日本100名城 現存12天守

ひろさきじょう

弘前城

青森県弘前市

別名 : 鷹岡城

投稿する
弘前城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

百名城再訪16城目 (2018/08/23 訪問)

3年前は30分のスタンプ登城、今回はさくらまつり時期に登城したかったが、
タイミングが合わず猛暑日、広い公園を2時間以上も楽しみました。

イカの形をした隅石(長さ270cm、幅100cm、高さ60cm、重さ
3100kg)、全国でも弘前城跡でしか見られない稀な石形だそうです。
イカの形だと土の中に食い込み、安定するのだろうか?

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

kazu

弘前さくらまつり (2019/04/29 訪問)

弘前さくらまつり開催中。
石垣修復のため天守は移動していました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

平成の城めぐ納め (2019/04/30 訪問)

弘前さくらまつり開催中の弘前城。
城と桜。時々舞う桜吹雪は全体をピンクに染めていた。

+ 続きを読む

ぴちょまる

春の嵐 (2019/05/02 訪問)

弘前公園は、以前は5月初ぐらいに染井吉野が満開を迎えていたけども、近年は1週間ぐらい早まっている。
今年も5月には染井吉野は殆ど散ってしまったものの、本丸の紅枝垂や八重桜は残っていたので、令和元年の桜の花見としては成立か。
日中は風が強く、僅かに残っていた花も一気に散り、舞い落ちた花びらがまた吹き上げられ、桜吹雪は幾度か見ることが出来た。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

津軽地方を平定した津軽為信の子・信枚が、本丸を囲むように曲輪を配した輪郭式として築城。本丸だけが石垣造で、曲輪は土塁によって造られた。築城時は五重の天守だったが落雷で焼失し、江戸後期に改築された三重三階の辰巳櫓が天守の代用となり現存している。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長16年(1611)
築城者 津軽信枚
主要城主 津軽氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財9棟
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 木造(現存)
主な関連施設 -
主な遺構 天守、丑寅櫓、辰巳櫓、未申櫓、追手門、東門、北門、南内門、東内門、本丸、北の郭、二の丸、三の丸、四の丸、西の郭、濠、土塁
住所 青森県弘前市大字下白銀町1-1
問い合わせ先 弘前市公園緑地協会
問い合わせ先電話番号 0172-33-8733