日本100名城

なごやじょう

名古屋城

愛知県名古屋市

別名 : 蓬左城、楊柳城、柳が城、亀尾城、鶴が城、金城、金鱗城、金鯱城

投稿する
名古屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まーやん

天下普請 徳川御三家のお城 (2019/05/16 訪問)

2016年以来となる登城。
初めて電車で行ってみた。
地下鉄名城線市役所駅を降りてすぐ、金鯱横丁は美しく整備され、思わず立ち寄りたくなる店ばかり。

今回は二之丸東鉄門跡を通り東門から。コインロッカーに荷物を預け、まっすぐ西に歩くと加藤清正石曳きの像がある。石垣も天下普請として西国大名が担ったとのこと。
清正像から南東隅櫓が見える。
表二之門から今回の目的地 本丸御殿を目指した‼️
2016年にスタンプリベンジ攻城をした時は本丸御殿の屋根工事中で、工事現場を見せてもらえるという奇跡に遭遇。今回は工事後を見るために来たのだ。ワクワク✨

平日朝にも関わらず多くの人達で、外国人の方も多く来られ賑わいがありました。
平成の新築なのに、職員さんの注意喚起はまさに国宝を扱うよう。順路を進むと、なるほど納得した。
まばゆいばかりのキンキラキン✨柱は檜か、いい香りがする。
狩野派の襖絵などを再現しているほか、欄間や格天井等絢爛豪華✨素晴らしい建物でした。
天守閣は耐震性に問題があることが判り立ち入り禁止となっていたが、取って付けたようなエレベーターは味気がなくもったいない感じだから別にいいか。

外に出て西南隅櫓を見ていたら、堀の中に鹿が(゚ω゚;)
200万都市の真ん中なんですけど(笑)

かつての天守閣は城郭で初めて国宝になり、床面積も日本最大、櫓と門が各3つもあり、石垣や堀も立派で、格の違いを感じる徳川御三家のお城だった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城歩き始めます

清須櫓が公開されていました

清須櫓は入場制限があるため待ち時間がありました。

+ 続きを読む

城歩き始めます

清須櫓が公開されていました

清須櫓は入場制限があるため待ち時間がありました。

+ 続きを読む

ぴーかる

名古屋城 (2017/08/16 訪問)

【百名城21城目】
<駐車場他>未調査 <交通手段>18切符・地下鉄

<見所>本丸東南隅櫓・本丸西南隅櫓・本丸表二の門・本丸御殿・御深井丸西北隅櫓

<感想>18切符にて名古屋城へ。二の丸東鉄門跡から入城。二の丸庭園→那古屋城跡→埋御門跡→南蛮練塀→清正公像→東南隅櫓外観観察→表二之門から本丸へ。本丸御殿は再建工事中だったが、内部に入れた。→清正石(普請は黒田長政)→旧二之丸東二之門→天守→不明門→御深井丸内の西北隅櫓外観→内堀越しの本丸・天守台石垣を鑑賞する。この辺りの内堀越しに見る本丸・天守石垣・天守は見応えある。加藤清正公普請の反りのある天守台石垣は美しい。個人的に大好き。西南隅櫓を外観鑑賞→売店→大手門から出て終了。現存櫓はすべて立入禁止。外堀側から御深井丸西北隅櫓や石垣を鑑賞するのを忘れてしまったのが残念。名城だけあって、来城者の多さで人疲れした。

<満足度>★★★★☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

織田氏が今川氏から奪った居城の上に、徳川家康が大坂城を包囲するために築いたとされている。家康は天下普請を命じて多くの櫓や城門を設け、最大級の近世城郭を完成させた。三重三階の御深井丸西北隅櫓(清洲櫓)や、現存姫路城天守の3倍以上の容積で再建された天守などが、そのスケールを今も感じさせる。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 慶長15年(1610)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏
文化財史跡区分 国指定特別史跡、国指定名勝、西北・西南・東南各隅櫓など重要文化財5件ほか本丸御殿障壁画1047面
近年の主な復元・整備 平成21年1月、本丸御殿の復元工事着工
天守の現況・形態 層塔型 五重七階地下一階 鉄筋コンクリート造(再建)
主な関連施設 名古屋城天守閣
主な遺構 東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓、表二之門、旧二之丸東二之門、二之丸大手二之門、本丸、二之丸、御深井丸、西之丸、名勝二之丸庭園、石垣、堀
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1
問い合わせ先 名古屋市民経済局名古屋城総合事務所
問い合わせ先電話番号 052-231-1700