【今月のお城イベント】7月前半に開催されるイベント・展覧会をピックアップ

ジメジメとした梅雨が続く7月上旬。城歩きには適さない季節かもしれませんが、城に関連したイベントや展覧会は多数開催しています。 岡崎城で開かれる企画展「名場面で魅せます!平家物語絵巻展」や弘前城本丸で開催の「SHIROFES.2018」などの注目のイベントも目白押し!

【九州歴史資料館】企画展「幕末の城―近世の沿岸警備と幕末期城郭―」

alt
主に福岡県に築かれた幕末の城に着目する企画展「幕末の城−近世の沿岸警備と幕末期城郭−」(九州歴史資料館提供)

異国船が押し寄せる激動の幕末に築かれた城を紹介

近世の日本は戦いのない平和な時代でしたが、幕末になると異国船に備えた遠見番所や烽火(のろし)台が置かれ、攘夷・討幕運動の中で、台場や御殿などの「城郭」が新たに築かれました。

この企画展では文献・絵図・出土資料の展示を通して、福岡県とその周辺の遠見番所・烽火台などの防衛施設、幕末に新しく築かれた「城郭」を紹介します。「小倉城落城図写」などの幕末期の史料を見られる貴重な機会となっています。

【企画展「幕末の城−近世の沿岸警備と幕末期城郭−」】
開催日:2018年6月30日(土)〜8月12日(日)
開催時間:9:30〜16:30(入館は16:00まで)
開催場所:九州歴史資料館
料金:観覧料大人200円、高校生・大学生150円、満65歳以上・中学生以下無料


【弘前城】イベント「SHIROFES.2018」

弘前城、SHIROFES.2018、
弘前城本丸にて開催の「SHIROFES.2018」。弘前城を背景に披露される様々なパフォーマンスには注目!(FUNKY STADIUM提供)

ダンスとパフォーマンスの祭典!

前年に延べ7000人を動員した「SHIROFES.」が今年も弘前城本丸で開催。多くのダンサーやパフォーマーが国内外から集結し、エクストリームスポーツのショーやダンスのアジア大会などが行われます。

他にも、いちご飴や簡単な木製おもちゃ作りが体験できるキッズスペースや、風船チャンバラ大会が開かれるスポーツスペースなど、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが多数展開します。

イベント当日は普段有料となっている弘前城公園本丸に無料で入場することができます。

【SHIROFES.2018】
開催日:2018年7月1日(日)
開催時間:10:00〜20:30
開催場所:弘前城本丸
料金:無料(プログラムにより別途料金)


【五稜郭】イベント「五稜郭タワー七夕祭り2018」

五稜郭、GO太くん、タワー、イメージキャラクター
五稜郭タワー公式イメージキャラクター「GO太くん」も登場!(五稜郭タワー提供)

変わった風習を持つ函館の七夕を体験!

織姫と彦星が出会う七夕。函館の七夕には「ろうそくもらい」と呼ばれる、子どもたちが家を一軒一軒訪問し、囃し歌を歌うとろうそくやお菓子をもらえるというちょっと変わった風習があります。五稜郭タワーではこの風習にならい、七夕当日に囃し歌を謳ってくれた子どもたちにお菓子やろうそくをプレゼント。7月1日〜7月7日は七夕パネルや「短冊願い事コーナー」が設置されます。

【五稜郭タワー七夕祭り2018】
開催日:2018年7月1日(日)〜7月7日(土)
開催時間:8:00〜19:00
開催場所:五稜郭タワー
料金:無料


【岡崎城】企画展「名場面で魅せます!平家物語絵巻展」

岡崎城、平家物語、絵巻展、三河武士のやかた家康館
平家の盛衰興亡を描いた「平家物語」の展示する「平家物語絵巻展」のポスター(岡崎城・三河武士のやかた家康館提供)

岡崎城に広がる平家物語の名場面を見よう!

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で知られる『平家物語』。琵琶法師たちによって語り継がれた平家の栄枯盛衰物語は江戸時代に好んで絵巻物に描かれるようになりました。
この特別展では数ある『平家物語絵巻』の中で、唯一全文章が現存している越前松平家伝来の絵巻の中から厳選された名場面が展示。壮大な『平家物語』の世界が広がっています。

【名場面で魅せます!平家物語絵巻展】
開催日:2018年7月7日(土)〜9月17日(月・祝)
開催時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
開催場所:岡崎城2階・三河武士のやかた家康館
料金:入館料(岡崎城と三河武士のやかた家康館共通入場券):大人510円、小学生以下270円


【赤木城】企画展「赤木城跡 探訪」

赤木城、熊野市文化交流センター、探訪
「赤木城跡 探訪」のポスター。赤木城は創建時の姿を残していることから城好きからも人気が高い(熊野市文化交流センター提供)

遺構がきれいに残る赤木城の魅力とは?

築城当時の原形を残し、3年連続で来城者が3万人を超えた赤木城。その赤木城の出土品や、築城した藤堂高虎の資料などが展示される企画展です。

7月14日14時からは、熊野市文化財専門委員の和田利信氏が講師を務める講演会「藤堂高虎の城の原点、赤木城」が開かれます。企画展・講演会ともに入場無料。

ぜひこの機会に企画展だけでなく、赤木城まで訪れてみてください

【赤木城跡 探訪】
開催日:2018年7月10日(火)〜7月15日(日)
開催時間:9:00〜19:00
開催場所:熊野市文化交流センター
料金:無料(プログラムにより別途料金)

いかがでしょうか。

梅雨のジメジメした気候にも負けず、全国の名城ではさまざまなイベントが催されています。ぜひ、イベントをきっかけに、お城を訪れてみましょう。

※イベントの日程や内容は、変更となる場合がありますので、事前にご確認の上、お出かけください。

執筆/かみゆ歴史編集部(板谷亮輔)
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。手がける主なジャンルは日本史、世界史、美術史、宗教・神話、観光ガイドなど歴史全般。主な城関連の編集制作物に『日本の山城100名城』『超入門「山城」の見方・歩き方』(ともに洋泉社)、『よくわかる日本の城 日本城郭検定公式参考書』『完全詳解 山城ガイド』(ともに学研プラス)、『戦国最強の城』(プレジデント社)、『カラー図解 城の攻め方・つくり方』(宝島社)、「廃城をゆく」シリーズ(イカロス出版)など。

関連書籍・商品など