日本100名城

なごやじょう

名古屋城

愛知県名古屋市

別名 : 蓬左城、楊柳城、柳が城、亀尾城、鶴が城、金城、金鱗城、金鯱城

投稿する
名古屋城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

赤い城

天守、木造で建て替え、楽しみにするしかないですね (2018/09/09 訪問)

地下鉄名城線市役所駅が東門に近い。
建て替え前で天守には入れませんが復元本丸御殿は思ったより良かったです。

100名城スタンプは正門の案内所にありました。

天守建て替えは楽しみですが史実に合ったものが良いですね。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

天斗

夏とお城 (2018/08/13 訪問)

暑い中、重要文化財の櫓に行って来ましたー!
中からでしか撮れない名古屋城を、と思い写真を撮影してきました。

+ 続きを読む

ヒロケン

名古屋城 本丸御殿 (2018/08/05 訪問)

名古屋城と本丸御殿と重要文化財 東南隅櫓・西南隅櫓・西北隅櫓が名古屋城祭りで開放されていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ヒロケン

名古屋城 (2017/01/02 訪問)

重要文化財の櫓が素晴らしい

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

織田氏が今川氏から奪った居城の上に、徳川家康が大坂城を包囲するために築いたとされている。家康は天下普請を命じて多くの櫓や城門を設け、最大級の近世城郭を完成させた。三重三階の御深井丸西北隅櫓(清洲櫓)や、現存姫路城天守の3倍以上の容積で再建された天守などが、そのスケールを今も感じさせる。

イベント情報

  • 2018年09月09日(日)~2018年10月28日(日)

    名古屋城

    秋季特別展「尾張藩邸物語」

    江戸時代に御三家筆頭だった尾張徳川家は、江戸の市谷上屋敷や麹町中屋敷、名古屋の名古屋城二之丸御殿と新御殿など諸大名の中でも多くの屋敷を持っていました。徳川美術館には、その屋敷たちで使われていた尾張徳川家伝来の品々が多く収蔵されています。今回の企画展では、屋敷を描いた絵図や、茶道具や調度品といった展示品から尾張藩邸の姿や藩邸内での生活に迫ります。開館時間:10:00〜17:00。閲覧料:大人1400円、高大生700円、小中生500円、小学生以下無料。※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

  • 2018年07月21日(土)~2018年09月24日(月)

    名古屋城

    特集展示「戦争と城」

    明治の廃城令以降、旧国宝に名古屋城や広島城などが指定され、文化財としての保存が進んでいた城たち。しかし、太平洋戦争末期、アメリカ軍による本土空襲が本格化すると各地の城も次々と焼失していきます。秀吉清正記念館では名古屋城や広島城の古写真や記録などから失われた城たちのかつての姿を探ります。入館無料。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 慶長15年(1610)
築城者 徳川家康
主要城主 徳川氏
文化財史跡区分 国指定特別史跡、国指定名勝、西北・西南・東南各隅櫓など重要文化財5件ほか本丸御殿障壁画1047面
近年の主な復元・整備 名古屋城天守閣
天守の現況・形態 層塔型 五重七階地下一階 鉄筋コンクリート造(再建)
主な関連施設 平成21年1月、本丸御殿の復元工事着工
主な遺構 東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓、表二之門、旧二之丸東二之門、二之丸大手二之門、本丸、二之丸、御深井丸、西之丸、名勝二之丸庭園、石垣、堀
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1
問い合わせ先 名古屋市民経済局名古屋城総合事務所
問い合わせ先電話番号 052-231-1700