日本100名城 現存12天守

ひろさきじょう

弘前城

青森県弘前市

別名 : 鷹岡城

投稿する
弘前城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

たかりん

東北唯一の現存天守 (2015/05/04 訪問)

訪問した年の夏から本丸石垣修理のため、天守建屋がなんと曳家(!)で移動しており、当分の間(2023年度までとか)観光パンフ定番の正規の場所にはないそうです。本来は区画整理とかで家を動かすのに使う技術ですが、天守でそんなことできるとは匠の技術のすごさに、まあ感心。それを知ってて直前に行ったわけではないので、ラッキーでした。地理的にそうそう再訪できる場所でもないので。写真比べてわかる通り、天守の破風の装飾が外側2面のみのため、見る角度で印象が違います。ほかにも城門5棟、櫓3棟が現存しており見どころいっぱいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

たけちゃん

一度は行きたい桜🌸舞い散る天守閣

死ぬまでに一度は行きたい桜が満開の時のあの赤い橋から見上げる天守閣。

+ 続きを読む

つちなり

100個目の城 (2018/10/31 訪問)

現存十二天守の一つ、弘前城。ここで100名城完全登城になると同時に現存天守も全て巡ることになる。本などでみる弘前城はまず縄張りが広い。航空写真などで観ると分かりやすいのだが、今残る城郭でここまで広い縄張りをはっきり残す城郭はそうない。正直航空写真でみると天守がどこなのか分からなくなるほど。さらに付け加えると形が長方形。京都の二条城を意識したとの説もあるらしい。
天守は現在石垣の工事で移動中だが趣ある雰囲気は健在。他にも櫓に門。廃城令や空襲を乗り越えてきた価値ある文化財が数多く残されている。天守だけではないたくさんの魅力が詰まっていて、最後の城に選んで間違いなかったと感じた。天守が元の場所に戻るまであと二年、石垣も全て修理完了するまでにあと五年。またその頃に訪れたいものです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

リベロスキー

津軽氏の城 (2018/10/25 訪問)

石垣の大規模な修復工事の為、本丸の中央に移動の天守。
そのおかげで、天守と岩木山が一緒に写せました。

+ 続きを読む

概要

津軽地方を平定した津軽為信の子・信枚が、本丸を囲むように曲輪を配した輪郭式として築城。本丸だけが石垣造で、曲輪は土塁によって造られた。築城時は五重の天守だったが落雷で焼失し、江戸後期に改築された三重三階の辰巳櫓が天守の代用となり現存している。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長16年(1611)
築城者 津軽信枚
主要城主 津軽氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財9棟
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 木造(現存)
主な関連施設 -
主な遺構 天守、丑寅櫓、辰巳櫓、未申櫓、追手門、東門、北門、南内門、東内門、本丸、北の郭、二の丸、三の丸、四の丸、西の郭、濠、土塁
住所 青森県弘前市大字下白銀町1-1
問い合わせ先 弘前市公園緑地協会
問い合わせ先電話番号 0172-33-8733