日本100名城

こうふじょう

甲府城

山梨県甲府市

別名 : 舞鶴城、一条小山城
旧国名 : 甲斐

投稿する
甲府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

こうちゃん

期待以上!石垣が見事! (2021/06/09 訪問)

甲府市歴史公園駐車場60分無料以降(30分100円)、おすすめは線路向こうの城側にある丸の内第3駐車場『(20分100円)(最大800円)』即ある内松陰門を入り(二の丸)階段上がり銅門から本丸でメインの天守台!そこから鉄門を降りて下の曲輪をたどると堀に出る!堀にかかる遊亀橋の向こうの駐車場からも有りですね!再び本丸から駐車場がおすすめルート!富士山の頭だけみえますよ!

+ 続きを読む

カズサン

高石垣と復元諸門 (2013/03/29 訪問)

 平成25年3月末に木造復元鉄門を主目的に登城しました、先に鉄門編、天守台編、稲荷櫓編と投稿させて頂きましたが、まだまだ甲府城の見所は沢山有りますが投稿写真10枚に合わせるため甲府城の稲荷曲輪、数奇屋曲輪の東面高石垣と木造復元された居る諸門の内、内松陰門、稲荷曲輪門、山手門を選んで写真投稿致します。
 朝八時前から鉄門渡櫓、稲荷櫓の開館時間を経て約2時間ぐるっと一周半、充分に甲府城を堪能しました、復元建物の度に訪れ、出張の度、プライベートの旅行と拾数回訪れていますが何時も何時も新鮮な気分で登城出来ます。
 今後の更なる復元が進展する事を応援し祈って居ます。
 この後は新府城、山高神代桜へと探訪に出発しました。・・長々とご覧いただき有難うございました❣

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

櫓台と共に復元された稲荷櫓 (2013/03/29 訪問)

 木造復元鉄門の観察探訪を主目的で訪ね、平成16年に発掘調査の上、石垣櫓台と共に木造復元された稲荷櫓も復元当時に訪ねて以来3度目、(二度目は平成19年復元山手門直)木造二層三階で立派な造りです桜も満開、石垣と共に撮影しまた写真を投稿致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

金箔瓦も発掘され桜に浮かぶ天守台 (2013/03/29 訪問)

 鉄門渡櫓、稲荷櫓の入館時間まで鉄門櫓周辺、本丸、天守台、稲荷櫓周辺、稲荷曲輪、数奇屋曲輪、高石垣、水堀、鍛冶曲輪、山手門周辺と巡り、桜を入れて撮影してましたがどの地点からも天守台が聳え見る事が出来ます、天守台を主体とした写真を投稿します。
 織豊系を踏襲する石垣造りの天守台、金箔瓦も発掘されたとか、復元も鉄門、山手門、稲荷櫓、諸門夫々、白漆喰土塀と展開されてますのでいよいよ天守閣の復元が待たれます、復元図の新聞発表も有ったようですのでいよいよかな?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

武田氏滅亡後に豊臣秀吉の重臣である浅野長政・幸長父子らによって、一条小山の地に築かれた平山城。関ヶ原合戦後に徳川家康が一門のための城とし、後年に城と城下町がさらに整備されていった。粗割石を用いた野面積による高石垣や、穴蔵があり平面が不整形の天守台など、見事な石の造りが目立つ。

城郭情報

城地種類 梯郭式平山城
築城年代 天正11年(1583)
築城者 徳川家康
主要城主 浅野氏、徳川氏、柳沢氏
文化財史跡区分 国史跡(甲府城跡)
天守の現況・形態 不明
主な関連施設 櫓、門、塀、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、横堀(水堀)、虎口、枡形
住所 山梨県甲府市丸の内1-5-4
問い合わせ先 甲府市観光開発課
問い合わせ先電話番号 055-237-5702