日本100名城

ごりょうかく

五稜郭

北海道函館市

別名 : 亀田御役所土塁、柳野城

投稿する
五稜郭
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

あきおこ

夏の五稜郭 (2004/08/10 訪問)

奉行所が復元される前に訪れた際の写真です。

+ 続きを読む

孔明

五稜郭 (2007/08/27 訪問)

2度目の登城。タワーからの眺めは素晴らしかったです。

+ 続きを読む

たかりん

幻の蝦夷共和国 (2011/07/24 訪問)

国内のお城としては完全に異色の存在である西洋式の稜堡要塞。19世紀における火力の急速な進歩により、本場の西洋では既に時代遅れの存在だったようですが、西洋の知識が入るにもタイムラグがあった時代でしたからね。箱館戦争により、予想もしない形で実戦の機会を得たわけですが、新政府軍の優勢な火力(艦砲含む)、兵力を前に結果は周知のとおり。でも、石垣の高さ、堀の広さ、死角のない縄張りなど防御の基本は地味に抑えており、薩軍に対し熊本城が通用したように、無意味な仮定ながら一時代前の火器相手であれば相当強靭な防御力を発揮できたと思います。なお、大手口に残る半月堡は本来、各稜堡の間に設ける予定が、予算の都合で元々ここだけしかなかったそうです。中央の箱館奉行所は2010年の復元で、建物が何もないと「お城がない」という一般の観光客にも取りつき易くなったとか。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

夜景鑑賞 (2018/11/29 訪問)

寒かったのでとりあえずタワーの中へ駆け込みました。
展望台から見下ろすライトアップされた堡塁は幕末の動乱が想像できないくらい美しかったです。
タワーに長居しすぎて、下に降りたら真っ暗で、奉行所も閉まってました(^_^;)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

蝦夷地の管理と箱館防御を目的とする徳川幕府の命令で、ヨーロッパで考案された稜堡式の城塞として日本で初めて築城。空からだときれいな星形状に見える構造で、石垣と土塁によって構築された本塁と低塁が5つの角に配されている。さらに1ヵ所だけ突き出た場所に、防御と出撃の拠点となった半月堡がある。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 安政4年(1857)
築城者 江戸幕府
主要城主 (箱館奉行)
文化財史跡区分 国指定特別史跡
近年の主な復元・整備 箱館奉行を復元
天守の現況・形態 -
主な関連施設 弁天岬台場、史跡四稜郭
主な遺構 兵糧庫、堀、土塁、石垣、井戸跡
住所 北海道函館市五稜郭町本通1
問い合わせ先 函館市教育委員会生涯学習部文化財課
問い合わせ先電話番号 0138-21-3456