日本100名城

なごやじょう

名古屋城

愛知県名古屋市

別名 : 金鯱城、金城、柳城、亀屋城、蓬左城、(那古野城)
旧国名 : 尾張

投稿する
名古屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ミッピのパパ

番外編 (2021/04/10 訪問)

今日2021年4月10日から7月11日まで名古屋 栄(なごや さかえ)の ど真ん中に、名古屋城 金のシャチホコが降臨。
たまたま、栄に用事があったので、さっそく見学。金シャチのお触りと、写真撮影ができて入場料¥500なり。
この期間で、金シャチを降臨させた諸費用は十分ペイできると思う。尾張名古屋の商魂はすごい。

+ 続きを読む

ヒロケン

金鯱は何処? (2021/04/03 訪問)

「伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ 尾張名古屋は 城でもつ」と歌われた名古屋城は江戸幕府御三家筆頭、尾張徳川家61万9500石の居城です。(尾張初代藩主 家康公の九男 義直公)
 関ヶ原合戦を制した徳川家康公は1609年旧城跡(那古野城)を拡大しての築城を命じ、牧助右衛門が検知縄張りを行い、西国の大名20家が築城に関わった「天下普請」です。
現在は、名古屋空襲で焼失を免れた、西南隅櫓・東南隅櫓・北西隅櫓・表二之門・旧二の丸東二之門等が国の重要文化財に指定されています。また、本丸御殿が再建されるなど、見所の多い御城です。

現在、天守閣の木造復元が進められており、天守閣の最上階に聳えていた「金鯱」が地上に下ろされ、二の丸にて公開されているとのことで、見学に行ってきましたが、4月2日で公開が終了されており、見学することができませんでした。((+_+))
また、鉄筋コンクリートで復元されている天守閣にも耐震性の問題で、入館できません。((+_+))ですが、圧倒的な壮大さと、圧倒的な華麗さで何度見ても、引き付けられずにはいられません(*^▽^*)。また、高くて長大な石垣・深くて広い堀・華麗で優美な三棟の隅櫓が彩を飾り、1年2か月ぶりの訪問ですが、何度来ても飽きさせません(*^▽^*)

この日、野暮用で名古屋に来ており、早めに用事が済んだことから、密を避けるため敬遠していた名古屋城に行くことを決め行ってきました。4月3日多くの出店が出て多くの人でがあり、本丸御殿には1時間待ち、特別公開されていた西南隅櫓は30分待ちと、どちらも諦めましたが、公園内に咲いていた桜が綺麗で御城と合わせ十分に満足できる訪城でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

名古屋城の金鯱は思った以上にピカピカ! (2021/03/19 訪問)

『名古屋城金鯱展 KIN-SHACHI EXHIBITION ~守り神降臨、海と山の祈り~ 』プレス内覧会に行ってきました!
2021年3月20日(土・祝)~4月2日(金)、名古屋城二ノ丸広場にて16年ぶりに地上に降臨した金鯱を間近に見られるイベント。名古屋城の金鯱は「海シャチ」と「山シャチ」だそうですが、思っていた以上の大きさと金ぴかさにびっくり!

イラストレーター2yangさんの絵画と一緒に「山シャチ」を楽しんだり、水盤に優雅に浮かぶ「海シャチ」と記念撮影できたりと(記念撮影スポットでの撮影は有料)、とても楽しいイベントでした。

せっかくなら、二の丸茶亭の金シャチモーニングと一緒に楽しむのがおすすめです! トーストに小倉餡とホイップクリーム、そしてかわいいシャチが!! しかも、ホイップには金箔も!!

+ 続きを読む

hata

日本100名城 No,044  本丸御殿の次は木造での天守再建が計画されています。楽しみです。 (2011/06/11 訪問)

■100城の5城目(初登城・前回は大雨で入城せず)【金鯱城】
☆1泊2日東海3名城塗りつぶし城攻めの2城目(名古屋城→岐阜城→岡崎城)
【移動手段】車
【駐車場】正門前駐車場(30分180円)
【スタンプ】正門改札△
【天気】曇り時々小雨
【印象】☆☆ 初の東海地方城攻めです。思ったよりよかったが、石垣に露出している雨樋と排水管は何とかならないでしょうか?
【お土産】葵御紋の扇子、名古屋城バージョンのキーホルダー、外郎
【昼食】その後に行った明治村の帝国ホテル2階喫茶室で鎌倉ハムのサンドウィッチ
【同行者】姫、息子、犬(柴)
【他】本丸御殿の復元現場が良かったです。茶室の菓子とお抹茶もGOOD。
名古屋城の規模の大きさを実感!
【柴犬のクウ】駐車場で留守番!駐車場を出てから、みんなと散歩!もう少し歩きたいワン!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

織田氏が今川氏から奪った居城の上に、徳川家康が大坂城を包囲するために築いたとされている。家康は天下普請を命じて多くの櫓や城門を設け、最大級の近世城郭を完成させた。三重三階の御深井丸西北隅櫓(清洲櫓)や、現存姫路城天守の3倍以上の容積で再建された天守などが、そのスケールを今も感じさせる。

城郭情報

城地種類 梯郭式平城
築城年代 慶長14年(1609)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏
文化財史跡区分 国特別史跡(名古屋城跡)、国重要文化財(櫓3棟、門3棟)
天守の現況・形態 連結式層塔型[5重5階地下1階/1612年築/焼失(空襲)]、連結式層塔型[5重5階地下1階/1959年再/鉄骨SRC造外観復元]
主な関連施設 復元天守、本丸御殿、門、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、櫓3棟、門3棟、庭園、石垣、横堀(水堀)
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1
問い合わせ先 名古屋市民経済局名古屋城総合事務所
問い合わせ先電話番号 052-231-1700