続日本100名城

みのかねやまじょう

美濃金山城

岐阜県可児市

別名 : 烏峰城(うほうじょう)

投稿する
美濃金山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

リベロスキー

森氏の城 (2019/03/17 訪問)

崩された石垣に破城の実態を見られるし、枡形虎口が3箇所で石積やら岩盤を利用した姿がハッキリ残っていたり見所が色々とある城跡です。
特に、来年(2020)の大河ドラマを意識してなのか木々の伐採が適度にされていて昔よりぐっと見易く成っていますよ。

+ 続きを読む

atsufumi

初登城 (2019/03/15 訪問)

トートバッグもらえました。

+ 続きを読む

BUGTI

森氏の城 (2019/02/16 訪問)

建物遺構は残っていないが、大手枡形やところどころに残る石垣により、それなりの規模の城だったことが良くわかる。破城により石垣が崩されているのが残念。

+ 続きを読む

スミヤキ

幟旗が道しるべ (2019/02/22 訪問)

標高276m の古城山に築城された梯郭式山城です。織豊時代は、森氏の居城でした。1601年に廃城になり、64年で役目を終えますが、遺構は今日までしっかり残り、携わった城主たちの人生は儚くも心に沁みます。

詳細を知るには、城の麓にある可児市戦国ミュージアムがおすすめです。金山城跡までの登城ルートも親切丁寧に教えていただき、出丸の駐車場から、三ノ丸、二ノ丸、本丸へと最短経路で登ることが出来ました。幟旗が道しるべになります。

3月末まで「東美濃の山城周遊スタンプラリー」が催され、限定山城カードをもらえます。美濃金山城、岩村城、苗木城と三城制覇すると特製トートバッグもいただけます。ちょっと得して楽しめる企画ですよね!

秋には、全国山城サミットも開催されるようです。この地域のイベント企画運営力、情報発信力は注目です! 携わる方々の情熱が伝わってきますね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 天文6年(1537)
築城者 斎藤妙春
主要城主 森氏
文化財史跡区分 国指定史跡
主な関連施設 可児市戦国山城ミュージアム(平成30年〔2018〕度開館予定)
主な遺構 本丸、二の丸、石垣、土塁、切岸
住所 岐阜県可児市兼山町古城山
問い合わせ先 可児市文化財課