城下町で楽しむ「涼菓」特集

歴史の風情を感じることができる城下町。今回は、各地の城下町で味わうことができる暑い夏にぴったりな「涼菓」を特集!思わず写真に撮りたくなるような、個性あふれるスイーツをご紹介します。

食べるのがもったいない!可愛すぎるカキ氷

名古屋城/愛知県名古屋市】CAFE DINER POP★OVER 

alt
チャーミングな忍者がこちらを見つめる忍者氷(CAFE DINER POP★OVER提供)

天守に金の鯱が輝く名古屋城には、名古屋の名物グルメが並ぶ城下町「金シャチ横丁」が。その一角にあるのが「CAFE DINER POP★OVER」です。夏季限定の「忍者氷」は、たっぷりのイチゴを使用した「特製 いちごミルク」と京都小山園の宇治抹茶の「特製 宇治抹茶」、「特製 みぞれミルク金時」の3種で、ふわふわの氷の上には、大福で作られた忍者と手裏剣の形をしたクッキーが。ポッキーとシリアルで表現された刀も注目ポイントです。

【CAFE DINER POP★OVER】
住所:愛知県名古屋市中区二の丸1-2
電話:052-212-5560
営業時間:10:30〜19:00(定休なし) 
URL:POP★OVER 

【犬山城/愛知県犬山市】本町茶寮

alt
食べるのをためらうかわいさが特徴のふわふわかき氷(本町茶寮提供)

1537年に建てられ、天守は国宝に指定されている犬山城。岩倉織田氏の砦を織田信長が改修して築いた城としても知られるほか、2018年には入場者数が60万人を突破した話題の観光地でもあります。ハート形の絵馬が人気の三光稲荷神社などフォトジェニックなスポットが多数ある犬山城下町で楽しめるのは、本町通りの中心に位置する「本町茶寮」の「ふわふわかき氷」。築100年の古民家を改装した店内は、城下町ならではの風情を感じることができます。味は、イチゴやマンゴーをはじめ珍しいプリン味も含め全5種。ひよこのような可愛い見た目だけではなく、雪のようなふわふわ食感の氷も特徴です。

【本町茶寮】
住所:愛知県犬山市犬山東古券673
電話:050-5885-0478
営業時間:11:00〜17:00(定休日なし)

涼菓の代名詞、ひんやり冷たいアイス!

【川越城/埼玉県川越市】大学いも・川越いわた

alt
色とりどりの自家製アイスキャンディー。どれを選ぶか迷ってしまいそうだ(大学いも・川越いわた提供)

「小江戸」と呼ばれる川越は、情緒溢れる町並みが残る城下町。そんな川越のシンボル、時の鐘の近くに構える大学いも専門店「いわた」では、暑い夏にぴったりの「自家製アイスキャンディー」を味わうことができます。見た目も鮮やかなこちらは、スイカやメロンなど常時約10種類のフレーバーを用意。季節のフルーツをたっぷりと入れ、一本一本手作りしているこだわりの一品です。フルーツの甘酸っぱさと冷たいアイスによる爽快感を楽しめるほか、カラフルな見た目からSNSでも人気となっています。

alt
クリームソーダ味のアイスキャンディー(大学いも・川越いわた提供)

【大学いも・川越いわた】
◆新富町本店
住所:埼玉県川越市新富町1-8-17
電話:049-298-5164
営業時間:10:00〜19:00(水曜定休)

◆時の鐘店
住所:埼玉県川越市幸町15-26
電話:049-299-5041
営業時間:10:30〜17:00(水曜定休)


小田原城/神奈川県小田原市】城町CAFE

alt
梅の模様をあしらった城町「枡」ティラミス抹茶マスカルポーネと抹茶アイス(城町CAFE提供)

小田原北条氏の拠点である小田原城。かつて武田信玄や上杉謙信に攻め入られた際も落城を防いだことから、難攻不落の城としても知られています。城下町にある「城町cafe」では、「城町枡ティラミス抹茶マスカルポーネと抹茶アイス」を味わうことができます。小田原のシンボルである梅と、新緑の爽やかさを表現したこのメニューは、抹茶マスカルポーネやアイス、白玉なども楽しめる人気の一品。そのほか「城町抹茶みつのかき氷」や、「アイス最中」など冷たくて美味しい涼菓が並びます。

【城町CAFE】
住所:神奈川県小田原市栄町1-14-41 丸越ビル1F
電話:0465-44-4601
営業時間:11:00〜18:00(年中無休)
URL:城町CAFE  

家康生誕の地で味わう抹茶パフェ

岡崎城/愛知県岡崎市】八丁味噌料理いちかわ

alt
徳川家康公パフェ。兜のイメージのパフェは城下町ならではの趣がある(八丁味噌料理いちかわ提供)

徳川家康生誕の城として知られる岡崎城内の岡崎公園・隠居曲輪にある「八丁味噌料理いちかわ」は昭和2年創業の老舗。岡崎市八丁村で造られている伝統の八丁味噌を使用した田楽などを味わえるこちらのお店では、「徳川家康公パフェ」を楽しむことができます。このパフェ最大の特徴は、家康公が着用していたというシダの兜を模したクッキー。美味しさだけでなく、歴史を感じることもできる一品です。

【八丁味噌料理いちかわ】
住所:愛知県岡崎市康生町515 
電話:0564-22-2479
営業時間:11:00〜16:00(水曜定休) 

各地の城下町には、夏に食べたい「涼菓」がたくさんあります。夏季限定メニューを用意するお店もあるため、城下町に訪れた際には是非チェックしてみてくださいね。


執筆者/かみゆ歴史編集部(相場和子)
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。

関連書籍・商品など