日本100名城 現存12天守

いぬやまじょう

犬山城

愛知県犬山市

別名 : 白帝城
旧国名 : 尾張

投稿する
犬山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

たつのり

86 (2018/07/15 訪問)

さすが国宝、別名:白帝城。
夏の盛りに念願叶ってやっと訪問。
国宝だけあって、とても素晴らしい城でした。何かバランスがすごく良いんですよね。
名古屋城(御殿公開)+明治村観光を兼ねて2泊3日で伺いました。

城とまちミュージアムは100円だったらいいかというレベルです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Dokuganryu

国宝犬山城 (2020/02/03 訪問)

名古屋からのアクセスは意外によい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

関西/東海/北陸/遠征3泊4日の旅 (2019/02/10 訪問)

宿泊先のホテル(アパホテル岐阜羽島駅前)から新羽島駅(名鉄羽島線)➡笠松駅(名鉄名古屋本線)➡名鉄岐阜駅(名鉄各務原線)➡犬山遊園駅に到着。そこから徒歩で15分弱で犬山城です。犬山城は今回2回目です。1回目は2016/09/18に次男と二人できました。
犬山遊園駅から歩きながら、「前日、上茜部城攻城後、岐阜駅周辺に宿泊していれば、名鉄岐阜駅と新羽島駅(岐阜羽島駅)間の移動にかけた往復1時間以上で、もう1城は攻城できたなあ」と、ぼんやり考えていたら犬山城到着。
攻城当日、犬山城付近で「ランニングフェスティバル」があるようで自分が着いた時は関係者の皆さんが準備されていました。
自分は犬山城の空破風と付櫓が好きです。空破風は正面から見ると口を開け鼻下に髭を生やしているように見えて愛嬌があります。
天主正面右手前の東南付櫓。平屋の切妻造りだから「切妻付櫓」。破風に梅鉢懸魚が施されています。
もうひとつ、西北隅にある西北付櫓(今回写真を撮っていません)。こちらも東南付櫓と同じで平屋の切妻造りだから「切妻付櫓」。破風に梅鉢懸魚が施されています。あと、袴腰型の石落しが外から確認できます。
「白帝城」と呼ばれるほど木曽川の対岸から見る犬山城は美しいと言われているので、次回は木曽川の対岸から見てみたいです。犬山遊園駅からの徒歩ルートでは見ることができないので、新鵜沼駅か鵜沼宿駅から木曽川を渡るルートがよさそうです。攻城時間は70分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

殿様気分‼️ (2020/02/19 訪問)

さすが国宝天守‼️
最上階には赤い絨毯が敷かれており、廻り縁がめぐっています。
そこから景色を見ると、殿様気分です‼️
三英傑も同じ景色を見た事を考えると、『つわものどもが夢の跡』浪漫いっぱいです。
本丸内には土産屋さんが有り、そこでしか売ってないクリアファイル など、いろいろ揃ってます。
スタンプは本丸に入る手前の門の2階に置いています。
御城印は観光案内所で売っています。
それから、ライン大橋からの天守の眺めが最高です。お勧めします。
帰りはお洒落な城下町をぶらっとすると450年前にタイムスリップした様に感じられるのではないでしょうか。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

織田信長の叔父・信康が尾張と美濃の国境に築城し、その後は尾張徳川家に仕える成瀬家が城主を務めた。木曾川沿いの丘陵頂部に本丸があり、北側は絶壁、南側に杉の丸、樅の丸、桐の丸、松の丸が置かれている。二重櫓の上に望楼を載せた三層四階地下二階の天守は国宝に指定されている。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 文明元年(1469)
築城者 織田広近
主要城主 成瀬氏、織田氏
文化財史跡区分 国宝(犬山城天守)、国史跡(犬山城跡)
近年の主な復元・整備 織田信康
天守の現況・形態 複合式望楼型[3重4階地下2階/1601年築?・1620年改/現存]
主な関連施設 櫓、門(模擬)、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、天守、石垣、土塁、横堀(空堀)
住所 愛知県犬山市犬山北古券65-2
問い合わせ先 犬山城白帝文庫歴史文化館
問い合わせ先電話番号 0568-62-4700