日本100名城

こうふじょう

甲府城

山梨県甲府市

別名 : 甲斐府中城、一条小山城、府中城、舞鶴城

投稿する
甲府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

【総選挙】のあとで。 (2020/09/27 訪問)

 このたびは鍛治曲輪門から入り、内松陰門から退出しました。激しい夕立ちのあと、天守台の上に雲が妖しげに広がり、遥か西の空は茜色に染まってゆきます。
 建ち並ぶビルに囲まれた駅前の城跡ですが、いにしえの世に誘われたような感覚に陥りました。

 そして帰ろうと思ったら乗車予定の「あずさ」が長野県内で起きたトラブルのため動いていなくてどうしよう(゚o゚;;となったのですが、甲府始発の「かいじ」で無事帰れました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

ぶどう狩りの帰りに立ち寄り (2020/09/22 訪問)

ぶどう狩りの後甲斐善光寺にお参り、その後立ち寄りました。
生憎の曇り空で稲荷櫓や天守台もいまいちフォト映えしない。
それでも高い石垣や中の門などは素敵でした。
少しずつ色々と復元されている感じです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

城のホテル (2020/08/27 訪問)

城域内のホテルが6月オープン。8月終わりに泊まりました。お城の本読みながらワイン🍷飲んで屋上露天風呂は天然温泉♨️、朝食は豪華でした✨

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

宗春

甲府城 (2020/09/21 訪問)

2度目の登城ですが、前回は時間に追われてよく観る事が出来ませんでした。今回も制限時間はあったのですが、前回よりはじっくり観られました。特にJR線路の北側は初めて観る事が出来ました。

昔、3年ほど山梨に住んでいた事があったのに、甲府城には一度も来ませんでした。認めたくないものだな、自らの若さ故の過ちというものを。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

武田氏滅亡後に豊臣秀吉の重臣である浅野長政・幸長父子らによって、一条小山の地に築かれた平山城。関ヶ原合戦後に徳川家康が一門のための城とし、後年に城と城下町がさらに整備されていった。粗割石を用いた野面積による高石垣や、穴蔵があり平面が不整形の天守台など、見事な石の造りが目立つ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 文禄・慶長年間(1590年代)
築城者 浅野長政・幸長
主要城主 加藤氏、浅野氏、徳川氏、柳沢氏
文化財史跡区分 県指定史跡
近年の主な復元・整備 平成8年に鍛冶曲輪門、平成11年に内松陰門・稲荷曲輪門、平成16年に稲荷櫓を復元、平成25年に鉄門を復元
天守の現況・形態 天守台のみ残る
主な関連施設 甲府市北口歴史公園「山手御門」
主な遺構 本丸、二の丸、人質曲輪、天守曲輪、帯曲輪、稲荷曲輪、数寄屋曲輪、鍛冶曲輪、天守台、堀、石垣
住所 山梨県甲府市丸の内1-5-4
問い合わせ先 甲府市観光開発課
問い合わせ先電話番号 055-237-5702