日本100名城

なごやじょう

名古屋城

愛知県名古屋市

別名 : 蓬左城、楊柳城、柳が城、亀尾城、鶴が城、金城、金鱗城、金鯱城

投稿する
名古屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

のん

きらびやかな二の丸御殿と櫓の公開 (2020/01/03 訪問)

お正月に念願の名古屋城に行きました。

天守は改築が決まり内部は見学できませんが、壊すためには、国宝になっている天守石垣が崩れたりしないための方法を国からお墨付きをもらわねばならず、時間がかかっているそうです。そのおかげで外部はそのまま見ることができました。
2018年から公開されている本丸御殿は、非常に豪華絢爛。入り口から奥に進むに従って、襖絵、天井、欄間、釘隠しにいたるまで、豪華に変化していく点など見所満載。当時の人々の技術力の高さに圧倒されました。表裏で欄間の絵柄が異なるように掘る技術は、現代では復元不可能だそうです。一体どうやって掘ったのでしょう。



1月は江戸時代から現三ヶ所全ての櫓内部の公開をしており、江戸時代の方と繋がってるような思いで見てきました。大手門近くの西南隅櫓だけは、瓦屋根の御紋が菊になっており、明治に入り天皇の御所として使われた時期の修復に菊にしたそう。

お城に来た時ガイドさんに毎回有料でお願いしているのですが、名古屋城ではなんと無料でした。門を入って黄色の法被を着ている方がガイドさんです。スタート時間までに他の方からの希望がなかったため、うちの家族のみでガイドしてくださいました。
何十年もガイドをされてる方で、お城や知識だけでなく、歴史への造詣も深く、様々なことを教えていただきました。ありがとうございます。



+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

34

本丸

本丸御殿、えりゃー立派でした。

+ 続きを読む

カタさん♂

大晦日・年始を名古屋城で♪ (2019/12/31 訪問)

カウントダウンを名古屋城で過ごそうと思い行きました。

西の丸のライブ会場をちら見して、鯱食堂で年越しきしめん食べ、本丸御殿を観ました。
ただ早く行き過ぎ、寒くて0時を迎える前に帰りました。

翌元旦9時過ぎに再入場(お金はちゃんと2回払ってます)
結構人が入ってて、干支の置物は貰えましたが、
カヤの実入り 「必勝!金シャチかまぼこ」先着200名はとっくになくなり、地元企業のお菓子もすごい行列で諦めました。

でも、普段は入れない東南隅櫓・西南隅櫓・西北隅櫓に入れてラッキー!
鯱食堂でどて丼食べましたが、岐阜城の信長どて丼には遠く及びませんでした。

天守閣の木造再建完成(2023年以降)したら、絶対行きます。

+ 続きを読む

ヒロケン

城初め (2020/01/02 訪問)

新年、明けましておめでとうございます。

毎年、城初めは2日の日に名古屋城に行って新年を祝うと自身で決めていて、もう10年以上続けています。今年も、名古屋城に来たのですが、外国人(中国人?)観光客の方が多く本丸御殿に入るのに1時間待ち(@_@)、重要文化財の櫓、東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓もそろって公開中ですが、各櫓に入るのも30分待ち(@_@) 例年では、待ち時間もなくすんなりと入れるのですが、今年は、天守が閉館中ということか何なのか分かりませんが、前文の待ち時間が発生しており、仕方なく諦めました。(各櫓は、1月16日まで公開しているので、興味ある方は是非足を運んでみて下さい)

二の丸東有料駐車場に車を止め、名古屋城外堀をぐるりと一周し、東門から入城。名勝 二の丸庭園(埋御門跡、南蛮練塀など)を散策し、西の丸、御深井丸を散策。表二之門から本丸へ。本丸御殿越しに見る天守を写真に収め、東二の門から二の丸へ。たっぷり3時間程、名古屋城を堪能し、城初めを終えました。

今年も、お城巡りに精進してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

織田氏が今川氏から奪った居城の上に、徳川家康が大坂城を包囲するために築いたとされている。家康は天下普請を命じて多くの櫓や城門を設け、最大級の近世城郭を完成させた。三重三階の御深井丸西北隅櫓(清洲櫓)や、現存姫路城天守の3倍以上の容積で再建された天守などが、そのスケールを今も感じさせる。

イベント情報

  • 2020年01月25日(土)~2020年01月26日(日)

    名古屋城

    第5回 全国武将隊大博覧会 宴

    空の玄関口である中部国際空港セントレアで開催される、戦国武将達の大規模博覧会です。各地の武将グッズや名産品を販売するブース、全国の武将隊によるステージ上での演舞は両日開催。また、初日の1月25日(土)のスカイデッキ城にて行われる武者行列や甲冑のファッションショー、2日目の26日(日)のナンバーワン武将を競う「イケ武将選手権」や三味線アーティストによる「総踊り」など、各日で異なったイベントも多数開催予定です。 開催時間:1月25日(土)10:00〜17:30、26日(日)9:30〜17:30 参加費:入場無料

    • 会場名中部国際空港セントレア
    • 住所愛知県常滑市セントレア1-1
    • お問い合わせ名古屋おもてなし武将隊事務局  TEL:052-961-2022
    • URLhttp://expo.busho-tai.jp/

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 慶長15年(1610)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏
文化財史跡区分 国指定特別史跡、国指定名勝、西北・西南・東南各隅櫓など重要文化財5件ほか本丸御殿障壁画1047面
近年の主な復元・整備 平成21年1月、本丸御殿の復元工事着工
天守の現況・形態 層塔型 五重七階地下一階 鉄筋コンクリート造(再建)
主な関連施設 名古屋城天守閣
主な遺構 東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓、表二之門、旧二之丸東二之門、二之丸大手二之門、本丸、二之丸、御深井丸、西之丸、名勝二之丸庭園、石垣、堀
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1
問い合わせ先 名古屋市民経済局名古屋城総合事務所
問い合わせ先電話番号 052-231-1700