みんなの投稿

検索結果・・・「」を含む投稿

+かず

上関城 (2017/03/25 訪問)

もっと整備して欲しいです。

+ 続きを読む

灰猫☆

桜の名所でもあります

花見にはいのはな団子。

+ 続きを読む

ふくちん

舞子台場 (2008/12/14 訪問)

舞子海上プロムナードから見た舞子台場。舞子砲台とも呼ばれています。屏風のように折れ曲がった石垣が台場で、西半分が現存しています。海に面する塁壁の下半分はコンクリートで補強されていますが、発掘調査の結果、石垣そのものは幕末のものであることが確認されています。

+ 続きを読む

えつこ

出来立てホヤホヤ (2015/09/01 訪問)

立呑屋で餃子とオムレツ!

英洋軒 姫路駅前店
https://s.tabelog.com/hyogo/A2805/A280501/28037232/dtlphotolst/

塗り立てホヤホヤの姫路城見れたのは良かったです。

+ 続きを読む

ふくちん

渋谷城 (2011/01/03 訪問)

金王八幡宮の境内に「渋谷城 砦の石」があります。神社の境内一帯は少し高い土地になっているのですが、ここに渋谷城があったということです。山手線の線路に沿うように渋谷川が流れているので、これが西の守り。北東側は黒鍬谷という谷が防御線になっていたとのことですが、これが現在のどの辺りかは分かりませんでした。
宝物殿の御神輿の脇に、渋谷城の模型が置いてありました。単郭の簡単な縄張りのお城だったようです。

+ 続きを読む

ふくちん

世田谷城 (2011/08/24 訪問)

世田谷線の上町駅の近くに世田谷城阯公園があり、公園内をY字型に横切る空堀と、堀に沿って土塁が残っています。堀と土塁には石垣が積まれていますが、公園整備の際に崩落防止目的で組まれたものと思われます。公園と地続きのフェンスの向こうのには、本来の土の姿の遺構が残っています。

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
二重横堀、堀切、土塁、土塁

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ふくちん

御着城 (2012/03/03 訪問)

御着城は平城で、城跡は城址公園になっていますが、遺構はあまりありません。
城址公園のグラウンドの北側の低い土地が空堀の痕跡のようです。城址公園の案内板にはグラウンドの東側に土塁と空堀があると記されていましたが、こちらは明確には判別できません。ただグラウンドの地面は周囲より1.5mほど高いので、ここが曲輪の跡と思われます。城址公園の一角にある石橋は、西国街道の天川の橋を移築保存したもので、橋の下の凹地が御着城の空堀とのことです。

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
空堀、曲輪、土塁

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構 
水堀、石垣

○碑、説明板

+ 続きを読む

ふくちん

多聞山城 (2012/05/05 訪問)

若草中学校の敷地一帯が城跡で、校門の内側に「多聞城跡」の石碑があります。中学校の校舎は、急峻な斜面に守られた山上の平坦地で、雰囲気を感じることが出来ます。主郭と東郭の間の空堀は道路になっています。

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構 
石垣、水堀、土塁

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
水堀、移築門

○碑

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
水堀

○碑、説明板

+ 続きを読む

ふくちん

古河公方館 (2017/05/07 訪問)

主郭と二郭の一部を含めた一帯が古河総合公園となっています。遺構が良好に残っているのは主郭部で、二郭との境界の空堀と土塁が残っています。左の写真、通路が空堀の底で、左側に土塁があります。主郭は沼地に突き出た半島の突端で、要害ではあるのですが、関八州に君臨する古河公方の館としてはやや手狭な感もあります。

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
堀、土塁

○碑

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
堀切、竪堀

○模擬天守

+ 続きを読む

橘若狭守次郎吉

遺構について

○遺構
石垣

○石碑・説明板
遺跡東側にあり

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ふくちん

モシリヤチャシ (2017/08/27 訪問)

釧路市街地の只中にあり、正副2つの曲輪と空堀、帯曲輪が良好に残っています。遺構は金網で囲まれており、釧路市埋蔵文化財調査センターに連絡の上で見学しました。 本土の城郭では版築で土を突き固めることが多いのですが、このチャシは素掘りのまま。崩れやすい上に、釧路沖地震の被害で地割れが発生したこともあるほか、雪解けの時期は凍結した地面が溶けて地盤が緩くなるそうです。

+ 続きを読む

サクタロ

竹中半兵衛のお墓が佇む地

平井山本陣への登り口手前に、竹中半兵衛の墓が見守るようにひっそりと佇んでいます。そこからすぐのところが登り口。ちょっとした登山が必要です。所用時間30分程度。登り口に駐車場・トイレもありますのでアクセス良好です。本陣からは三木城を遠くに眺めることができます。

+ 続きを読む

ページ975