしっかり残ってます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

出羽路城巡り帰路山形道沿い城探訪 (2018/04/17 訪問)

 昨年の4月2泊3日で山形県未踏の城巡り帰路山形道沿いの城を探訪、前川本城に次いで前川城、川崎城、川崎要害と呼ばれて居り仙台伊達藩では要害の名の下戦国からの城跡を分領経営拠点として居り領内に数多く存続して居ります。
 現在は川崎小学校と成って居り曲輪Ⅰは公園化されて居ります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ページ664