日本100名城

こうふじょう

甲府城

山梨県甲府市

別名 : 舞鶴城、一条小山城
旧国名 : 甲斐

投稿する
甲府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

妻と二人で甲府・松本の旅① (2018/03/04 訪問)

「妻と二人で甲府・松本の旅」の1城目は甲府城です。100名城スタンプは「甲府城稲荷櫓」で押しました。
自宅最寄り駅からJR甲府駅に到着。そこから徒歩で向かいました。

甲府城は、古くは甲斐府中城、一条小山城、舞鶴城、赤甲城などとも呼ばれていました。
1582年(天正10年)甲斐国は戦国大名・武田氏の滅亡後、まず織田信長の領国となり、本能寺の変の後は徳川家康の支配するところとなりました。
しかし、豊臣秀吉が天下統一をなしとげると、秀吉の命令により甥の羽柴秀勝、腹心の部下である加藤光泰らによって築城が始められ、浅野長政・幸長父子によって完成をみました。
また、慶長5年(1600)関ヶ原の戦い以降は再び徳川の城となり、幕末まで存続しました。

現在は本丸・天守曲輪などの石垣や天守台、堀の一部が残り、「舞鶴城公園」「甲府市歴史公園」として開放されています。
また、稲荷櫓や山手渡櫓門が復元されています。
JR甲府駅近くに立派な天守台や稲荷櫓、鉄門。天守台とJR甲府駅を挟んだ山手渡櫓門も見事です。攻城時間は80分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たつのり

63 (2017/05/02 訪問)

別名:舞鶴城だそうで、所在地は舞鶴城公園内にあります。
ずいぶん整備された立派な公園だと思ったら、甲府市立ではなく山梨県立だということで、よくよく周りを見れば隣が県庁で納得しました。 
城郭は残っていませんが、再建された門と石垣、そして櫓がいい感じです。
天守台も残っているので、一層のこと天守も再建すれば良いのに・・・などとお金の計算もせず言ってみただけです。すいません。

+ 続きを読む

Toshiaki

甲府城 (2019/04/29 訪問)

甲府城

+ 続きを読む

Mt.stone

甲府城 (2020/12/15 訪問)

甲府城のすぐ隣り、城のホテルに一泊。最上階に大浴場と露天風呂あり。眺望あればなお良い。コロナ対策の朝食含めてリピートありかも。ただ、駐車料金一泊千円は高いかな。
空気がキンとしている朝の散策はサイコーです。清掃ボランティアの方、犬の散歩の方、おはようの挨拶があったかい。

+ 続きを読む

概要

武田氏滅亡後に豊臣秀吉の重臣である浅野長政・幸長父子らによって、一条小山の地に築かれた平山城。関ヶ原合戦後に徳川家康が一門のための城とし、後年に城と城下町がさらに整備されていった。粗割石を用いた野面積による高石垣や、穴蔵があり平面が不整形の天守台など、見事な石の造りが目立つ。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 天正11年(1583)
築城者 徳川家康
主要城主 浅野氏、徳川氏、柳沢氏
文化財史跡区分 国史跡(甲府城跡)
天守の現況・形態 不明
主な関連施設 櫓、門、塀、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)、虎口、枡形
住所 山梨県甲府市丸の内1-5-4
問い合わせ先 甲府市観光開発課
問い合わせ先電話番号 055-237-5702